このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー。
前回からの続きの記事です。

17日は、一日中ミャッウーを観光する日です。
14日から移動が続いていましたが、やっと一箇所をゆっくり見られる日が来ました。
朝は8時ごろまでゆっくり寝て、9時半くらいから観光開始。
ホテルで自転車を借りて出かけました。

まず目指したのは、コータウンパヤー。
9万の仏像があるというのが名前の由来?なのでしょうか。
戦時中に日本の爆弾で壊れたという話を聞きました。
とっても素敵なパゴダなのですが、なぜか地球の歩き方には名前しか載っていませんでした。

90000 pagoda

ちょっと崩れている感じが素敵です。

90000 pagoda flower

お花や守り神?のレリーフがところどころにあります。可愛い☆

コータウンパヤーでは、ヤカインのデザインで織ってある布もゲット!

それから自転車を走らせてミャッウーの端っこのほうにある、ミャッウープリンセスリゾートへ!
これは、インレー湖にあるインレープリンセスリゾートと同じオーナーがやっている高級ホテルです。
そこで、スパマッサージとパスタのお昼ご飯をいただきました。

ここのマッサージはとっても良かった~☆
今までミャンマーで体験した中で、第一位と言ってもよいと思いました。
そんなにミャンマーのマッサージを体験しつくしたわけではありませんが。。。

princess resort

美味しいパスタも食べて、し・あ・わ・せ~♪

その後、ミャッウー博物館へ。
以前ミャッウーに来たときは、入館料が5ドルもするし、どうせ博物館にはたいしたものがないと思って入らないで帰ってきたのですが、その後大学の言語学系の先生に「あそこの碑文を見ないなんて!」と怒られた思い出があります。
ということで、今回はちゃんと博物館を見ることにしました。

博物館に行ってみると、水祭り休暇中のために閉館していたのですが・・・
裏に管理人の家があり、博物館に入りたそうな雰囲気でウロウロしていたら、特別に開館してくれました。
さすが、ミャンマーです!

博物館は先生オススメの碑文はもちろん、ポルトガルなどと交易していた時代の出土品(花瓶やお茶碗など)も飾ってあり、なかなか興味深かったです。
昔のミャッウーの地図やジオラマがあったのも、地図好きの私的には面白ポイントでした。

80000 pagoda

それから、ミャッウーで一番有名なシッタウンパヤーへ行きました。
80000体の仏像があるとのことですが、いろいろ補修・拡張されてしまっていて、壊れかけが好きな日本人的には「コータウンパヤーのほうが良いな」と思ってしまいます。
ミャンマー人的には、シッタウンのようが良いみたいですが。

80000 pagoda bird

ヒンドゥー教の影響もあるらしく、ガネーシャちゃんもいました。

myauk u

シッタウンパゴダの奥にあった仏塔も素敵でした。

仏塔の量的には、バガンには劣ります(なにせ、自転車で半日もあれば全部まわれる)が、こじんまりして回りやすいこと、仏塔が密集していて景色がきれいなこと、外国人が少ないこと、仏塔の形が面白いことなどを考慮すると、バガンといい勝負だと思います。
バガンに行ったことがあって、次にバガンっぽいどこか行きたいなあ・・・というのであれば、ミャッウーはオススメです。
ただ、シットゥエまで行って、そこからさらに船で行かないといけないのが、時間の少ない旅行者にはネックですが。

そして夜ご飯は、一番楽しみにしていたVasaliリゾートでのお食事です。
つづく。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/310-5b8d3e2c