このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

先日はタンボジセンターに行ってきました。

ミャンマーの新学期は6月からスタートしますので、それに合わせて、今年の新しい9年生8名がタンボジセンターにやってきました。
9年生の受け入れ式を5月27日に行いました。

このセンターの目的は、将来の農村リーダーの育成です。
農村リーダーになるために、学校の勉強はもちろん、農業やその他の経験もたくさん積んで頑張るように話をしました。
また、里親さんのおかげでセンターで生活できるので、里親さんに感謝しつつ、恩返しができるように頑張りましょうという話をしました。

今年の9年生は、なかなか賢そうな子が多い感じです。
この2年間で、どんな風に成長して行ってくれるのか楽しみです。



さて、以前、このブログでタンボジセンターの里親さんを募集したところ、たくさんの反響をいただきました!

そのときの記事はこちら。

【ブログ読者様限定プレゼント企画付き!】里親さん募集のお知らせhttp://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-524.html" target="_blank" title="http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-524.html">
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-524.html

昨年度の里親さんは締め切りましたが、今年も引き続き里親さんを募集しています。

地球市民の会ホームページhttp://terrapeople.or.jp/main/337.html" target="_blank" title="http://terrapeople.or.jp/main/337.html">
http://terrapeople.or.jp/main/337.html

お申込みフォームhttp://terrapeople.or.jp/main/482.html" target="_blank" title="http://terrapeople.or.jp/main/482.html">
http://terrapeople.or.jp/main/482.html

以下、タンボジセンターについての情報を以前のブログ記事より一部改定して再度掲載します。
皆さま、良かったらお申込みくださいませ~。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

さて、前からブログで何度も出てきているタンボジセンター。
シャン州の高校生(定員は16名。9年生・10年生8名ずつ)が住んでいる寮で、本当の名前は「タンボジ青少年育成センター」です。

この寮に住む高校生たちは、ニャウンシュエにある高校に通いながら、センターでは農業の勉強をしています。

朝は早く起きて、家畜の世話や畑仕事。
その後は学校に通って一生懸命勉強し、放課後はセンターで畑仕事をします。
夜も遅くまで宿題や自習を頑張っています。

週に1度(学校が休みの日)は「生き方セミナー」ということで、将来の農村リーダーになるために、農業知識や村落開発についての講義、実際に成功しているリーダーを招いての講演会、環境問題についての講義などもあります。

タンボジ寮に入る費用は無料です。
泊るところはありますし、学費や食費もTPA(日本からの寄付)で出しています。
優秀でありながらも費用の問題で高校に通えない生徒が、高校に通えるようにしています。



私たちも週に1度は見に行って、センタースタッフも頑張っている事業ではあるのですが、生徒からの費用をとっていないので、お金の問題にいつも悩まされます。

野菜や卵の販売、カフェ経営など、いろいろな方法でお金を稼いで自立できるように頑張ってはいますが、生徒16人とスタッフ6名の生活費・給与を稼ぐのは、本当に難しいです。

ということで、以前は「タンボジサポーター」という形で、1口1,000円からの寄付をお願いしてきました。
そして去年からは「タンボジ里親制度」という形で、ご寄付をお願いしています!

詳しくは、こちらの資料をご覧くださいませ。

↓ ↓ ↓

TBG奨学金1

TBG奨学金2

TBG奨学金3

TBG奨学金4



画像だと字が小さくて読みづらいという方、こちらからPDF版がダウンロードできます。
http://terrapeople.or.jp/site_files/file/scholarship/tanboji2013.pdf



で、まあ簡単に言いますと、「タンボジセンターの子供たちのためにご寄付をよろしくお願いします!」というお話です。

4枚目のスライドに詳しく書いてありますが、里親制度はこんな感じです。


・1か月1,000円×2年間

・里親さん10人で子供1人を支えます。
(子供を一人占めしたい!!という場合は、10口で独り占めできます笑)

・ご寄付いただいたお金は、子供たちの食費、学費、治療費、燃料費などに使われます。



里親さんになると、もちろん特典もあります☆

・自分の支えている子供のプロフィールが届く♪

・自分の支えている子供から年に何回かお手紙が届く♪

・自分の支えている子供と文通ができる♪

日本語可です。私たちTPAスタッフが翻訳します。もちろん子供からのお返事も日本語に翻訳してお渡しします。

・TPAのスタディーツアーに参加して、自分の支えている子供に実際に会うことができる♪
このブログを見ている方は、ミャンマー好き、ミャンマー在住の方が多いと思います。
タンボジセンターはインレー湖のすぐ近くにありますので、インレー湖観光ついでに子供に会うこともできますよ。
学校の時間などもありますので、ご訪問の際は事前にご相談ください。



どうでしょう?

