このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

先日、妊婦健診に行ってきました。

いつもは100/60くらいで低く安定している血圧が120くらいに上がっているといわれたほかは、特に問題なしでした。
チッチのときは妊娠中期くらいから120あったので、まあ特に問題なし。

それにしても、今回は一度も内診されてないし、血液検査もされていないし、破傷風の予防注射もされていないなぁ・・・。
チッチのときは、不意打ちで検査されたのですが、今回はされず。

どのタイミングで何の検査をするのか、特に決まってないのかな?
チッチのときに血液検査も予防注射もしたからOKなのかな?
謎です。


で、検診のときに、先生が
「1日から18日までロンドンに行ってくるから。9月9日には代理の先生に診てもらってね!」
と言い出しました。

ちょっと待って~!!!!
私の予定日、9月19日なんですけど!!

すると先生は「18日は帰ってくるから、19日には間に合うよ」と・・・。


いやいやいやいや・・・・!!!

出産予定日の3週間前から1週間後までが正産期なのですよ。
つまり、この1か月間、いつ生まれてもおかしくないという期間です。
これは、たまごクラブとか読んでたら常識です。

医者なのに、正産期をぜんぜん理解していない発言!?

チッチのときだって、予定日から10日くらい早く産まれたし、今回のベビーは少し大きめなので、さらに早そうな予感がしているのに・・・。


そういうと、診察手帳に「産気づいたら○○先生を呼ぶこと」などと引継ぎ事項を書いてくれました。
(でも、先生の字汚いから、ぜんぜん判読できないんだけど・・・)

初めての先生で産むのって、ちょっと嫌だな・・・と、今から憂鬱です。


というのも、ここはミャンマー。
しかも、外国人がほとんどいないタウンジーです。
タウンジーで出産する外国人はとても少ないと思われます。

なので、外国人ってだけでどうしたらよいかわからず、キョドる看護師とかがいるんです・・・。


チッチのときも、産まれてホッとしているときに、看護師が
「先生、この人外国人なんだけど、どうしたらよいの??」と医者に質問している声が聞こえてきました。

「外国人でもなんでも、とりあえず処置や手続きしろや!!!!」と、心の中で叫ぶ私(力尽きていたので、実際には口に出せず)。

そのとき、私の主治医は「外国人でも大丈夫。前例あるから!」と、ちゃんと手続きとかを進めてくれたのです。
(※前例というのは、TPAのマネージャーSさんのこと)

代わりの先生も、キョドらないでちゃんとやってくれると良いんだけど・・・。



ちなみに、ミャンマー人は出産経験がある人でも、「赤ちゃんは予定日に産まれるのが普通」と思っている節があります。
子守りのアンティーも、スタッフも、お義母さんさえ・・・。

「そんなきっちり産まれるわけないやろ!豚じゃあるまいし」と思う私。
(豚はきっちり予定日に産まれます。ずれても1日程度らしい)


お義母さんなんか、そのへんのおばちゃんと世間話になったとき

おばちゃん「うちの孫は早産で産まれてきて、2か月くらい早かったから小さかった」

お義母さん「うちも、予定日の10日前に産まれて早産だった」

と、謎に早産自慢してたけど、予定日の10日前って、ぜんぜん早産じゃないから!!!!
マジで恥ずかしいワ!!!


というように、ぜんぜん妊娠や出産に関する知識が知られていないので、たまごクラブ的な雑誌がミャンマーでもできると良いのではないかと思います。
もしくはFBとかで情報とれるようになると良いですね。

そうそう、妊婦さんが飲む用のサプリメントを販売している会社が、クリニック経由でDVDをくれました。
どういう風に陣痛が来て、どうやって産んだらよいのか、みたいな内容でした。
企業が宣伝の一環として、教育DVDなどを配布し始めたみたいです。
(チッチのときは特になにももらえなかったので、最近始まったっぽい)

