このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

今日はヤンゴンでの話に戻ります。

1月7日の結婚式について。

(というより、お義母さんネタです)



パンデー(中国ムスリム)は、2回結婚式をするのが普通っぽいです。

1回目は、宗教儀式的な感じの結婚式。親戚中心。
2回目は、披露宴的な感じ。たくさんの招待客。


私のときも、宗教的なほうは、午前中にマイタイレストランでやり、
披露宴は夜にトレダースホテルでやりました。

私の結婚式のときの話はこのへん参照。

http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-463.html

http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-464.html




今回は誰の結婚式かというと、夫のいとこの結婚式でした。


新郎が、夫のいとこ(お義母さんの妹の息子)

そして、新婦も実は親戚らしいです。(お義父さんのハトコの孫?遠すぎて夫もよくわからず)


新郎、新婦とも我が家の親戚って、パンデーコミュニティー狭すぎ!




午前中の宗教的なやつは、ノボテルヤンゴンで。

夜の披露宴的なやつは、スーレーシャングリラで。

2つとも豪華ホテルです!!

20170122225012697.jpg

良い子に眠るディディー


ノボテルには、朝の9時に集合とのことでした。

前日、お義母さんは「明日は7時半くらいに出発しないと!」と言いました。

「でも、息子(私から見て義弟)は、仕事の電話がたくさんかかってくるし、お父さん(私から見て義父)はもう年だから、マイペースにしか行動できないから、7時半より少し遅れるかも」

と、お義母さん。


「どっちにしろ、7時半には私たちは準備を終えておこう!」

ということで、私はちゃんと7時半には準備を済ませてスタンバイしていました。



ところが、7時半になっても、お義母さんもお義父さんも義弟も、全員まだ着替えていません。

8時くらいまでは、私も「そういうもんだろう」と思って、気にせず待っていました。



でも、8時になっても、まだ着替えていません。

義弟は電話対応中。

お義母さんは、ご祝儀を入れる封筒を作ったりしています。(封筒は夜に使うので、今やるべきことではない!)

お義父さんはゆっくり朝食を食べ、コンセントの修理などをしています(今やるべきことではない!)



嫁である私がせかすのもアレなので、お義父さんに「ノボテルまでどれくらい時間がかかるの?」と質問。

遠回しに、「そろそろ出発すべきでは?お義父さん、早く着替えたほうが良いよ」と伝えたつもり。


お義父さんは「わしが着替えるのは5分もかからない。問題は、おかあさんだ!」とのこと。


その言葉の通り、お義母さんの準備がそろそろ終わるかな・・・という絶妙なタイミングで、お義父さんは着替えました。

義弟も準備完了。



結局、最後はお義母さんでした・・・。

しかも、家を出てすぐにお義母さんの靴のヒールが外れ、靴を替えるためにまた5分。


お義父さんと義弟の心配よりも、自分の心配をしてください!!



お義母さんには、ヤキモキさせられました。

でも、お義父さんたちは慣れたもので、誰も急かしたりせず。


私はせっかちだし、いくらミャンマー化されているとはいえジャパニーズなので、この時間のルーズさはキツイです。

たまになら良いけど、いつもなら耐えられないでしょう。
(夫はそんなに時間にルーズなほうではないので、良かったです)



家を出たのは8時45分くらいだったと思います。

ヤンゴンは渋滞がありますので、もちろん9時にはノボテルに到着できず。

すでに親戚は集まっており、私たちが最後の到着でした。


20170122225208597.jpg

しばらくすると、軽食が出てきました。
コーヒーや紅茶も!

ノボテルでお茶したいといつも願っていたので、とても嬉しかったです。
(アイスを食べない人がけっこういたので、3つも食べた!)



その後、司会などもなく、ザワザワとした中、親戚紹介の儀式が始まりました。

次回につづく。



「優先順位」という概念を、お義母さんに教えたい!
クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




スポンサーサイト
関連記事
ミンガラーバー

今日は動物園に行ってきました。

20170121214231266.jpg

以前、チッチが猿に噛まれてからは一度も行っていなかったので、かなり久しぶりです。
ディディーにとっては、初めての動物園!

チッチが噛まれたときの記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-714.html


お弁当を作って、張り切って出かけました。
作り置きのおかずがあったので、朝に作ったのは卵焼きくらいです。

20170121214309046.jpg

夫は店があるので、動物園まで送るだけかと思っていたら、なぜか一緒に来た!?
誘ってほしかったのかな・・・??

っていうか、最初から一緒に行くって言えば、夫の分もお弁当持ってきたのに!
夫は家で食べると思って、夫の分は家に置いてきてしまいました。

まあ、お弁当やら子供の着替えやらで荷物が重いので、ついてきてもらえて良かったです。

20170121214439444.jpg


動物園といっても、動物はクマ、シカ、ウサギ、モルモット、さる、ワシ、アヒルとかくらいです。
象とかキリンとか、ライオンとかはいません。

動物園と呼んでいますが、ゲームセンターやアーケードゲーム、遊具などのほうが主な感じ。

20170121214359512.jpg

チッチのお目当ては、ベビーゾーンです。
滑り台とか、ボールプールなど、小さい子供のための遊具がたくさんあり、そこで1時間以上遊びました。

ベビーゾーンの横は、以前はゲームコーナーだったのですが、リニューアルされていました。

ゴーカート的な乗り物や、馬みたいな乗り物が!!

20170121214556446.jpg

顔がミッキーマウスのクマ?

20170121214525747.jpg

青いキティ??

20170121214619915.jpg

ウサギ?それともサル??

さすがにキモ過ぎる!!


1,000ksで乗れるとのことでしたが、いくら誘っても、チッチは怖がって乗りませんでした。

乗り物の顔が怖いというより、遊園地の乗り物全般が怖いみたいです。
前回日本に帰ったときに、ディズニーシーで無理やり乗り物に乗せたら、トラウマになったらしい。



20170121214730326.jpg

他にも、プールに浮かぶ乗り物も新しくできていました。
寒くて泳げないタウンジーで、新しいプールの利用方法を考えついたみたいですね。

20170121214751124.jpg

若い男たちが、皆でゴーカートに乗って遊んでいた・・・。
タウンジーに、いかに娯楽が少ないかが、よくわかりますね。


来るたびに、ちょっとずつリニューアルしている、この動物園。

「まるで夢と魔法の王国、ディズニーランドみたいではないか!!」

と、ちょっと思っていたら・・・



まさかの!!


20170121214508499.jpg

ドーン!!

著作権的にヤバイですよ・・・。



20170121214810889.jpg

お弁当は、夫の分を持ってきていなかったので、分け分けして食べました。
お菓子とかも持ってきていたので、なんとか足りたかな。


景色の良いところで、ピクニック気分でお弁当を食べると楽しいですね!

普段は食が細いチッチも、たくさん遊んでおなかがすいたのか、バクバク食べていました。


「楽しい、ネ!!」とチッチは何度も言っていて、来て良かったな~と思いました。

なぜかついてきた夫でしたが、やっぱり家族全員そろって来て良かったな、幸せやな・・・と、柄にもなくしみじみ。



今回はサルの近くに行かなかったので、噛まれることもなく、楽しい半日でした!

クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事
ミンガラーバー

今日もヤンゴンにいったときの話です。

6日のお昼は、スーレーシャングリラホテルのビュッフェに行きました!

ヤンゴン在住の方にはありふれた情報かもしれませんが、写真載せます~。

20170118222820717.jpg

平日だったので、めちゃくちゃ空いていました。

カフェ・スーレー
11時半スタート。
一人25ドル(税・サ込)。
時間制限なし。

ジュースやアルコールはありません(別料金)が、コーヒーと紅茶は、おかわり無制限!
コーヒーは、カプチーノとかラテとか、いろいろ種類ありました。

20170118222854588.jpg

おかず1


実は、私はシーフードをたくさん食べたかったのです。
タウンジーは山の上なので、新鮮はシーフードがなかなか食べられません。

ヤンゴンのいろんなホテルに電話して調査しましたが、ランチビュッフェでシーフードがたくさん食べられるところはありませんでした。

なので、ランチビュッフェで一番良いと言われているスーレーにしました。
(あと、私たちが結婚式をしたのがここだったので、再訪したくもあり)

ノボテルのサンデーブランチ、セドナ土日のブランチ、スーレーの金曜夜のシーフードナイトなどがシーフード三昧らしいので、今度ぜひ行きたいです。



余談ですが、ビルマ課女子会でエビを前にして、

私「タウンジーではシーフードをなかなか食べられないから、エビ嬉しい!」と言いました。

すると先輩が

「じゃあ普段何食べてるの?山菜??」って・・・。


「さ・ん・さ・い・・・??」


いくらタウンジーが直訳すると「大きい山」という意味だからと言って、山菜はヒドイ!
山菜がメインって、どんな献立やねん!

そんなに山奥じゃないし!
(パオ族とかシャン族は、割と木の葉を食べてますけどね)

ビルマ語課卒の人にもそんなイメージを持たれているなんて、悲しい・・・。

もうすぐOceanスーパーマーケットもタウンジーにオープンする予定なのですよ。
都会なのですよ。




20170118222929516.jpg

デザートは全種類制覇しました。
一口サイズで小皿に載せてあったので、とりやすい☆

20170118222951771.jpg

おなかがいっぱいで、アイスは食べられなかったけど・・・。

20170118222913116.jpg

おかずは全種制覇ならず。

悔しい・・・!
今から行って、制覇できなかった料理とアイスを食べたい!!


ビュッフェに行くと、目的が「全種制覇」となってしまう私。

おなかいっぱいで毎回気持ち悪くなるのに!




さらに余談です。

ヤンゴン在住なら、皆さん知っている情報ですが、

2年くらい前に、トレーダースホテルがスーレーシャングリラホテルへと名前が変更になりました。
そして、スーレーシャングリラホテルの横には、スーレースクエアという新しいビルがオープンしました。


ところが、
私が夫に「シャングリラのビュッフェに行ってきたよ」と言うと、

夫「トレーダースの隣にできたやつでしょ?」だって。笑

夫は、トレーダースはトレーダースのままで、新しくできたビル(スーレースクエアのこと)がシャングリラホテルだと思っていたようです。

田舎者め!!

20170118225536999.jpg

夫の言う、「スーレーシャングリラ」の前で自撮る、田舎者の私。
(注:本名はスーレースクエアです)



っていうか、スーレーシャングリラ、スーレースクエア、スーレープラザ・・・って、スーレー多すぎて混乱する!!

スクエアとかプラザが付く名前も多すぎだし!特にプラザ!!

タウンジーにできる予定のショッピングセンターも「タウンジープラザ」とかいう名前になるんだろうか?



今日はビュッフェの話題らしく、ちょこちょこいろんな話を盛り放題のブログでした。
おなかいっぱい??

クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事

ミンガラーバー

ヤンゴンにいったときの話を書きます。

イミグレに行った後で寄った「ラングーンティーハウス」

20170117221252565.jpg

ティーハウスといったらミルクティーやろ!と思ってラペイエ注文しましたが・・・
1,500ksと高い割に、いたって普通の味。コップも普通。
期待が高すぎたため、ガッカリする。



1月5日はオフ会!とか言っておきながら、誰も集まらなかった(チーン・・・)ので、後輩を誘ってディナーしました。

いろいろ声をかけてもらって、集まったのは4名!

