このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日は、<質問コーナー>です。
5月の頭ごろにいただいていた質問ですが、バタバタしていたので回答が遅くなってしまいました。

いただいた質問は、こちら!

__________________________

初めまして、現在大学でミャンマーについて勉強している者です。
ミャンマーのここ数年のNGOなどの外部援助の規制について、もしわかれば教えて頂きたいのですが。

少し前はNGOが開発援助を行おうとしても、軍が監視していたりすることがある、という記事を読んだことがあるので、現在はどうなのかと気になったのと、あまりそれ関連の資料がなく、もし何かわかることがあれば共有していただけると嬉しいです。
お忙しい中すみません。
__________________________


ちょっとわかりづらい話になりますが、回答します。

地球市民の会のようなNGO団体がミャンマーで活動をするためには、どこかの省庁とMOU(覚書、MOAの場合もある)を結ばなければなりません。
地球市民の会は「国境省」とMOUを結んでいます。

だいたい1つのMOUは3年~5年の期間で、期間切れになると延長していきます。

MOUのためには、1年ごとに、どんな事業を、どの村で、いくらの予算でやるかをNGO側で計画して提出します。
その他にも、外国人スタッフは何名駐在するのかなどについても書きます。


このMOUを作成する作業がとても大変です。

予算が少ないとOKされませんし、センターや水タンクなどの建築物を作る場合は、全てのサイズまで記入しなくてはなりません。
更新の際は、前回のMOUの予算が達成されていなければ更新してもらえませんし、前回よりも予算規模を大きくしないと更新してもらえません。
なんやかんやと省庁とやりとりが続き、最短でも半年くらいはかかります。

省庁のOKが出た後も、FERD(国家開発なんとか局?)の許可や内閣の許可をもらわないと、MOUに署名ができません。

とにかく、MOUをとる、更新するというのは本当に大変な作業です。


このMOUがあると、省庁がいろいろと便宜をはかってくれます。

たとえば、外国人スタッフのビザ!
私のビザは、国境省がミャンマーの外務省にレターを出して、取得の便宜をはかってくれます。
なので、1年間のビザがもらえますし、期限が切れたらヤンゴンで延長してもらえます。

また、スタディーツアー中にセンターで宿泊することがありますが、これも国境省が手続きをしてくれるのでできることです。
(ミャンマーは、外国人がホテル以外のところに許可なく宿泊することは禁止されています)

TPAに何かあったときには、全て国境省の責任になるそうです。
そのため、心配されすぎて困ることもありますが・・・。
公式に活動できるというのは、大変よいことです。

さて、以上がMOUについてです。
(でも、私はマネージャーにほとんどMOUについてお任せしていたので、曖昧な部分も多いです。)

省庁によって、対応がかなり違うと聞いています。
保健省はお医者さん出身が多いので話がわかる、宗教省は優しい、農業省は条件がかなり厳しいなど・・・。
噂なので、どこまで本当かは不明です。


そして、NGO登録という制度もあります。
こちらは、民主化前は有名無実化していた制度ですが、民主化後はこのNGO登録がないと、MOUを結ぶことができないようになるそうです。

ということで、TPAはいそいで取得しました。
これも手続きが大変でした。
しかも、登録料(5年間)が、50万ks・・・。
高いですね。

このNGO登録、取得のためには、推薦してくれる省庁が必要だそうです。
うちの場合は、MOUを結んでいる国境省が推薦してくれましたが、これからミャンマーで活動する団体となると、推薦してくれる省庁を探すのが大変そうです。


ということで、公式にNGOとして活動しようとすると、上記のような複雑な手続きが必要となります。

「そこまでできない・・・」という場合は、こっそりと活動するしかありません。
しかし、お金を村に寄付するぐらいはできても、現地に事務所やスタッフをおいて・・・という活動はできないと思います。

外国人がミャンマーでうろうろすると、当然目立ちます。
ミャンマー側のSPも見張っています。

以前は、援助目的と言って入ってきた外国人が、村人に勝手なことを吹き込むのが心配で、そのような見張りがあったのでしょう。
そして、今もそれはあまり変わりません。

ですが、「政府に都合の悪いことを言われては困る」という感じではなく、「何かがあったら、責任を取らされるのが怖い。だから勝手に行動しないでくれ」という感じです。


ミャンマー政府側からすると・・・

・外国人に勝手にいろいろと活動されるのは、たとえ援助であっても困る。
・だから、ちゃんとMOUやNGO登録をとって活動してほしい。
・ちゃんと許可をとってウロウロしているのか、無許可でウロウロしているのかはチェックする。

ということではないでしょうか?

観光地なら、勝手にウロウロしていても問題ないですが、観光地以外だと外国人は目立ちますからね。
「勝手なことはしない!」のが一番です。

なので、規制されているというよりは、「ちゃんと許可とってね」ということだと思います。
まあ、当たり前のことですよね。



あんまりうまくまとめられなくて申し訳ないのですが・・・、こんな感じでしょうか。
MOUやNGO登録については、状況がいろいろ変化しますので、この記事をあてにせず、現地で実際に確認してください。

大学生のころ、こっそりヤカイン州の孤児院支援をしていたのですが、ばれるとビザが出ないと思ってビクビクしていたのを思い出しました。


NGOも大変なのね~。と思ったら、クリックお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/468-7c5a2238