このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
昨日の記事の続きです。
ヘーホー空港、ニャウンシュエ間でシェアタクシーができた件について書きました。

ところで、一人5,000ksで乗せて、この会社は儲かるのか?ということを計算してみました。

(以前は経営コンサル会社で働いていましたので、こういうのを聞くと、どうしても計算したくなってしまう癖があります笑。)


まず、経費から。

・ハイエースがニャウンシュエ、ヘーホー1往復に必要なディーゼル代 約10,000ks
・道路交通量 約1,000ks
・運転手代 約3,000ks
・その他メンテナンス代(エンジンオイル、タイヤ、車清掃) 約4,000ks
合計 約18,000ks
(タウンジー、ヘーホー間のシェアタクシー必要経費ヒアリングより推定)

ということで、1往復で最低4名乗ればなんとかなることになります。
ハイエースは10人乗りで、1名が運転手ですので、9名まで乗せられます。
往復MAX18名です。


3往復全部が満員になったとすれば、、、
18名分×3往復×5,000ks=270,000ks
経費は18,000ks×3往復=54,000ks
270,000ks-54,000ks=216,000ks
ということで、最高1日に216,000ks儲かることになります。

うーん、まあまあ?
チケット販売員や電話なども必要でしょうし、車が故障したら修理しないといけませんよね。

そして何より、ハイエースを購入するのに30,000,000ksくらいかかります。
毎日満員とすると、139日でハイエース分の元が取れる計算になります。

1年以内でハイエース代が儲かるのか・・・。
そう考えると、良いかも!?
でも、1台だと無理だしなぁ。車が足りないときは外注するのだろうけど。
ふむふむ。

ま、こういう事業をする人は、他にもいろいろビジネスをやっていて十分儲かっているんでしょうけどね~。



ところで、ヘーホー空港からタウンジーに行きたい方、タウンジーからへーホー空港に行きたい方に、注目の情報をお知らせしちゃいます!

昨日も書きましたが、タウンジー、ヘーホー間もシェアタクシーがあります。
そして、私の彼の会社(Shan Pyi Thar)も、シェアタクシーをやっているのです!
ヘーホー→タウンジーの場合は人数次第で少し高くなることもありますが、タウンジー→へーホーだったら5,000ksでいけます。

必要でしたら、予約のお手伝いをしますので、ブログからメッセージください♪
ネットが見られない場合もあるので、ギリギリの予約はできません。
ご了承ください。


できれば、航空券とセットで予約していただけると便利です。
国内線の時間変更にも対応できますので。

宣伝ですが、Shan Pyi Tharで国内線のチケット買うと、安いですよ。
(日系の旅行会社を使っている人はたぶんビックリします。内緒ですけど)
彼のお父さんか弟が、ヤンゴンのご希望のホテルまでお届けにあがります。
※ダウンタウンより遠い場合は、お届け料をいただきます。

日本にいるときに、ミャンマー国内線の予約をしておきたいときは便利です。
ハイシーズンは予約が混みあって、直前だと好きな時間がとれないことが多いですもんね。

ということで、旦那の会社を宣伝してみました~笑。
よろしくご贔屓くださいませ☆


クリックお願いします。

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/410-69fe901b