FC2ブログ

 このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

こちらのブログは旧ブログです。新ブログはこちらから!
NGOミャンマー駐在員のハリキリノート

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

日本一時帰国編は、前回ので一応終了です。

2か月近くかかったな・・・。



で、今日は子供の教育の話。

日本人とミャンマー人カップルにとっては気になる話題のはず。


我が家のチッチも、もう4歳!

満4歳の6月になると、最終判断を迫られます。

「子供をどこの学校に入れるか」ですね。



うちの場合は、以下が選択肢にあがってきます。

・ヤンゴンにある日本人学校

・タウンジーのインターナショナルスクール

・タウンジーの私立学校

・タウンジーの政府の学校


上から順に、学費や経費が高いです。

日本人学校とインターはほとんど学費はかわりませんが、ヤンゴンに住むとなると生活費がめちゃくちゃ上がるので・・・。


あと、普通ではミャンマーの政府の学校には、ハーフの子は通えないと言われますが、うちの子は通えます(合法)。

ミャンマーの住民票みたいなのに登録していますので。

(この話はまた今度書きます)



学校どうしようか・・・と、ずーっと頭の片隅にはあったのですが、決めきれず。

ヤンゴンとなると、夫も私も仕事を変えないといけなくなるので難しいから、タウンジーで、とは思っていましたけど。



夫の弟いわく

「インター校は、英語が上手になるだけだ。医者とかになっているのは、政府の良い学校を出た人ばかり。だから政府の学校が良い」

と言っており、私もその意見に流されていました。



ミャンマーの政府の学校となると、タウンジーでは第4高校が一番!(夫も出た学校です)

最近だと、第1高校も良いとのうわさです。(サイサイカンラインの出身校、うちから近い)

※ミャンマーの高校は、小・中・高の全部を含んでます。


第4高校とか第1高校は人気校なので、入れるためにはいろいろと大変です。

高校の偉い人とコネをつくったり、賄賂を渡したり。

一番良い方法は、高校付属の幼稚園に入れること。

幼稚園にいる子供は、優先的にその高校に入れるみたいなので。

その幼稚園に入れる時期が、「満4歳の6月」なのです。




なので、普段は無口な夫と、チッチの教育について会議です。

夫の意見は「ミャンマーの学校じゃなくて、インターに通わせたい」とのこと。


私はさっそく、インター校(TOTALという学校です。ヤンゴンにもある)まで行って値段を聞いてきました。

4歳で、年額4000ドル以上!!

高校最終学年では、年額6000ドル以上!!

予想よりはるかに高額だったので、「こりゃ無理かも・・・」と焦りました。



しかも、インター校に一度入れると、普通の政府の学校には戻れないし、大学もミャンマーの大学には行けません。

チッチが高校生になるころには改善されているかもだけど、現行ではダメ。(ただし、裏技アリ)

なので、12年間高い学費を払い続けないといけないです。覚悟が要ります。


ミャンマーの学校は満5歳からですが、インター校は国際標準の満6歳から。

あと2年余裕がある・・・と思ったのですが、「満6歳で英語が話せないとダメだから、今からインター幼稚園に入れたほうが良い」とのこと!


TOTALの教育はかなり良さそうなので、インターに入れたいのですが、この金額だったら夫は無理って言いそう・・・。

その後も夫は、「まだ4歳だから、まだまだ先」などとだけ言って、明確に結論を出しません。

だから、政府の学校に行くんだったら、今から付属幼稚園に入れないといけないんだってば!!!と、怒ったら

「インターが良い」という結論をようやく出してくれました。




さらに夫は、「中国語をできるようにしたいから、中国の先生を呼んで教えたい」などと言い出します。

(夫は中国系なので中国語ができる。が、無口なので子供たちとは中国語でほとんど話していない)



まあ、チッチは中国の血も半分入っているので、中国語もできたらいいねと思うので、それは賛成。

夫の話を詳しく聞いてみると、

「今の保育園はやめる。中国語の先生に週5で来てもらい、家で一日中中国語を話す」


・・・


絶対反対!!!

保育園やめたら、ほかの子供と遊んだり、触れ合ったりできなくなるし、その会ったこともない中国語の先生に全部任せるなんて、ありえない!!

怒って全力で反対した結果、保育園は普通に通い、中国語の先生には15時半~16時半まで、週5で家に来てもらって教えてもらうことになりました。


20180607064510853.jpg

中国語の先生。

1か月70,000ksの約束。


ところが・・・中国語の先生は「小さすぎるから教えられない」って、1日で音をあげました!!

4歳の子は教えたことがなかったみたい。

チッチははじめての人には人見知りするし、楽しくないと嫌だし、飽きちゃったりするし。

でも、比較的良い子に頑張ってたんだけどな・・・。



ということで、中国語の家庭教師は諦め、中国系の幼稚園に行かせようと考えています。

今年1年(4歳)は中国系の幼稚園に通い、

来年(5歳)はインター系の幼稚園に1年。

6歳から、インターの小学校に入学という計画です。





20180607064608862.jpg

最近は家庭学習を頑張っています。

プリント学習が大好き!今はネットで無料でプリントをダウンロードできるので、海外在住者にはお助かり!!


20180607064434204.jpg

数字も順番に並べられるようになったよ。


20180607064450087.jpg

簡単なお菓子作りも大好き!

クッキーを10枚、チョコレート10個に牛乳を10スプーン入れて溶かして・・・と、数えながら作ったお菓子。



インター校のために学費がかかるので、お金もっと貯めないと!!


今日は珍しく、一部の方には大変参考になる話題だったと思うよ。良かったらクリックお願いします!

↓ ↓ ↓





にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村







関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/875-8f54de3f