このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー。

***********************
先日より、Ready for !というサイトでご寄付をお願いしています。
このブログでも何度も書いているヤンゴンで有機野菜を販売するお店「グリーンヒル」の運営資金(家賃)を捻出するために、ぜひお力をお貸しください!

NHK「アジアで花咲けなでしこたち」にも出た、我らがTPAのプロジェクトマネージャー、柴田さんがクラウドファンディングに挑戦中!
こちらのリンク、ちょっと見てみてください。

https://readyfor.jp/projects/myanmarorganicfarm

詳しくは、またブログで紹介します。今日はちらっとお知らせまで。
***********************


と、前回のブログに書いたのですが、ブログで詳しく紹介する間もなく、あっという間に目標金額の37万円を達成しました!!

このReady for !というサイトは、ネット上で寄付を集めることができるのですが、期間内に目標金額を達成しない場合は、寄付がもらえず、目標を達成したらもらえるという仕組みになっています。
(目標達成の場合だけお金が引き落とされ、目標未達成の場合は引き落とされないという仕組み)

とりあえず、目標の37万円は達成したので、寄付金ゼロという悲しい事態になる心配はなくなりました。

いろんな方からご寄付と応援メッセージをいただいて、柴田さんをはじめ、TPAメンバー皆がとても嬉しい気持ちになっています。
応援してくださった方、ありがとうございます。

もう目標金額は達成しましたが、3月末まで引き続きご寄付を募集しております。
良かったら応援してください!!

よろしくお願いします☆



さて、このブログ、一応「NGOミャンマー駐在員」のブログなのですが、最近ぜんぜんNGOネタを書いていませんでした。
チッチネタばっかりの子育てブログと化しています。(あと、宣伝ばっかり!?)

なので、たまにはNGOらしいことを書きますね。
先日視察に行ってきた、給水事業のことです。


現在TPAは、外務省のNGO連携無償というスキームを利用して、チャウタロン地域の給水事業を行っています。

チャウタロンは、カックーのほうです。パオ族の地域です。
タウンジーから車で2時間弱。
日本とは違ってガタガタ道ですので、帰ってくるともうフラフラ・・・。

事業内容を簡単に説明すると・・・
水源より水をポンプで上にあげ、山の上に作る大きな水タンクにためます。
そして、そのタンクからパイプを村まで引いて、自然落差で村まで水がいくようにします。
パイプ全長44.5km、裨益人口約15,000名、建設費257,880,000ksのビックプロジェクトです。


KTL1

水源。
水は豊富にあり、人口に対して水量が足りることも試算済み。水質チェックもOK。


KTL2

こんな山道を歩いて行きました。
水源から山頂の水タンクまでのパイプが通る道です。
写真ではよくわかりませんが、かなり急な斜面で何回も滑り落ちそうになりました。


KTL3

山頂の水タンク。
65フィート×65フィート・・・って、ミャンマーの学校(60フィート×30フィートが基本サイズ)よりも大きい!!
「遺跡か!?」と言いたくなるような感じです。マチュピチュみたい?


KTL7

現場監督とコンサルに進捗状況を確認している様子。
TPAは建設に関しては素人ですが、図面を見ながらわかりやすく説明してもらえるので、ちょっとずつわかってきて楽しいです。


KTL5

作業員が寝泊まりする小屋。
ここに13人が雑魚寝しているそうです。


KTL4

こちらは村に建設中の水タンク。
山頂にあるマチュピチュ水タンクより、村の水タンクまでパイプで水が流れてくる予定です。


KTL6

水を運ぶのに消防車を利用しているらしい。
消防車は火事のときだけ活躍するのかと思っていましたが、なるほど、水を貯めて運ぶという仕事は消防車は得意ですもんね!


