このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
10月8日(金)、佐賀大学の近くにある本庄小学校に講演会に行ってきました。
1年生から6年生まで、全校生徒520人の前での講演。
タイトルは
「ミャンマーのこどもたち」



今回の講演会は、地球市民の会のドナーさんである坂井さんのご協力で実現しました。

坂井さんは、ミャンマーの「ガナインシェー小学校」のドナーさんです。
国からもらった年金を、「自分は農業で食べられるから」と言って使わずに貯金し、ミャンマーのこどもたちが教育を受けられるように、ガナインシェー小学校の建設資金として寄付してくださったのです。
その額、140万円!!本当に素晴らしい方です。

また、坂井さんは本庄地区の自治会長さんもされています。
昔、本庄小学校のPTA会長をされていたこともあり、本庄小学校の校長先生とは仲良し。

そんな坂井さんの希望は、
「ミャンマーのガナインシェー小学校と佐賀の本庄小学校を姉妹校にしたい!」ということ。

坂井さんが幼いころ、日本は戦後で貧しい時代でした。
アメリカから古着の寄付をもらって「チャックがついたズボンだ!!」と、坂井さんはとても嬉しかったそう。
そのころ貴重だったチャック付きのズボンは、特別なときに大切に履いていたそうです。

ミャンマーの子どもも、佐賀の子どもから絵や手紙をもらえたら、きっと嬉しくて大切にしてくれるのではないか、とのこと。
また、佐賀の子どもたちも、ミャンマーにお友達ができるというのはとっても素敵なこと!

ということで、坂井さんの熱い想いで、地球市民の会が協力し、本庄小学校とガナインシェー小学校の交流事業が来年度からスタートする予定です。


今回の講演会は、その前段階として、ミャンマーとはどんな国?子どもはどんな暮らしをしているの?ということを紹介しました。

子どもたちが飽きないように、写真や映像をたくさん流したり、質問形式で講演を進めました。
本庄小学校の子どもたちは、とても礼儀正しく、元気に、真剣に話を聞いてくれて、とっても良かったです。
特に低学年は可愛くて、話していてめちゃくちゃ楽しかったです!!

講演のまとめは、「世界の国のことを調べてみよう、ミャンマーの子どもたちと友達になろう!」ということで締めくくりました。
交流事業については、高学年が中心になってアイディアを出してくれるとのこと。
今後、どのような交流事業ができあがってくるか大変楽しみです!


しかし、520人の前で話しても、ちっとも緊張しませんね。
神経が図太くなったもんだ。

ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ  にほんブログ村 その他生活ブログ NPO・NGOへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/75-808340aa