東京外国語大学ビルマ語課卒の女子会でした~。


私がビルマ語課に入学したころは、ミャンマーブームなんて全然なかった時期。

入学してすぐの授業で「ビルマ語で食べていけると思わないでください」と教授から言われたものでしたが、今ではミャンマー関係で働いている人がいっぱいいます。

今回集まったのは4人でしたが、本当はもっといます。


お店は
The Brunch Society

https://www.facebook.com/thebrunchsociety/


インスタは
thebrunchsociety_yangon

20170117221314791.jpg

スーレープラザ(注:スクエアではない!)にあるお店です。

「デザートがオススメ!」という後輩の意見と、我が実家から近いという理由で決まりました。


20170117221346901.jpg

オシャレな店内。
空いていました。

2階席はソファー。
私たちは2階席。
他にお客さんがいなかったので貸し切り状態でした。

20170117221634213.jpg

このジュースが可愛かった。ライチアイスティー。

20170117221426330.jpg

パスタ、美味しかったです!カルボナーラ。麺がモチモチしていました。

20170117221449105.jpg

リゾットとか、チーズポテトとか、サラダとか食べました。
やっぱりヤンゴンのレストランはお洒落でクオリティーが高いですね!


そしてお楽しみの!デザート☆

いろんなデザートがありました。
フレンチトーストとか、ケーキとかもありましたよ。

私たちが選んだのは、パンケーキ!!
パンケーキ(3枚)かワッフルかを選び、トッピング、アイス、ソースなども自由に選べる形式でした。

20170117221540975.jpg

パンケーキ+キャラメルバナナ+チョコパフ+抹茶アイス+チョコソースをセレクト!

パンケーキ自体の味は薄めで、トッピングの甘さで美味しくなる、という感じでした。


20170117221649026.jpg

良い雰囲気のお店で、美味しい料理やパンケーキで大満足でした。
超久しぶりに会ったのに、楽しくおしゃべりできた~。

思えば、女子会なんてやったの、何年ぶりかな??







これらの料理の写真、CanCamの付録の「自撮りライト」を使って撮影しました。

キャンキャン

自撮りとか暗いところでの写真が可愛く撮れる!と評判のライトです。
CanCamは、大学生くらいの女性がターゲットのファッション誌ですが、CanCam世代の女子だけでなく、カメラ小僧のオッサンたちもライト目当てにこぞって購入しているとか!

そんな日本で流行っている物を、なぜタウンジーの田舎者が持っているのか、って??

それは、ブログ読者さんが持ってきてくれたからです。


CanCamって若い子用の雑誌だから、読んでも面白くないかな・・・と思っていましたが、写真やインスタの特集がされていて、意外と面白かったです。

インスタ始めたばかりだったので、インスタ特集はお役立ちでした。



しかし、ライトがあってもあまり上手に撮影できない私。

インスタ、良かったらフォローください~。

インスタアカウント:akari0323



クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事

ミンガラーバー

今日は携帯から更新なので小ネタです。

ヤンゴンのミャンマープラザに出かけたら

クマモン!!

ビルマ語で「一列に並んでください」と、クジに並ぶ人をさばいていました。

熊本弁じゃないので、ニセモノ?

タウンジーにはピカチュウもいます。

携帯電話を販売していました。

チッチは怖がって一緒に写真撮れず。

我が家には、こんなユルキャラ?

果物ネットがあると、ついつい子供に被せてしまいますね!

関連記事
ミンガラーバー

昨日(1月12日)はディディーのお食い初めでした。

20170113223325847.jpg

ネットで調べると、お食い初めは生後100日、110日、120日のどこかでやれば良いらしいとわかりました。

生後100日は12月23日で、チッチの誕生日(12月25日)と近すぎるので却下。
生後110日は正月なので却下。

ということで、生後120日で実施しました。

20170113223026813.jpg


料理はこんな感じ。
おせち料理とほとんど変わらないラインナップ(笑)
お赤飯は大変だし、小豆が手に入らないので、日本からのレトルトです・・・。

適当に食べさせるフリをして、写真を何枚か撮って終了です。
2分くらい。

ちなみに、チッチのときのお食い初めはこんな感じ。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-561.html

チッチのときは丸一日かけて料理したけど、今回はそんなに時間かかりませんでした。
慣れてきたね。

20170113223235077.jpg

実は具合が悪いチッチ。
風邪ひいたらしく、なんどもゲロってました(今は快復)。



Facebookでは、ミャンマー語でお食い初めの説明を入れました。
でも、ほとんどの日本人は文字化けで「なんじゃこりゃ?」状態でしょう。

ビルマ語課のO先生から「外大卒ならビルマ語を間違えないで書けないと!」と言われて、いつもスペルミスばかりの私はドキッ!

ということで、ビルマ語の書く力を鍛えるために、最近はできるだけFBでビルマ語使ってます。

相変わらずよく間違えて、ミャンマー人の友人にコメントでやんわりと訂正されますが。

辞書を引く回数も増えたので、良いことです。


FBではリアルタイムに写真を上げています。
あとでブログに書こう~というネタを忘れないために。

なので、ビルマ語興味ある方、写真をリアルタイムで見たい方(いるのか?)は、FBでつながりましょう~。
「ブログ読んでます」など、メッセージ一言入れてください。

https://www.facebook.com/akari.suzuki.323



クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




ミンガラーバー

1月5日から9日まで、ヤンゴンに行っていました。
ディディー同行、チッチはお留守番です。


20170111223623555.jpg

初ヤンゴンのディディー

20170111223655884.jpg

Asia Wingsの機内食。


ヤンゴン空港が新ターミナルになっていましたね!

ということで、今日は新ターミナル特集です。


20170111225816471.jpg

近代的な空港になっていてビックリ!
荷物受け取りはベルトコンベアー式になっていました。

空港内にはコンビニやいろんなカフェ、レストランがありました。
話題のバーガーキングで昼食を食べました。


牛肉バーガーのセット
ポテト→オニオンリングにチェンジ
コーラ→オレンジジュースにチェンジ
(コーヒーにはチェンジできないらしい)

まだまだオペレーションは戸惑いながらという感じでした。
こんな感じで持ってきましたもん。

20170111225531017.jpg

なぜ縦一列に並べる?
下敷きの紙は上下が反対。
オニオンリングが散らばっているし・・・。

たったこれだけのセットで、9,750ksでした。
高い~!!
ハンバーガーのセットで約1,000円って、日本より高いですよね。。。

味は美味しかったです!
ロッテリアより美味しかったな。



9日の帰りは、早目にチェックインしてラウンジでゆっくりしました。

出発ロビーの上の階にラウンジがあるのですが、普通にしていると見つけられません。
事前に、FBで「ラウンジがある!」という情報を得ていたので、探してたどり着きました。

出発ロビーに入ったら右側に進んで、一番奥のエスカレーターを上るとあります。

このラウンジは、VIPの人か、飛行機遅延などで航空会社がお詫びで入れてくれる場合がほとんどのようです。
しかし、7,000ksを支払えば、一般人でも利用することができます。

お金を払って利用する人は少ないらしく、最初はラウンジのスタッフに戸惑われました。
「航空会社がご馳走すると言いましたか?」と聞かれましたもん。

「いや、お金払って利用できると聞いたので」と言うと、笑顔で対応してくれました。


20170111225645193.jpg

モヒンガー、チャーハン、サモサ、サラダ、サンドイッチ、フルーツ、クッキー、ケーキなどが食べ放題!

コーヒーやソフトドリンクも飲み放題です。


20170111225554078.jpg

Wifiも使えます。
ビジネスセンターもありました。


見つけにくい場所にあるせいか、とても空いていました。

バーガーキングで10,000ks出して食べるより、安くてゆっくりできますね。


20170111225622985.jpg

ケーキ類はおそらくParisianのものだと思われます。

「すごい美味しい」というわけではなく、いたって普通の味。
(マフィンにゴキブリの足みたいなのが混入していましたが、これはラウンジのせいではなく、Parisianのせいでしょう・・・)

コーヒーはネスレのマシンで、ラテやらカプチーノ、モカなどがあるやつです。


ケーキやコーヒーの味重視の場合は、ラウンジよりもレストランのほうが良いかもです。

量を重視したり、ゆっくり座ったりしたい場合はラウンジがオススメ。

20170111225704127.jpg



ヤンゴンでは、メチャクチャいっぱい食べました。
また写真載せます~。

クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事
ミンガラーバー

昨日(2日)からずーっと雨が降り続いています。
そのため、かなり寒いです・・・。
インレー方面にご旅行予定の方はご注意ください。



さて、1月1日の夜に嬉しいメールをいただきました。
Yさんからの年賀メールだったのですが、「去年、ミャンマー人女性と結婚しました」とのご報告も!


Yさんとの出会いは、私が2011年11月に開催した東京での報告会でした。

そのころは、ミャンマーブームが始まりかけたころで、報告会の参加者はたったの6人。
アットホームでとても楽しい会になったことを覚えています。
報告会の時間では話し足りず、その後何人かで食事にも行きました。

そのときの様子はこちらの記事。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-260.html



報告会参加メンバーが、今思い返すと、ものすごいんです!


まずは、ミャンマーブログ界の名コメンテーター、ふっちーさん!

私のブログにもちょくちょくコメントくださりますが、他のミャンマーブログにもコメントをたくさんされています。
ブログ書いてないのにブロガーよりある意味有名!?な方です。
ミャンマー在住じゃないのに、かなりミャンマーに詳しい。


そして、Myanmar Eyeの福島さん。

福島さんには、私の結婚式にも来ていただいたり(ふっちーさんも)、お仕事関係でもいろいろお世話になったりしています。
ミャンマー歴も私より大先輩なのに、報告会に来ていただいて、今考えると恐縮・・・。

福島さんのブログはこちら
http://myanmareye.exblog.jp/



そして、このたびメールをくださったYさんはミャンマーの方と国際結婚!


2人目のYさんは、TPAのスタディーツアーにご参加いただき、ミャンマーに来ていただきました。


3人目のYさんとはFacebookでゆるくつながっていているのですが、2016年にミャンマーにご旅行されていました。
(Yさん率高っ!)


このメンバーを見ただけでも、どれだけ濃い報告会だったかがおわかりいただけるでしょう!
報告会と言いつつ、私が話したのは少しで、あとは全員で話していましたからね。



Yさんからのメールには、

 僕がプロポーズをするのを後押ししてくれたのは、
 鈴木さんが幸せにしている様子をブログで拝見していたというのもあったんですよ

と書いてありました。


いや~、ありがたいですね。

「ブログやってて良かった!」
と、新年早々、嬉しい気持ちになりました。





また、別の話ですが、ある方から航空券手配とタクシー手配のご依頼をいただいて。

ミャンマー旅行を決めて、いろいろ検索しているうちに、私のブログを発見されたそうです。
何回かメールのやりとりをして手配をした他、子供の話などで盛り上がりました。

で、旅行は無事に済んだのですが、この方、なんと日本からお土産を持ってきてくださいました~。
ありがとうございました☆

(ちなみに、この方もYさんです。どんだけYさん多いの!?笑)



実は、こういう風にお土産を持ってきてくださるお客さん、けっこういらっしゃいます。

大変ありがたいことに!


でもね、夫の旅行会社は、「安さが売り」なんです。

日本語対応は私がボランティアでやっていますが、専業じゃない分、対応が遅かったり、プロフェッショナルじゃない部分もあったりします。申し訳ないですけど。

子供の授乳中に、スマホでピコピコ返信してるくらいです。苦笑

「100%のサービスをお求めなら、すみませんが、他の旅行会社さんをご利用ください」って感じですよ。言わないけど。




それなのに!


「安さが売り」なのに、お土産買ってくれちゃったら、せっかく安かったのが帳消しになってしまうではないですか!!


良いんですか!?本当に??

