このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

いまのところ、チッチは母乳のみ。ミルクなしで育っています。
たくさん飲むので、最近は二重あごになってきました。
私や夫からは「ファッティー」(おでぶちゃん)と呼ばれています。

おさるチッチ

これはまだファッティーになる前の写真。
新生児時代です。


私は母乳のみで育てたいと思っていたので、日本から母乳育児の本を持ってきてもらって、出産前からいろいろと研究していました。

その本によると、母乳育児成功のためには、以下のことが重要だと書いてありました。

・母子同室であること
・2~3時間に一回、おっぱいを吸わせること
・哺乳瓶でミルクを飲ませたらおっぱいを飲めなくなるので、どうしてもミルクを飲ませる必要がある場合はスプーンで飲ませること

(本で得た情報ですが)日本だと、母子同室ではなくて赤ちゃんんは新生児室に預けたり、夜中はお母さんがゆっくり休めるように授乳もお休みにしたり、哺乳瓶でミルクを飲ませたりするそうです。

ミャンマーでは、上記のことが全て守られていました!
新生児室なんてものはなく、最初から母子同室。
医者からは2~3時間おきの授乳を指示されました。
チッチは最初、おっぱいを吸うのが上手ではなかったのでミルクを数回あげましたが、ちゃんとスプーンで飲ませてくれました。

私も最初は苦労をしましたが、今では母乳のみでできています。
ミャンマーの病院は、母乳育児が成功するようにしっかりとフォローしてくれる「母乳育児先進国」と言えるかな?と思います。
(ひとつの病院のケースしか見ていませんので、ミャンマー全体がそうとは言い切れませんが・・・)

ミャンマーの医師たちが母乳育児を勧める理由で一番大きいのは、経済的理由です。
粉ミルクは高いです!
日本でも、「毎日粉ミルク飲ませるのは高いわ~」とぼやくお母さんはいそうですが、ミャンマーで粉ミルク育児をすると平均収入の半分以上が吹っ飛びます。
経済的に余裕がある家庭なら良いでしょうが、貧しい家庭だとミルク代で破産します・・・。

ですので、医者は「大変だけど、頑張って!ミルクにしたらお金かかるからね」と言いながら励ましてくれます。


私も医者から何度も励まされたのですが、「!?」と思ったり、「どうなってるねん!」と言いたくなるようなことにも遭遇しました。
今回は一般論的なお話でしたが、次回は私の「母乳育児への道」を書きます~。
お楽しみに★


チッチが泣いたり、抱っこをせがむので、なかなかゆっくりブログを書く時間がとれませんが、ちょっとずつ書いていきます。
応援クリックよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/547-30b9931a