このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

明日から、スタディーツアーがやってきます!
佐賀大学の先生、学生さんと、東京からの学生さんと、TPAスタッフの佃さんの8名です。
私とトゥンウィンさんがアテンドについて、さらに国境省のお役人さんがセキュリティのため(?)についてきますので、総勢11名のツアーとなります。

今頃は、ツアーメンバーはヤンゴンについている頃です。

今回は、タンボジセンター、ナウンカセンター、インレー湖、カックーパゴダはもちろんのこと、他にも盛りだくさんのツアーです。
農業堰を見に行ったり、山の上の小学校の開校式に参加したり、インレー湖の環境調査も行います。
カンカウン村準中学校建設プロジェクトのカンカウン村にも行く予定です。

ということで、4泊ほどホテルやセンターに泊まりますので、その間ブログもメールもお休みです。
(ブログは家にいてもお休みすることがよくありますが)


さて、昨日はハムシー村に行ってきた話を書きましたけど、今日は番外編。
ハムシー高校寮の給食風景です。

ハムシー高校寮は外務省の資金をいただき、建設した高校寮です。
家の近くに高校がなくて通えない子どものための寮です。
この寮があるから、高校に通えます。

入寮生は月謝を払いますが、ほんの少しです。
地域の人たちがお金を出し合い(1世帯いくら、と決まっています)、子どもたちの生活を支えています。
子どもがいても、いなくても、お金は出さなければなりません。
「パオ族の子どもは、皆の宝」だからそうです。

ハムシー寮給食1

さて、11時になると、高校はお昼休みとなります。
この高校には小坊主さんもいるので、お昼が11時です。(お坊さんは12時以降に食事をしてはいけない戒律があります。)
皆、それぞれ自分のお皿を持って、一列に並んでいます。

ハムシー寮給食2

配膳当番の子が、ご飯とスープをついでくれます。
なんか、給食を思い出しますね!

おかずはたった1品、スープのみです。
他に、それぞれ好きな「ご飯のお供」を持ってきています。
ピーナッツや、何かの漬物などですが、一番多かったのは、「唐辛子」!

ハムシー寮給食3

こんなにいっぱいで大丈夫なの!?

ハムシー寮給食4

皆の配膳が終わったら、お経を唱えてから、食べ始めます。

ハムシー寮給食5

ご飯がいっぱい!!
中には、嫌いなのか、スープをもらっていない子もいて、「栄養足りてるのかな」とちょっと心配になりました。

この日は私たちもお昼をいただいたのですが、スープのほかに2品くらいおかずがありました。
ありがたいです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
ブログランキングに参加しているので、クリックしていただけますと嬉しいです。
クリックすると、いろんなミャンマーブログやNGOブログを紹介しているページに飛びます♪
↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/345-c70c6270