(いや、お土産代を考慮しても、日系他社さんよりうちのほうが安いかもですが・・・)



もう本当に「アーナーデー」(ミャンマー語で、「申し訳ない」の意)です。

だいたい皆さん、タクシーの運転手にお土産をあずけるなどと「置き逃げ」をされるので、お返しをすることもできず、メールでお礼することしかできず。

・・・恐縮です。



でも、嬉しいのでありがたくいただいております。



そもそもは、家族や友人への近況報告用として始めたブログでしたが、予想外の新しい出会いや嬉しいことがたくさん!
改めて、「ブログやってて良かった~」と思った2017年のお正月でした。


20170103231612120.jpg

ママがブログ書けるように、早く寝てちょ!


クリックすると、ミャンマーブログをいろいろ見ることができます。
いろんなブログをのぞいて、ふっちーさんのコメントを探してみては!?

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事
ミンガラーバー

ハッピーニューイヤー!!

といっても、こちらはまだ2016年ですが。


今年のタウンジーの年越しについてです。

気球祭り会場で、カンボーザー主催のライブショーと気球大会が開催されているようです。
この年越しイベントは、去年も開催されていました。
毎年恒例になるみたいですね。
気球を見たい人は、タウンジーで年越しするのもアリかもですね。

あとは、タウンジーロイヤルホテルで、年越しDJイベントがあるらしい。
12,000ks。

どちらも子連れではいけないので、私はパスです。
寒いですしね。

まだ12時になっていないのですが、花火の音がたくさん聞こえます。
至近距離で打ち上げられた花火もあり、火薬がパラパラと降ってくる音が聞こえる。
子供起きちゃうよ!


今回、初めておせちを作りました。

20161231231915120.jpg

ジャーン!!

タウンジーでこれだけ作ったら、エライと思いません??


黒豆はないので、市場で売っている豆で。

ごまめもないので、お土産でいただいた、ちりめんジャコとくるみで。

栗を買ってきて甘露煮を作り、栗きんとんに。

ホットポット用のはんぺんみたいなやつを買って伊達巻に。

市場でエビ買って茹でて。

ブロッコリーの軸の味噌漬け。

鶏肉のしょうゆ漬け。

レンコンの甘酢漬け。

紅白なます。

重箱は100円均一(1800ks均一)。

手に入らない物もあったので、いろいろ代替しました。
なかなか頑張ったと思う!!


一日2~3品ずつ作りました。
レンコンがなかなか見つからず、あきらめかけていたところ、30日にやっと見つけました。

味はけっこう美味しいです。日本を思い出す味。
でも、ミャンマー人は好きじゃないだろうな。


最初はおせちを作る気はなかったのですが、市場で栗を発見したことがきっかけになりました。
栗きんとんが好きなので、「どうやって作るんかな~」とネットで調べているうちに、おせちのレシピも目に入り、意外と作れそうだったので作ることにしたのです。

いまどきは、ネットでレシピを検索できるので、助かりますね。


でも、こんなに頑張って作ったのに、夫は箸をつけない・・・。
チッチは食べ慣れない物は食べてくれない・・・。
ディディーはまだおっぱいオンリー・・・。

ということで、食べる人が私しかいないんですけど!!

いいもん!
ブログとフェイスブックに写真を載せて、皆から「いいね!」してもらうから!!



しかし、おせちを作ると調味料がめっちゃ減りますね。

酢やみりんや酒が残り少なくなってしまいました。

砂糖やしょうゆはタウンジーでも手に入りますが、みりんや酒はないです。
酢も変な酢しかないです。

次回仕入れなければ!



ということで、2017年もよろしくお願いします。


20161231232001482.jpg

あけおめクリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事
ミンガラーバー


先日、朝起きたら夫がいませんでした。

何も言わずに・・・。

早めにお店に行ったのかな?と思いましたが、お店にもいない様子。

携帯電話もお店に置いていってしまいました。

もちろん、お昼ご飯を食べに帰ってくることもなく・・・。

家出した!?




一体どこに行ったのか??

夜には帰ってくるのか??


と思っていたところに、We Chatでこんな写真が届きました。

洞窟探検
(注:左が夫)


そして、中国語でのメッセージ。

「今天去礦山開採的 山洞」



どっかの山の洞窟に行ったのか!?

中国語じゃなくて、ミャンマー語か英語で情報プリーズ!!!




まあ、とりあえず、帰ってきて良かった~。


「どこに行っていたの?」と聞くと、「ロンター村」との回答。

ロンター村といえば、我がTPAが小学校建設をした村です。
タウンジーから車で片道2時間くらいの距離。

ロンター村をちょっとすぎたところで、中国人が採掘している現場を見に行ったらしいです。
レアメタルかなんかだと思います。




実は、シャン州のこの辺は、鍾乳洞みたいな洞窟がいっぱいあります。

以前ブログで紹介したタンサングーもそうです。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-418.html

http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-487.html


タンサングーは観光客(参拝客)向けに整備されていますが、ぜんぜん整備されていない洞窟もたくさんあります。

夫が行った洞窟も、そんな感じだったらしい。


そんなんだったら、一緒に行きたかったのに!!

っていうか、行き先くらい告げてから行ってほしい・・・。

困った夫です。



夫はやっぱり、水木茂(ゲゲゲの鬼太郎作者)の漫画に出てきそうな顔だ!

同感なら、クリックお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




関連記事
ミンガラーバー

昨日はチッチの3歳の誕生日でした。

20161226145622168.jpg

お昼に、誕生日会兼クリスマスパーティーをしました。

20161226145809306.jpg

日曜日でしたが、子守りのアンティと娘も来てくれました。

20161226145606860.jpg

手作りのご飯。
ディディーが賢く寝てくれたので、間に合いました。

20161226145729736.jpg

くまのケーキは、KUDOSでオーダー。

せっかく料理を作ったけど、主役のチッチはおもちゃに夢中でご飯を食べず。
大人だけでご飯を食べました。


20161226145710853.jpg

アンティーのこの笑顔!!


ちっちはまだ、サンタクロースについて理解していない様子。
お誕生日についても、よく分かっていないっぽいです。

クリスマス生まれのせいか、誕生日とクリスマスが同じものだと思っているみたい。
クリスマスツリーを見ると「ハッピーバースデー」と言います。

20161226145643481.jpg


今年のサンタは風船をたくさんくれました。

朝起きたらたくさんの風船があってテンションが上がったチッチ。

「ぶーばうん、アミャージー!!」(風船いっぱい!)

「サンタさんがくれたんだよ」と私が言ったら「ママ!」と言われてしまいました。。。

まだサンタさんはわからないみたいです。


クリック応援よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村





関連記事
ミンガラーバー


ついに!

ついに!!

ついにですよ!!!


昨日、お義母さんがヤンゴンに帰っていきました。

やっと・・・。
長かった・・・。

8月末にタウンジーに来てから、4か月近く滞在していました。

2か月過ぎたころから険悪な雰囲気になることも、しばしばありました。



今年は2月くらいに2か月くらいいたし、4月には一緒に日本に2週間行ったし、その後出産のために4か月近くいましたから、2016年は半分くらいお義母さんと一緒に過ごした年でした。

・・・長すぎやろ!!



ヤフーの知恵袋で、「ヨメシュウトメ問題」について検索したところ(←病んでる)、

「産後の世話で2週間、お義母さんが来るのでどうしたらよいか?」みたいな質問があり、

回答者は「2週間は長いですね・・・」と軒並み回答していました。


2週間で長いらしいです。
日本人の感覚からしたら、そうですよね!

4か月もよく頑張った、私。



あ、ちなみに、夫家族に読まれたらマズイ内容は、ひらがな、またはカタカナ表記になります。
漢字で書くとバレますからね。

私の家族でやっているLINEも、デリケートワードは漢字禁止になっています。
(夫が勝手にLINE見てくるので)


お義母さんの爆裂話はまたおいおい書いていきます。
ディディー出産記も、構想はできているんだけど、まだ書けていないので。



昨日の夕方から自由を謳歌している私ですが、1月にまたお義母さんと再会することになります。

というのも、ヤンゴンで親戚の結婚式があるので、私がヤンゴンに行く予定なのです。

ディディーのパスポート申請もヤンゴンの日本大使館でやらないといけないので、ディディーも連れていきます。
(チッチは大変なのでお留守番)


実家に泊まることになるんだけど、できればヤンゴンで外食したいんです。

食べ飽きたお義母さんの手料理ではなく、
ヤンゴンの洒落た店で、美味しいものを食べたい!!!



すでに、6日のお昼はどこかのホテルのランチビュッフェに行くことに決まっています♪


1日5日の夜ごはんが空いているのですが、どなたか、相手してくれませんか??

ということで、オフ会のお誘いです。
(オフ会なのかどうか、よくわからんけど)


*****************************************

≪ヤンゴンで美味しいものを食べる会≫

日程:2017年1月5日

時間:夕方6時くらいから9時くらいまで

場所:ヤンゴンのどこかのレストラン

参加者:鈴木亜香里、ディディー、その他の方は未定

NG食材:豚肉(ムスリムなので)、酒(授乳中なので)
      私は食べたり飲んだりできませんが、同席の方は食べたり飲んだりしてもOKです。豚専門店じゃない限り、OK。

参加費用:実費

参加方法:akarisuzuki@gmail.comにメールください!

*****************************************


ということで、お暇な方は是非~!
オッサンでも大歓迎ですよ。怪しい人でなければ。

ヤンゴンのレストラン情報には全く詳しくないので、お勧めのお店も教えていただけると嬉しいです。
来られない人も、お勧め店があったらコメントで教えてください。

普段あまり食べられないものが良いので、ローカル系じゃないほうが嬉しいです~。


・・・って、誰も集まらなかったらムナシイんですけど!

でもね、誰も一緒に食べる人いなくても、「約束がある」と言って、ディディーと二人で外食するつもりですので、大丈夫!!

むなしくない!!!


ということで、ご参加お待ちしております♪


サンタ


クリック応援もよろしくお願いします♪


↓ ↓ ↓



にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ

にほんブログ村



関連記事

ミンガラーバー

ディディー出産編3回目の記事です。

出産編1回目、2回目はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-734.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-737.html


■スペシャルナースをつけられない

こちらの病院では自分専用のスペシャルナースをつけることができます。
半日で8000チャットなので、お金に余裕がある人はつけます。

スペシャルナースは、赤ちゃんのオムツをかえてくれたり、あやしてくれたり、おっぱいのケアをしてくれたりします。
チッチの出産の時は全日程スペシャルナースをつけました。

今回も帝王切開だったこともありスペシャルナースをつけようと思ってお願いしました。

ところが、ナースがいないとのこと!

スペシャルナースは、経験の浅い若い女の子が中心です。
プロのナースではなく、研修中であったり、大学に通っている最中で仕事をしている子達です。

私が入院している時期は、ちょうど研修期間に当たったみたいで、ナースの子達は研修出席のために休みを取っていました。
スペシャルナースどころか通常のナースですら足りないような時期でした。

帝王切開だったので最初の一日は優先してつけてもらうことができました。
でもその後は夜飲み2回つけてもらえただけでした。


スペシャルナースがいるから大丈夫とお母さんの宿泊を断っていたのに、このままだと宿泊されてしまう・・・。

案の定お義母さんは、「一度家に帰って風呂に入ってから戻ってくる」などと言い出しています。

「大丈夫!二人目だし自分でできる。お義母さんも疲れているんだから」と全力で説得したところ、泊まらずに済んでセーフでした。
お義母さんも疲れが溜まっていたみたいです。

実際、ディディーは良い子でよく寝たので、そこまで夜のお世話は大変ではなかったです。



■ナースを信用できない

今回の入院では、ナースの信用できなさが目につきました。


手術後1時間は常に点滴を入れられていたのですが、間違えたものを入れられたら怖いので、いちいち「これは何?」と点滴の種類を確かめるようにしていました。

ブドウ糖とか、抗生物質とかでしたが、確認の意味も込めて聞くように。


「点滴がなくなって空気が入ったら大変だ。死ぬぞ!!」

と、夫が脅かしてきて怖いです。

本当に死ぬのかな??と思ってナースに聞いたところ、「死なないけど、めっちゃ痛い」とのこと。


「一度空気が入ったら出せないのか?」と聞くと、

「出せない。だから、患者さんや付き添いの家族に、点滴がなくなりそうになったら呼んでね、と声をかけてるよ」とのこと。

・・・っていうか、今初めて聞いたんですけど。
声かけてもらえてないよ!