村の人に話を聞くと、逆子なのにそのまま村で(家で)産むとか、助産師も呼ばずに一人で自宅で産むとか、危ないことをたくさんしているっぽいので、ちゃんとした妊娠・出産の知識が広まると良いなと思います。


あー、しかし19日までもつだろうか。
歩きまわると早く産まれると雑誌で読んだので、なるべく家で昼寝とかしています。
おなかのベビーには、「先生が戻ってきてから出てこようね。それまではゆっくり、ママと一緒にいようね」と話しかけています。


それにしても、私の主治医は旅行行き過ぎ!
今年の4月には日本へ。6月にはイギリスへ。7月はヤンゴンに目の手術へ。そして今回またロンドン。
どんだけ~!!


応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
関連記事
2016.08.25 地震と雷
ミンガラーバー

昨日、バガンで地震がありましたね。
他のミャンマーブログで情報がしっかり出ていますので、気になる方はこちらからご確認ください。

ミャンマーブログのリンクページに飛びます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


タウンジーでも揺れました。
ちょうど私は5階の自宅で、眠いな・・・と思いながら寝転んでいたときでしたので、揺れをしっかり感じました。
震度1か2くらい?

チッチの尻を洗い中だった子守りのアンティーは「屋根の上に鳩がいる音かと思った」と、気づいていなかったですが。


小さい揺れが長く続いて、後半大きくなったので
「これは、どこか遠くで大きな地震があったのでは!?日本とかインドネシアとか??」
と思いました。

私のうちはネットもテレビも使えないので、店にいる夫に電話をして「ネットでどこが震源か見てきて!」と頼みました。
夫の回答は「日本とかインドネシアっぽい」とのこと。


もし日本だったら、離れているのにここまで揺れるとは・・・大丈夫かな・・・と心配しておりましたが、

なんと震源がミャンマーだったとは!!

親から夜に電話がかかってきて、地震がミャンマー震源だったと知りました。



夫、どんだけ情報収集能力低いねん!

夫いわく「ヤフーがよく地震来たとか言ってるからさ・・・。日本かと思った」と、なぜかヤフーのせいにしてましたけど。


パラソル


でも、実は昨日は地震よりももっと怖い事があったんです。(我が家的に)


なんと、我が家のマンションに、雷が落ちました!!

1時ごろに、突然ピカッと光ったかと思うと、ほとんど同時にゴロゴロゴロ!!!とものすごい音がしました。


「すわっ!爆弾か?」

と思ってしまうのは、ミャンマー生活者あるあるですね。

「いや、光ったから雷だろう。近かったな・・・」と思い直しました。


チッチが外に遊びに行っていたので心配で見に行くと、ちょうど階段を登ってきている途中でした。

雷の音が怖かったらしく、半泣きで急いで登ってきました。

かわいそうに・・・。


その後、近くのモスクのアザーンが何事もなかったように大音量で鳴り響き(これが鳴るのは1時)、大雨が降ってきました。



夕方に近所の人に「雷が近くに落ちて怖かったね」と話をしたら、なんと、落ちたのは我が家と同じマンションの、反対側の端だったことが判明しました。

壁が少し割れて、パラパラと落ちてきた、とのこと。

その部屋に住んでいた人は、雷の音にはビビりつつも、自分の真上に雷が落ちたともしらず、のほほんとしていたそうです。


うちも5階の最上階なので、反対側に雷が落ちていたらほぼ真上。
もっと怖かったかな・・・。


夫いわく、

「昔もここに雷が落ちたことがあるからこれで2度目だ。
 本当は避雷針に落ちるべきなのに、避雷針じゃないところに落ちた。
 地面に金塊が埋まっているのかもしれない」

