このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
妬まれツアーの連載中ですが、ちょっとお休みして、近況報告とコメント返信をば。

2月は大変忙しかった・・・。
ツアーが来たり、お客さんがたくさん来たり。
2月は28日までしかないので、油断しがちですしね。
個人的には生活リズムが少し崩れてしまって、ブログを書かずに寝てしまった日もあったりして・・・なんとかリズムをたてなおさねば!という感じです。

さてさて、コメント返信です。
いつもコメントありがとうございます。

先日、以前からコメントをくださっていた方から電話をいただきました。
今、メイミョーにいらしているとか!
ブログでの出会いがリアルにもつながっているというのは、大変嬉しいことですね。


まずは質問お答えコーナーからです!

いなりさん
>お返事ありがとうございます。
>基本的な質問で申し訳ありませんが、blogを拝見していると、学校(教育)支援と農業支援があるように思います。イメージ的にどちらか片方を支援しているNGOが一般的と思いますが、支援対象は何になるのでしょうか?

地球市民の会は、ミャンマーの南シャン州にて、以下の活動を行っています。
1)農業支援始業 循環型農業(無農薬・無化学肥料)の農業を普及する
2)教育支援事業 学校建設、奨学金、未来の農村リーダー育成のための寮運営
3)開発支援事業 小規模水力発電所建設などを通じて、村が自立して開発を進められる仕組みをつくる
4)環境保全事業 植林、環境教育
5)文化交流事業 日本からのスタディーツアー受入れ
必要であれば、医療関係の事業以外は何でもやっているという感じです。
(やりすぎ、という噂もあります)


いなりさん
>お返事ありがとうございます。
>タウンジーがそれほど大きな都市とはしりませんでした。ほんと地球の歩き方からは想像すら出来ません。
>単なる疑問なのですが、お住まいはどんな構造・広さで家賃は年or月おいくらぐらいになのでしょうか?
>どうもミャンマーの物価がよく判らなくて。

事務所兼自宅の一軒家に一人で住んでいます。
現地の人から見たら「ええとこ」という感じですね。
玄関付近に事務所スペースがあり、居間などは事務所と共用です。
自分の部屋だけがプライベート空間になります。
6部屋ありますが、そのうち3部屋が事務所スペース、1部屋が居間、1部屋が私の部屋、1部屋がお客さんの泊まれる部屋です。
家賃は月に400$程度で、地球市民の会が負担しています。


いなりさん
>ネーピートーは首都ネピドーとは違いますよねぇ?
>何処らへんにあるのでしょうか?

ネーピートーとネピドーは同じです。
首都がヤンゴンから変わった時、日本の新聞がこぞって「ネピドー」と書いたために日本ではネピドーで定着していますが、私は「ネーピートー」のほうが発音的には正しいのではないかと思っています。
おそらく、新聞の文字数節約のために「ネピドー」にしたのではないでしょうか?
といって、私も面倒なときはNPTなどと略してしまいますけどね。


お次は、旅行関係のコメントに関して!

明日香さん
>行程みただけでうらやましくてきーっ!てなったよ(笑)
>一緒にいけばいいのにーってチイコさんにも言われた。
>うん、行きたかったさー(T_T)
>でも、バンコクとミャンマーは1時間!近いし仕事が落ち着いたら行くね

ひゃっひゃっ!存分に妬んでくださいまし。
あと、いろいろありがとね~。大事に飾ってます。


いなりさん
>懐かしいですね。
>インレー湖、カックー遺跡訪問も一昨年になってしまいました。
>あいにく油にあたったのか、トイレ漬けとなってしまい十分に見学が出来なかったため、>また訪問してみたいです。
>まあ、カックーはもっと広いとの想像と新しいパゴダがあったのが意外でした。
>今度行くときは、沢山食べてみたいです。

今度は是非タウンジーにも遊びに来てくださいね!
来られる際は、このブログから私宛にメッセージが送れる機能がどこかにあるので、それで連絡先を教えてくださいね。


いなりさん
>いいですね。
>また、今年もいきたくなりました。
>何処へ行っても外国人入場料と、どきどきカメラ料金が取られますね。
>入場券を貰った記憶はないのですが、輪ゴム付きのカメラ券?はくれますので、カメラに輪ゴムが沢山結ばれていきます。
>カメラ撮影をするのは外国人ぐらいでしょうが、ミャンマーがカメラ撮影すると料金が取られるのかな?