しかも、そのナース、点滴について話をした直後にどこかに消え、あやうく空気が入るところでした。
怖い!!

夫が「このナースは忘れそうだ。点滴がなくなりそうになるまで見張っていよう」と、病室で見張っていてくれたので助かりましたが。


ほかにも、一人のナースは赤ちゃんにめちゃくちゃ厚着をさせます。
すると、赤ちゃんの熱が37度以上に上がりました。

その後、別のナースが「こんなに厚着させてるから熱が上がるのよ」と言って薄着にしました。

・・・どっちやねん!


ミャンマーでは、ナースの質が本当に低いです。
今は病院がたくさんできてナース不足のため、大学に行けない子、就職がない子たちを集めてちょっとした研修をし、ナースとして採用しています。

ナースは普通の店番などの仕事と比べると給料が良いし、社会的イメージも良いのでやりたがる子がけっこういます。

ちょっとどんくさい系の若い子たちが多く、薬とか間違えないかかなり心配・・・。



■それでもナースの言葉に従うお義母さん

私や夫はナースをぜんぜん信用していなかったのですが、お義母さんは全力で信用していたみたいでした。

ディディーのおでこには、サーモンパッチという赤いあざがあります。
チッチにもありましたし、私にもあります。

サーモンパッチは日本では一般的かと思うのですが、ミャンマーでは珍しいらしく、「どうしたの?このアザ」とよく聞かれます。

お義母さんは私が何回も説明しても聞かず、ナースに質問していました。

そのときのナースの回答は
「帝王切開のときに、医者が頭をひっぱったから」

ってオイオイ!!!

ディディーは逆子だったので、足から引っ張りだしたはずなんです。

そして、普通分娩だった私やチッチにも同じアザがありますからね。

どう考えても、帝王切開のときについたアザじゃないんです。

なのにお義母さんもナースの言葉に納得していて、「もういい加減にしろ!!」と心の中で叫びましたね。


ほかに、「産後は何を食べてもよい」と私が何度も説明しても聞く耳を持たなかったお義母さんが、ナースに同じことを言われた瞬間、
「ホッラー!?(そうなの!?)」

と、前のめりで、初めて聞いたみたいな感じで驚いていました。

チッチの出産のときから、何百回も私が説明していたというのに!!!!!!!


まあ、ナースの発言のおかげで、今回は産後すぐからいろいろ食べさせてもらえたので良かったですけど。



ということで、「ミャンマーの病院もよいから大丈夫~」とミャンマーで出産した私でしたが、出産じゃなくて病気とかの手術の場合は、やっぱりミャンマー怖いかも・・・と思います。

おでこが赤いです。

私はv字、チッチはw字、ディディーはハート型!


クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

20161212104731871.jpg


昨日(12月11日)は、タウンジーミニマラソン大会でした。

うっかりエントリーしてしまったときの記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-738.html



朝4時半集合ということで、3時半に起きてご飯を食べ、集合場所に行きました。

前日は8時半には子供たちの寝かしつけに成功して布団に入ったものの、「寝坊したらどうしよう!」と不安で、何度も目が覚めて熟睡できず。
ディデイーが2時に起きて授乳したこともあり、あまり寝た気がしませんでした。

夜明け前の暗い中、スタート待機中。。。

4時半集合、5時スタートと聞いていたものの、5時をまわってから到着する人も多く、実際のスタートは5時半過ぎでした。

20161212105342008.jpg

大人の部は、200人くらい?
皆、スタートと同時に飛ばしまくり!!

・・・でも、1キロもいかないうちに歩いている人も続出でした。
ちょっと走っては歩き、またちょっと走っては歩き・・・の連続。

私はマイペースでゆっくり走りながらも、なるべく歩かない作戦!
前半の下りは6分45秒ペースで走りました。

途中の給水所で、スポンサーの100プラスのジュースが飲めました。
10か所くらいありました。
キンキンに冷えていて、なかなか飲めない!
こぼれる!!


タウンジーは山の上にある町なので、標高差がものすごいコースでした。
GPSで測ってみると、265メートルも標高差が!!

行きはずーっと下って、帰りはずーっと登り。
しかも、日本の「いろは坂」みたいなところが中盤にあって、死にそうでした。

下りはどんどんスピードが出て怖く、足に疲労が蓄積します。
そのあとすぐに、心臓破りの登り!!

もう、足が痛くてこの登りは歩きました。
走るの無理!

その後、ゆるやかな上り坂になっても足の筋肉が痛く、ヘロヘロのノロノロ状態でゴールまで行きました。


結果は・・・

20位以内には入れませんでした。(テヘっ!)

真ん中くらいだったと思います。

ゴールしても、タイムも順位もしらされず、参加賞をもらえただけだったので詳細不明です。


マラソンアプリの情報によると、
距離13キロ、1時間35分でした。

ハーフマラソンかと思いきや、たったの13キロだったというオチ!!

(ハーフかと思って、バナナとか飴とか準備していた自分が恥ずかしいぜ!しかもバナナ途中で落とした・・・)

20161212104109230.jpg

参加賞は、100プラスのサンバイザー、ジュース、おしぼりでした。

まあ、楽しく完走できたので良かったです(しんどかったけど)。



家に電話したら、子供たちが起きているというので、表彰式を見ずに帰りました。

子供の世話をして、風呂に入ったりしてから会場に戻ってみると、表彰式が始まったところでした。

チッチがぐずってあまり見れませんでしたが、気付いたのは人の少なさ・・・。
入賞した人と、関係者しか残っていませんでした。

20161212110120282.jpg


話はそれますが、ミャンマーって、表彰式とかに表彰される子供以外を呼ばない傾向がありますね。

以前、うちのNGOが奨学金を渡したとき、奨学金をもらえる子だけが出席して、あとは大人ばっかり。
他の生徒は不参加ということがありました。

他の生徒にも見せたほうが、表彰される子は嬉しいし、他の子のモチベーションアップにもつながるのに・・・。

式の体裁だけ気にするミャンマーって感じです。

20161212110333200.jpg

写真コーナー。
でも、チッチは撮りたがらず。

ちなみに、夫はマラソンのルールを知らなかったという驚愕の事実が発覚!!

「一番長い距離を走った人が勝ちか?」

だって。

いや、一番早い人が勝ちですから!!


夫はいろいろ物事を知っている人ですが、こういう意外なところを知らなかったりする・・・。
面白いですな。



完走おめでとうクリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

ヤンゴン在住の皆様に、イベントのお知らせです!
もう明後日なのですが、きっと楽しいので行ってみてください。

私の所属する地球市民の会もブースを出しています。

ここだけの話、NGOイベントのアイディアを出したのは私です(ドヤッ!)
プライムヒルさんの場所を借りて何かできないかと聞かれたときにアイディアを出しました。
その後、形にしていく段階では、出産のためにノータッチでしたが。

ということで、盛り上がると良いなと思っています。
ぜひ行ってみてください!!

20161209103226828.jpg  
チラシでは曜日が間違っていますが、11日(日)の開催です!

明日12月11日(日)に、プライムヒルビジネススクエアで「日本NGOの集い」が開催されます。

10時~15時までです。


現在、ミャンマーで活動している日本のNGOは20団体以上あります。
しかし、なかなか一般の方に向けて活動を紹介する場がなく、ご存じない方も多いのではないかと思います。

この度、プライムヒルビジネススクエア様の全面的なご協力の下、右記のとおり「日本NGOの集い」を開催させていただくことになりました。
今回は6団体の参加により活動紹介や物販を行います。


●参加団体及び内容(敬称略):

-難民を助ける会(AAR):活動紹介、ブックカバーなど手工芸品、雑貨の販売

-アジアクラフトリンク(ACL):活動紹介、バターナイフなど木工製品販売

-アジア麻薬、貧困撲滅協会(ADPEA):活動紹介、そば粉の販売

-ミャンマーファミリー・クリニックと菜園の会(MFCG):活動紹介

-オイスカ(OISCA):活動紹介、パン、クッキー、野菜、米の販売

-地球市民の会・グリーンヒル(TPA):活動紹介、卵、野菜、サラダなどの販売


●その他:11時よりプライムヒルビジネススクエアの内覧会があります。事務所をお探しの方、是非お越しください


※当日はプライムヒルビジネススクエア受付にて手続きを済ませ、 入場してください。
 会場以外の部分は立ち入り禁止になりますの で、ご注意ください。
※駐車場は一部開放していただきますが、たくさんの車は駐車で きませんのでご了承ください。

20161209103243222.jpg


クリック応援もよろしくお願いします。
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ にほんブログ村
関連記事
ミンガラーバー

夫の経営する旅行会社の宣伝を、このブログでも何度かしてきました。

特に、航空券とカックーパゴダ、ゴールデンロックツアーへのお問い合わせをたくさんいただいておりましたので、このたび、情報をまとめたチラシを作りました~。

ペライチというサイトで簡単に作れました。

よかったら見てみてください~
↓ ↓ ↓
https://peraichi.com/landing_pages/view/asianroyalstarjpn1

相変わらず文字数多い私・・・。


20161208154518408.jpg

ブルドーザーのミニカーの部品がちょび髭に!


いよいよ明後日がマラソン大会!
今朝の早朝ランニングは、8キロを1時間で走ったよ。

応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
ミンガラーバー

20161205165811428.jpg

関係ないけど、タウンジーカフェでの一枚。
店に入るなり、「ラペイェー(紅茶)」と言ってはしゃぐチッチ。
さては、アンティーとたまにこっそり飲みに来ているな!?



昨日のブログでマラソン大会のことを書きましたけど、スポーツの乾季である今月は、ウォーキングイベントも開催されています。

12月の土曜日はウォーキングディらしいです。
3日、10日、17日、24日がそうです。

タウンジーだけでなく、たぶん全国的に開催されていると思います。



12月3日(土)、マラソンのために早朝練習をしていたところ、ウォーキングイベントに遭遇したので、流れで参加してみました。

早朝5時半ごろに、ミョーマ市場よりスタート!

「早起きしろ!早起きしろ!早起きして運動しよう~♪」という運動ソングを流した車が先導し、皆が後ろを歩いていきます。

昼になると暑くて運動できないので、早朝なのですね。

20161205165726750.jpg

100人以上参加していたと思います。
中学生とか公務員とかが動員されてきていたっぽい。


たぶん3キロくらい歩いて終了。
ゴールはサッカー場でした。

サッカー場では、子供も大人も等間隔に並ばせられ、ミャンマーのラジオ体操的なやつをしました。
第二体操まであった。

日本のラジオ体操と全く同じ動きもいくつかありましたよ。
上半身を動かす運動が多かった印象。

20161205165741022.jpg

号令は「1,2,3,4,5,6,7,8」「8,7,6,5,4,3,2,1」でした。
逆から言うんですね~。


そして、おなじみ100プラスがジュースを配っていたので飲んで終了。

気軽に参加できる感じだったので、来週はチッチやディディーも連れて参加しようかなと思います。
(マラソン大会前日だから、トレーニングはやめてウォーキングで体力温存せねば!)

