このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー!
今日は、ヤンゴンまで友達の結婚式に行ってきた話です。

結婚したのは・・・ミャンマー人のキンちゃん!
NHK国際放送局のビルマ語放送で働いています。
私は大学生時代にビルマ語放送でアルバイトをしていて、キンちゃんにはかなりお世話になりました。
学生時代に頑張っていた国際ボランティアサークル「ELAN」は、キンちゃんが創設して、歴代ビルマ語課の学生を巻き込み、現在まで続いています。
ミャンマーのヤカイン州にある孤児院を支援するサークルで、私も大学2、3年生のころに代表を務め、キンちゃんにアドバイスをもらいながら(振り回されながら!?)いろいろな活動をしました。
その頃から国際協力に興味を持ちはじめ、今の仕事を目指すようになったのです。

ということで、今私がミャンマーでNGO活動をできているのは、キンちゃんのおかげなので、どうしても結婚式に出たいなぁ~と思って、長距離バスでヤンゴンまで行きました。

パオ族の結婚式は何度も行きましたが、ビルマ族の結婚式は今回が初めて。
パオ族はプログラムもなく、お客さんがただ来てご飯を食べて、新郎新婦と少し話して、適当に帰っていきます。
流れ集合、流れ解散的な結婚式で、日本の結婚式を知っている私としては少し物足りない・・・。

ビルマ族の式はというと・・・
3時から5時と招待状には書いてあったのに、3時になっても全然始まりません。
新郎と新婦が舞台でのんびりと写真撮影をしていて、お客さんはそれを見ながらおしゃべりをしていました。

3時半すぎにやっと式がスタート。
新郎新婦が入場し、前の席に座ります。両家の御両親も前に座りました。
それから、仲人的な人たちが新郎新婦に花飾りを渡して、司会のおばちゃんがやたらと長く話しました。
誓いのキスや、指輪の交換などはありません。

結婚式1

それから皆に、ダンパウ(ビリヤニ)とアイスクリームがふるまわれました。
昼ごはんでもないし、晩ごはんでもないし・・・微妙な時間ですが、美味しくてたくさん食べてしまいます。
ちなみにマニアック情報ですが、ダンパウはニーラダンパウ、アイスはトゥーのものだったそう。さすがキンちゃん、美味しいところを分かっています。

ダンパウ

お客さんがダンパウを頬張っているあいだに、新郎新婦が各テーブルをまわって写真撮影をして、式が終了しました。まだ4時半なのに・・・。

結婚式2

大学生のときに、ミャンマー語の授業で「結婚式にはアイスクリームが出る」と習いましたので、本当にアイスが出たのにはちょっと感動!
ちなみに「アイスをご馳走するよ」と言うと、「近々結婚するわ」という意味になるのだとか・・・。
タウンジーでは通じないジョークです。

トゥーのアイス

ビックリしたのは、日本からHさんが来ていたこと!
結婚式のお知らせが来たのが2週間前だということですから、その短期間で仕事の休みをとりビザをとり飛行機チケットをとり・・・すごいです。
日本からは誰も来ていないだろうと思ったのですが。
NHK時代に一緒に働いていたタンシンさん(現在ヤンゴン在住)とも久しぶりに会えて楽しかったです!

結婚式3

これが最初の式ですが、まだまだ翌日にも式は続きます。
本当はこの式だけ出たら帰ろうと思ったのですが、「明日の朝と夜も来てよ!もう一日くらい休みとれるでしょ!?」というキンちゃんに強引に引き留められました。
「そういえば・・・キンちゃんって強引なんだった」と、今さら思いだしても後の祭り。
昔のボスにはなかなか逆らいにくいものです。
幸いにも、もう一日休みをもらえることになったので、タウンジーに戻る日程を一日ずらし、翌日の式にも出席することにしました。
帰りのバスチケット、すでに買っていたので無駄になってしまったけど、1000円くらいなのでまあ仕方なし、です。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/281-35b50491