カメラ料金、私は払ったことないですね。。。
カメラ料金取られるようなところでは写真を撮らないケチです。
ミャンマー人もあまりパゴダで写真をとっていませんよね。
そもそもカメラ普及率が低いからでしょうか。


NGOの運営に関していただいたコメント

いなりさん
>NGO の運営って難しいんですね。
>NGO貴族?なる人たちもいるとの噂?を聞いたこともありますが。
>個人的には、少額ですがあちこちのNGO に寄付しています。HPで見つけて、賛同できそうところに。
>というのは、資料の送付のみをお願いするのも悪いので、寄付するとNGO か勝手に資料を送ってきてくれるのでそうしています。
>ただ、一度寄付すると年に数回、キャンペーン?のように郵便局の振込用紙を郵送してくるNGO もあります。
>そこまでしないと寄付が集まらないのでしょうが、支払う郵便料金てきっと凄いですよね。

NGO貴族・・・。日本のNGOで貴族になれるところってあるのでしょうか?
それだけ資金集めが上手いってことなのかしら?うらやましい・・・。
いろいろな団体に寄付されているのは素晴らしいですね!
世の中には寄付をしたい気持ちはあっても面倒くさくてできないという人がいるらしいので(アンケートで「寄付する気はあるけど面倒」という回答が多い)、NGOは寄付の手間を省くために振り込み用紙を送っているのでしょう。機会損失を避けるために。


いなりさん
>活動の苦労も知らないので、机上の空論かも知れませんが。
>3年で撤退しないでくたさい。
>個人的には、同じような組織をミャンマーの各地で展開していただきたい。
>ずっと、ずっと、教え続けることは、自立の阻害要因になると考えは同感です。
>ただ、新しい取組みが短期間で根付くとは思えません。徐々に離れながら、また時には近づいて相談なり、手伝いをすることによって自立の助けになります。
>そして、同じような組織をミャンマー各地で作っていただくことによって、各地の組織が競争したり、助け合ったりすることによって、やがて日本人を必要としない環境が醸成されると考えています。
>競争すること自体を問題とする方もいるとおもいますが、より良いものを求める比較の欲求と、一緒に取り組んでいるという協働の欲求が、よりよい組織間のコミュニティーを形成することになると思います。
>そうした大きなコミュニティーができれば、きっとコミュニティーとしての寄宿舎などの運営も可能となるかも知れません。
>荒野に一本の植林をしてもすぐに枯れてしまいますが、沢山の植林をすれはやがて青々と繁った大地となります。きっと。

3年で撤退というのは理事会の方針なので、なんとも言えないのですが・・・ただ、3年で全くゼロになるということはないと思います。
交流ベースで継続的にミャンマーと関係を持ちながら、現地のNGOと一緒にプロジェクトをしていくことも可能でしょうし。
日本人が最前線に立って行う支援は終了するという意味です。
青々と繁った大地にするには、きっとかなりの年月がかかりますので、活動が漠然とならないためにも、「あと3年」などのちょっとした目標はあったほうが良いのではないかな、と個人的には思います。
しかし、最後の言葉。今日はいろいろと仕事で大変だったので、「やめちゃいたい」と一瞬思ったのですが、こういう言葉をいただくと元気が出ますね。
ありがとうございます。


その他、いただいたコメントに対して。

nonさん
>チッテー・・・
>それを彼の口から聞くことになろうとは。
>さすが、あかりちゃん。
>その調子でナタラの人々を虜にしてください!
>私も次のナタラのアテンドの人が心配・・・

チッテー係長が先日タウンジーに遊びにきたんだけど、つくづく面倒くさかったです。
いろいろとブログに書けないレベルの面白い話もあるので、ツアーで話せるのが楽しみだ!


いなりさん
>外からみると残酷ですね。
>たぶん、このご時世に野生?のネズミを見たことのある人はどのくらいいるのでしょうか?
>日本人にネズミと言えば、ミッキーマウスか、ドラえもんに出てくるネズミ、やトムとジェリーぐらいのもんです。たぶん、可愛いネズミのイメージを想像します。
>ミャンマーの民家を訪れたことがありますが、2階建、1階台所+食卓で2階部屋ですが直屋根裏で天井裏が無かったような?
>そうすると、やっぱり家ネズミではなく野ネズミになるのでしょうか?
>ネズミで病気が媒介されないことを願っています。

私もブログを書いてから「残酷なことを書くんじゃなかった・・・」とちょっと後悔しました。
やっぱり病気などの心配もあって、人間とは同居できませんからね。仕方がない。
でも、あいつはたぶん家ネズミだと思います。
野ネズミというか、畑にいるネズミは捕まえて食べるらしいですよ。


nonさん
>トゥンウィンさんってホント頼りになるね。あの優しい口調と笑顔を思い出すと、ほっとします。最近、りんりんに「トゥンウィンさんに会わせてあげたい。とってもいい人だよ」と話してます。
>電話に彼が出ると、ちょっとうれしい・・・
>ソーアウンとイイ勝負なくらい魅力的だよね~!ミャンマーには(TPAには?)イイ男が多いね!!

トゥンウィンさんの生活力はものすごいよ!
最近髪の毛を切って、また一段とかっこ良いです。
TPAブログの記事見たよ!
最近はマウンヨー人気が急上昇中!?
スタディーツアーで来られる方から(男女問わず)、イケメンと評判です。


それでは、明日からはまた「妬まれツアー」報告記事の続きです。


ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/174-c0d1e54e