ジュースもらえるって言ったら、チッチは喜んで参加するでしょう。



なんだか急にアクティブな私。
まさにスポーツの乾季です。

応援クリックよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

日本では「スポーツの秋」と言いますが、ミャンマーでは「スポーツの乾季」です。
12月はスポーツイベントがいっぱい。

12月11日に、タウンジーで初めてのミニマラソン大会が開かれます。

20161205164649827.jpg

皆大好き、100プラスがスポンサー。
ポカリスエットみたいな味で美味しいです。

タウンジーの街中にこのポスターが貼り出されていました。
参加希望の人は登録を!と書いてあるので登録することに。


10キロとか5キロの部を走ってみようと思っていたのですが、なんとハーフしかない!とのこと。
子供は短い距離だそうですが、大人はハーフのみらしい・・・。

実は登録するにも、スポーツ省みたいな役所に行って、3か所をたらいまわしにされ、やっと手続きができたのです。
そのときに初めて距離を聞き、「ハーフはきつい」と思ったのですが、いまさらやめるわけにもいかず、登録してしまいました。


参加費は無料。
参加者はユニフォーム(番号付き)がもらえる。
20位以内に入ると賞金などもらえる。
制限時間は特になし。
距離はたぶん13マイル弱。
とのこと。

距離がテキトーな感じでしたし、スタート時間も大会10日前でまだ決まっていませんでした。
大丈夫か?



私は、高校のときは演劇部で毎日運動をしており、大学ではダンス部。
でも、もう10年以上経っています。

社会人になってからは、ほとんど運動していないし、そもそも産後2か月だし!
10キロも走ったことがないのに、ハーフなんて大丈夫か!?

しかも、1週間しか準備期間がありません。
(大会告知、遅すぎやろ~!)

ということで、3日前から早朝ランニングしています。
たぶん5キロくらいしか走れていないですが、筋肉痛で足がボロボロです・・・。



と、完走できるかどうか不安いっぱいなのですが、同時に20位以内の入賞も狙えるのではないか、とひそかに希望を持っています。

12月2日に登録に行った際、女子の登録者はまだ2名しかいなかったんです!!

大学生は大学経由で登録をするそうなので、実際に走る人数はもっと多いですが、ミャンマー人って運動ほとんどしないですからね。
私以上に体力ない人が多いに違いない!

しかも、自主的に参加ではなくて、大学の先生に言われて無理やり動員されてくるので、やる気もないはず!
(でも、大学生は若いからな・・・。若さで負けるかも。)


っていうか、そんなに体力ない人たちが住む町で、ハーフのみのマラソン大会ってどうなの!?
しかも、「ミニマラソン」ってタイトルがついていますが、絶対「ミニ」じゃないよ~。

そして、タウンジーは山の上の街なので、道がずーっと坂なんです。
ダラダラと下って、折り返し後はずーっとダラダラ登りが続く地獄コース!

リタイヤ続出が予想されますね。



今日はランニングシューズを買いました。
タウンジーでランニングシューズを買える店があって良かった!

今年はとりあえず完歩(完走ではなく)を目指し、来年に向けて頑張ろうかな・・・。



マラソン中はチッチとディディーはお留守番の予定。
乳搾っておかないと!

20161205164907749.jpg


クリック応援、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

最近気球のことばっかり書いていますね・・・。

ディディー出産記、まだ1回しか書いていませんでした。
全部で8回くらいになる予定です。

今日は2回目!

1回目はこちら。

ディディー出産記1「帝王切開編」
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-734.html


出産2-1

病院で激しく遊ぶチッチ。



本能的な恐怖を感じながらも、痛みは全くなく無事に終わった帝王切開。
でも、帝王切開はここからが大変なんです。


よく、マタニティ関係の本とかネットサイトとかで

「帝王切開は陣痛がないから楽でしょう」

「普通に産めなかったのか?」

などと他人から言われて傷ついた、という話を聞きます。


私なんかは、帝王切開のほうが100倍怖い!!と思っていたので、帝王切開で産んだ人には「よく決心したね、頑張ったね!」と思っていたのですが、世間には「帝王切開が楽」と思っている人もいるようです。

実際、私も「2人目のほうが帝王切開だから楽だったでしょ?」と聞かれました。

これ、NGワードですからね。

相手は日本人のおじさんだったので、「あー、この人わかんないんだろうな」と思って傷つきませんでしたが。


一人目は普通分娩、二人目は帝王切開で産みましたが、私は絶対に普通分娩のほうが楽で良い!と思います。
(安産だったというのもあると思いますが)

そりゃ、産む瞬間は帝王切開は麻酔されていますからね、痛くないですよ。

でも、手術が終わってからがシンドイんです・・・。



手術が終わってから6時間程度は麻酔が残っています。
少しずつビリビリが消えていく感じ。

「だんだん動けるようになってきたぞ!」と嬉しい気持ちになる一方で、傷口の痛みが少しずつ強くなってきます。

そして、冷房ガンガンの手術室に裸(というか、おなかの中まで切られて丸出し)でいたせいで、内臓が冷えて寒い!
他の人が半袖でいる室内で、厚い布団をかけて電気ストーブまでつけていました。

出産2-3

こんなに分厚い布団をかぶっていても寒い!



それだけではなく、後陣痛もきます。
子宮が収縮する痛みだそうですが、これが地味に痛い。

ま、でもチッチのときの陣痛に比べたらぜんぜんマシな痛みなので、後陣痛はそんなにつらくありませんでした。
むしろ、快感!?
(人によっては、本当の陣痛より後陣痛のほうが痛い人もいるらしいです。)

ディディーの陣痛を味わえなかった分、後陣痛で陣痛気分を味わいました。



一番嫌だったのが、管につながれていることでした。

点滴を手術後24時間しなくてはならず、腕には常に点滴の管がくっついています。
また、導尿も24時間しないといけませんでした。

麻酔が切れた後は、回復を早くするために寝返りをたくさんうてと言われるのですが、寝返ったときにこの2つの管が変なことにならないか心配で心配で・・・。

しかも、導尿のほうは、どこにどうつながっているのか、自分で見れなかったんです(起き上がれなかったため)。

後で見たら、床に置かれたアルパインのペットボトルに黄色いおしっこが溜まっていましたけど!
お見舞いに来た人に見られてて恥ずかしいわ!


チッチがお見舞いに来てくれたのは嬉しいのですが、この2つの管に引っかかって転んだら・・・と思うと、気が気ではありませんでした。

想像しただけで痛すぎる!!

チッチは若干赤ちゃん返りをしていて、やたらと甘えたがるんです。
病院に来て「やっとママと会えた!!」とテンションが上がるのか、普段よりも激しさ倍増!

「もう、お見舞いに来ないで!!!」と言ってしまうほどの恐怖でした。


出産2-2

こんな感じでテンション高すぎ!!



麻酔が切れると、おなかの傷が痛みます。

傷が痛いのもそうですが、動くときにおなかに力を入れられないのがさらにツライ!


手術後24時間たって、点滴と導尿が外れ、「イェーイ!着替えるぞ」と思ったのですが、立ち上がるのも激痛!

ズボンを引っ張りあげるのが本当に痛くてきつくて、「ウォー!!!」って、ドラゴンボールでダメージ受けまくっている悟空状態ですよ。

しかも、ドアのかぎを閉めてなかった(歩くのがきつくて閉めに行けなかった)ので、「この状態で誰か来たら恥ずかしすぎる!」というのもあって、死ぬ気でズボンを引っ張りあげました。
傷口裂けたかと思った・・・。


その後も、寝返りうつのも痛いし、起き上がるのもつらい。

入院の際、我がままを言って、自動リクライニング機能があるベッドに替えてもらったのですが、本当に正解でした。
ベッドに起こしてもらわないと、起き上がれません!!



授乳のときは、看護婦さんに赤ちゃんを持ってきてもらって、寝ころびながらの授乳です。
寝ころびながらだと、授乳のベストポジションを探るのが難しくてしんどかった・・・。

幸い、ディディーは吸うのがかなり上手だったので良かったですが、全く吸うのが下手くそなチッチみたいなのが産まれていたら、たぶん母乳あげるの無理だったと思います。

授乳のときは、左右の乳を5分交代であげないと、乳首が切れていたくなります。
でも、左右を代えるのはおなかが痛くてツライので、15分交代くらいにしていました。

そのせいで両方の乳首が切れて激痛!!
2週間くらいずーっと痛くて、それもしんどかった。


お腹の痛みどめの坐薬があったのですが、「痛みどめを使うのは負けだ!」みたいな思い込みが自分の中にあり、なかなか使えませんでした。
「我慢できるなら我慢したほうが良い」と看護婦さんにも言われたし。

傷口の痛みは「我慢できるか?」と聞かれたら、陣痛ほど痛いわけではないので、我慢できます。

でも、だんだんと痛さと、自由に動けない不満とでウツウツ、イライラしてきました。

そこで、坐薬を入れてもらったら、一気に痛みが軽くなりました。
変に我慢するのもよくないですね。


そんな感じで、帝王切開は産後が本当にツライです。
普通分娩だったら、会陰の傷が痛いくらいですもん(まあ、それもけっこう痛かったですけど)

陣痛はゴールが見える痛みですが、帝王切開の傷の痛みはゴールが見えないのでツライのです。



あと、10日くらい風呂に入れなかったのも地味に辛かったですね。

産後はホルモンの関係で、めっちゃ暑くなるんです。
いつも汗びっしょりで不快!!

日本だと、3日後くらいから、傷口に防水シールを貼ってシャワーを浴びてOKらしいですが、こっちには防水シールなんてないので・・・。

頭を洗いたくて仕方がなかったのですが、水のいらないシャンプーを日本から持ってきていたので、乗り切ることができました。



お腹の痛さは、日々マシになっていきましたが、それでも2週間程度は痛かったです。
産後1か月は、チッチのときよりも体力消耗した感じでした。
(年のせいもあるかも!?)

ということで、「帝王切開、楽だったでしょ!?」は言わないように、皆さまお気を付けくださいませ~。


続く!


クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
マイソンカー(シャン語でこんにちは)
ハッピーニューイヤー!

今日(11月29日)は新月。
シャン族のお正月でした。

今年はシャン年では2111年だそうです!

ということで、今日の昼間はタウンジーの大通りを通行止めにして、シャン族のパレード(というか、行進)が行われました。

20161129214552590.jpg

シャンの中で目を引くのがこちら。
皆がこの娘と写真をとりたがり、パレードがぜんぜん前に進みませんでした。

日差しが暑い中、大変だったろうに・・・。


20161129215003252.jpg

毛むくじゃらのやつも、暑い中お疲れさんです。


20161129215030666.jpg

シャンの政党のキャラクターは白いトラなので、トラのトラック!

20161129215127397.jpg

後ろのほうは、お御輿(僧院に寄付するものがくっついている)を持っているくらいで、あとは踊りながら歩いていました。




感心したのは、皆がゴミを出さないように気をつけていたことです。

暑い中のパレードなので、ジュースなどの差し入れがいたるところで行われるのですが、ジュースの空き容器をポイ捨てしている人を見かけませんでした。

これは、ポイ捨てが普通に行われているミャンマーでは、信じがたいことです!

ゴミ箱も設置されており、パレード後にはちゃんと回収をしていました。

シャンの指導者層はゴミ問題もきちんと考慮し、指導していたみたいですね。
さすが!



こういうパレードは、タウンジーではよくあります。
11月の満月の夜(前日の夜かも?)には、パオ族が灯篭を持って行進します。
とてもきれい!