ミャンマー好き、シャン好き、インレー湖好きの皆さま!
ただのミャンマー旅行だけではなく、「自分の支援している子供」に会いにいく旅行もなかなか楽しいものですよ☆

男の子支援希望!女の子支援希望!などもあれば、今なら融通ききます。
ツアーなどでタンボジセンターに来られたことがある方なら、「あの子が良い」とご指名いただいてもOK!
(別の里親さんで埋まってしまっている場合は、ご希望に添えないこともあります)

お問い合わせはこちらです。

認定NPO法人 地球市民の会
佐賀県佐賀市高木町3-10
0952-24-3334
fujiseアットterrapeople.or.jp
担当:藤瀬

※メールアドレスのアットのところを@に変えてください。
※メールアドレス、去年から変わりましたのでご注意ください。

ミャンマー在住の方でもOKです。
チャットでのお支払いも対応します。
クレジットカードにも対応できるようになりました。

まずは藤瀬まで、メールでご連絡ください!

または、お申込みフォームからご連絡くださいませ~。
http://terrapeople.or.jp/main/482.html" target="_blank" title="http://terrapeople.or.jp/main/482.html">http://terrapeople.or.jp/main/482.html


今年はコーヒープレゼントはありません~。また何か企画しようかな?
里親さんのお申込みと同時に、クリックもよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
ミンガラーバー

今日は、10年生試験の合格発表がありました。
この試験に合格すると、大学に行けるという大事な試験です。

我らがタンボジセンターの生徒たちも10年生試験を受けたので、「皆はどうだったんだろう?」と、昨日からソワソワしていました。


朝の6時半に、タンボジセンターのセンター長からいきなり電話がかかってきて

「6人合格!!そのうち1人は特別賞1科目!!」

とのこと。

普段なら、朝の6時半に電話で起こされたら不機嫌になりますが、
「えっ!6人!!すごい!!!」と、飛び起きました。

我らがタンボジセンターからは8名が受験して、6名合格。
全国平均では25%くらいの合格率ですが、我らはなんと75%です!
昨年、おととしは2名ずつしか合格しなかったのですが、今年は6名も合格して本当に嬉しい。

特別賞は点数が特に高いともらえます。
特別賞をもらった子は、タンボジセンターに入寮した当時は成績が低かったのですが、家が貧しいのでおまけで選抜した子でした。
2年間で、よく頑張った!


この学年は本当に頑張り屋が多く、毎日夜12時ごろまで勉強し、朝は4時半に起きていました。

4時半から1時間瞑想した後、勉強。そして朝の農作業。
朝食後に学校に通い、放課後は農作業と勉強・・・というハードスケジュール。

大人たちが「健康に悪いからもうちょっと寝なさい」と言わなければならないほど!
規則破りなどの問題を起こすこともなく、農業もしっかり頑張っていました。


タンボジセンターは、将来の農村開発を担うリーダー輩出を目的としていますので、本当は10年生試験に合格しようとしまいとどうでも良いです。
でも、ミャンマーの価値観では、10年生試験は絶対に大切!
10年生試験の合格率の高さで、学校の優秀さが測られてしまいます。

なんにせよ、大学に進学できることで、その子の将来の可能性が広がることは、本当に嬉しいことです。

6人の大量合格は、7人が合格した2期生以来、歴代2位の数字。
お祝いパーティーをしないといけないかもしれません。
嬉しいことなので、ちょっとくらいの出費は覚悟ですね!


