このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
今日は、タンテ村のキントゥ堰に行きました。
ヤンゴンから専門家の先生に来ていただいて、現場の様子を見ていただきます。
正確に測量して図面を書き、どういう風に工事を進めるかなど細かく先生と一緒にTPAがプランを作成し、そのとおりにコントラクターに工事を請け負ってもらうという段取りです。

朝7時半にヘーホー空港まで先生を迎えに行き、そのままタンテ村に行きました。
8時半に村に来るようにコントラクターと約束していたのですが、10時をまわっても一向に来るようすがありません。
測量に使う機材も全て彼が持ってくる手はずになっています。
コントラクターがいなければ、話が進まないというのに・・・。

忙しい中、集まってくれていたコミティーも次第にイライラ。
コントラクターの事務所に電話をしても、タンテ村に出かけたといって、誰も本当の行き先を知りません。
彼は携帯電話を持たない主義で、まったく連絡が取れません。
前々から予定は伝えて、来てくれるように頼んでいたし、前日にもわざわざ直接会いに行って、明日来てねと言っておいたのですが。

結局、丸一日タンテ村にいても、彼は来ませんでした。
いったい、人との約束を何だと思っているのでしょうかね。
いくら時間にルーズなミャンマーといえど、これは酷すぎます。
せっかく来てくれた先生に申し訳ない・・・。


いっこうに来ない彼を待っていても仕方がないので、午後からは堰の現場を見に行きました。
雨が4日ほど降り続いたため、地面がドロドロにぬかるんでいて、車でいけないところは歩いていかなければなりませんでした。
ドロドロがサンダルにくっついて、滑ってとても歩きにくかったです。

Kin Touk 1


専門家の先生は、なんと79歳!
それなのにかなりの距離のドロドロ道を歩かせてしまって・・・。
コミティーのメンバーも、先生のお年を聞いたとたん、目をまんまるにして驚いていました。
「そんな、80歳にもなる人に歩かせて申し訳ない。測量は自分たちがやりますから」と。
ミャンマーではお年寄りはとても大切にされますので、「80歳の先生をこんなに待たせて約束をすっぽかすなんて、許せない!」と、コントラクターに対する怒りもまたフツフツと湧き上がってきていたようでした。
それでも、アクティブに現場を歩いて見てくださった先生に大感謝です。

他にも、コミティーを頼って味方になってもらうこと、コントラクターよりもTPAのほうが立場が上なのだから、しっかり要求は言うことなど、いろいろなことをアドバイスしていただきました。
ミャンマー生活が35年もあるだけあって、とても詳しいので、先生についていてもらえると安心です。

Kin Touk 2


明日は、事務所でコントラクターと打ち合わせです。
はたして、ちゃんと約束通りに10時に事務所に来てくれるんだろうか・・・。
心配です。

ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/221-36d78158