だって。

ないやろ・・・。



洪水被害、昨年よりひどいという話も聞いています。
地震もあるし、雷もあるし。
大丈夫か、ミャンマー。

クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

もう毎日眠いです。
夜は9時過ぎに寝て、朝は6時過ぎにチッチに起こされる毎日。

睡眠は夜に8時間とれていますが、それでも眠く、午前中に2時間くらい昼寝をしています。


チッチ、朝起きたらなぜか私ばっかり起こしてきます。
「ママ、タッ!」(ママ、起きろ!)と。

「ババを起こしてよ~」と私が言うと
「ババ、エイテー。ババ、No!」(ババは寝ている。ババはノー!)とのご回答。

いや、ママも寝たいんですけど・・・。

子守りのアンティーが来てちょっとしたら、私のお昼寝(というか午前寝)タイムとなります。



さて、今日は映画館のお話。
けっこう前のことです。

脳内ブログで記事を書いていたせいで、実際には書いていないのに、すでに書いたかと思っていました。
ブログを見直して「あれっ!?書いてなかった」と気づく私。

ブロガーあるあるですね。(そう??)



先月くらいのこと。
家の近くの映画館の前に、ずらーっとバイクがとまっていました。
普段はそんなに混まないのですが、大人気の映画がかかっているようです。

以前、WIN先生のブログでも紹介された「チャマ・ニンジーバー・マウン」(私は薔薇よ、ダーリン)のときも、すごいバイクの数でしたが、そのときのバイク数を上回る勢いでした。

WIN先生のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/27276132.html

今回の映画の名前は忘れましたが、コメディーで、めちゃくちゃ笑えるとのこと。


映画1 

夜ごはん後のお散歩。
映画館の敷地内では収まりきらず、道にもバイクがたくさん停めてあります。
全部、映画を見に来た人たちのバイクです。



で、うちのチッチと子守りのアンティーは、その映画を見に行ったそうです。
チッチ、ミャンマー映画初体験!

本当は1500ksの良い席を取りたかったけど、満席だったので、800ksの席をチッチとアンティーの2枚分購入したとか。

チッチは映画館に入った途端、スクリーンの大きさに驚いて「アッチーベー!!」(でっけぇー!!)を連発。
(本当は「アチーヂーベー」と発音しますが、チッチはうまく発音できず「アッチーベー」になる)

大きいスクリーンにビックリして「でっけぇー!!」って、田舎者か!!

2時間越えの映画でしたが、前半の一時間は座ってちゃんと見れたそうです。
後半は飽きて「ピャンメー」(帰る)と言い出したそうですが、そのへんに座っていた子供と遊びながら、なんとか最後まで居座ったらしい。

アンティーは、子守をしつつ、映画も見れてとても楽しかったようでした。



その話を夫にすると、意外にも夫は怒っていました。

「映画館は汚い!
 ゴミがたくさん落ちているし、南京虫や蚊やゴキブリだらけだぞ。
 そんなところに子供を連れていくなんて!!」

などと、しばらく愚痴っていました。

だったら自分でアンティーに言ってくれ・・・。


私も見たい映画がときどきあって(ディズニーのやつとか、スターウォーズとか、タウンジーでもかかります)、「見たいな」というのですが、いつも夫に「虫に刺されるぞ」と反対されて見に行けていません。

最近の映画館は、昔(夫が若かった時代)に比べたら綺麗になっているんじゃないんかな・・・と思うんだけど。



ふと気になったのが、電気事情。
ミャンマーでは停電は日常茶飯事です。

私「でもさー、映画見ている途中で停電になったらどうするの??良いシーンで停電になったら、お客さん怒らないの?」

夫「映画館に来る人は、誰も映画を見ていない。イチャつくために来ているんだから、停電になったらむしろ嬉しいんじゃないか」

とのお答え。


へぇ~・・・。
よくご存知で。
夫も若かったときは、誰かと汚い映画館で、イチャついていたのかな??

