fc2ブログ

 このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

こちらのブログは旧ブログです。新ブログはこちらから!
NGOミャンマー駐在員のハリキリノート

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日は、インレー湖の観光地の紹介をします♪

外国人観光客はけっこう来ているみたいですが、ガイドブックに載っていないので、日本人にはあまり知られてないっぽい村です。
ガイドさんと一緒に観光に行った方は、行かれたかもしれませんね。


その名も「チャウタイン村」!

ニャウンシュエからボートで2時間半くらいでしょうか?
インポウコン(はす織り工房がある村)よりも、さらに南にあります。
東岸のほうです。

チャウタイン1

この村で有名なのは、ツボ作りです!
(というか、つぼ作りしかやっていない村です・・・)

30世帯くらいの家があって、それぞれの家でつぼを作っています。
そのへんのおばちゃんにお願いすると、つぼ作りを見学させてくれます。

チャウタイン2

ろくろはもちろん手動です。
おばちゃんが作っている植木鉢は、1つなんと150ks!
安いので、スタッフが大量買いしていました。

チャウタイン3

この家は、絵を描くのが上手な人がいます。
絵を描く様子を見せてくれました。

チャウタイン4

絵入りのものは、普通のものよりだいぶ高く売れるそうです。
インレー湖周辺のホテルやレストランがオーダーすることが多いとか。
シャンの女の子の絵入りのツボがあったのですが、ゴールデンカイトレストラン(湖上のほう)がオーダーしたらしいです。

他にも、お酒を作る容器とか、唐辛子をつぶすものとか、いろいろ作っています。
窯の見学もできますよ。

焼く前に塗る釉薬みたいなやつは、なんと、バッテリーの液を使っているらしい・・・。
なので、食器のような、口に入るものには向いていません。
植木鉢が人気商品だそうです。


チャウタイン5

外国人のお土産用に、ちまちまっとしたものも売られています。


チャウタインは、5日市もやっています。
5日に一回の市場の日にあたれば、つぼ以外にも市場の盛り上がりも見学できます。

チャウタインの船着き場は、TPAが地球環境基金のお金を寄付して、船着き場整備を行いました。
その前は、ホテイアオイが多く、ボートをとめるのにも一苦労の場所でした。

チャウタイン6

整備後の船着き場。
スムーズにボートをとめることができるようになりました。


さて、チャウタインへの行き方ですが、ボートを借りる時に、
「チャウタイン、オー」とか言えば、たぶん行けます。
(オーというのは、つぼのこと)

地元では皆が知っている有名な村です。
インレー湖に何度も来たことがあって、何か違うところに行ってみたいなぁ・・・という方にオススメスポットです。


ネットで検索してみたら、上智大の先生の論文がヒット!
これを読んでから行けば、チャウタインをもっと楽しめる??http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/5288/1/200000079942_000125000_55.pdf" target="_blank" title="http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/5288/1/200000079942_000125000_55.pdf">
http://repository.cc.sophia.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/5288/1/200000079942_000125000_55.pdf


こういう面白い村と出会えるのは、この仕事の嬉しいところですね。
行きたいぞクリック、お待ちしてます♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

ミンガラーバー

日曜日はタンボジセンターに行ってきました。
タンボジセンターの近くには、カウンダイン温泉という、地球の歩き方にも載っている温泉があります。


ドライバーのニーニコさんが

「打ち合わせにまだ時間かかるようだったら、温泉行ってくるね」

と言いだしたので、

「卵持って行って温泉卵作ってきて!」

とお願いしました。


タンボジセンターの有精卵を3つ持っていってもらい、源泉(たぶん60度くらい)につけてもらいました。
ニーニコさんが1時間、温泉につかっている間、卵もたっぷり1時間、温泉に入ってきました。

温泉卵

食べてみると、とっても美味しい!!
なんと、甘い味がするのです。

普通、卵は醤油とか塩とかで食べたいと思いますが、タンボジの温泉卵は味付け不要の美味しさでした。
(タンボジの卵は、ゆで卵も美味しい☆塩なしでいけます!)


温泉のせいで甘くなるのか、タンボジの卵のせいなのか。
今度、普通の卵とタンボジの卵を持って行って対照実験を行おうと思います。
とにかく美味しくて、ニーニコさん大絶賛でした。

ななこちゃん卵

インターンのななこちゃんも大満足!


スタディーツアーでタンボジ泊のときは、ぜひ温泉卵を作って食べましょう!
学生の皆さん、お楽しみに☆

インレー湖に観光でいらっしゃった方も、ニャウンシュエからカウンダイン温泉に向かう途中でタンボジセンターに寄っていただくと、卵を買うことができますよ!