合格おめでとうクリック♪
よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日は、以前予告していた、表彰式の様子について、第二弾を書きたいと思います。
第一弾はこちら(http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-379.html


午前中は表彰式がありました。

春雨のお昼ご飯を食べた後は、ミャンマー人の大好きなお祭りです。
学校の中に特設舞台が作られ、そこで踊りやモデルショー、お笑いなど、生徒たちが出し物を次々に発表しました。


表彰式7

0年生から2年生のモデルショーの様子。
女の子たちがゆっくり歩いて、ポーズをとります。
PTAのおじさん、おばさんたち3名が審査員をして、優勝者を決めました。


表彰式8

優勝はこの子!
とってもぶりっ子で可愛かった~☆
会場は歓声の渦、大盛り上がりです。



表彰式9

シャン族、ダヌ族、パオ族、インダー族などの民族舞踊の発表もありました。
ほとんどの生徒がインダー族ですが、なぜかシャンの踊りが多かったような?


この発表に出る子は、先生が選んで指名するそうです。
たとえば、モデルショーだったら可愛い子を選んで指名するらしい・・・。

そして、踊りや歌の練習をつんで舞台に上ります。


表彰式10

3年生による英語の歌と踊りの発表。
上が白で下が緑色がミャンマーの学校の制服です。


表彰式11

ミャンマー伝統のお笑いもありました。
男の子3人がお笑いライブをやり、その後女の子がミャンマーの伝統的な踊りを舞います。
男の子たちは、女の子が踊っている邪魔をしたり、においをかいで喜んだりして、可愛いです。
踊り子は、いくらちょっかいを出されても、踊りに集中しなければなりません。



たくさんの踊りが続いて正直少し飽きたのと、その後にタンボジセンターに行く用事があったのでそろそろ帰ろうとしたのですが、校長先生の隣に座ってしまい・・・「先生、帰ります」と言っても、ぜんぜん帰してもらえませんでした。

「一番良い踊りがあるから、それを見てから帰りなさい!」と。



その踊りが、こちらです。


表彰式12

わかりますか?
このブルーの服を着ている彼女、実は9年生の男の子なんです!!
かなり大柄なのですが、動きや身のこなしが本当に女性らしくて、他の女の子のダンサーよりもぜんぜん上手でした。

先生もマイクを使って合いの手を入れます。

「第二高校で、一番美人の踊り子です~!」


表彰式13

男の子とわかっている人は爆笑!でも、本当に女の子だと思って見ている観客もいたようです。
ウケ狙いの感じではなく、マジで女性になりきって踊っていました。

ちなみに、左の紫色の王子様役の子は、女の子です。


これは、本当に見て良かったです。
校長先生、引き止めてくれてありがとう!

この後、3日くらい興奮が冷めやらず、人に会うたびに彼女の話をしてしまう私なのでした。。。


そして、ブログにも書くっていう、ね。



ブログランキングに参加しているので、クリックしていただけますと嬉しいです。
1日1クリックしてもらえると、ランキングの順位があがります。
クリックすると、いろんなミャンマーブログを紹介しているページに飛びますので、他のブログもお楽しみください♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ


ミンガラーバー

今日はタンボジセンターに行く日でした。

タンボジセンターでは、9年生と10年生(高校生)の子どもたち、1学年8名ずつの合計16名が寄宿生活をしています。
昼間はニャウンシュエ第二高校に通い、学校以外の時間はタンボジセンターで循環型農業を学んでいます。

タンボジセンターの子どもたちが通っているニャウンシュエ第二高校で、スーペーボェ(表彰式)があったので、参加してきました。

表彰式1

こんな会場でした。


表彰式では、成績優秀者が各学年3名ずつ表彰されます。
また、スポーツやら、環境保護のポスター、作文コンクールなどの優秀者も表彰されます。

表彰式は、今の時期、どこの学校でも行われます。
2月、3月は学期末の試験がある時期です。
日本とは違い、ミャンマーでは学期末試験で点が悪いと落第して、もう一年同じ学年に通わないといけなくなります。
また、10年生は大学に進学できるかどうかがかかった大切な試験です。
なので、この時期に表彰式を行い、生徒たちのモチベーションをあげることが目的となっているそうです。


