このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

昨日は、ミャンマーは「ピータウンスーの日」でお休みでした。
連邦記念日だそうです。
アウンサン将軍主導で、ピンロンという地でピンロン条約が結ばれた日です。


ウーシュエバのコラムより引用http://www.burmainfo.org/column/column.php?mode=0&columnid=30" target="_blank" title="http://www.burmainfo.org/column/column.php?mode=0&columnid=30">
http://www.burmainfo.org/column/column.php?mode=0&columnid=30

アウンサン将軍は独立を目前にした1947年2月に少数民族指導者たちとシャン州ピン ロンにおいて会議を持ち、ともに連邦国家を建設して行こうとする同意を得たのです。このピンロン条約が結ばれた2月12日は現在も連邦記念日として祝われ、諸民族協調の「ピンロン精神」に立ち返ろうという議論がよくなされます。


ピンロンは、我らがシャン州にあります。
外国人立ち入り禁止エリアです。
タウンジーから遠いので、もちろん私も行ったことがありません。

最近の循環型農業研修には、ピンロンからわざわざ来てくれるシャン族の研修生がけっこういます。
TPAのプロジェクトエリア外に循環型農業を広めるために、遠方から来た研修生は頑張ってくれます。
タウンジー近郊の人より、機会が少なくて使命感があるのか、遠方出身者のほうが積極的に村の仲間に、学んだ内容をシェアしてくれているように感じます。


さて、昨日は、午前中は視察の方をナウンカセンターにご案内し、午後は「連邦記念日」を記念した展覧会に行ってきました。

Aung San1

タウンジーの若者が有志でやっているイベントです。
いつも有機野菜を置かせてくれているパン屋「Dr Cake」のお兄ちゃんが、イベントのリーダーです。

この若者団体は、環境問題についての展覧会「ドーチッテーガバー」(私たちの愛する地球)というイベントも毎年行っています。
アートを通して、いろいろなことを学んでもらおうという企画で、とても素晴らしいです。

Aung San3

今回のイベントでは、アウンサン将軍やスーチーさん、その他、歴史上の重要な人物の顔をいろいろなアーティストが描いて展示しています。

Aung San 2

若者たちが多く来ていたのが印象的でした。
イマドキの若者たちが、熱心に何かを読んでいました。

Aung San6

また、子ども達が遠足感覚で来ている団体もありました。
先生みたいな人が引率して、トラックに乗って大勢で来ていましたよ。
日本(特に東京)のようにイベントが多くないので、何かイベントがあるとなったら、相当な人数が集まるみたいです。

Aung San7

グッツの販売もありました。
キーホルダー200ks!購入しました。
他にも、イベントの公式パンフや絵の上手な描き方レクチャーブック、絵ハガキ、しおり、アウンサン将軍のDVDなどもありました。

cake

なぜか、ケーキをふるまわれました。
絵を見ていると、若い子が「あーん」と言ってきて、食べさせてくれます。
何回も食べさせられるので、ダイエット中の私は早めに退散しました(笑)

Aung San4


こういうイベントを若者が中心にやっていくのは、とっても素晴らしいなぁと思います。
6月に「ドーチッテーガバー」(私たちの愛する地球)の3回目イベントを行うそうなので、「TPAも仲間に入れてよ~」という話をしています。

環境問題のDVDを放映したり、環境本を配布したり、有機野菜の宣伝をしたりできたら良いなぁ・・・。
イベントって、テンションあがりますよね。

Aung San5


ちなみに、今日はアウンサン将軍の誕生日だそうです。
お誕生日おめでとうクリック♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/419-e96d5c27