いや、でも南京虫や蚊やゴキブリがいるところで、イチャつきたくないですよね・・・。


映画2

例の人気映画のポスター。
海水パンツ姿の男性が写っているのが見えますか?
お笑い映画でこれほど動員できるというのも、すごいことですよね。



そんなタウンジーでも、来年には新しいショッピングセンターができて、そこに映画館が入るとのうわさ。
オーシャンスーパーマーケットも入るみたいだし!

その映画館なら、そこまで汚くないのでは!?
今から期待大です。



クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

予定日が一か月後にせまってきました。
8月から産休という感じで、ときどき事務所に行って仕事をしたり、家でゆっくりしたりしています。

最初は、「元気だし産休必要ないぜ!」くらいに思っていましたが、ヤンゴンに行ってから、なんだか疲れやすくなってきました。

夜はチッチと一緒に9時くらいには寝るし、昼寝も2時間くらいしています。
寝ないと疲れてしまうので。

あと、軽い頭痛が長いこと続いています。
体がちょっとでも冷えると、頭が痛くなるらしいです。
周りの人が「暑い、暑い」と言っている中、一人だけ靴下、レッグウォーマーを装着し、首が冷えないようにストールも巻いています。

チッチと一日中一緒にいると超疲れるので、昼寝をしないともたない・・・。



さて、今日はチッチの言葉についてです。
前回からだいぶ間が空いてしまいました。

おしゃべりチッチのミャンマー語
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-688.html

おしゃべりチッチのミャンマー語2
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-694.html

日本に行ってからは日本語の伸びがものすごかったです。
そして、サルに噛まれてからも一気に成長したような・・・。


ちょっと前までは、日本語とミャンマー語が混ざった動詞をよく話していました。

たとえば、
「テレビ 見るメー」
「ほん、読むメー」

という風に、日本語の動詞の後に、なぜかミャンマー語の動詞の後につける「メー」がくっついてしまうパターン。
言いたいことはよくわかる。

最近はあまり言わなくなってきて、ちゃんと「見る」「読む」と言っています。


日本語の動詞も原型ばかりではなく、いろいろ活用できるようになってきました。

「食べたい」
「できない」
「痛かった」
「眠たい」

などとよく言っています。

文字では表現できませんが、言い方に感情がこもっていて、めっちゃかわいいです。


その他、「大丈夫?」「ごめん、ごめん」「あがと(ありがとうのこと)」「行ける?行ける?」などとよく言っています。
自分の口癖がそのまま移っていることがよくわかりますね。

「重たいヨー」「イタかったヨー」などと、最後に「ヨー」をつけるのも多く、私の口癖が出てるなと思います。




ミャンマー語は助詞使いがものすごく上手になってきています。

先日は

「ママ、ババ フォン トワユービー。フォン ピョーデー。ハロー テッ」
(ママ、パパが電話を取りに行った。電話で話した。ハローって)

と、言っていました。


「ピャンド」(帰れ)
「エイド」(寝ろ)

などは、よく言われているからか、上手。

でも、夫が寝ていると「ババ、エイドービー」(ババがもう寝たという意味だと思われるが、文法的には間違い)と、変なことも言っています。



ミャンマー語も日本語も、知っている名詞の数がかなり増えてきています。

あるとき「サーレークエ食べたい!」と怒りながらチッチが言ってきました。

「サーレークエって何?」と夫に聞くと、小麦粉で作ったベビースターラーメンみたいな揚げた麺みたいなお菓子だということが判明。

そんなミャンマー語、知らんわ!!