表彰式2

まず最初に、モデル生徒の表彰がありました。
成績もよく、普段の行動も、全校生徒の見本となるような生徒が男女各1名ずつ選ばれます。
なぜか、こんなポーズで写真を撮るのがお決まりらしいです。


全部で350以上もの賞があり、たくさんの生徒たちが受賞しました。
1000強の学校なので、3人に1人は受賞できる計算になりますね。
でも、中には、一人で17つも賞をとった子もいて、優秀な子が賞を総ざらいしてしまうので、実際に受賞したのは150人くらいだったと思います。

表彰式3

0年生の成績優秀者3名。
やたらメイクアップしていたり、可愛いヒール靴を履いたりして、おめかししていました。


表彰式4

表彰される前には、このようにお辞儀をします。
表彰者は皆、事前に練習していたみたいですね。

あれ!?
なんか、この子、何か気づきません・・・??

表彰式5

なんと、われらがタンボジセンターのエープインピューちゃんです。
10年生の中で、成績優秀者第一位に選ばれました!!!
おめでとう!!

彼女の将来の夢は「大学の先生」だそうです。
頑張ってマス☆
他の子は、放課後は塾などに通って勉強をしていますが、彼女はセンターで農業をやっているのに、見事1位です!

表彰式6

タンボジセンターのスタッフ、マ・ニェインと記念にパチリ!



その後、春雨が振舞われました。
美味しい~!!

表彰式7

それから、踊りなどの出し物大会があったのですが、その様子はまた明日UPします~。



この表彰式、けっこうお金がかかっています。
トロフィーや、受賞者への賞金、来賓に出す春雨やお菓子代、会場装飾、マイクやスピーカー、写真やビデオ撮影など・・・。
その費用は、PTAからの寄付でまかなわれています。
生徒一人につき3,000ksが目安ですが、中には10万ksも出した保護者もいるそうです。
TPAからも、もちろん寄付していますよ~!!

・・・TPAとPTAって、紛らわしい!

生徒たちがやる気を出すために、とっても良い取り組みだなぁと思いました。

前職で、企業で働く人たちのモチベーションをあげるため「成果発表会」や「社員表彰」をよくやっていたのですが、それを思い出しました。
日本の学校って、こういう大々的な表彰式ってありましたっけ??
日本でもやったら良いのにねー。


続きは明日。



ブログランキングに参加しているので、クリックしていただけますと嬉しいです。
1日1クリックしてもらえると、ランキングの順位があがります。
クリックすると、いろんなミャンマーブログを紹介しているページに飛びますので、他のブログもお楽しみください♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ


ミンガラーバー

今日は休みだったので、洗濯や掃除を済ませたあと、ウェディングドレスを見に行きました。
撮影は禁止だそうです。それ以前に、カメラを持っていくのを忘れました。
ドレスは、レンタルも購入もできて、レンタルは30,000ksから、購入は100,000ksから(オーナーがいないからよくわからないとの返事でした)とのことです。
1万円で買えるって、安いですよね!?
2軒まわりましたが、台湾製と中国製がありました。
台湾製のほうが可愛かったかな。


さて、昨日はパイェー村に行ってきました!
昨日のFBにも書いたのですが、ブログでは補足と写真をもっと載せちゃいます。

以下、FBで書いた内容です。


今日はパイェー村に行って、保育園建設の様子をモニタリングしてきました。
また、第2回目の資金受渡しもしてきました。
建設は順調に進んでおり、会計もバッチリでした。

この保育園のドナーは、「チームみんがらぁばぁ」です。
岐阜の井川さんを中心に、数え切れないくらいたくさんの人たちが協力してくれています。
この「チームみんがらぁばぁ」の面白いところは、お金ではなくて物を集めている点です。

井川さんは、「お金を寄付してください」と呼びかけるのではなく、「いらない物、ちょ~だい!」と呼びかけます。
古いTVやら冷蔵庫やら本や服・・・家にある使っていないものをなんでももらってきます。
それを買い取ってくれる業者に持っていって、お金にかえているそうです。

