このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

ミャンマーブログ業界でも「美味しい!」としばしば話題になっている「こっしー」と「HANA」。
エースコックがミャンマーで販売しているインスタントヌードルですが、私も「こっしー」と「HANA」の大ファンです。
家にはたくさん常備してあります。

いつも「こっしー」と「HANA」にお世話になっているので、今日はブログでご紹介!


「こっしー」はラーメンで、チキン味とトムヤム味の2種類があります。300ks。
「HANA」は汁なしで食べるヌードルです。500~600ks。

エースコックが日本の技術を使って作っているとのことで、その名の通り、麺にコシがある感じがします。


12月にヤンゴンで行われた「ジャパン・ミャンマー・プエドー」でも、こっしーとHANAのブースが出ていました。
試食コーナーが大人気で、たくさんのミャンマー人が購入していました。
うちの義母ももちろん購入していましたよ。

来場したミャンマー人にプエドーの何が良かったかと聞いたところ、「ラーメン(こっしーとHANAのこと)が良かった!」という意見がとても多かったです。
ミャンマー人にも大人気の「こっしー」と「HANA」!!


うちの夫からの評判もよく、「このラーメン、アヨー(骨、芯などと訳すべきか?)があるね」と言っています。
「エース、良い仕事してるね~」と。

いや、エースじゃなくて、エースコックなんですけどね。
夫的には、私が「エースコック」と呼んでいるのを聞いて、「エース」がcook(調理)している、「エース」が名前だ、と勘違いしているようです。


ところで、ミャンマーの人は、インスタントヌードルをおかずとして扱うことが多いように思います。
その証拠に、日本のインスタントヌードルよりも、こっちで販売されているインスタントヌードルのほうが小ぶりです。

日本製、韓国製、中国製のものは量が多く、これだけで一食になるように作られている感じがします。
でも、タイやミャンマー製のものは、小さくて、これだけではぜんぜんおなかいっぱいになりません。

あと、タイ・ミャンマー製のほうが味も濃いような気がします。
なぜかというと、タイやミャンマーでは、おかずとして食べることが多いからだと私は仮説を持っているのですが、どうでしょう?

タイは知りませんが、ミャンマーの村でお昼をご馳走になると、よくインスタントヌードルがおかずとして出てきます。
ご飯、野菜のおかず、肉のおかず、インスタントヌードル、という感じで。
味はトムヤム味が圧倒的に多いです。

おかずやインスタントヌードルをご飯の上にかけて食べるのがミャンマー流。
だから、味付けが濃く、量が少ないのではないでしょうか。

我が家でも、おかずがちょっと物足りないときに、夫が「これだけ?エースも食べよう!」と言い出すことがよくあります。
あと、授乳中の私はおなかがすくので、小腹がすいたときに食べています。
夫のお気に入りは「こっしー」のトムヤム味、私のお気に入りは「HANA」です。


バナナ

チッチのお気に入りは・・・バナナ!!
(ちょっと前の写真なので厚着です。今は日中は半そで)


ちなみに、夫の意見は「日本ではお金がない人がインスタントラーメンを食べるが、ミャンマーではお金持ちがインスタントラーメンを食べる」です。
たしかに、中国製や韓国製のインスタントラーメン(800ks~1000ks)よりも、屋台で食べるシャンカウスエ(500ks)のほうが安いです。



今回はエースコックを絶賛しましたが、エースのまわし者ではありません。ただのファンです。
ブログ応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/640-2b8a92e9