このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。
でも、これが産まれる前の最後の更新になると思います。


さて、前々回に書いたように、逆子で困っています。

月曜日に検診に行きましたが、やっぱりまだ逆子・・・。
先生がひっくり返そうとしてくれましたが、ベビーは頑固で動きませんでした。


また、超音波によると、頭がかなりでかい、体格もかなりでかい、とのこと。
頭は9.8cmあり、体重もすでに3400gは超えている、と言われました。

チッチが産まれたときは2700gだったのに!!


逆子でも、経膣分娩したいと考えていましたが、
「頭がでかすぎるので、骨盤に引っかかって出なくなったら大変である」と医師に言われました。

まず尻が出て、足や肩が出るまでは良いのですが、その後、頭を5分以内に出さないと大変である。
7分になると仮死状態になったり、障害が残ったりする可能性が高い、とのことです。
へその緒が出てしまった後に頭だけ残るので、酸素がいかなくなるからです。

うーん、普通に逆子だけだったら産めると思っていましたが、さすがに約10cmのでかい頭を5分以内に出すことは無理かも・・・。
しかも、私は身長が低いので、たぶん骨盤もそんなに大きくはないだろうし・・・。

ということで、帝王切開をすることにしました。

13日はムスリムの祭りのため、14日の午後から入院し、15日の朝に手術をすることになりました。


決めるまでは「絶対嫌~!!!」とビビっていたのですが、決めてしまったら、「もう仕方がないか」と思うようになってきました。
こっちの先生は帝王切開の数もこなしていて慣れているので、まあ大丈夫だと思うことにしました。

周りにも、帝王切開経験者がとても多く(町に住んでいるお母さんの約半数は帝王切開だと思われる)、「痛くないよ」と皆が励ましてくれます。

というか、「そんなに大変じゃないのに、なにをびびっているのか?」くらいの反応をされるので、びびっているのがバカらしくも感じられます。



そんな今、目下の心配事は2点です。

・お義母さんが「手術当日は病院に泊まる」と張り切りだしている

・術後にいきなり油っこい食べ物を食べさせられそうである

という2点です。


前回、お義母さんは「(嫁に任せておいて)孫が死んだら困る」という、私に対してとても失礼な理由で、毎日病院に泊まり込みでした。
お義母さんが泊まったところで、赤ちゃんに授乳するのは私だし、おむつ替えはスペシャルナースがやってくれるので、ぜんぜん意味がないのに・・・。

今回も「泊まる」と言い出して、自分が病院で使う用の布団カバーを洗濯しようとしていました。
なので、「泊まらなくていいから!!!お義母さん疲れるし、家でチッチと寝てて」と厳しい調子で釘を刺していますが、まだ安心はできない・・・。

結局、布団カバーは洗濯されていたし・・・。



そして、食べ物のこと。

ネットで帝王切開を調べてみると、手術当日は水やお茶のみ、2日目におかゆ、3日目から普通の食事というのが、日本では一般的なようです。

でも、こちらでは、すぐに普通の食事をとるようになるとか・・・(経験者にヒアリングした結果)。

消化に悪そう!!

そうなると、たまご、たまご、たまご、鶏のスープ、白菜、ご飯の塩辛い、油っこいご飯になることが予想されます。
(こちらでは病院が食事を出してくれず、家族が食事の用意をする)

「手術当日の昼ごはんを作らないといけない」と、すでに張り切っていたし・・・。
「いや、昼はまだ麻酔聞いてるから食べられない」と言ったのですが、お義母さんは人の話を基本的に聞いていないからな。

夫は「ちゃんとお粥にするように言ってあげるから」と言ってくれたので、夫に頼ることにします。
(帝王切開になって私がびびっているので、夫はけっこう優しくしてくれる)



ということで、1か月くらいブログお休みすると思います。
(産後は目を酷使してはいけないため、我が家ではPC禁止になる)

航空券手配関係のご連絡は、夫までよろしくお願いします。

Aung Moe Myint(アウンモーミン)
ammleemyanmar@gmail.com

英語、ビルマ語、中国語可。



出産応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/723-b7f60337