このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー。
前回の記事の続きです。
スタツアメンバーがカンカウン村に学校を建てよう!ということで、村にやってきました。

さて、NGOが途上国に学校を建てるというのはよくある話ですが、どういう風に事業を進めているのか、ということを説明したいと思います。
TPAの場合は、以下のように事業を進めています。

1)案件があがってくる
○○村が学校を建てたがっている、という情報がTPAに来ます。
国境省を通したり、TPAのフィールドコーディネーターを通じて情報があがってきます。
建設を希望する村には、希望理由や見積もりなどを記載した申請書を提出してもらいます。

2)調査
申請書が出た村に、調査に行きます。
申請書に書いてある内容を確認したり、本当に支援が必要なのかをヒアリングを通して確認します。
また、TPAと一緒に事業をやっていくのであれば25%ルールに従ってもらう必要があることや、建てた後の維持管理の方法なども話しあいます。
この時点では、まだドナーが見つかっていないので、確実に建設できるわけではないことも説明しておきます。

3)調整
国境省と相談し、その村の学校建設を進めてよいか調整をします。
調整ができていないまま事業を進めると、「そこではなくて別の学校にしろ」などと後から言われて困ることになるので、大変重要な作業です。
また、TPA内部でも、理事会に上げて建設の許可を取ります。
国境省とTPA理事会からOKが出れば、いよいよ資金集めとなります。

4)資金集め
助成金に申請したり、個人ドナーさんを探したり、寄付金を募ったりして、建設資金を集めます。
TPAでは、助成金や個人ドナーさんからの寄付金で建設を進めることがほとんどです。

5)建設
資金が集まったら、村に資金を数回にわけて渡して建設をします。
学校建設の主体となるのは、村の学校建設委員会です。
TPAは定期的に村を訪問し、建設状況のチェックや資金管理のチェック、困ったことの相談に乗ります。

6)ハンドオーバー
校舎が完成したら、落成式を行い、教育省に学校をハンドオーバーします。
実際の学校の維持管理は、村の学校教育委員会が担うことになります。
TPAは、たまにモニタリングに来ます。

学校を作る!というと、学校がない村に校舎を建てて先生を雇って・・・ということを想像するかもしれませんが、TPAの場合は、すでにある学校の建設しか行いません。
校舎が狭い、老朽化している、などの理由で新しい校舎がほしいという学校が対象です。
なぜなら、すでに運営されている学校なので、ハンドオーバー後もそこまで大きな問題がなく運営できるからです。
また、シャン州では、だいたい1村に1小学校体制ができているので、何もないところに学校がほしいという需要がないということもあります。

study tour2

今回のスタツアメンバーに実施してもらう部分は、2)調査、4)資金集めです。
スタツアに来てもらった際に、村の人たちにインタビューをして調査をし、帰国後に学校建設資金を集めるために頑張ってもらっています。

カンカウン村準中学校について、明日の記事をお楽しみに!
つづく。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/301-123f3a1b