20161129215745285.jpg

他にも、得度式のパレードとか、坊さんの試験合格パレードとか、いろいろあります。
我が家のように、小さい子供がいる家庭はいろいろ見学できて楽しいです。



シャン族といい、パオ族といい、指導者層がしっかりしているからこそできる祭りですね。

仕事柄、シャンやパオの指導者層の人に会うことがありますが、自分の民族の発展のために力いっぱい尽くしている方が多く、感動します。

全くのボランティア(お手当なし)で、毎日民族のために駆け回っているおっちゃんを見ると、「収入どうしているんだ?」とも思いますが・・・笑。
(そういう人は、だいたいビジネスがうまくいっていて、家族に任せられる状況になっている)

少数民族だからこそ、努力していかないと文化や言語などが消滅してしまう!という危機感があるみたいです。

少数民族が多い地域に住んでいると、いろんな民族の頑張りが見れて楽しいです。

20161129220415734.jpg


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

20161128233248729.jpg

チッチが持つこの旗。

ミャンマーの国旗ではありません。
(ミャンマーの国旗は、真ん中が☆)

これは、シャンの旗です。
今度の新月はシャンの新年。

ということで、現在タウンジーでは、シャンの新年祭で盛り上がっています。


シャンの新年祭は何をやるのか、と言いますと・・・

20161128233404236.jpg

気球祭り(ダザウンダイン)とほぼ一緒です!



11月の満月がダザウンダインで、
その次の新月がシャン新年です。


どちらの祭りも、タウンジーの気球広場で、気球のコンテストが行われます。
コンテストの優勝者には賞金が出るので、皆張り切っています。


20161128233638883.jpg

審査員のおっちゃんたち。
タイムも重要らしく、ストップウォッチで測っていました。


驚いたことに、本家のダザウンダイン気球祭りよりも、シャン祭のほうが、賞金額が大きいそうです。
たくさん気球を飛ばして盛り上がらせたいというシャン祭主催者の意向があるらしい。
賞金が高ければ、参加する人が増えますからね。

今日も30個以上の気球を見ることができました。(昼の部)
今日の夜の部は、11個の気球をあげる予定だそうです。



シャン新年祭は、毎年タウンジーで開催というわけではなく、タウンジー、ラショー、チャイントンという三大シャン都市の持ち回りで行われているそうです。
今年はタウンジーの番だというわけ。


このシャン祭り、全国的に知名度は低いです。

タウンジーに住んでいる人ですら、シャン族以外はスルーすることも多いです。

っていうか、私も今回初めて行きました。
今まで2回くらいタウンジーの番の年があったはずですが、一度も行ったことがありませんでした。


今回、フェイスブックに「シャン祭に行った」と投稿したら、「そんな祭りがあるとは知らなかった」というビルマ人の友達もいたくらいです。

ダザウンダイン気球祭りではミャンマー全土からの観光客や、外国人観光客が多いのですが、シャン祭を見に行く人はシャン州各地から集まってきたシャン族と、地元タウンジー民くらいです。
(しかも今年はラショー方面からはドンパチの影響で参加者が少ないらしい。)



これが何を意味するかというと・・・

たくさんの気球を、あまり混雑せずに見ることができる!

というわけです。


ダザウンダインの時期はホテルが2倍くらいに値上がりしますし、タクシー料金も高くなります。
渋滞もひどくて大変です。

でも、シャン祭ならホテルも別に混んでいないので値上がりもなし!
タクシー料金もいつも通りのお値段!
混雑がひどくないから、私のようにスリに遭う心配も減る!(過去記事参照)

そして、あがる気球の数は多いのです。
しかも、雨期明けからだいぶたつので、ダザウンダインよりも雨が降る確率がかなり下がります。


なので、この時期にタウンジーに来るのがオススメ!!
12月1日までは祭りをやっているそうなので、この期間にインレー湖やカックー観光に行く人は、ぜひお祭りを見ていってください。


次は3年後の2019年がタウンジーの番?
内戦とかあると、順番飛ばして別の街になったりするので、確実には言えませんが・・・。
(今年は、本当はラショーの番だったけど、ラショーがドンパチ中だったのでタウンジーになったという噂あり。真偽のほどは未確認)



ただ、見物客が少ない分、お店の数は少なく、観覧車やバイキングはありませんでした。
大企業のプロモーションブースもほとんどなし。
混雑して超盛り上がっている感を味わいたいなら、やっぱり本家のダザウンダインがオススメ。

20161129000504233.jpg

シャンの可愛いシールなども売っていました。



チッチはダザウンダインで気球を見たのがよっぽど印象に残っているらしく、

「シン パウトワビー」(象が破れた)
「フゲッカレー テットワビー」(小鳥があがった)
「ラインカーネ トワデー」(ラインカーで行った)

などと、気球祭りのことを話し出します。

一日に5回くらい!毎日!!

なので今日も連れていきました。
明後日も行こう!と、子守のアンティーは張り切っています。


20161129000216329.jpg

ディディーは今日、初めて気球を見たよ!(いつもは寝ていて見ていなかった)


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

今日はなかなか書けずにいた、出産編です。
気球祭りも終わったことだし、そろそろ書かないと忘れてしまうので・・・。



さて、第二子ディディーの誕生は、逆子のために予定帝王切開となりました。


9月14日の夕方から入院しました。

前日は特にすることもなく、下の毛を剃られたくらいです。
夜12時以降は何も食べないように、と言われました。

名前を考えたりしながら、10時半くらいには就寝。



帝王切開は9月15日の朝7時の予定だったのですが、他の人もやることになったからと、朝8時に変更になりました。

朝6時ごろから、点滴をうけて準備を進めます。
準備と言っても、点滴されたのと、赤ちゃんの服を用意した(服はナースに却下され、巻き巻きスタイルが採用された)のと、裸になって手術着を来たくらいです。
手術着、薄い・・・。


朝7時ごろには夫、お義母さん、チッチと子守のアンティーも病院に到着しました。
7時半には手術前室に入り、夫だけ付き添いを許可されました。



8時前になり、いよいよ手術室へ搬送されました。
いよいよ!というときに、夫はナースに「ビデオ撮って良いですか?」と聞いて、NGを出されていました。

「いや、手術じゃなくて赤ちゃんの処置の様子を撮りたいんだけど」(チッチのときは撮影できたのです)と、くい下がっていましたが、断られていました。

チッチのときも、私は陣痛の痛みでビデオのことなんて100パー忘れていたのに、夫がしっかり撮っていてくれて感心しましたが、
今回も意外とアグレッシブに攻めてくれて、感心。


video

前日にビデオの練習をする夫。




夫とも別れ、手術室へ。

冷房がガンガンにきいていて、全裸にガーゼみたいに薄い手術着一枚の私は寒い・・・。

寒いけど、緊張のためにやたら脇汗だけは出まくっています。



手術室に入ってからは展開がめちゃくちゃ早かったです。

「背中を丸めて!もっと!!」と言われて、あっという間に背中に麻酔を注射されました。
麻酔って痛そう!と思ってビビっていたのですが、普通の腕にする注射よりも痛くありませんでした。

注射が終わったら仰向けにされて、おしっこの管を入れられました。
これも、若干違和感があったけど、痛くなし。麻酔が効いていたのでしょう。

腕には自動で測られる血圧計、鼻には酸素をつけられました。
目隠しもされているし、胸から下はカーテンで隠されているので何も見えません。


次は足を伸ばされて、指で足をやたらとつつかれました。
そのとき、足のつつかれたところが電流を流したみたいにビリビリして、とっても不快な気分に。

足も伸ばされたんだと思うんだけど、自分の感覚的には足が折れ曲がっているような気がします。
カエルが解剖されるときみたいな足になっている感覚で気色悪い!

まっすぐに伸ばしたいと思っても、麻酔が効いているので動かすことができません。
でも、触られるとビリビリ(なにで触られていたのか、見えないからよくわからない)


初めての麻酔がとにかく気持ち悪くて、「手術中止してください!」と言おうか迷いました。

「今止めてもらわないとマズイことになりそうな気がする・・・」と本能が訴えかけてきています。


「そういえば、この病院で体重測ったことも聞かれたことも一度もない!麻酔って、体重で量を調節するもんじゃないのか?」と気づき、どんどん不安になってきます。



このまま、目覚めなかったらどうしよう・・・。

逆に、麻酔の量が少なくて、麻酔が効く前に切られちゃったらどうしよう・・・。


・・・これは、手術を中止してもらうしかない!!!




でも、手術中止を訴えようとしても、声も小さい蚊の鳴くような声しか出ません。

落ち着こうと思って腹式呼吸をしようと思っても、うまく腹式呼吸ができない!
(麻酔が効いているせいでお腹が動かなかったのだと思いますが、そのときはよくわからずに焦りました)

脳に酸素が不足して、不快感を訴えるビルマ語を思い出せない!!



っていうか、よく考えたら、今手術を中止したところでどうするんだ!

赤ちゃんはどんどん大きく育ってきているから早く出さなきゃだし、下から産めないし、日本に行くにも飛行機乗れないし・・・。



・・・もう、今産むしかない!

今中止してもらったところで、どうせもう一回帝王切開するしかないんだから、二回我慢するより一回ですませよう。


そう考えて、不快さと恐怖に耐えることにしました。



まな板の上のコイ

解剖台の上のカエル

手術台の上のアカリ



という言葉が頭の中で何度もリフレインします。



医師と助手たちは、何やら世間話のようなことを話していますが、酸素不足のせいか、よく聞き取れません。

なんか、「男の子」とか聞こえてきたので、チッチのことを「このジャパンの上の子は男の子だ」などと話しているのだな、と。

そのうち赤ちゃんの泣き声が遠くから聞こえてきたので、「別の手術室の赤ちゃん、産まれたんだね」と思いました。


ベッドがやたらとグラグラ揺れます。

なんの準備をしているのかわからないけど、先生たちの世間話は続いており、一向に手術が始まる気配がありません。



っていうか、麻酔は効いているのか?

効いてても感覚がわかると経験者は言っていたから、心の準備のためにも始まるタイミングを知りたい。。。


よし、さっきより酸素が落ち着いてきて声も出そうだから、聞いてみよう。



私「先生、いつから始めますか?」

先生「え、もう縫ってる最中なんだけど。さっき赤ちゃんの泣き声聞こえなかったの!?」

私「えっ!?」



なんと、さっき先生が言っていた「男の子」という声は、私の赤ちゃんが男の子だという意味だったらしい。

そして、赤ちゃんの泣き声は他の赤ちゃんではなくて、我が子の産声でした・・・。


まったく気づかなかった・・・。

ベッドがやたらとグラグラ揺れていたのは、先生が手術をしていたからだったみたい。



そうしているうちに、処置を終えた赤ちゃんがやってきました。

チッチに顔そっくり!っていうかおんなじ!!!

かわいい!!!!




チッチのときはできなかったのですが、嬉しいことに、今回はカンガルーケアをしてもらえました。

先生が「スキントゥースキンだから」と言ってナースに指示すると、ナースがちゃんと赤ちゃんをくるくる巻きから解放して、おっぱいに吸い付かせてくれました。


いちなり上手に吸い付くディディー!

そして「クシュン!」とくしゃみをしました。
(だって、冷房ガンガンの部屋で生まれたてのくせに裸にされているからね)


3分くらいスキントゥースキンしてもらった後は、ディディーはまたクルクル巻きにされて、手術室を出ていきました。


baby1

次回につづく・・・


クリック応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー


土曜日の夜に、またしても気球祭りに行ってきました。

水曜日の昼の部、金曜日の昼の部と行っていて、土曜日で三回目です。
どんだけ~!!

