このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
水祭りでは、その名の通り、水をたくさんかけます。
たとえその人が仕事に行く最中だったとしても、容赦なく水をかけられます。
子ども達が悪魔のような笑顔で、バケツ一杯の水をバシャッ!!とかけてくるのです。
当然、服はもちろん、パンツまでビショビショです。

ヤンゴンやマンダレーのように暑い地域ならば、ビショビショでもかまいません。
そのうちにすぐ乾きますし、涼しくて良い感じ。
でも、タウンジーは寒いんです!
昼間はまあまあ温かいのですが、夕方に水をかけられてしまうと、もう大変。
服はなかなか乾かず、体温が奪われていきます。
寒い・・・頼むから水はかけないで!という感じです。

街を歩いていると、「かけないで!」と言っても「ちょっと、ちょっとだけだから」と言って水をかけられます。
ちょっとどころか、バケツ一杯じゃないですか!大変危険です。
だから、できるだけ歩きでは出歩かず、誰かにバイクで送迎してもらわなければなりません。
バスもこの時期にはなくなってしまうので、何かと不便です。

また、カップルがバイクに二人乗りしていると、余計に水をかけたくなるらしく、大変なことになります。
スタッフのマウンヨーと一緒に村に行った帰り、バイクの二人乗りをしていたのですが、私たちがカップルに見えたらしく、鬼のように水をかけられました
寒かった・・・。

さらに困るのが、カメラです。
水祭りの様子を写真に収めたいと思い、カメラを持って出かけたのですが、バスタオルも全部濡れるくらいに水をかけられ、危なくカメラが壊れるところでした。
私のカメラは防水・防埃・落としても大丈夫な丈夫なカメラだったのですが、日光にやられて壊れてしまって使い物になりません。
水祭りのために買ったようなものなのに、まったく!!
ということで、カメラはなしで、目に焼き付けておきます。


ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/196-c5bf5870