このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日は観光お役立ち情報です♪

ヤンゴンから長距離バスでタウンジーまで来られる方は、けっこういらっしゃると思います。
特に、このブログを読んでくださるようなミャンマーファンの方や、リピーターの方、在住の方なんかは、飛行機よりも格安の長距離バスを利用されることも多いはず。

ということで、ヤンゴン→タウンジーの長距離バス路線を利用される際の注意点、コツなどをまとめたいと思います。


ちなみに、ヤンゴン→タウンジーの路線に乗れば、もちろんインレー湖に行くこともできます。
その場合は、タウンジーに到着する前に「シュエニャウン」という交差点にバスが着きますので、そこで降りてください。
その後はタクシーやらピックアップやらで「ニャウンシュエ」というインレー湖観光の玄関である町を目指せばOK!

インレー湖観光については、地球の歩き方に詳しく書いてあるので問題なしですね。
ということで、タウンジーを目指す人のために、注意点3ポイントをご紹介♪



1)バス会社いろいろ

ヤンゴン→タウンジーの路線は、いろいろなバスがあります。
とりあえず思いつくバス会社でもこんだけ!

・タウンポーター
・シュエタウンヨー
・ルンビニー
・シュエナンドー
・イェトゥアウン
・シャンマレー

普通クラスに乗るなら、シュエタウンヨーがお薦め。
VIPならルンビニーやシュエナンドーが良いみたいです。口コミ情報です。

私はシュエタウンヨーとタウンポーターを贔屓にしています。
タウンポーターのVIPはお薦め。
乗ったときの感想記事はこちらに書いてあります。

ヤンゴン・タウンジー間夜行バス「タウンボーター」VIPクラス
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-454.html

タウンポーターのバスチケット手配は、シャンピーターでできますので、乗りたい!という方はお問い合わせください♪



2)タウンジー行きのバスなのに、実はタウンジーに到着しない!

好きな会社のチケットを買って、普通クラスでもVIPクラスでも、「タウンジーまで」と言って乗ってくるわけですよね。

でも、ここ注意!
バスの終点はタウンジーではありません。

これを勘違いする人が多いです。
日本人はもちろん、タウンジーにあまり来たことがないミャンマー人も混乱するポイントみたいです。

バスは、タウンジーではなく、「エタヤ」というタウンジーのふもとの町に到着します。
「エタヤ」というのは、エタヤワインで有名なエタヤです。
(ワイナリー以外には、特に見るものがない町です・・・)

タウンジーへは、エタヤから車で約30分弱、「いろは坂」のような坂道を上っていかなければいけません。
バスターミナルからタウンジーまでは、タクシーで約7000ks~10000ksくらいだと思います。

「タクシーは高いので節約したい!」という場合は、バス会社が出しているシャトルバス(ピックアップトラック)に乗ることができます。
行きたいホテルの名前や家の住所などを言えば、そこまで送ってくれます。

降りる場所によって値段が変わります。
市場より北側の場合は1000ks、市場より南側になると1500~2000ksとられます。

ヤンゴンでも、ダウンタウンに着くかと思ったらアウンミンガラーバスセンターで降ろされ、そこからシャトルバスでダウンタウンに行きますよね。
そんな感じです。



3)帰りのバスを乗る場所にも注意!

バスのチケットを購入するときに、「帰りはタウンジーから乗るか、エタヤから乗るか」と聞かれると思います。
中には、お客さんにちゃんと聞かないで、適当に「エタヤから」にする旅行会社もいるようなのでご注意!
ちゃんと確認しましょう。

タウンジーからはシャトルバスが出ています。
集合場所に指定の時間に行けば、1000ksでタウンジーからエタヤのバスターミナルまで連れていってくれます。

バス会社によっては、ホテルまでお迎えに来てくれるところもあるみたいです。
その場合は1500ksくらいとられると思います。

なので、タウンジーを観光する人は「タウンジーから乗ります」と言うのがお薦めです。
「エタヤから」にすると、自分でエタヤのバスターミナルまで行かないといけないので、タクシーで7000ks~10000ksかかってしまいます。
(または、地元のバスに乗って200ksくらいでエタヤまで行くことができますが、ちょっと難易度高いです)

「エタヤから」にすると良いのは、「エタヤのワイナリーでワインや食事を楽しんでからバスに乗ろう」という魂胆がある方。
こういう人はタウンジーからタクシーに乗ってワイナリーに行き、適当な時間になったらバスターミナルにむかうと良いと思います。
でも、ワインを飲みすぎておトイレが近くならないように注意です!



番外編)帰りはアウンバンでシャン州お土産をゲット!

以前もブログで紹介しましたが、タウンジーからヤンゴンに戻る際、一番最初に休憩するポイントが「アウンバン」です。
シャンっぽいお土産を手に入れる最後のチャンスですので、ぜひアウンバンのお店を覗いて帰りましょう。

アウンバンのお土産紹介!
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-447.html


ということで、ヤンゴンタウンジー間の長距離バス利用時のポイントまとめでした。
こちらを参考に、ぜひ素敵なミャンマーバス旅行を♪



まだまだタンボジ里親募集やってます。
コーヒープレゼントもあるよ!
ヤンゴン在住の方にもお申込みいただきました~☆
↓ ↓ ↓
【ブログ読者様限定プレゼント企画付き!】里親さん募集のお知らせ
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-524.html


ブログランキング、参加中☆
応援クリックよろしくお願いします♪
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/528-bfda3765