このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
昨日に引き続き、歌の話。

ミャンマーの人は歌が上手い人が多いと思います。ダンチ(※段違い)ですよ。
それはなぜか。以下に考察します。


1)他にやることがないから
ミャンマーの村は電気がないところもたくさんあります。
もちろん、TVなどの娯楽も日本と比べて圧倒的に少ないのです。
そういうとき、若者は何をするのかというと、ギターを持ち出して木陰で歌うのです。
ときには切なく、ときには皆でワイワイと。
そんなことを毎日やっていたら、そりゃ歌もうまくなるというものです。

2)人前で歌っても恥ずかしくないから
日本でもたまに、自転車に乗りながら鼻歌を歌っているような人を見かけますね。
ミャンマーでは、バイクに乗りながら普通に歌を歌っている人によく遭遇します。
鼻歌なんてレベルではなく、明らかに腹式呼吸で歌っています。
「あ、あの歌だ」とすれ違いざまに分かるくらいです。上手なんだよな~、これが。
さっき見かけたのは、バイクの二人乗り!運転している人がボーカル、後ろに乗っている人はギターを担当していました。もう、歌わずにはいられないんだろうなぁ。

3)歌が下手だと彼女をゲットできないから
好きな女の子がいて、この気持ちを伝えたい!というときは、どうするでしょう。
そう、歌を歌って気持ちを伝えます。
毎晩毎晩、好きな子の家の前まで友達と一緒にギターを抱えていき、ラブソングを歌うのです。
(ただ歌いたいだけという説もあり。近所迷惑だけど、皆やっている)
だからか知りませんが、流行る曲は「片思い」の曲が多いようです。

4)歌を練習するための環境が整っているから
ミャンマーはコピー大国ですので、もちろんCDもコピーがほとんど。
しかも、CDの歌詞カードまでコピーされて、市場で売られています。
歌詞カードには、ギターのコードもついています。
皆、この安い歌詞カードを買って、好きな子のことを思い浮かべながら練習するのでしょう。
また、カラオケボックスなんてものはありませんが、レストランで歌っています。
歌詞入りのVCDがたくさん売られていて、音声を少しいじれば歌手の歌声を消せるのです。
知らないお客さんがいても何のその!知らない人同士で仲良く歌っています。


こんな感じでしょうか。
あ~!やっぱりいいなぁ。誰か私のために歌ってくれないかしら!!
歌のうまい彼氏が欲しいです。

★海外で働く女性のブロガーコンテストに応募していますので、投票していただけると嬉しいです★
http://woman.tabisuma.jp/contest2010/
(桜と一緒に写っている私の写真をクリック!そこから投票できます)

ブログランキングに参加していますので、クリックいただけますと幸いです。目指せ!一位☆
  人気ブログランキングへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 海外NPO・海外NGOへ  にほんブログ村 海外生活ブログ 国際協力へ
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/tb.php/134-2acfc46f