このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
アッサラームアラインクン!

昨日のブログやその前のブログでも書きましたけど、ついにイスラム教徒になったぞー!!


今日、無事に入信してきました。
ちょっと長くなりますが、つらつらと書きます。


午前中は普通に仕事をして、12時になったら風呂に入りました。
イスラム教徒は、モスクに行く前には風呂に入らなければならないそうです。
風呂に入って化粧もして、カメラも持って準備万端!
入信式の会場である、彼の家に行きました。

彼の家では、親戚の女性陣が数名集まっていて、料理の準備をしていました。
「早く身体を洗うように」と言われて、「いや、お風呂入ってきたんですけど・・・」と言ったのですが、どうやらムスリムのやり方があるそうで、教えてもらいました。

・まず、下半身の大事なところを水で洗う。(これは風呂に入ってきたので省略)
・手を3回洗う。
・うがいを3回。
・鼻の穴に少し水を入れて鼻うがいを3回(左手で!)。
・顔を3回洗う。
・お水を少し手にとって、おでこから髪を後ろになでるように1回。
・手の甲で首をなでる。
・人差し指で耳の穴を少しぬらす。
・手をひじまで洗う(左から3回ずつ)
・足を足首まで洗う(左から3回ずつ、指の間もしっかり)

いろいろ指示されて、間違えつつもなんとかやりました。
化粧してきたのに、顔洗っちゃったし・・・。

それから、頭にかぶる布をもらってかぶりました。
「似合う!」と大好評。

布かぶり

顔が丸く見えるから、自分的にはイマイチですが・・・。

「偉い人が来たら、アッサラームアライクン(こんにちは)と挨拶をするんだよ」
「ムスリムに入ります、入ります、入ります、と3回答えるんだよ」
「終わったら、皆のほうを向いて、アッサラームアライクン!」
などと、お義母さんからレクチャーを受けますが、よくわからない(笑)


そうこうしているうちに、偉い人たち(神父?)が家にやってきました。
おっさんたちが15人ほど、ずらずらーっと来て、椅子に腰掛けます。

エライ人たち

右が神父、左が副神父。真ん中の人は??


やばい!
実は、この時点でまだ彼が来ていませんでした。
新郎が来てないのに、神父が先に来ちゃったよ・・・と、慌てるお義母さんと私。
しかし、神父らは気にせず、いきなり読経(?)を始めてしまいました。

何を言っているのか不明でしたが、歌のような感じでした。
パート割があるようで、ある程度一人が歌い終わると、次の人が歌うという感じで、たまに全員でハモるところもありました。
一人、ウトウトしていたっぽいオジサンがいて、歌詞をところどころ忘れるみたいで、他の人がキレ気味で突っ込んでいました。

15分くらい読経が続きましたが、いっこうに新郎が来る様子がありません!!
携帯電話で電話をしようにも、携帯は違う部屋に置いてあり、取りに行くにはお経隊の前を通っていかなくてはなりません。
イスラム教的には、お経の最中に人の前を通ったらいけないとのこと!
焦りつつも、何もすることができず、ただただ新郎の到着を祈るお義母さんと私でした。

コーラン読経開始


それでも、やはり新郎は来ず、謎のオッサン集団の中に一人で座らされた私・・・。
写真のピンクの椅子のところです。
すごく心細かったよ・・・。
神父が気遣ってくれたのか、隣にお義母さんを座らせてくれたので良かったですけど。

神父は若いオジサン(おにいさん)でした。
優しい感じで話しかけてくれました。

・入信するからには、たとえ親が他の宗教を信仰していても、自分は他の神を信じたらいけないこと
・イスラム教のしきたりに従って行動すること
・アッラーとモハンマドを信じること
・まだよく知らないだろうから、イスラム教について少しずつ学んでいくこと
などの話をされました。


そして、神父の言葉を繰り返して言うようにと言われました。
ビビリまくっている私は、消え入りそうな声で、必死に神父の言葉をオウム返ししました。
何語かわからない言葉(たまにビルマ語も入っていた)で、聞き取れたのは「モハンマド」という単語くらいでした。

繰り返し言うのが本当に難しくて、挫折しそうになりました。
何しろ、何語(アラビア語?)かまったくわからない言葉で、おそらくビルマ訛りみたいなのも入っているだろうし、何がなんだかサッパリ・・・。
外語大のとき、入学して始めてネイティブの先生の授業で、ビルマ語をリピートさせられたとき以来の難しさです。
泣きたい気持ちになりながら、消え入りそうな小声でリピートしました。


一応、繰り返し言うのはOKだったらしく、神父から最後に「私たちは皆、あなたを歓迎します」と言われて、名前をもらいました。

「ファッティーマ」だって。

ファッティーマって、ビルマ語の「ぽっちゃりな女の子」という単語に似ているので、「エーッ!!」と一瞬悲しく思ったけど、まあ覚えやすいから良いかな。

モハンマドの娘(?)の名前で、きれいな花という意味があるそうです。


最後に、お義母さんに事前に教えられていたように「アッサラームアライクン」と皆に挨拶して、無事に入信式は終了しました。

それから、皆にごはんを振る舞いました。
このとき、14時すぎくらい。
一体、何ご飯??という感じの時間ですが、皆美味しそうに食べていました。

ごはん

この式には、神父とその取り巻き、彼の親戚、お義母さんのお友達で合計30人くらい来てくれました。
皆、私の入信と嫁入りを本当に喜んでくれていたみたいです。
「一緒にモスクに行こうね!」「うちに遊びにおいで」「かわいいね!」などと、優しい言葉をかけてくれて嬉しかったです。

お義母さんいわく、最初が肝心とのこと。
今回で私と皆の顔合わせが済んだので、これからモスクに行っても、知り合いがいなくて寂しい思いをする心配がないよ!とのことでした。

親戚

なんだか訳のわからないまま終わった入信式でしたが、たくさんの人に祝ってもらえて、とても嬉しかったです。
私のために、たくさんの人が集まって来てくれたし、料理の手伝いとかもしてくれて・・・。
お義母さんにいたっては、いったい料理にいくら使ったの!?という感じで、本当にありがたかったなぁ。


新郎が来なかったのが大問題ですけどね!


お義母さんも「ミニ披露宴のつもりだったのに・・・」と困った声を出していました。
彼いわく、今日は私の入信のみで、自分は行かなくて良いと思っていた、とのこと。
笑ってごまかしてきた。
本当に、困ったもんだ!


アッサラーム アライ クリック!!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/441-06a9dff0