この事業は今のところ、建設は順調に進んでいると言って良いでしょう。

44.5kmにも及ぶパイプラインは、村の人たちの労働奉仕で土を掘ってもらったのですが、村の人たちの頑張りがものすごく、たった1日で終了してしまったとか・・・。
いろいろな地域での建設を見てきた百戦錬磨のコンサルタントのオジサンも「こんなに皆が頑張るのは見たことがない!」と驚き、部下の若い兄ちゃんも「あまりの進みの早さに、写真を撮るのが間に合わなかった箇所があります、スミマセン」と言うくらい。

建設(ハード)と合わせて、保健衛生研修(ソフト)もやっているのですが、研修の参加もとても素晴らしく、予定より早く目標人数を達成しそうです。
1回の研修に100人以上集まってくれるので、研修講師もやりがいがあるようです。

この事業は10月からスタートし、7月末で終了です。
2月はちょうど折り返し地点、このまま順調に進みますように!


もっと村の様子とか、NGOのプロジェクトのこととかもブログに書いていきたいですね。
応援クリック、よろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
関連記事
ミンガラーバー

***********************
先日より、Ready for !というサイトでご寄付をお願いしています。
このブログでも何度も書いているヤンゴンで有機野菜を販売するお店「グリーンヒル」の運営資金(家賃)を捻出するために、ぜひお力をお貸しください!

NHK「アジアで花咲けなでしこたち」にも出た、我らがTPAのプロジェクトマネージャー、柴田さんがクラウドファンディングに挑戦中!
こちらのリンク、ちょっと見てみてください。
https://readyfor.jp/projects/myanmarorganicfarm" target="_blank" title="https://readyfor.jp/projects/myanmarorganicfarm">
https://readyfor.jp/projects/myanmarorganicfarm

詳しくは、またブログで紹介します。今日はちらっとお知らせまで。
***********************


さて、2月14日はバレンタインデーでしたね。
ミャンマーでも、この日は「チットゥーミャーネ」と言って、恋人たちの日とされています。
自分の好きな人に、チョコレートやプレゼントを贈る日です。

日本では女性から男性へとチョコレートを贈りますが、ミャンマーではどちらから贈っても良いそうです。
ただ、ミャンマーでは、女性からグイグイいくのはあまり良しとされていない、というか恥ずかしいのか、とにかく女性から攻めるのはレアケースです。
そのため、男性から女性へプレゼントを贈ることが主流になっているようです。

2月になると、スーパーマーケットやファンシーショップの前にはチョコレート、バラの造花、ぬいぐるみ(でかい!)などが並び始めます。
2月14日当日も、10代後半から20代前半の男の子たちが次から次へとそのようなお店にやってきて、バラやらプレゼントやらを買っていく様子を見ることができました。

好きな女子に贈るのか・・・。良いなぁ~。

我が家の場合、夫から私に何かくれても良いと思うのですが、今までバレンタインに何かもらったことは一度もありません。
結婚してからは誕生日プレゼントすらもらえていないので、すでに期待していませんが・・・。

プレゼントをもらえる女子がちょっと羨ましいなぁ・・・と思っていたら、思い出しました。

「そういえば、私、バレンタインにチョコレートもらったことあった!」


あれは、ミャンマーに来て最初のバレンタインデー。
TPAのカウンターパートである国境省のお役人Aさんから、チョコレートをもらいました。
あと、ミャンマービールが作っているミョージーのカレンダーも一緒にもらいました。
私がミョージーのファンだと言ったので、居酒屋からカレンダーをもらってきてくれたらしいです。

ミョージーのカレンダーをもらえたのは嬉しかったけど、Aさんからチョコレートをもらったのはビミョーでした。
だってこの人、私にアタックしてくる前に、別の日本人女性にアタックしていたんだもん・・・。
日本人なら誰でも良いのか~!!という感じです。

しかも、チョコレートも中国製のやつで激マズ!!
なので、スタッフミーティングのときに皆に配りました。
(スタッフは「マズイね」と言いながら食べた)

Aさんからバレンタインにチョコはもらいましたが、その後は特に何もなく、3月には今の夫と付き合い始めた私。
でも、4月の水祭りの際、Aさんが「バイクで町をまわってあげるよ」というので、Aさんのバイクの後ろに座って、水祭りを満喫したのでした。

彼氏(今の夫)がいながら、Aさんの好意を利用したズルイ女です。
(だって、夫は水祭りが好きじゃないので、バイクで町をまわってほしいとお願いしても連れていってくれなかったんだもん・・・。タウンジーで初めての水祭り、満喫したかったから仕方ないじゃん!と開き直り)