チッチに負けたと思った瞬間でした。


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

今日は飛行機のお話です。
ミャンマー国内線について。

先日、ヤンゴンに飛行機に乗っていったのですが、意外とミャンマー国内線は厳しくて苦労をしました。


妊婦はいつまでミャンマー国内線に乗れるのか、という問題です。

例えばANAであれば、予定日28日以内であれば、医者がOKを出した書類が必要です。
そして、予定日7日以内であれば、医者の同行が必要とのこと。
ANAでは、国際線でこんな感じなのです。

エアラインごとに規定はさまざまだそうですが、中には予定日当日でも、証明書も必要なしで乗れる会社もあるらしい。



で、私はヘーホー→ヤンゴンはたったの1時間ちょいだし、まだ予定日まで1か月以上あるから大丈夫だろうと、軽く考えていました。

ところが、夫がミャンマーの国内線にいろいろ聞いてみたところ「妊娠8か月からはNG」というところが多かったみたいです。
私は一応医者から「乗っても大丈夫」の書類をもらっていたのですが、その書類があっても厳しいとのこと。


超健康で、ぜんぜん産まれそうにないのに!!
っていうか、飛行機の上で産気づいても、1時間じゃさすがに産まれないやろ・・・。

と私はいろいろ吠えたのですが、夫は「諦めてタウンジーの歯医者に見せれば」とのお答え。


いや・・・タウンジーの歯医者は嫌です・・・。

飛行機に乗れないとなったら、一体何でヤンゴンまで行けばよいの!?
長距離バスなんて、揺れるし曲がるし、12時間くらいかかるし、余計に嫌なんですけど!!

と吠える私。



友人は
「妊娠6か月以降は乗せてくれないんじゃないの?バスだったら、ある程度の間隔で町があって、病院あるからね」
だって・・・。

そんな途中のわけわからん病院で出産とかになったら、それこそ嫌すぎる!!!



夫に任せておいてはヤンゴンに行けないと思った私は、自分でゴールデンミャンマーエアラインの事務所に聞きに行きました。

私「今妊娠8か月で、飛行機乗りたいんですけど」
GM「36週までだったら良いですが、8か月だったらダメです」

ってオイオイオイ!!!!
妊娠32週~35週を、妊娠8か月と言うのですよ!!!
私は今33週で8か月です。
36週以下がOKなくせに8か月がダメって、どういうこと?



そのとき、「こういうことか・・・」とわかりました。

ミャンマーの妊娠月の数え方が、日本や医者が使うスタンダードと違うんです。

日本だと10か月で産まれますが、ミャンマーの民間の数え方だと、9か月で出産することになっています。
つまり、1か月のずれが生じるのです。


なので、「私は妊娠7か月なんですけど、乗れますか??」と、ミャンマーの数え方風で聞かなければならなかったらしいです。
わけわからん~。

とりあえず、私は33週だから大丈夫!ということで、夫にチケットを取ってもらいました。

チッチ

関係ないチッチ@タンボジ


当日、空港では、無駄におなかを隠しつつチェックインしましたが、バレました。

スタッフ「妊娠何か月ですか?」
私「33週です。36週以下は大丈夫と言われました(ドヤっ!)」
スタッフ「医者の証明書は持っていますか?」
私「持っています(ドヤっ!)」

ということで、何かの書類にサインをさせられ、無事に乗れることになりました。


ヘーホー空港カフェ2

早めに空港に入って、カフェでコーヒーとプリンを楽しむ私。

余談ですが、ヘーホーの空港にターミナルカフェが入っていました。(ゲート2のほうです)
シャーキーズの塩が売っていて超感動!
シャーキーズのものが南シャンで手にはいるなんて!!
(でも、今から違うところに行くぜ!というときに買いづらい。けっきょく買わなかった)

ヘーホー空港カフェ


コーヒーとプリンを楽しんでいるところに、空港のスタッフがやってきました。

スタッフ「この医者の証明書に、8か月と書いてあるから困ります」

私「えっ!?乗れないの!?」

スタッフ「7か月ということにしてください」

私「・・・わかりました(そんなんで良いの!?)」

ということで、新しく書類にサインし直し、無事に乗ることができました。


ちなみに、帰りのヤンゴン→ヘーホーでは、最初から「7か月です!」と言って無事に通過できました。

(ミャンマーの数え方では7か月なので、ウソは言っていない)




