このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

前回記事に予告したとおり、涅槃市のことについて書きます♪
(前回記事で、雨安居のことを雨安吾って変換しちゃった~。恥。雨安居ってPCで一発変換できないんだもん)


涅槃市とは??

ミャンマー語で「ネイパン ゼー」。
直訳して「涅槃市」としました。
「天国市場」と訳してもよいかな?

何が天国なのかというと、食べ物全部無料なのです!!!


TPAおかかえドライバーのニーニコさんが「今日は涅槃市があるから食べにきてよ」とのこと。
なにやらタダでいろいろ食べられるらしいです。
ただ、人がやたら多いので、立ち食い状態になるぞ、とのこと。

さっそく、日本からのお客さんも一緒に、涅槃市に行ってきました。


噂の通り、すごい人でした。

涅槃市2

写真ではあまり伝わらない・・・。
でも、ニーニコさんいわく、「今年は去年に比べたら人数が少ない」とのこと。

涅槃市1

立ち食いで麺を食べるおばちゃんたち。

この「涅槃市」は、タウンジーのカンアウ地区がやっています。
毎年ダディンジュの日に開催して、今年が3年目だそうです。

僧院がある周辺の道路2本が、完全に歩行者天国となります。(バイクはたまに通る!)
そこに、カンアウ地区に住んでいる人でお店を出したい人が店を出します。
ちょっと裕福系の人がお店を出すみたいですね。

涅槃市3


ニーニコさんの家は、麺を出していました。
座れてよかった!

他にも麺を出している家はいっぱいありました。
モヒンガー、ナンジートゥ、春雨ヌードルなどなど、いろいろです。

麺以外には、モロンイエボン(ミャンマーの白玉団子)、ジュース、お菓子、ミネラルウォーター、ラペットゥ(お茶の葉のサラダ)、パラタなどもありました。


本当にタダで配っていました。
好きな麺のところに行って「一杯ちょうだい!」と言うと、麺をもらえます。

私たちは、ニーニコさんのところで麺を食べたのですが、おいしすぎて何杯もお代わりしてしまいました。
何杯お代わりしても、もちろんタダ!!

その後、「甘いものが食べたい~」と言いながら、お菓子の無料配布をもらいに行きました。
「ギブミーチョコレート」という感じで、人ごみの中で手を一生懸命伸ばし、お菓子をゲット!!

行った時間が少し遅かったので、モロンイエボンなどは品切れでもらえませんでしたが、おもしろかった☆



ニーニコさんの家は、麺を50viss、鶏肉を50viss用意したそうです。
お皿やスプーンなども、最初の年にたくさん買い集めたそうですよ。

50vissは、約80kgです。どんだけ~。
1人前の麺はせいぜい50gくらいでしょうから、1600人前くらい!!

他のお店も1500人前くらい用意していたと仮定します。
出店数は30店舗くらいでしたから、全部で45,000食もあったということです。

お客さん一人あたり、麺2杯、ジュースやお菓子を3か所でもらったと仮定すると、5人前は食べるということになります。
45,000食÷5=9,000!!

ということで、9,0000人くらいの人が涅槃市に遊びに行ったという計算になりますね!

ちなみに、タウンジーの人口は30万人ですので、人口の30%が涅槃市に行ったということになります・・・。
いや、それはありえないか!

ニーニコさんの家が大量に用意しすぎていた疑惑ですね。
それでも開始して2時間程度で無くなったそうです。


この涅槃市、タウンジーではこのカンアウ地区でしかやっていないそうです。
その他の地域でも、珍しいみたいです。

ある地域では、完全無料ではなくてお金をいくらかとるそうです。
ただ、そのお金はいくら払ってもよく、全額僧院に寄付するらしいです。
今回の涅槃市のように、完全無料でやっているのは他にはあまりないんじゃないの?とのこと。


ニーニコさん一家は、この日1日でかなり徳が積めたのではないでしょうか。
文化祭みたいなノリで、楽しそうですよね♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/515-df2f977f