このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
さて、昨日の続きで「妬まれツアー」について紹介していきたいのですが、この旅について語るには、この旅の主人公である私とチイコのバックグラウンドについて知っていてもらうのが良いかと思いますので、ちょいと紹介します。

1)ヤンゴンで一年間、同棲した仲である
私とチイコは(そしてバンコク在住のアスカさんも)、東京外国語大学ビルマ語課の同期です。
大学3年生が終わってから、一年間休学をし、ヤンゴンで暮らしました。
アスカさんはホテルインターンだったのでホテルに住んでいましたが、私たちは二人でヤンゴンに家を借り、一緒に生活しました。
そのため、お互いの性格や好みはある程度把握できています。
よく考えると、海外旅行もいつも一緒に行っているため、ミャンマーだけでなく、カンボジアも南インドもバンコクも共通の思い出を持っているなぁ・・・。

2)ミャンマーの仏教に対して、非常に関心が高い
二人は、仏教大学に半年間通っていました。
上座部仏教について学んだり、瞑想をしたり、菜食主義になってみたり。
瞑想センターに通って、チイコは頭を剃って、3日間の瞑想修行をしました。これぞ本当の三日坊主です。
シュエダゴンパゴダとか、スーレーパゴダとか、パゴダに行くと気持ちが休まる~。
そして、一番の友達はなんと、仏教大学のお坊さん先生でした。

3)食にたいへん執着がある
美味しいものには目がない、こだわる、というか執着がある二人です。
「あそこのホテルのミャンマー料理が一番美味しい」と聞いたとき、飛行機で近くの都市まで行き、そこから船をチャーターしてホテルに向かいました。オフシーズンのため休館していたホテルを無理やり頼んで開けさせ、美味しいミャンマー料理に辿りついたという経歴があります。
美味しいものを美味しく食べることに執着を持っています。

4)公共の乗り物が好き
市内バスのお兄ちゃんにドキドキします。雰囲気とか、足首とか。
めちゃくちゃスピードが遅く、今まで経験したことのない縦揺れを味わえるミャンマーの列車も好きです。
もちろん、自転車に荷台がついたサイカーも大好き!
時間が許す限り、公共交通機関を使うのが我々のモットーです。

5)夜の喫茶店が最高に好き
夜にミャンマーの喫茶店(以下、ラペイエサイン、またはラペイエと呼ぶ)に行ったことがありますか?
素敵なミャンマーポップス、低いイスとテーブル、甘ったるいミルクティー。
そして何より楽しいのが、人間観察。個性的な従業員は見ものです。
いきなり歌を熱唱し始める店員、仕事の合間にじゃれあう店員、いつの間にか仕事を手伝っているお客さん・・・。
ボーっと人間観察をしながら、将来について、正義について、悩みについて、真剣に語り合うのがとても気持ち良いのです。


そんな私たちですから、旅の行程を見ていただけると、いろいろと楽しい旅になる工夫がしてあるのが見受けられると思います。
パゴダや瞑想などの仏教的アトラクション、各地の名産や美味しいレストラン情報、夜ラペイエ。
時間的に公共交通機関を使うことは難しく、タクシーを使うことが多くなってしまったのが残念ですが、なかなか我らの好みを満たした良いプランができたと、自負しております。

さて、明日からは名所ごとにご紹介していきたいと思います。
どうぞ十分にお妬みください!


ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/169-00c8fb84