このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
11月10日(水)
Save the Children Japan の宮下さんに会いました!

NGO業界では超大手のセーブ・ザ・チルドレン。
ミャンマーでも子どもの栄養事業を展開されています。

私がミャンマー留学中、セーブ・ザ・チルドレンにインターンとしてお世話になっていました。
そのときのミャンマー駐在員が、宮下さんなのです!

miyashitasan
お昼ごはん、ごちそうさまでした~。

留学時代、通っていた仏教大学の授業がつまらなすぎて退学した私とBは、ヤンゴンに住む日本人(NGO業界で働く人)を片っ端から訪ねていき、インタビューをしまくりました。

「なぜ国際協力を仕事にしようと思ったのか?」
「あなたにとって正義とは?」
「座右の銘は?」


など、今振り返るとちょっとウザい質問も多かったこのインタビュー。皆さん優しく答えてくださいました。

そして、隙あらば、「インターンをさせてください!」とお願いし、BはBAJで、そして私はセーブ・ザ・チルドレンでインターンをさせていただくことになったのです。

JICAに出す報告書を書いたり、英語・ビルマ語の翻訳をしたり、経理の書類チェックを手伝ったり・・・。本当にいろいろなことを経験させていただき、今の仕事にばっちり役に立っています。


その中でも、一番嬉しかったのが「リトリート」に連れていってもらったこと!
Save the Children in Myanmarは、同じオフィス内にUKとアメリカと日本が一緒に入っていました。今まで、3つのSave the Childrenはそれぞれ別団体として活動していたのですが、せっかく同じ国を支援しているんだから協力しようよ!ということで、連携をとっていくことになったのです。そのために、全員で旅行に出かけ、ワークショップをして遊んだりしながら絆を深めるのが「リトリート」です。

本当は、私は行けないはずだったのですが、ミャンマー人スタッフが宮下さんの前で「アカリも行くでしょ!リトリート」と言いまくってくれ、宮下さんもOKせざるを得ず・・・という感じで行けました。

retreat1
リトリートでのファッションショーの様子。
ミャンマー人スタッフは超ノリノリでした。

retreat2
顔パンパン!これ、恥ずかしいな。


セーブ・ザ・チルドレンのインターンでは、本当にいろいろなことを経験させていただきました。
一番印象に残っているのが、ミャンマー人スタッフの熱さです。

国際協力というと、「青年海外協力隊」とか「NGOの駐在員」みたいに、
日本人が一人で現地に行って大活躍する、という印象がありませんか?
貧しい国の人たちを救うために、単身海外に渡るかっこいい人(日本人や先進国の人)!

でも、本当は違うのです。
日本人だけが頑張っているのではなく、現地スタッフがメチャクチャ頑張っています。
「自分たちの国を良くしたい!」という熱い気持ちで、本当に大変な仕事をしています。
日本人は現地スタッフをまとめたり、外からの目ということで存在したりすることが重要なのです。
決して、日本人が一人で頑張っているわけではないのです。

あくまで主体は現地の人たちで、「こんなスタッフたちと一緒に仕事をできたらいいな」と思った私がいたから、私は国際協力をすることになったのだと思います。
本当に良かったなぁ。

宮下さん、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします!

ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ  にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/99-1d4ac746