このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

5月にビザの更新でバンコクに行きました。
それでビザを無事に取得できて、今タウンジーにいるわけですが、実はその前に私は初めてのオーバースティをしてしまいました。
オーバースティについて、詳しく書かれている情報が少ないと思いますので、私が体験したことをご紹介したいと思います。

私は4月18日までしかスティパーミットがなかったのに、5月まで居座っており、合計17日間のオーバースティ状態でした。
出国の際、空港のイミグレーションの部屋まで申告に行きます。

イミグレのおっちゃんにパスポートを出すと、「アリガトゴザイマ」と日本語でなぜかおっちゃんにお礼を言われました。
ドキドキしながら行ったのに、とてもフレンドリーなおっちゃんでした。

オーバースティ1日につき3ドル(3ドル×17日間=51ドル)と、D-Form(29日以上滞在した人のみ必要となる)緊急発行手数料として3ドルの合計54ドルを支払いました。
ちなみに、オーバースティは1日につき3ドルですが、90日を超えるとそれ以降は1日につき5ドルになるそうです。

「オーバースティをすると、次回から入国しづらくなるなど、何か困ることはありますか?」と、例のフレンドリーなおっちゃんに聞いたところ「何にもない!」と陽気に返事が返ってきました。
「他の国はオーバースティをしたら大変なことになるけど、ウチの国は優しいから、ちょっとのお金で許してあげているんだよ」とのこと。
優しいから・・・?というのは謎ですが、何も困ることはないというのをイミグレの人から聞けたので、安心したのでありました。

最後も「アリガトゴザイマ!」と、片言の日本語で送り出してくれたおっちゃん。
こちらこそ、ありがとう。
その後、オーバースティに関して何も言われることなく、無事に入国できました。

ということで、90日までのオーバースティであれば270ドルで済みますから、一度バンコクに出てビザを取り直すよりもコスト的には安上がりだなぁ・・・というのが私の感想です。
ヤンゴン-バンコクを往復するとそれくらいはかかりますからね。

ちなみに、オーバースティというと悪いことをしていて聞こえが悪いということで、某独立行政法人では、「お金を払ってビザを延長する」と呼ぶ、と聞いたことがあります。
某T館関係の人でもギリギリしかスティパーミットをもらえないこともあるので、仕事の関係で「お金を払って延長」する方もいらっしゃるとの噂。
本当かどうかはわかりませんが。

と、オーバースティの薦めのようなことを書いてしまいましたが、決してオススメしているわけではありません。
ちゃんとビザを取ることのほうが良いに決まっています。
やむを得ない場合の参考知識としてご認識いただければ幸いです。
また、状況が変わることもあるでしょうし、フレンドリーなおっちゃんが適当なことを言った可能性もあるので、オーバースティの際はご自身の判断で行っていただけますよう、お願いします。


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へにほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/317-25e8c132