井川さんは、物をくれる人からは「いらない物を持っていってくれてありがとう」、買取業者の方からは「持ってきてくれてありがとう」、そしてパイェー村からは「保育園建設に協力してくれてありがとう」と言われるので、とても嬉しいそうです。

井川さんの仲間に、ミサキちゃんという女の子がいます。障害があって、自分でいろいろ動いたりはできないのですが、「自分の服がミャンマーの子どもたちの役に立つなら」ということで、たくさんお古のお洋服を寄付してくれました。
なので、パイェー村保育園が完成したら、「ミサキ保育園」という名前をつけてもらうことになっています。
たくさんの人の想いがたくさん詰まった保育園です。

パイェー1

写真は、ココナッツのお供えです。
ミャンマーでは、最初に立てた柱に、このようにお供えをします。
ナッ(精霊)はココナッツが大好きなのでしょうかね。



















ココナッツ、だけに!!























はい、失笑ありがとうございます。


FBアップ時には気づかなかったオヤジギャグ、見られたブログ読者はラッキーですね(ヤケクソ)




この村はタウンジーからとても近いです。
事務所からバイクで10分もあれば着きます。
なので、毎回モニタリングは、スタッフのトゥンウィンさんのバイクの後ろに乗って行っています。

ドナーさんの中には「なかなか支援の届かないような、辺境の地に支援をしたい」という方がけっこういらっしゃいます。
パイェー村はタウンジーの町から近いので、もしかしたら嫌かなぁと思いながらも提案してみたのですが、ドナーの井川さんは、「歳をとってからでも行けるからいいわ~!」ということでOKをいただきました。

実際に、今年の9月には、井川さんと一緒に70代の方々にも来ていただき、村の委員会と一緒に建設前のミーティングをしました。


話は脱線しますが、この70代の同級生仲間お三人は、とてもパワフルでした!

午前3時くらいにはすでに起床されていたのには、かなり驚きましたよ・・・。

(日本で朝5時半くらいに起きているので、時差2時間半のミャンマーでは午前3時であるとのこと)


パイェー2

昨日の段階では、こんな感じでした。



さて、

実は、この村はトゥンウィンさんが住んでいる村です。
会計などの事務は、トゥンウィンさんが担当しています。

彼は、TPAがどういう会計報告だったら嬉しいか、何か変更があるときはどう対応すればよいか、などを知り尽くしているので、私がチェックする必要があることは、ほとんどなしです。

モニタリングも、こまめにトゥンウィンさんが写真を撮ってきてくれるので、楽チンです。
日本人がやることと言えば、お金を村に渡している写真を撮られることのみ!と言っても良いくらいです。


パイェー3

こんな風に。
お金を村に払ったときは、国境省に報告しなければなりません。
そのときの証拠写真に、日本人がいないといけないそうです・・・。

ローカルスタッフにモニタリングを任せているのは、この事業が初めてです。
TPAも現地化を目指していますので、少しずつ任せられるところを作っていきたいと考えています。
その第一歩として、とっても良い事業だと思います。



この日は、地区の長を決める選挙があるとのことで、午前中に訪問して1時間弱で訪問終了。
(最近、どの地区も地区長(日本語不明です)を選びなおすようにと、政府から指示が来ているようで、忙しそうです)

帰ろうとしたら、もう一人のスタッフ、モモイーの義理の弟の誕生日会をやっていたので、ご馳走になってきました。


パイェー4

唐辛子が辛くて、こらえて微妙な顔になっています。。。

日本では誕生日の人がプレゼントをもらいますが、ミャンマーでは誕生日の人が皆にご馳走をします。

モモイーの義理の弟とは一切面識ありませんし、しかもご馳走になったときに彼はいなかったので、本当によくわかんない感じですけど、This is Myanmar です。



せっかく、パイェー保育園について良い話を書いたのに、ココナッツのくだりで台無しになった疑惑?

そんなことないですよね!?



ブログランキングに参加しているので、クリックしていただけますと嬉しいです。
1日1クリックしてもらえると、ランキングの順位があがります。
クリックすると、いろんなミャンマーブログを紹介しているページに飛びますので、他のブログもお楽しみください♪
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