カウンダインフーピンホテルなどに泊まられるお客さんも、ぜひ途中でタンボジセンターのお店にお寄りくださいませ~。


ヤンゴンで有精卵を食べたい~!という方は、グリーンヒルまでお問い合わせください。
新製品、有機マンゴージャムもあります☆
ななこちゃんの力作です♪

http://www.facebook.com/pages/%E6%9C%89%E6%A9%9F%E9%87%8E%E8%8F%9C%E5%AE%85%E9%85%8D%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%92%E3%83%AB/307037312742701

食べたいクリック♪どうぞ

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

こないだの日曜日はタンボジセンターに行く日でした。
ドライバーのニーニコさんと一緒に朝ごはんを食べよう!と約束して、7時半に出発しました。

タンボジセンターに行く途中のアウンタピェというところに、美味しいモヒンガー屋さんがあるのです。
モヒンガーは、普通は魚のダシで作りますが、そこのは米で作っているらしいです(?)。
とにかく、美味しいモヒンガー屋さんです。

ですが、8時についたら、すでに売り切れていました。
村の中の小さな店ですので、あんまりたくさん作っていないです。
朝早くに売り切れてしまうのは知っていたのですが、8時でもうダメとは・・・。

次回は残しておいてもらえるよう、電話番号をゲットしてきました(笑)
今度食べられたら、またレポートします。


ということで、朝ごはんを食いっぱぐれた我らは、ニャウンシュエで食べようということになりました。
ちょうどニャウンシュエが市場の日でしたので、市場のモヒンガーを食べることにしました。

ニャウンシュエ市場

ニーニコさんのオススメのお店に連れていってもらいました。
店の名前はない、とのことです。
ぐちゃぐちゃと曲がって進んでいったので、またたどり着ける自信がありません・・・。

市場の店

このへんはインダー族の地域です。
なので、モヒンガーも「インダー族のモヒンガー」ということで「インモヒンガー」と呼びます。
インモヒンガーには、インレー湖名物のトマトがふんだんに使われています。

インモヒンガー

モヒンガーは、まあまあかな。
少し味が濃かったです。
やっぱり、食べ損ねたアウンタピエのモヒンガーにはかなわないかな。

ンガータミン

一緒に頼んだ「ンガータミン」のほうが美味しかったです。
魚のご飯をバナナの皮に包んで蒸したものです。
油と唐辛子たっぷりです。

ウェッタチン

ニーニコさんは「ウェッタチン」を頼みました。
豚肉入りのご飯をバナナの皮に包んで蒸したものです。
豚肉の油がすごい!

ジューミッ

ンガータミンやウェッタチンと一緒に、「ジューミッ」を食べると美味しいです。
ジューミッは、ニラのような植物ですが、根っこを食べます。
シャリシャリして美味しいです。
ちょっとニンニクのような辛味があります。

こねるおばちゃん

おばちゃんが手でコネコネしてくれます。
そういうのがダメだ~という方は、食べないほうが良いかも。
でも、とっても美味しいですよ~☆

1つ500ksだったかな?
値段は忘れてしまいましたが、そんなもんでした。

でも、油が多かったのか、血圧があがったのか、その日は身体がダルかったです。
お昼ごはん食べずに昼寝をしなければなりませんでした。
そこだけご注意!


ホテルの朝ごはんも良いけど、たまにはローカルフードの朝ごはんもお楽しみください♪
食べたいなぁ~という方はクリックお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

昨日の記事の続きです。
ヘーホー空港、ニャウンシュエ間でシェアタクシーができた件について書きました。

ところで、一人5,000ksで乗せて、この会社は儲かるのか?ということを計算してみました。

(以前は経営コンサル会社で働いていましたので、こういうのを聞くと、どうしても計算したくなってしまう癖があります笑。)


まず、経費から。

・ハイエースがニャウンシュエ、ヘーホー1往復に必要なディーゼル代 約10,000ks
・道路交通量 約1,000ks
・運転手代 約3,000ks
・その他メンテナンス代(エンジンオイル、タイヤ、車清掃) 約4,000ks
合計 約18,000ks
(タウンジー、ヘーホー間のシェアタクシー必要経費ヒアリングより推定)

ということで、1往復で最低4名乗ればなんとかなることになります。
ハイエースは10人乗りで、1名が運転手ですので、9名まで乗せられます。
往復MAX18名です。


3往復全部が満員になったとすれば、、、
18名分×3往復×5,000ks=270,000ks
経費は18,000ks×3往復=54,000ks
270,000ks-54,000ks=216,000ks
ということで、最高1日に216,000ks儲かることになります。

