このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
皆さん、東南アジアの国に来れば、いつだってマンゴーが食べられると思っていませんか?
しかーし、実際のところ、ミャンマーでマンゴーが食べられるのは、わずか2カ月あまりしかありません。
4月末から6月中ごろまでの短い時期しか、食べることができないのでありまーす!

以前、ヤンゴンに1年間留学していたときのことです。
ミャンマーに来て早々、市場に出かけると、たくさんのマンゴーに遭遇しました。
でも、ある先輩から「マンゴーには虫がいるから、雨季に食べるとおなかをこわすよ」というようなことを言われていた私は、「雨季があけるまで、マンゴーは食べないようにしよう」と決意していたのでありました。
そして雨季があけ・・それから帰国まで、マンゴーの姿を見かけることはありませんでした。

ああ、あのとき、マンゴーを食べるチャンスは山ほどあったにもかかわらず、ただの一口も食べていない私。
なんて愚かな・・・。
ということで、今回こそは逃さずマンゴーを堪能しようと思っています。


市場で10個2000ksのセインタロンマンゴー。
店の人に嫌な顔をされながら、200ksで1個売ってもらいます。
だって、一人で10個も食べられないじゃん!

市場で「セインタロン、セインタロン!」と叫ぶおばちゃんの声が「誠太郎、誠太郎!」と聞こえてきます。誰やねん、そいつ。
セインタロンというのは、「ダイヤモンド1つ」という意味。
ダイヤモンドと同じ価値があるくらい美味しい、ということで名付けられた(はず)。
本当に美味しいんですよ、このセインタロン!
あまーい香りがなんとも言えない。

なんでもこのセインタロン、まだ歴史が浅いマンゴーらしいです。
今ではブランド化されて、他のマンゴーより高く売れるのですが、初めのころは安い価格で販売し、徐々に人気が出て値段が上がってきたとか・・・。

また、昔はタウンジーでマンゴーを栽培する人が少なく、1つ400ksくらいもし、マンダレーまで行かないと手に入らなかったそうです。
でも、今はどこもかしこもセインタロンを栽培していますので、タウンジーでも200ksで買うことができます。

我らがタンボジセンターでも、たくさんマンゴーの木を植えています。
もちろんセインタロンも!
無農薬のセインタロンなんて、絶対美味しいに決まっています。
早く食べたい!タンボジに行くのが楽しみです☆

でも、日本人の皆さん、食べ過ぎには注意です。
マンゴーを一度に4つくらい食べると、体がかゆくなってくるそうです。
たまに、舞い上がってマンゴーを食べ過ぎて、体調を崩して旅行できなくなる観光客がいるとか。

でも、一人で4つも食べるの、大変じゃないですか?
私は1つでも食べきれませんけどね。


ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/205-4cbc7a0f