その後、Aさんは水祭りのステージで踊っていた女の子と仲良くなったようで、ズルイ女と気が多い男でオアイコということで。


・・・何の話かよくわからなくなってきたので、このへんで。

ちなみに、ミャンマーのバレンタインでは義理チョコというのは存在しないっぽいですが、どうでしょう?要調査。


バレンタイン

我が家のバレンタインは日本式。
私から夫とチッチに手作りケーキを贈りました。
夫用にはフォンダンショコラ、チッチ用にはリンゴ入りケーキを作り、どちらも好評でした!


またいろいろと書きすぎて・・・。
私のプライベートがどんどんブログの上にさらされていきます。
大丈夫か、自分!?
応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

歩きチッチ

歩きチッチ。
(月曜に書いた内容を金曜日にUP。タイムラグがあります)

先週はちょっと大変でした。
というのも、チッチがめずらしく病気になったのです。

水曜日の夕方、村から家に帰って来て、チッチの世話を子守のアンティーからバトンタッチ。
普通に家でチッチと遊んでいました。

すると、チッチの洋服がゲロで汚れていたのに気付きました。
低月齢のときはよく吐きもどしていたのですが、大きくなってきてからはほとんど吐かなくなっていたので、珍しいなぁと思いながら、服を着替えさせました。

着替えてから、ちょっと寝むそうなので抱っこをしてユラユラしてあげたら・・・
また吐きました!
しかも、横抱きをしていたせいで、また服が全部汚れてしまいました。

急いで床をきれいにし、また着がえさせたのですが、新しい服を着てすぐにまたリバース!!

こんなに大量に何度も吐くのはおかしい!ということで、夫が仕事から帰ってくると、病院に連れていってもらいました。

病院では、何が原因かはよく分かりませんでしたが、とにかく吐きどめと抗生物質と胃薬みたいなのをもらいました。


その夜は吐きどめを飲んでも何回も吐いてしまいました。
一日で10回以上です。

最初は吐くときだけつらそうで、吐いたら楽になるようで楽しく遊んでいたのですが、さすがに10回目くらいになってくると、グッタリとしてきました。
最後のほうは、おなかの中に何もないのに吐き気だけがあるようで「うえー!」と言いながら泣いていました。かわいそうに。

寝る前にいつも授乳をして寝るので、この日もおっぱいを飲みたがって飲んだのですが、案の定「うえー!」。
また服を着替えて、吐き気がおさまるまで待ってからユラユラして寝かせました。

夕方から夜までの間で、何枚洋服を汚したことかわかりません。
明日の着替えがなくなるといけないので、夜中に洗濯機を回しました。
夫も私も、ヘトヘト・・・。

夜中も何度も起きて、おっぱいを飲みたがります。
いつもは満腹になるまで飲ませて、その後は勝手に眠ってくれるので良いのですが、この日は満腹になると吐いてしまう恐れがあったので、半分くらいで飲ませるのをやめてユラユラで寝かしました。
疲れた・・・。

夜中にベッドの上で吐くことはなく、朝方に抱っこしているときに床に吐いたくらいだったので、まあ良かったです。

熱が出たり、下痢になったりすることも心配していたのですが、幸いなことに吐き気と食欲がないくらいで、あとは何もなりませんでした。

朝方に吐いたのを最後に、吐き気はなくなったみたいです。
でも、具合が悪いようで、いつもは一人で歩いたり遊んだりするのに、一日中抱っこしてもらわないとグズリます。
食欲もなく、おっぱいを少しずつ何度も飲むだけでした。

土日もどこにも行かず、家でゆっくり過ごしました。
おかげで、ほとんど元気になったので良かったです。

ウィルス性の胃腸炎だったのか、食中毒だったのか、何が原因だったかわかりませんが、赤ちゃんは病気を乗り越えて丈夫になるそうなので、また一つ丈夫になったと喜ぶことにします。


なんか今日はミャンマーネタでもなく、面白い内容でもなかったのですが、近況報告ということで。

応援クリック、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事