目的は、グエサウンから来たソウさんのファイヤーダンスを見ること。
詳しくはマイさんのブログ参照。
http://umecafe930.jugem.jp/?eid=321

土曜の夜で天気も良かったので、人がたくさんいることが予想されたため、チッチは留守番。
ディディーと私の2人のみで行きました。

20161114124052857.jpg

ファイヤーダンスをよく見るため、メガネ装着。


夕方6時に家を出てラインカーで会場へ。
ラインカーを降りてからも、20分以上歩かなくてはいけません。
けっこうな距離があるし、人が多いので歩きづらい・・・。

そうして、7時前にはファイヤーダンスがあるABCビールのブース前に着きました。
さっそくABCのブース内に入ろうとすると・・・。

20161114132310830.jpg


セキュリティーチェックにて「18歳以下は入れません!」と言われてしまいました・・・。

いや、事前に知っていたのでチッチを置いてきたのですが、まさか抱っこしているディディーまでアウトを喰らうとは!

「乳飲み子だから良いでしょ?ビール飲まないし」と言ったのですが、「中は酔っ払いが多く、揉みくちゃで踊っていて危ないので」とのこと。
たしかに危なそうだ・・・。

ということで、ファイヤーダンスを見に来たのに、まさかのブース内に入れないという事態になってしまったのでした。


来た意味なし!!







・・・って、そんな簡単にはへこたれませんよ。

セキュリティーの人に詳しく聞いてみると、ファイヤーダンスはこのセキュリティーブースの上でやる、とのこと!
ブースの外からでも見えるそうです。

ということで、ファイヤーダンスが始まるまで、ABCの横でキンドル片手に読書しながら待ちました。

20161114134840331.jpg

待っている間に、きれいな気球も見れてラッキー!!
花火に火がつくのが早すぎて、火花が飛んできてちょっと怖かった。


20161114130127631.jpg

8時にソウさんのファイヤーダンスがスタートしました。
良かった!外からでも良く見えます。
背中の刺青までしっかり見えました。

20161114134105447.jpg

でも、写真は下手くそ・・・。




ソウさんが踊りだして、まわりは大混雑。

ふと、なんかカバンが重いな・・・と思ったら、なんと乞食みたいなおばあさんが私のカバンを触っています。

「やばい!スリだ!!」

と思って、急いでカバンを自分のほうに引き寄せました。

カバンのジッパーはちゃんと閉まっていたので、「良かった・・・未遂だ」と安心。
ドキドキしたけど、「混雑時はスリに注意!」ってブログに書かなきゃな~、などと考えながら、ソウさんの踊りを見ました。


20161114132546992.jpg

ソウさんが踊り始めてすぐ、とてもきれいな気球が上がりました。
ブースの中からだったら、花火バックに踊るソウさんの写真が撮れたのに・・・。


ソウさんの踊りはすごく、火のついた棒を振り回したり、投げたり!
まわりの若者は、ムービーを撮影したり、ソウさんバックに自撮りしたりしていました。

火を吹くのはなかったけど、15分くらい見れて満足~。






さて、帰ろうかと思って、ラインカーに乗るために財布を出そうとしたところ・・・


「ない!ない!」


・・・財布がカバンの中に入っていませんでした。

スリ未遂かと思っていたら、実はやられていたんです。


スリのおばあさん、カバンのジッパーを開けて、財布を取り出し、またジッパーを閉めたんですね。

プロの仕事です・・・。



幸い、「重いから」と思って、普段使いの財布ではなく、CBバンクからもらった景品の財布にお金だけ持っていっていたので、カード類は一枚も入れておらずセーフでした。

普段の財布だったら「死」でしたね。


お金は25,000ksくらい入っていました。
もっと減らしておけばよかった・・・。

携帯電話は手に持って撮影していたのでセーフ、キンドルはカバンの中だったのですが、盗られずセーフでした。

20161114134502754.jpg

このカバン。
ジッパー小さくて開けづらいんだけどな・・・。




しかし、問題は帰りの交通費です。
ラインカーに乗るには、夜は500ks必要です。

その500ksがない!!!


夫に電話してバイクで迎えにきてもらうことにしましたが、交通規制でバイクが入ってこられないらしく、怒った夫は「歩いて帰ってこい!」と・・・。


気球祭り会場から家まで、4キロくらいあります。
赤ちゃん抱っこで歩くの、かなりしんどい距離です。




どうしようかと迷っていたら、知り合いに会いました。
事情を話すと、なんとお金を貸してくれました~。

あの混雑の中で知り合いに会えるとは、ラッキー!!!



でも、実はその人、誰だったかよく覚えてません・・・。

向こうから話しかけてきてくれたんです。
(私は人の顔覚えるの苦手。そして珍しいジャパンなので、相手はよく覚えている)


お金返したいんだけど、どこに返しに行ったら良いのかよくわかんない!


「どこに返しにいったら良い?」と遠回しに聞いたのですが、「ヤバデー(大丈夫)」と言って教えてくれなかった。

しかも、「500ksでいいです」と何度も言ったのに、5,000ksも貸してくれちゃって・・・。

「夫の店にお金取りにきてね」と言って、ありがたく借りました。



後でよく考えたら、同じマンションに住んでいる誰かだと思うんだけど、部屋番号もわからんし・・・。

っていうか、同じマンションなのに「どこに返しにいったら良い?」「夫の店にお金取りに来てね」とか発言している時点で、誰だかわかっていないことがバレている可能性大!

はずいゼ・・・。



はやくお金返してすっきりしたいです。

外に出るときは、会ったらすぐにお金返せるように、ポケットに5000ks常備です。


20161114134221220.jpg

ユニクロ風ダウン4,000ksをチッチにお土産に。
スリに遭う前に買っておいて良かった・・・。



さて、今回の敗因は、
・人ごみで人と接していても仕方がない場所にいたこと。
・子供を前に抱っこひもで抱っこしていたので、カバンを前に抱えられなかったこと。
・写真を撮っていたので、意識が携帯に集中していたこと。
・カバンのジッパーを開けてすぐの場所に財布を入れていたこと(カバンの奥底に入れるべき)
・ジッパーが閉まっていたので、すぐに確認しなかったこと(ただし、すぐその場で確認したとしても、あの婆さんは逃げていたと思う)
・連れなしで、一人(プラス乳飲み子)で祭りに行ったこと。

いろいろと学びました。
25,000ksは授業料と思いましょう。



こういうとき、ブログやっていると「書くネタできた!」と思えるので、若干救われますね。
でも、盗られたことに気付いた瞬間は、「そこまで体張ってブログネタ探さなくて良いよ、自分・・・」って思いました。


来年の祭りに行くときは、下着の中にお金入れていこう。(←出すときハズい)

みなさんも、くれぐれもスリにはご注意ください!!



「スリに会ってかわいそう・・・」クリックで励ましよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事

ミンガラーバー

今日は気球祭りに行ってきました。

子守りのアンティと、子供2人と私の合計4名です。

市場から出ているラインカーで。

大人一名300ks。子供は無料。

まずは遊園地ゾーンへ。

車の乗り物500ks。

後ろに写っているバイキングは、チッチが怖がって乗れず。

他にもローラーコースターや観覧車もあります。

午後1時頃から、昼の気球コンテストが始まります。

だいたい3時まで。

どんどん人が来て、動物の気球を飛ばします。

子供に人気のminions。

なぜか皆「バナナ」と呼んでいます、何で?

3つ同時飛ばしも成功!

無事に気球が上がると歓声とともに拍手が、失敗して燃えると残念そうな声がギャラリーからあがります。

いっぱい見て満足したので、ラインカーで帰りました。

家のすぐ前で停まってくれてラッキー。

ラインカー代と車の乗り物代で、1,700ksしか使いませんでした。

食べ物とか買うと高いけど、何も買わなかったので安くすみました。

去年は食堂に座って見学したのですが、チッチがじっとしてなくて大変でした。

チッチの面倒を見てくれた食堂の青年に、何故か電話番号を渡された覚えが、、、。

子持ちにナンパ!?

今年のチッチはとても良い子だったので、アンティが「金曜日も行こうよ」と乗り気です。

子供連れには昼の部がオススメ!

ソウさんのファイヤーダンスは、土曜日に行こうかな。

平日昼間は空いていましたが、土日は混みます。

関連記事

ミンガラーバー

フェイスブックにとてもキレイな写真がシェアされていました。

タウンジーの気球祭りがすごい!と私がブログで言いまくっても、いまいち伝わってませんでしたよね?

この写真を見れば伝わるはず!!

こんなに大きな気球です。

素材は和紙みたいな紙。

松明で熱い空気を気球の中に送り込みます。

気球には、仏教関係の絵が描かれます。

祭り会場には遊園地も設置されて盛り上がります。

昨日も今日も、風が町のほうに向かって吹いていたみたいで、家の窓から気球花火を見ることができました!

写真にはありませんが、花火もとってもキレイです。

関連記事
ミンガラーバー

今日からいよいよ、タウンジーの気球祭りが始まります。

昨日から、外国人の姿をよく見かけるようになりました。
気球祭りを見に来た人たちだと思われます。

20161106160434717.jpg

関係ないけど、おむつに大量にウンチをもらしてしまい、座れずにテレビを見ているチッチの写真。



気球祭りについては、毎年ブログで書いていますので、過去記事をご参照ください。

2015年タウンジー気球祭りQ&A
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-679.html

タウンジーの気球祭りが終了しました
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-618.html

【質問コーナー】タウンジーの気球祭り会場アクセス
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-612.html

タウンジーが一年で一番盛り上がる日
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-355.html

タウンジーのバルーン祭り(続き)
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-356.html

タウンジーの祭、バルーンフェスティバル
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-259.html



今日は開会式があるので、盛り上がりそうな予感です。

おととしくらいから開会式の盛り上がりがすごくて、かなりの人が見に行っています。
私も子供が小さくなかったら行きたいですが、すごい混雑なので行けません・・・。


去年はチッチを連れていったり、自分だけ行ったりしてエンジョイしたのですが、今年はディディーが小さいから無理かな・・・と思っています。

でも、「無理かな・・・」と思っているだけで、結局は行っちゃうかもしれません。

チッチと子守のアンティは8日か9日の昼に行くといっているので、私とディディーもついて行こうかな。

夜は人ごみや酔っ払いで危険ですが、昼はそんなに混まないので。
昼間に気を付けるべきことは、ホコリがいっぱいなことと、皆が気球を見て歩いたりバイクに乗ったりしているので、ぶつからないようにすることくらいです。

夫には行くなと言われそうなので、こっそり行こうと思います。


今年の気球祭りに参戦する方のために、交通規制マップを載せます。
会場は超渋滞で、普段なら車で10分もかからないところが、2時間抜け出せないとかザラです。

20161106160347885.jpg

気球祭りを見に来る方は、ダウンなどの防寒着をお持ちくださいね!
昼は日差しがあって暑いですが、夜は冷えます。

長時間、外で気球を見ていると、体の芯から冷えますので、「ダウンはいらんでしょ」と思わず、完全防寒をおすすめします。
なかったら、タウンジーでも買えますけどね(ダサいやつが)


祭り行ったら、また写真載せます〜。

今年は、あのファイヤーダンスも見られるとの情報を耳にしたので、探してみます。
(でも、昼はやってないかな・・・)



そうそう、イミダス連載、アップされています。
ブログ未掲載ネタのお義母さんの料理教室のことや、ビュッフェのことなど。

過去記事も全部無料で読めるようになったそうなので、ぜひお読みください!!
http://imidas.jp/column/L-71-017-16-10-G511.html


クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事

ミンガラーバー

夫がチッチのためにミニカーを買ってきました。

まさかのダース買い!!

問屋か!?

普通は1台だけ買うものじゃないの?

