このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー。
今日は、来週を予定している「キントゥ堰の落成式」の打ち合わせのために、キントゥ村に行きました。

事業の様子の写真、ちょこっとFBで公開しています。
TPAのページ、よかったら「いいね!」してくださいませ~。

キントゥ堰は、外務省のN連というスキームで実施した事業です。
農業堰の整備と農業研修で成り立っており、堰の工事費だけで3億2000万ksという、大きな事業でした。

朝7時半に事務所を出発して、国境省の役人さんを呼びに行き、一緒にキントゥ村へ行きました。
村人たちと打ち合わせをして、一応OKだということになりました。

TPAも来たほうが良い!と国境省に言われて、今日は村に行く用事もなかったので一緒に行ったのですが、落成式に関してTPAがやることほとんど終わっているし、今日は行ってもあんまり意味がなかったかも・・・。
進捗状況を把握することはできましたが。
本当は、車を出してほしいから私を呼んだんでしょ!?という感じでした。

しかも、お昼ご飯食べて帰ろう!と国境省の人が言い出し、携帯で別の仕事をしていた国境省の人を呼び出したりし始めて・・・。
電話で呼ばなくていいから!
電話先で「来てもいい?おごってくれる?」と聞いてきたので、「えー」と渋る声を出しつつもOKしたのですが(だって、断るわけにもいかないし)、ドライバーさんに「外人はミャンマー人とは違うね。ミャンマー人なら、どうぞ食べに来て!来て!って言うよね」と言われてしまいました。

もう!
っていうか、日本人だったら普通はご飯をおごってもらうためだけに来たりしないからね!

結局、というか、やっぱりというか、お昼の支払いは全部私持ちでした。
私とドライバーさんと国境省2名と、あとから電話で呼ばれた国境省1名の合計5名分。
しかも、高い料理頼んでたし!
全部で14500ksもしたぞ!!
5000ksくらいなら経費で出しても良いけど、さすがにこの金額じゃ説明つかないじゃん。
というか、皆さんの貴重なご寄付でなりたっているTPAの活動資金から出すわけにもいかないので、自腹にするしかないじゃん。

なんだか、たかられた気分の半日でした。
ま、カウンターパートと円滑にやっていくためには、こんなことで目くじらを立てたらいかんよね。ふぅ。


そうして、内心は高い料理を注文されたことに腹を立てつつも、外面はフレンドリーな雰囲気をかもし出し、今後の業務が円滑に進むように頑張って仲良く食事をしました。

フレンドリーさを出したいとき、やっぱり盛り上がるのは、恋愛話!
私に恋人がいることも国境省にはバレているので、もう少し情報開示をして話題を盛り上げます。
「今度帰国するときは、彼氏も一緒に日本に連れていきたいと思っているんだよね」と言うと、「いいねー」と盛り上がるお役人さんたち。

こちらが情報開示をすると、あちらもいろいろとオープンに語ってくれます。
電話で呼ばれてお昼を食べにきた彼は、なんと近々、2人目の奥さんをもらう予定らしい!
いや・・・一応1人目の奥さんと、子どももいたはずなのですが、それはそれでOKとのこと。
毎日、モーニングコールから始まり、朝ごはん食べた?昼ごはん食べた?今なにしてる?晩ごはん食べた?と、いっつも彼女のほうから電話してくるらしいです。
(彼は電話代が払えないから、自分からかけないらしい 笑)

家は近所だそうなので、「一緒に晩ごはん食べないの?彼女は作ってくれないの?」と私は聞きました。
すると彼は急に慌てて、「いや、まだそんな段階じゃないよ!」とのこと。
結婚(しかも2人目!)を考えているくせに、晩ごはんを一緒に食べたことがないって、一体どういう関係なんでしょうか?

っていうか、晩ごはんを作るのがそんな段階なんだとしたら、私、けっこう恥ずかしいんですけど・・・。
彼氏の両親とか親戚とかに「彼はいつも晩ごはん食べに来ています」って言っちゃったし!
そういえば、彼氏の両親、けっこうビックリしていたような気が・・・。
ま、いっか!

しかし、2人目の奥さんというのがいまだによく理解できません。
ミャンマーの法律では、男性は養える能力があるなら、妻を何人持っても良いことになっています。(女性はダメ!)
一夫多妻制が一応OKになっているのですが、実際に奥さんが2人いる人というのは稀で、そういう人は町でも村でも噂になっています。
うちのスタッフたち(特にパオ族の若い衆)も、「そろそろもう一人、奥さんもらおうかな~☆あ、給料安いから無理だった!」などと楽しく冗談を言い合っていますが、私としては本当に理解できない!!
だから、役人さんが惚気話をしても、「でも二人目は良くないと思うな」などと、ついつい言ってしまいます。

そんな「奥さん2人目」の人に、「晩ごはんを作ってあげるなんて!」みたいな反応をされた私って・・・。
恋愛話は万国共通かと思っていましたが、いろいろと違いはあるようです。

あ、ちなみに、私の彼氏は奥さんを2人もらったりしませんから、ご心配なく~♪
最近、地味にリクエストが多かった恋愛ネタでした☆

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/326-d020c90e