このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

昨日の記事の冒頭でも書きましたが、ミャンマーでは今、豪雨の影響で洪水が各地で発生しています。

洪水1

この写真が一番わかりやすい。
洪水の前と後を比較した写真です。
こんなに水が来るなんて、想像を絶します。
インレー湖より深い。

洪水2

今日、昼食を近所の食堂に食べに行くと、近くにこんな車が泊まっていました。
支援物資を被災地まで持っていき、戻ってきたところだそうです。
マグエのプィンピュータウンシップに行ってきたそうです。
米、ラーメン、油などを寄付したと言っていました。
その地域の洪水はひと段落したそうです。


また、TPAがインレー湖の給水事業を行ったときのコンストラクターに今日会いましたが、「明日から被災地に支援物資を届けに行く」と言っていました。
4,5日後に戻ってくるそうです。
現地の様子を知りたいので、写真を撮ってきてもらえるようにお願いしました。


タウンジーの大きな道路沿いや市場の中では、水色のVIVOのテントが出て、寄付金を集めていました。
集めているのはVIVOではなく、タウンジーにある地元のNGO団体が皆で協力して行っているようです。
VIVOはテントを提供しただけのようですが、パっと見、VIVOが支援活動を頑張っているように見えてイメージアップですね。

うちの夫も、6万ks寄付したと言っていました。
名前はお義母さんの名前でしたそうです。
ミャンマー流、親孝行も兼ねた寄付です。

服もいろんなところで募集していて、古着でも大丈夫だそうです。
デザインが気に入っていなくて着ていない服とか、ぜんぜん着ていない義母や義妹の服がうちにはたくさんあるので、夫に相談して寄付しようかと思います。


取り急ぎ、ミャンマーで活動している日本のNGOで、緊急支援を開始している3団体の情報を載せます。

特定非営利活動法人 SEEDS Asia
アジアの災害リスク軽減や環境問題に取り組むNGOです。
緊急支援として、安全で安心できる避難場所の支援(物資提供)を始めています。
災害に特化した団体ですので、支援の手がなかなか届かないところに支援をするそうです。
http://www.seedsasia.org/support/support-02-donation/3024

特定非営利活動法人 ミャンマーファミリークリニックと菜園の会(MFCG)
医師の名知先生を中心に、ミャンマーでファミリークリニックによる治療と食糧環境の改善支援を行っている団体です。
雨から体を守るレインコートと懐中電灯などの必要な物資を購入し、県立病院を通じて配布するため、被災者へ確実に物資が届くそうです。
http://mfcg.or.jp/2015/08/%E6%B4%AA%E6%B0%B4%E8%A2%AB%E5%AE%B3%E3%81%AE%E6%94%AF%E6%8F%B4%E3%81%AE%E5%91%BC%E3%81%B3%E3%81%8B%E3%81%91%EF%BC%81/

特定非営利活動法人 ジャパンハート
「医療の届かないところに医療を届ける」という理念の下、医師の吉岡先生を中心に無料で子どもの診療・手術を行っています。国際緊急救援活動など、活動は多岐にわたります。
被災地には救援物資とともに医師2名、看護師2名、ロジ1名を派遣し、現地調査を開始しています。
http://donation.yahoo.co.jp/detail/5013004/


TPAは土地勘がないので、緊急支援ではなく落ち着いた後の復旧支援をしていきたいと考えています。
明日には情報をオープンできると思います。

ブログ応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/651-3507a0de