色も同じやつあるし。

でも、ミャンマーではけっこうこういう買い方してます。

おもちゃもお菓子も靴下もダース買い。

爆笑してたら夫に「1800ksで安かったから」と言われました。

おもちゃは安くてすぐ壊れるので、こちらでは消耗品扱いです。

スマホから更新だと上手く改行ができないので、小ネタです。

クリック応援よろしくお願いします!

 
 ↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
 

関連記事
2016.10.30 ハロウィン

ミンガラーバー

トリック オア トリート !!

(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)

チッチはディディーのトラ姿を見て、

「トラジ!!」(ミャンマーのトラクターみたいな乗り物のこと)

と叫んでいました。

ハロウィンですね。

ミャンマーでは、ハロウィンは全然盛り上がってません。

皆知らないっぽいです。

ヤンゴンだと盛り上がったりしてるんですかね?

タウンジーでは、仏教試験に受かった坊さんのパレードみたいなのが行われてました。

我が家のハロウィンはというと、、、

お菓子あげたのに、チッチにいたずらされました。

テレビによじ登ろうとして、倒れてきました。

仕方がないのでテレビは放置し、パゴダへ遊びに行きました。

ディディーのお宮参り!?

チッチはパゴダで軽く迷子になり、ジュースを飲んで帰りました。

スマホから初更新。

打ちにくいですね。

今日のブログは、ディディーのトラ姿を載せたかっただけですね。

関連記事
2016.10.29 類人猿顔の女
ミンガラーバー

突然ですが、「イェーヨン」てミャンマー語わかりますか?

「イェー」は水で、「ヨン」はウサギです。
でも、水ウサギが答えではないですよ。

これがわかったら、ミャンマー語かなり上級者!






兄弟

シンキングタイム!!









正解は

「ヘルペス」です。



ウサギとか関係ないやん!!





このたび、口唇ヘルペスにかかりました。

産後1か月たたないくらいから、チッチがセキをし始めたのを皮切りに、
チッチ→私→ディディーと風邪をひいてしまいました。

熱は出ず、鼻水とセキだけの風邪。
そんなにつらい症状もなく、子供たちは元気になりました。
1週間以上長引いたので、けっこうやっかいでしたが。
私だけ、セキがまだ少し残っている状態でした。


そのセキがまだ完治していないところに、いきなりヘルペスが出てきました。

最初はニキビの大きなやつみたいな感じで、「甘いものを食べすぎたかな?」と思ったくらいでした。

しかし、そのあとどんどん腫れてきて、唇は通常の2倍の大きさに!
左のほっぺのほうまで腫れて、横からみると類人猿みたいな醜い顔になってきました。

痛みもひどく、歯までズキズキ。
口をあけるのも痛くて、ご飯を普通のスプーンで食べることができず、赤ちゃんの離乳食用のスプーンでゆっくり食べなければならないくらいに!


「一体これは何だ?」とネットでいろいろ検索した結果、どうやらヘルペスだということがわかりました。
ヘルペスにしては症状がとてもひどく、「本当にヘルペス??」と不安だったのですが、大人の初感染は重症化しやすいと書いてあったので納得。

風邪で抵抗力が落ちていたところに、ヘルペスウィルスに感染してしまったようです。

そうとわかり、ヘルペス用の塗り薬を買って塗ったのですが、いっこうに良くならず。
むしろどんどん類人猿顔に拍車がかかっていくばかり・・・。
これは、病院に行かなくてはならない!!


イェーヨン2

こんな顔に・・・。
あまりにひどいので、誰だかわからないように目から上は切り取りました。

日曜日に発症し、月曜日に薬を塗り、火曜日に医者に行ってきました。
前回記事で書いた、産婦人科です。

帝王切開の傷チェックもそこそこに、ヘルペスの薬を処方してもらいました。
ヘルペスウィルスをやっつける薬、抗生物質、痛みどめのパラセタモール、ビタミンCとあと何かわからんやつ(胃薬?)。
授乳中でも飲める薬で良かった・・・。


薬を飲んでも、最初の2日くらいはぜんぜん良くならず。
痛みどめのパラセタモールが切れると熱が出てくるくらいです。

でも、3日目から良くなってきてホッとしています。

今は腫れも引いてきて、類人猿顔もなんとかおさまってきました。
ヘルペスの穴から、大量の膿が出てきてほっぺがへこんできました。


一時は、「一生このままだったらどうしよう・・・」と不安になっていました。
夫は私の顔が好みで結婚したそうなので、この類人猿顔では「離婚の危機!?」とまで思いつめるくらいに・・・。

だって、類人猿顔、めちゃくちゃブサイクだったんですよ。
自分で見るのも嫌になるくらいに。

でも、今は治まってきて、「普通に可愛いやん!」と思えるくらいになってきました(←ギャップのせい!)


イェーヨン

酷い顔。
ブログに何でも公開してきた私ですが、さすがに類人猿顔をフルでは掲載できない・・・。



お義母さんは、私が医者に診せた次の日に
「ちゃんと皮膚科の医者に診せたほうが良いのではないか?」
「薬は?注射してくれないのか?」(注射は超重症の場合のみ)
「便秘していると、発疹が出るんだ」(ヘルペスはウィルスなので、便秘関係ない)
などと、よくわかっていないのにいろいろ言ってきました。

そのころは傷みのピークで、話すのすら痛くてツライ時期です。

すると夫が
「なんでもかんでも薬を飲んだり、注射をしたりするのはミャンマーだけだ!」と反論してくれて助かりました~。



ということで、痛くてつらいヘルペス。
ミャンマー在住のみなさん、ヘルペスになったら薬屋さんに行って「イェーヨン」と言えば薬を買えますよ。
(「ヨン」は「ユン」と「ヨン」の間くらいの発音)

ちなみに、帯状発疱疹も同じく「イェーヨン」と言います。



クリック応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

ブログ書くぜ~と言いながら、さっそくなかなか書けずにおりました。

というのも、停電多くないですか??
タウンジーだけ?
ヤンゴンはどうでしょう?

最近、毎日のように、けっこう長時間停電しています。
私のパソコンはバッテリーが良くないので、コンセントからの電力供給がないとすぐにダウンしてしまいます。

ディディーもチッチも寝て、「よし、書くぞ!」と思ったら、電気がないことがしばしば。



さて、病院についてです。

9月20日に退院をしたのですが、その際に「一か月後の10月20日に診せに来るように」と医者に言われました。
ディディーは小児科に、私は産婦人科に診せにいかなければいけません。

20日に両方行くのは時間的に大変そうなので、19日にディディーを小児科に連れていき、20日に私が産婦人科に行くことにしました。



で、10月19日。
病院に行ったら先生がいなかった、ということにならないように、事前に病院に電話をしました。
電話で先生がいるかを確認し、整理番号7番をゲット。

指示されたとおり、13時に病院に行ったところ・・・
「今日は先生がインレーに行っているので、お昼の診察はなくなりました」と。

「もう、電話しておいたのに!!」と思いましたが、ここはミャンマー。
こんなのミャンマーあるあるです。

ヤンゴンだったら、渋滞の末に病院に着いて、先生がいないとなったら怒り狂うかもしれません。
でも、タウンジーは渋滞がないし、病院にも車で10分くらいで行けるので、平気です。

17時からの夜の診察には先生が戻ってくるとのことなので、整理番号3番をゲットして、一度家に戻りました。



で、17時にまた病院へ。
昼は夫に車で送ってもらいましたが、今度は徒歩で30分くらいかけて病院まで行きました。

すると、「先生は自分のクリニックの診察が終わってから病院に来るので、18時くらいになる」と言われました。
先生のクリニックの診察時間は17時~18時と書いてあります。

「だったら、最初から17時じゃなくて18時に呼べよ!」と思いつつも、医者が遅れるのはよくあること。
そんなことで怒る私ではありません。
伊達に6年もミャンマーに住んでないからね!

近くのスーパーで買い物をし、おなかがすいたので近くのカフェでハンバーガーを食べて時間をつぶしました。



18時に病院に戻って、カルテを受付に提出。
指示された場所に座って待っていました。

18時40分になっても先生は現れず・・・。
「まあ、よくあることだよね。キンドル持ってきておいてよかった」と、キンドルで読書をしながら待つ私。
その間、ずっと熟睡しているディディー。



でも、あまりに遅いので、「まだですか?」と聞いてみたところ、驚愕の事実が判明!!

医者が病院に電話をしてきて「患者はいるかい?」と聞いたそうなんです。
そこで病院のスタッフが「今日は先生の患者はいません」と答えたとのこと・・・。


いや、ここで待っとるがな!!!

もう2時間近く待ってるんですけど。

しかも、昼も空振り喰らってるし!



日本の病院スタッフなら、すぐに患者(私)に謝罪をして、先生を電話で呼ぶところです。
ところが、受付のスタッフと電話担当スタッフが責任のなすりつけ合いをして、ぜんぜん話が進みません。

15分くらい待ってもぜんぜん先生が来る気配がありません。


私もさすがに怒ってきて「で、先生は来るのか、来ないのか?」と聞きました。

すると「さっき、患者はいないって電話で言っちゃったんで・・・」との回答。


先生に怒られるのが怖くて、電話をかけられないようです。

まあ、これもミャンマーあるある。っていうか想定内。


「こっちは昼にも来たし、17時にも来たし、18時からずっと待っている。
 あんたが先生に電話する勇気がないなら、私が先生と直接話すから電話しろ!」

と言うと、やっと電話しに行きました。


「これで医者が来なかったら、スタッフの名前聞いて、病院のオーナーにチクってやる!」(病院オーナーとお義母さんは友達)
と考えながら待っていると、あと15分で先生が来ると言われ、チクるのはやめにしました。



先生が来た時点で19時半くらいです。
患者は私しかいないのに、2時間半待ちってどういうこっちゃ!

しかも、先生が診察したのはたったの3分。
ディディーに聴診器当てたくらいです。
1か月検診って、こんなものなの??

実は、チッチが風邪をひいて、それが私とディディーにもうつってしまい、ディディーはセキと鼻水が出ていました。
それについても医者に相談しましたが、「いつから?」「どんなセキ?」などと聞かれることもなく、薬を出されて終わりました。


会計をしてビックリ!!
たったの3分で6,500ksです(薬代は別に6,000ksかかった)
先生の診察代が5,000ks、病院へのサービスフィーが1,500ksとのこと!


何がサービスフィーやねん!!!

こんだけ待たせといて!!!



それから、遅くなったので車で迎えに来てもらおうと夫に電話しました。
その日は家の水タンクを取り替えており、夫は作業で忙しかったみたいなので、作業が終わらないなら歩いて帰ろうかと思っていました。
しかし、電話に出たお義母さんが「もうすぐ終わるから待ってなさい」と言うので待つことに。


しかし、待てども待てども迎えは来ない・・・。

しびれを切らしてもう一度電話をすると「まだ終わってない」とのこと。


「だったら電話してよね!」と思いつつ、歩いて帰りました。
たった3分の診察のために、しかも患者は私しかいないのに、けっきょく3時間以上かかりました・・・。



「ディディーは病院運が悪いね・・・」と思う私。
だって、産婦人科の先生も、臨月になってイギリスに行ってしまい、別の先生にかからないといけなくなってしまったくらいです。

参照記事
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-719.html




そして、翌日。
私の産婦人科へ行きました。

すると「今日から先生は出かけているので、いないよ」って。

病院運が悪いのは、どうやらディディーではなくて、私のようです・・・。

来週の月曜日には産婦人科の先生が戻ってくるらしいので、火曜日に行こうと思います。
また無駄足にならないと良いけど・・・。


dd

携帯からアップしたら写真デカッ!


ミャンマーでは、病院に行くのも1日がかり。
医者のお出かけ、旅行が多すぎて困る~!!

クリック応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事