妊婦のみなさん、ミャンマーの国内線に乗るときは・・・

1)まず、チケットを買う前に各エアラインの規定を確認しましょう。

2)「妊娠○か月」というのは、日本の数え方より1か月減らして申告しましょう。

3)医者に証明書を書いてもらいましょう。その際、月ではなく週数で書いてもらうようにしましょう。
  (月の数え方が、医者の数え方と民間の数え方で異なるので)


妊娠36週以降は、どこのエアラインも乗せてくれなくなります(たぶん)ので、その前に飛行機に乗る用事は済ませておくようにしましょう。

(「取引会社のマネージャーの嫁だ」と言っても、ダメと言われました・・・コネ効かず)




ちなみに、今回ゴールデンミャンマーを利用したのは、無料券があったから~☆彡
ミャンマーナショナルエアラインでも、雨季限定無料券をもらっています。(これは外国人NGなので、私は使えないんだけど)

家族が航空券のエージェントをやっているので、たくさん販売した特典として、家族だけが使える無料チケットをもらえたのです。
ウシシ!



最近のミャンマー国内線ニュースとしては、


1)外国人の名前ミスに厳しくなってきました。

以前は、ベトナム人の名前が「ホーチミン」でも問題なく乗れましたが、8月より厳しくなったそうなので注意です!

ミャンマー国内線チケットの名前ミスはどこまで乗れるか!?
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-692.html



2)8月より、外国人の場合、発券時にパスポート番号が必要となりました。

全部のエアラインが必要なわけではないそうですが、必要なことが多いです。



3)エアバガンが全線で就航をやめました。

エアバガンはもう飛ばさないとのことで、オフィスも閉じ、スタッフも解雇されました。
オーナーはトゥーカンパニーですが、もうひとつ、Asia Wingsを所有しているのでそっちを飛ばすらしいです。
やはり、3年前にジェットが落ちたのが痛かったか。

ジェットが落ちた時の記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-380.html



4)エアマンダレーはヘーホーには来なくなりました。

前から便数は減っていましたが。
ヘーホーはKBZの天下という感じです。


5)ミャンマーナショナルエアラインがけっこう安いです。

元国営のミャンマーナショナルですが、民営化して、以前よりはだいぶマシになってきました。
ヤンゴン→ヘーホー片道72ドルからと、お安いです。
安さ重視の方にオススメ。



あと、お義母さんから「宣伝せよ!」と言われたので宣伝しますが、夫の会社で、エミレーツ航空との取引も始めました。

エミレーツ航空HP
http://www.emirates.com/jp/japanese/

最初「アマリー」と言われたので、「アマリー航空って聞いたことないな」と思っていたら、エミレーツのことでした。
夫も「アマリー」と言っていました。

どうやら、ミャンマー人的には「エミレーツ」じゃなくて「アマリー」となるみたいです(謎)。

世界150か国にネットワークがあるので、ぜひ乗ってください!
その際はAsian Royal Star(夫の会社)で、チケットを手配しますよ~、とのこと。



お問い合わせはこちらです。
ホテルや車の手配、ヘーホー空港からのシェアタクシー、長距離バスチケット予約なども取り扱っております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ASIAN ROYAL STAR (エーシアンロイヤルスター)
旧名 Shan Pyi Thar (シャンピーター)

ヤンゴンオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No. 278, 300, B, Mahabandoola Garden Rd, Yangon
01-385125, 255851, 255852, 255891, 255892
09-4314-5746

タウンジーオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No.8, Bogyoke Aung San Road, Nyaung Shwe Haw Gone Qtr., Taunggyi
081-2124549, 2124550
09-5180038

日本語窓口(鈴木)
09-4316-3367
akarisuzuki@gmail.com
※産後1か月はメールチェックできませんのでご了承ください。予定日は9月中旬。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


けっきょく最後は宣伝か!
クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事