このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

先日、家に帰ってきたら、テーブルの上にドサッと大きなビニール袋が置かれていました。

中を覗き込んでみると・・・

蜂の子

蜂の幼虫!!


蜂の子アップ

アップでドーン!!


この日は夫がヘーホー空港まで行ったのですが、村の人が売りに来ていたので購入した、とのこと。

蜂の子入りハチの巣が3,000ks(300円)
ハチミツたっぷりハチの巣が8,000ks(800円)

「めっちゃお買い得だった~!」と満足げな夫。


うちの夫、実は健康オタクなんです。
付き合い始めのころ、デート時の話題はほとんど健康についての話でした。

120歳まで健康に生きるのが目標なので、蜂の子は相当嬉しかったらしいです。

ミャンマーでは、ハチミツに砂糖水を混ぜて販売するのが当たり前な感じなので、ハチミツ好きの私も8,000ksのハチミツは嬉しかったです。
2リットル以上とれた!


しかし、ハチミツは良いとして、蜂の子ってどうやって食べるの・・・??
すでに動いてはいなかったですが、イモムシ系が苦手な私としては、触るのも嫌です。

とりあえず、ハチの巣を放置して晩ごはんの支度にとりかかりました。


この日のメニューは親子丼。
ということで、冷蔵庫から卵を取り出すと、それを見ていた夫が台所にやってきて、

「卵の中にハチの子を入れると良いらしい」

と言いながら、

いきなり蜂の子入りのハチの巣をちょっと握って、とき卵の上に絞った~!!!

その後、親子丼にして食べましたが、ぜんぜん食欲が出ませんでした。
どうしても、脳裏に蜂の子のウネウネっとした姿が浮かんできて・・・。

蜂の子アップ

ウネウネっ・・・。


けっこう私は何でも食べられるほうだと思っていましたが、蜂の子とか虫系はだめみたいです。

あ、でもタイ土産でよくある揚げたイモムシの幼虫のスナックみたいなやつはサクサクしてるから好きです。

田んぼのネズミの肉は、鶏肉より好きなくらいなんだけどなぁ・・・。


夫は「健康に良いのに、なんでそんなに嫌がるのか!」と言ってくるので、

「あなたが豚肉を、子どもの頃から食べ慣れてないから食べたくないように、
 私も蜂の子を、子どもの頃から一度も食べたことがないから食べたくないのだ!」

と言いました。

そしたら、夫も実は蜂の子を食べたことがなかったらしく
「そういうこと言うから、あんまり食べたくなくなってきた・・・」とか言ってた(笑)


大量の蜂の子は、食後に夫がぜんぶ握りつぶして搾り汁にしました。

それを冷凍しておいて、卵焼きやスープを作るときに入れるように、とのこと。
今後、卵焼きやスープは、私の分と夫の分を別々に作らなければならないので、けっこう手間なんですけど・・・。


その後、私の同僚が家にご飯を食べに来た時にも
「健康に良いんだよ、3000ksで安かった!」
と、何度も自慢していましたよ。


蜂の子を食べたい方は、ぜひうちまで来てください。
蜂の子汁入りの卵焼きをご馳走します。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/510-d02d4b8b