このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日は質問コーナーです。
質問コーナーについてはブログの上にも書いてありますけど、こんな感じ。

ミャンマーに関するご質問は、ブログ記事に取り上げても差し支えないという方に限り、受け付けています。
ブログ左のメールフォームから「ブログ掲載可」とご記入の上、お問い合わせください。
※趣味の範囲ですので、あまり専門的に回答できないことはご了承ください。


最近、ミャンマーブームで質問が増えてきて、とても全てに対応できませんので、ブログ掲載可の方のみ受け付けています。
ブログのネタになるなら、私もありがたいので。
でも、わからなすぎることとか、私の興味がわかないことは無理ですのでご了承くださいませ。


さて、今回はこんなメールがきました。


****************************************

件名:【ブログ掲載可】タウンジーの鉄道


「こんなところに日本人」で話題になった頃からですが、いつも楽しく拝見しております。

私は今年3回ミャンマーに旅行しました。鉄道マニアで、日本から来た列車を探し求めてあちこち行ってます。

最近、ヤンゴンで「タウンジー(インレー湖のあたり)で日本の鉄道車両(RBEと呼ばれています)が走っているみたい」との情報を鉄道職員のローカルの方に聞きました。

実際のところはどうなのでしょうと思い、質問を送らせていただきます。

まず、日本で確認できる情報だと、インレー湖への鉄道はシュエニャウンまで乗ってそこからピックアップ、と書かれていますが、実際はそこから先へも線路が伸びていますよね。

・タウンジー駅から日本人は列車に乗れるか(モン州のイェー以南やパテイン周辺など、意外と乗れない路線が多いように聞いています)

・日本から来た列車は走っているか、できれば始発・終着の駅・時刻もわかると嬉しいです。

・できればアカリさん&旦那さんにも乗っていただきたいです(笑

日々お忙しいかと思いますが、時間に余裕がある時にでもタウンジー駅をお訪ねいただければと思います。
よろしくお願いいたします。

****************************************


>インレー湖への鉄道はシュエニャウンまで乗ってそこからピックアップ、と書かれていますが、実際はそこから先へも線路が伸びていますよね。

ヤンゴン方面からの路線は、シュエニャウンが終点のようです。
(ヤッサウまで路線が伸びていたような気もしないではないですが・・・。要再確認。)

どちらにせよ、タウンジーまでは続いていません。
タウンジーからは、別の路線が伸びています。

タウンジーから出ている路線は、カックーパゴダのほうにいく路線です。
一日に1往復のみ走っています。
TPAのプロジェクトサイトを走っているのでたまに見かけます。


>・タウンジー駅から日本人は列車に乗れるか

この路線は、外国人は乗れないようですが、道で待ち伏せして写真をとることは容易にできます。
短距離であれば、こっそり乗っても平気そうな印象です。
ただ、田舎から朝にタウンジーに来て、夕方タウンジーから田舎に戻るため、車を手配しておかないと難しいです。
(田舎には外国人が泊れる場所がないので)


>・日本から来た列車は走っているか、できれば始発・終着の駅・時刻もわかると嬉しいです。
始発はシーサインタウンシップのBan Yinで、終着駅がTaunggyiです。
シーサインは外国人立ち入り禁止エリアです。
時刻は正確にはわかりませんが、タウンジーに11時くらいに到着していますので、こちらの列車のスピードを考えるとかなり早朝に出ているのではないかと思います。


>・できればアカリさん&旦那さんにも乗っていただきたいです(笑
私も一度乗りたいなぁと思っているのですが、なかなか行けていません。
今は妊婦なので厳しいですが、そのうちチャレンジしてみたいです。


という感じです。
取り急ぎ、知っている情報だけですので、追跡調査が必要そうです。
産休に入ってから、散歩ついでにタウンジー駅まで行ってみようかなぁ。



ところで、ミャンマーの鉄道は楽しいですよね。

私が今まで乗ったことがある路線は・・・

1)ティーボー→ラショー
北シャンです。
ゴッティ橋という鉄橋が有名で、地球の歩き方にも紹介されています。
「世界の車窓から」にも出たそうですね。
世界で2番目に高い鉄橋だそうです、たしか。

2)マンダレー→ミッチーナ
ちょうど洪水の時期でドキドキでしたが、楽しかったなぁ。
半端ない揺れの中、寝台車両で寝てました。
景色を見るのが楽しかったですよ。

3)ヤンゴン→ピンマナー
夏に乗ったので、とにかく暑かった~。

4)ピンマナー→シュエニャウン
カローでのスイッチバックが一番の見せ場!


3と4の路線に乗ったときの様子はこちらの記事で。

水祭りの過ごし方8 列車でヤンゴンからシュエニャウンまで
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-313.html


妊婦には優しくないミャンマーの鉄道の紹介でした。
(たぶん、揺れが激しくて陣痛が始まる!)


タウンジーはダザウンダイン(気球祭り)が始まりました。
人が多いです。なんだか浮かれています。
私は今年は見に行けないなぁ・・・。応援クリックよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/521-f1ba4a04