このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

12月になり、産休がスタートしました。
出産準備とか、まだあんまりできていないので、急いでやらねばです。
入院グッツをそろえたり、家を片づけて子供スペースを作ったりせねば・・・。
相変わらずチッチは逆子なので、逆子体操も頑張らないと!


そうそう、前回書いたタンボジの里親さん募集について、お問い合わせをけっこういただいております。
ありがとうございます!!
まだまだ募集は継続しておりますので、興味がある方はぜひお願いします。

【ブログ読者様限定プレゼント企画付き!】里親さん募集のお知らせ
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-524.html



さて、12月1日は月の初めの日曜日。
毎月第一日曜日には、パンディー(中国ムスリム)の女子会がモスクであるというので、アラビア語の先生に誘われて行ってきました。
(女子会というか、婦人会?皆で説法を聞いてお昼ご飯を食べる会です)

この女子会、昔は毎月やっていたのですが、仏教徒とムスリムの仲が悪くなってから、「何かあるといけないから」と中断されていたそうです。
今月から再開されたそう。
私がパンディーになったのはちょうど争いが激しかったころですので、今回が初めての女子会でした。


アラビア語の先生と娘と私の3人で、パンディーのモスクへ。
服装は普通でOKだそうです。頭にかぶる布だけ用意して行きました。

モスクに入ると、すでにウーソー(神父みたいな人)の説法が始まっていました。
9時半ごろから10時半ごろまで、ノンストップで語り続けていました。
それを聞くパンディーマダムたち(約40人)。
話の内容としては、「しっかりムスリムとしての務めを果たしましょう。1日5回礼拝をしましょう」みたいな感じ?

ウーソーの説法が終わったところで、おばちゃんとウーソーの世間話に突入。
ウーソーは30代くらいの独身男性で、あとはほとんどがおばちゃんたち。
ということで、おばちゃんはウーソーのことを息子みたいに思っている感じでした。

このウーソーは、現在一人でモスクの運営をしており、毎日5回の礼拝時の呼びかけやその他の仕事など、一人で大変ではないかと心配するおばちゃん。
また、ムスリムはメッカに行くことがとても大切なのですが、このウーソーはメッカに行ったことがないので、「ぜひとも皆の力でウーソーをメッカに行かせてあげたい」と力説するおばちゃんもいました。

世間話の後、11時ごろから皆で昼食をいただきました。
信者の一人が皆にごちそうをふるまってくれたそうです。
毎回、誰かが皆のためにごちそうを用意するのだとか。


食事が終わってウーソーが席をはずしてから、あるおばちゃんが演説を始めました。

「私たちのウーソーを、ぜひメッカに連れていってあげたい。
 自分たちのウーソーがメッカ帰りになったら、私たちも誇り高い。
 皆でお金を出しあって、ウーソーをメッカに連れていきましょう。
 では、まず私は10万ksを出すわ!」

すると、別のおばちゃんが「私も10万ks!」
他にも何人かが「10万ks出す」と言いました。

すると、もう一人のおばちゃんが「私は100万ks出すわ」と張り切りだしました。
100万ksって、日本円で10万円ですよ!
すごいなぁ~。

100万ksに刺激を受けたのか、さっき10万ksと言ったおばちゃんは「やっぱり私は30万ksにするわ!」と。
オークションとか、セリみたいな勢いでした。
その場で軽く160万ksは集まりました。

メッカに一人が行くには400万ksくらい必要だそうです。
メッカの巡礼シーズンにはあと1年くらいありますので、皆で残りの金額を集めていこうという話になりました。

いや~、しかし、100万ksもウーソーのために寄付するってすごいですよね。
私も「50,000ks!」とか言おうかと思いましたが、そのとき財布の中には20ksしか入っていなかったので、さすがに言えませんでした(笑)

仏教徒でも、「お坊さんをインドに連れていきたい」などと皆でお金を出し合うことがあるそうです。
ブッタが悟りを開いたところに行くツアーなんかは、15人プラスお坊さん一人(15人が少しずつ多めに支払い、お坊さんの分も出す)というパッケージがあるみたいです。
仏教徒でもムスリムでも、やることは似ているなぁと思います。


私は、「日本人で入信した人」ということで、けっこう皆から興味を持たれます。
みんな、「ウェルカム!」という感じで喜んでくれるので嬉しいです。
おばちゃん友達がたくさんできました~。
来月の女子会も来るように言われましたが、来月はたぶんチッチが生まれるころなので難しいですね。

そういえば、仕事が産休に入ったということを話したら、アラビア語の先生が「じゃあ、毎日教えにくるね!」ですって。
ちょっと大変なんですけど~!!



仕事が休みの分、ちょっとは更新回数増やせるかな?
応援クリック、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/526-8cbcac15