このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

タウンジー観光大使(勝手に就任)として、タウンジーの見どころをもっと紹介せねばならぬ!!
ということで、タウンジーのお店の情報も、今後ちょこちょこ載せていきたいと思います。


今日は「ORIENTAL HOUSE」を紹介します♪

ORIENTAL HOUSEと聞いて、「アレ?」と思ったヤンゴン在住の方、いますよね?
そうです、ヤンゴンにあるORIENTAL HOUSEレストランの支店です。
つい最近、タウンジーにオープンしました。


ある日、ドライバーさんのニーニコさんが「ORIENTAL HOUSE、もう食べた?」と、若干テンション高めに聞いてきました。
私は、「新しいレストランができているなー」とは思っていたのですが、全くノーチェックでした。

そんなにテンションが上がるレストランなの?と思いながら詳しく聞くと、ヤンゴンのORIENTAL HOUSEレストランの支店だとのこと。
田舎者のタウンジーッ子は、ヤンゴンの支店がタウンジーにできるとテンションが上がります。

しかも、ORIENTAL HOUSEレストランって、けっこう有名ですよね。
ヤンゴンでは毎朝混雑していて、休日は特に、席を確保するために食べ終わりそうな人をマークしないといけない、ディズニーランド状態だそうです。
ニーニコさんはタウンジーの店に家族で行って、美味しかったとのことです。


私も行きたい!ということで、「今度の休みの日の朝は、ORIENTAL HOUSEレストランに行こうよ~」と彼におねだりをしました。
いつもなら「ニーラーウーはお金を使うことばかり考える!」と怒られるのですが、ORIENTAL HOUSEレストランという名前を出すと、「そりゃ行かないとな!」という反応が返ってきました(驚)!
うちの彼も一目置いているなんて、すごいぞ、ORIENTAL HOUSEレストラン!


ということで、前置きが長くなりましたが、行ってきました!

この店では、DIMSUMという飲茶が人気です。
というか、朝はこれしかメニューがありません。

席に着くと、店員さんがたくさんDIMSUMを持ってきてくれます。
1つ500ks。食べた分だけお金を払うシステムです。

OH1

彼が豚肉を食べないので、豚はナシにしてもらいましたが、それでもこのボリューム!
私たちは2人で8皿食べました。
美味しいけど、味が同じなので、8皿も食べると飽きてくる・・・(笑)

OH2

「ここはコーヒーがけっこう美味しい」とニーニコさんから聞いていましたので、コーヒーも注文。

OH4

いつものお湯に3in1をいれる方式ではなく、店の人がいれてくれるコーヒーです。
相変わらず練乳たっぷりで甘いですけど・・・。
ちなみに、粉はネスカフェだそうですよ。1杯300ksでした。

2人で4600ks。1人2300ksですね。
シャンカウスエなら1人500ks~1000ksくらいで済むので、それに比べるとけっこう高めです。

OH3

でも、お店は大繁盛していました。
2階建てですが、1階も2階もお客さんがいっぱい来ていました。
さすがにディズニーランド状態にはなっていませんでしたが。

昼・夜は中華メニューもあるそうなので、今度挑戦してきます♪

OH5

YANGON ORIENTAL HOUSE RESTAURANT

場所:メイン通りにあります。北のほうです。教育大学の向かい。
電話:09-5134788、081-2122298
開店時間:DIMSUM 朝7時~夕方4時、中華 朝10時~夜9時
価格:DIMSUM1つ500ks、コーヒー1杯300ks

オススメコメント:
タウンジー宿泊時の朝ごはんにオススメ!
でも、1泊しかしない人は、トウフヌェとかシャンカウスエを食べたほうが良いので、タウンジーに連泊する人にオススメです。


ヤンゴン在住の方、ヤンゴン本店のほうにも是非行ってみてくださーい!
そして、プリーズ、クリック♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/425-9ca6c170