うーん、まあまあ?
チケット販売員や電話なども必要でしょうし、車が故障したら修理しないといけませんよね。

そして何より、ハイエースを購入するのに30,000,000ksくらいかかります。
毎日満員とすると、139日でハイエース分の元が取れる計算になります。

1年以内でハイエース代が儲かるのか・・・。
そう考えると、良いかも!?
でも、1台だと無理だしなぁ。車が足りないときは外注するのだろうけど。
ふむふむ。

ま、こういう事業をする人は、他にもいろいろビジネスをやっていて十分儲かっているんでしょうけどね~。



ところで、ヘーホー空港からタウンジーに行きたい方、タウンジーからへーホー空港に行きたい方に、注目の情報をお知らせしちゃいます!

昨日も書きましたが、タウンジー、ヘーホー間もシェアタクシーがあります。
そして、私の彼の会社(Shan Pyi Thar)も、シェアタクシーをやっているのです!
ヘーホー→タウンジーの場合は人数次第で少し高くなることもありますが、タウンジー→へーホーだったら5,000ksでいけます。

必要でしたら、予約のお手伝いをしますので、ブログからメッセージください♪
ネットが見られない場合もあるので、ギリギリの予約はできません。
ご了承ください。


できれば、航空券とセットで予約していただけると便利です。
国内線の時間変更にも対応できますので。

宣伝ですが、Shan Pyi Tharで国内線のチケット買うと、安いですよ。
(日系の旅行会社を使っている人はたぶんビックリします。内緒ですけど)
彼のお父さんか弟が、ヤンゴンのご希望のホテルまでお届けにあがります。
※ダウンタウンより遠い場合は、お届け料をいただきます。

日本にいるときに、ミャンマー国内線の予約をしておきたいときは便利です。
ハイシーズンは予約が混みあって、直前だと好きな時間がとれないことが多いですもんね。

ということで、旦那の会社を宣伝してみました~笑。
よろしくご贔屓くださいませ☆


クリックお願いします。

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日はインレー湖観光をする人にとっておきの情報です♪

今まで、ヘーホー空港についてから、インレー湖観光の玄関口であるニャウンシュエに行く方法は、タクシーを借りるしかありませんでした。

ヘーホーからニャウンシュエまでのタクシー代は、20,000ksから25,000ksくらいします。
ヤンゴンでタクシーに乗りなれている方には「高い!ぼったくられた!!」と思う金額かもしれませんが、こちらでは普通の価格です。
地元の人でも、タクシーに乗るならこの価格です。


ちなみに。ヘーホーからタウンジーに行くには、シェアタクシーがあります。
後ろの席は6,000ks。助手席は7,000ksです。
人数が少ない場合は、ちょっと値上がりすることもあります。
家、またはホテルまで送ってくれます。

タウンジーからヘーホーにいく場合は5,000ks。
予約をすれば、自宅やホテルまで迎えにきてくれます。


地元の人は、ほとんどがタウンジーに行くのでシェアタクシーを使えば良いのですが、観光客はほとんどがニャウンシュエですよね。
ガイドさんつきで車も手配してあるようなセレブツアーの方は問題ありませんが、バックパッカーや学生さん、一人の旅行者などの場合、20,000ksの貸しきりタクシー代というのは大きな出費だったはずです。


そのように待ち望まれた「ヘーホー⇔ニャウンシュエ間のシェアタクシー」ですが、ついに登場したようです!
先日、ニャウンシュエにコーヒーを飲みに行った際に発見しました。

※前回記事はこちら
ニャウンシュエで美味しいコーヒーが飲める店「Ever Green Restaurant」
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-407.html


かもめ2

かもめのマークの「SIN YAW」という会社が運営しています。
ヘーホー空港からニャウンシュエのお好きなホテルまで、5,000ks!
ニャウンシュエのホテルからヘーホー空港も、5,000ksです。

時間は、飛行機の時間に合わせて1日往復3回運行するようです。
10人乗りのハイエースです。
これは便利そう!ニャウンシュエに行かれる方は、是非使ってみてください。

前回記事に書いたコーヒーレストラン「Ever Green」でも、予約チケット(ニャウンシュエ→ヘーホー)を販売しているそうです。

※突然、人数が定員に達しないので運行中止にするなどあるかもしれません。
その辺はご自身でよくご確認してご利用ください。
私にクレームを言われても、対応できませんのでご了承くださいね。

かもめ1


もしかして、皆さんもう知っている情報でした?
「知らなかったよ!」という方は、クリックお願いします☆
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