このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー!地球市民の会の鈴木です。
今までは基本編でしたが、本日からはもっとミャンマーの空気感が伝わるテーマに入っていきます。
ミャン豆5粒目のテーマは「お坊さん」です。


●ミャンマー仏教概要
ミャンマーは仏教徒が90%を占める仏教国です。中国や日本の大乗仏教とは違い、上座部仏教を信仰しています。ブッダの時代の仏教が一番残っているのがミャンマーだと言われています。
上座部仏教は、出家をし、つらい修行に耐えた末にネイパン(涅槃)に辿りつくことを重視しています。日本のように、お経を唱えれば誰でも救われる仏教とは違います。
男の子は一生のうち必ず1回は出家をします。親にとって、息子の得度式が一番の喜びなのだそうです。


●人ではない何か
ミャンマー語では「一人」「二人」と数えるときの単位は「ヤウッ」です。「1ヤウッ」「2ヤウッ」と数えます。しかし、お坊さんの場合は「1バー」「2バー」と数えます。つまり、お坊さんは人間ではないのです。ミャンマーの人口は6000万人だと言われていますが(これも正確な統計はないのですが)、この中にはお坊さんは含まれていないという説もあります。
ミャンマーのバスには、お坊さん優先席があります。お坊さんが来たら、皆ちゃんと席を譲ります。お坊さんとは、人を超えた尊敬すべき存在なのです。


●守らなければならないことがいっぱい!
上座部仏教のお坊さんには、たくさんの戒律があります。また、戒律を破ってしまったときの懺悔の仕方のルール集なんかもあります。
基本的な戒律はこの5つ。1.殺してはいけない、2.盗んではいけない、3.みだらなことをしてはいけない、4.嘘をついてはいけない、5.酒を飲んではいけない。
特に、3.みだらなことをしてはいけない、は厳しく守らなければなりません。お坊さんが女性の体に触れてしまってはいけません。女性と関係を持つなんて、もってのほかです。お坊さんは結婚することができません。
5歳くらいから出家しているお坊さんは、結婚について実は興味津津!結婚後に出家したお坊さんに「結婚生活ってどんな感じ?」と聞いたりするそうです。


●村のまとめ役なのです
上ビルマ(ミャンマーの半分より北側)では、1村に1寺あり、お坊さんが村のまとめ役をしているそうです。何かもめごとが起きた時や困った時は、お坊さんのところに相談に行きます。いつも、お坊さんはありがたいお話をして、村の問題を解決します。
お坊さんにご挨拶したり、相談したりすると、なんだか胸のつかえがとれてすっきりします。心穏やかになったなら、あなたもミャンマー人の仲間入りです!


明日のミャン豆は、「ミャンマーの衣服」です。
お楽しみに!


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/30-7d0f859b