このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー!地球市民の会の鈴木です。
ミャン豆27粒目のテーマは、「パオー族」についてです。

●パオー族について
TPAが活動しているのは、シャン州の中でもパオー族が活動する地域です。この地域は、1991年にミャンマー政府とパオー族の間で平和協定が結ばれるまで、地域紛争などで安定していませんでした。そのため、地域開発も遅れていたのです。
パオー族は、ポオー族とも呼ばれます。敬虔な仏教徒が多いです。頭にはタオルのような布を巻いています。言葉はミャンマー語とは違い、パオー族の言葉を話すそうです。

●パオー族のリーダー、アバーの言葉
TPAがこの地で事業を始める際、100万人のパオー族をまとめるリーダーである、アバー・ウー・アウン・カム・ティと話をしました。アバーは「皆さんがパオー地域のために協力してくれるのは非常にうれしいです。しかし、ただお金を村にあげるだけの協力はしないでください」と言いました。この地域は本当に貧しいので、本当はお金を欲しいはずなのです。「なぜでしょう?」と質問をすると「食事を食べるためには自分で口まで運ばなければなりません。誰かに口まで運んでもらったら、今度は自分で食べることを忘れてしまいます。食べ方を忘れてしまっては、自分で生きていくことができなくなります」とのこと。そして、「もし、お金だけを欲しいという村があったら、その村には協力しないでください。もし、村人が自分たちで自分たちの村をよくするために一生懸命頑張り、それでもどうしても立ち上がれない村があったら、そのような村に協力してください」と言いました。TPAは、この言葉に感動し、この人たちとなら一緒に活動したい!と思って、ミャンマー事業を開始したのです。

●パオーの子どもはパオー族の皆で育てる
ある村に学校建設をするため、事前調査をしていたときのこと。村の人が作りたい学校のサイズが、村の子どもの人数よりもだいぶ大きいことが判明しました。なぜかと聞くと村の人は、「近くの村の子どもたちも学校に通えずに苦労をしている。この村に学校ができたら、そこの子どもたちも来ることができるようになる」と答えました。しかし、学校建設の費用を負担するのは、この村の人たちだけで近くの村は負担しません。「お金を出していない村の子どもが通うのは、不公平ではないですか?」と聞くと、「そんなこと、考えたこともありませんでした」とのこと。この村にたくさんの子どもが来て教育を受けることができるのであれば、それが村の大きな喜び、誇りであるということだそうです。

最後までお読みいただき、チェーズーティンバーデー!
明日のミャン豆は、「ミャンマーのお酒」についてです。
お楽しみに!


人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/52-dbf3b597