このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
今日は事務所で仕事の日でした。
なんだか最近事務所の日が多くて、落ち着いて仕事ができて良い感じです。
モモイーちゃんは鹿児島大学のツアーアテンド、トゥンウィンさんは村に行って研修講師をしてきていますので、事務所には私だけ。
今日は電話も少なかったし、一人で静かに仕事がはかどりました。

さて、トゥンウィンさんが出かけた研修についてです。
TPAは循環型農業普及のために、循環型農業研修を行っています。
2ヶ月に一回、ナウンカセンターにて7日間の研修をおこなっており、循環型農業の考え方を教えたり、土着菌堆肥、ボカシ、木酢液、発酵液などの作り方や日本語を教えたりしています。

また、村から希望があった場合、7日間研修の重要な部分だけを一日に濃縮した1日研修を行います。
今日、トゥンウィンさんが出かけていったのも、1日研修です。
研修講師はトゥンウィンさんとソーアウン。
二人ともベテランなので、任せておいて問題なしです。

今日はセレー村という、シャン民族中心の村でした。
TPAが行くのは初めての村で、最初は私も一緒に行くつもりだったのですが、「外国人が来て集まるなんて怖い。何かあったら責任とれない」と、村の偉い人が勝手にビビってしまい、日本人なしでの開催となりました。
別にTPAが農業研修をしたところで、国境省の許可もとっているし何も恐れることはないのですが、外国人に慣れていないために、そういう反応になってしまったようです。

TPAとしても、1日研修の講師代を村からもらうわけではなく、無料でやっている研修ですから、村にやる気がないようでしたら開催する必要はありません。
ですので、事前に、本当に村にやる気があるのか確かめなければなりませんでした。
そして、村の偉い人が一人でビビっているが、村人は皆参加したがっているということがわかり、実施することになったのです。

トゥンウィンさんいわく、30人くらい村人が集まり、皆意欲的に参加してくれたとのことでした。
資材も、こちらが言ったものを全て揃えていたため、普段の一日研修よりもたくさん実習ができたということでした。

何よりありがたいのは、日本人なしで、現地スタッフたちだけで研修ができることです。
というか、私が行ったところで、ちょっと話すだけで何も教えられないのですが・・・。
こうやって、現地スタッフだけでできるところを少しずつ増やしていって、TPAの日本人は消えていくのが理想です。

ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/250-235509a1