fc2ブログ

 このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

こちらのブログは旧ブログです。新ブログはこちらから!
NGOミャンマー駐在員のハリキリノート

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

最近、めちゃくちゃ冷え込んでいるタウンジーです。

日の出も遅いから、寒くて早起きできない~。


明日からミャンマーは、また三連休です。(12月23日、24日、25日)


12月25日は、我が家のチッチの誕生日&TPAマネージャー柴田さんの誕生日!

なので、ダブルお誕生日&クリスマス会の準備で頭がいっぱいです。


20171222154316050.jpg

ケーキの練習をしたり

20171222154237633.jpg

クリスマスの飾り付けをしたり。



さて、お誕生日といえば、前回も書いたバースデードネーションについてです。

チンに学校を建てるためのご寄付のお願いですね。


特設サイトができました!

https://peraichi.com/landing_pages/view/terrapeople


けっこう良い文章なので、ぜひ読んでみてください~。


このリンクからサイトに行ってもらえると良いのですが、リンク押すのがめんどくさいとか、ミャンマーは通信速度遅いから無理~とかあると思いますので、以下、抜粋載せますね。



チンの学校

現金収入のない、資材費は2倍…。チン州で学校を建設する難しさ


2017年12月に、理事長山口、ミャンマー代表・柴田、ミャンマー事業担当・神崎、奨学金担当・山路で訪れた、ミャンマー・チン州。

当会は2003年より、同国・シャン州で活動を続けてきましたが、シャン州では現地スタッフによる現地化の目途が立ちました。

このシャン州での経験や学びをさらに広く伝えようと、新たに選んだのが、ミャンマーでも最も開発の遅れているチン州でした。


チン州では、ひえやあわなどを中心とした農業が細々と送られ、現金収入のある家庭が少ない状況。

頑張って学校の備品などの寄付を集めていますが、「とても校舎までは・・・」と訴えられています。

加えて、チン州は交通の便が悪く、シャン州に比べて、学校1校当たりの資材費は約2倍かかってしまうのです。




12月誕生日の視察団メンバーにお祝い代わりの寄付を

そこで私たちは、広く寄付で、建設費を募ることにしました。


実は、今回の視察団のうち、12月生まれが2人いました。山路が2日、柴田が25日です。

そこで、地球市民の会としては初めて、バースデードネーション(誕生日寄付)を募ることにしました。


バースデードネーションは、欧米では広く知られた寄付集めの手法ですが、日本ではまだ普及をしていません。

ぜひ、「お祝いに1杯おごってやろう」くらいの気持ちで、ご寄付いただけると幸いです。





柴田

TPAミャンマー国代表の柴田。以下、柴田のコメントです。




「してあげる」のではなく、尊敬するミャンマー人とともに

25日のクリスマスには、私の誕生日を迎えます。

改めて、私がミャンマー人のために仕事をさせていただく想いについて、皆さんにお伝えできたらと思います。


私が国際協力の道を最初に目指したのは、中学生の時に観たアフリカの飢餓番組がきっかけでした。

お腹を空かせて苦しむ子どもたち。

その番組を観て、「食糧生産というのは何と大事なことなんだろう。いつかは農業に関わる国際協力活動がしたい」と思いました。

そして、大学の進路として選んだのが農学部。1年の会社勤め後に就職したNGOから派遣された国が、ミャンマーでした。

文字通り24時間、ミャンマー人たちと寝食をともにしながら農作業にいそしむ日々。

ミャンマー人の夫との結婚、出産を経て、また今は地球市民の会スタッフとしてミャンマーに関わり続ける背景にあるのは、やはりミャンマー人の優しさであり、「地域を良くしたい」という多くの人の思いに共感するからだと思います。



国際協力の仕事をする上で、一回り下の世代に意気込みを聞くと、「〇〇をやってあげたい」という、ともすると上から目線のような回答に多く出合います。

実際、私自身もそうでした。先進国が途上国に支援するという形がいわゆる国際協力なのだと。


しかし、実際フィールドで仕事をしてみて出会ったのは、尊敬できるミャンマーの方々でした。

自分の地域を発展させようと私財をなげうち奮闘する人々でした。

ある地域では、村から遠く高校に通えない子どもたちのために地域でお金を集めて寮を建てました。

ある村では、貧しくて緊急時に病院に行けない人のために、自分の車を救急車として提供する人もいました。


資産を持つ人だけではありません。

村の開発を担う「村落開発委員会」や、学校の運営に関する「学校教育委員会」など地域の発展のためにボランティアで委員会役員を引き受け、時には少ない収入の中から学校へ基金を出し、お金を持たない人は労働力として加勢する。

そのような尊敬できるたくさんの人たちと一緒に汗を流すことで、自分はどうしてこの仕事をしているのか、自分はどうやって生きていくのかという問いを、もう一度自分に問いかけるきっかけとなりました。



チンの子供


いつか「自分たちだけでできるから」と言われる日を目指して


「みんながお腹いっぱい食べられる環境をつくれる人を育てたい」。

新事業地・チン州でともに働く予定のチン州出身、ウーザベッタンさんは、求める農村リーダー像をそう語りました。

ひえやあわなどを中心とした農業が続くチン州の農村部では、栄養失調の子も多いと聞きます。

今まで活動してきたシャン州では聞かれなかったほどの現状を、視察では目の当たりにしました。

そのような状況で、教育にお金を回すことを期待はできません。

私の誕生日祝いの代わりに、ぜひご支援をお願いできたらと考えています。



お腹を空かせた子どもたちを見て、志した国際協力の道。

私達の活動も今、転換期を迎えています。

これまでミャンマー各地域で行った活動は“点”でしたが、持続的な活動が重なれば“面”になり、活動の広がりになると信じています。

そして大切なのは、活動が地域に根付くこと。

自分の地域の問題として、地元の人が積極的に取り組めること。

「もう日本人は帰ってもいいよ。自分たちでできるから」と言われる日を目指して、これからも活動を続けていこうと思います。





以上、抜粋でした。


良いこと言ってると思いませんか?

「上から目線ではなく」というのは、私もまったく同感です。

こういう気持ちで、TPAの活動をやっているよ~というのを、知ってもらいたくてブログに載せました。




フルバージョンを読んでみたい方は、こちらから。

https://peraichi.com/landing_pages/view/terrapeople



もし、ご寄附をいただけるなら、12月25日が最終日となっております。

チッチへのお誕生日プレゼント、クリスマスプレゼントにぜひ、ご寄附をお願いします♪

クレジットカードかビットコインで、こちらのサイトから寄付できます。

↓ ↓ ↓

https://syncable.biz/associate/terrapeople/campaign/-L-AAAlwXSQY7jS92G49




いつものように、クリック応援もよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村





関連記事
スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/850-b15a11b4