このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
   
    

  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー


今日、見かけた変なもの。(バイクの足置きです)

20170618220852800.jpg

カオス!

ならでばグッズ
ディズニーシーならではの

って何やねん!


「ならでは」じゃなくて、「ならでば」って何?

ドラえもんがまともな顔をしているのに、ディズニーとか書いちゃっているのが惜しい。





さて、出産編4の超長文を書き終えた勢いに乗って、出産編5もいっちゃいます。

今日はサクッと、お義母さんも出てこないので、安心して読んでください~。


ディディー出産編1~4はこちら。(4は爆記事です)

http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-734.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-737.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-743.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-814.html



今回は「黄だん」についてです。


1)新生児黄疸とは

産まれて2日~3日くらいの時期に、赤ちゃんの肌が黄色くなることがあり、「新生児黄疸」と呼ぶそうです。

ちょっとくらい黄色くなることはよくあるみたいですが、黄色がひどいと、青い光線に当てて治療する必要があります。

(このへんは詳しくないので、詳しく知りたい人は「新生児黄疸」でググッてね)



日本だと、「黄疸計」というものがあり、どれくらい黄色いかを機器で測ることができるみたいですね。

でも、ミャンマーにはそんなものはありません。

どうやって黄色いかを判断するかというと、医者が目で見て判断します。





2)黄色い服はNG!

ディディー妊娠中に日本に帰国したとき、新生児用の服を日本で買いました。

こちらでは、新生児は布でまきまきするスタイルなので、新生児用の服がほとんど売っていないです。

なので日本で調達したわけですが、そのときはまだディディーの性別が判明する前でしたから、男の子でも女の子でも大丈夫なように、黄色の服を買いました。


この黄色の服を購入したのは、大失敗でした。

黄疸の判断をするとき、赤ちゃんが黄色い服を着ていると、よくわからないらしいです。

なので、病院で黄色い服を着せていると怒られます・・・。

チッチのときに聞いて知っていたはずなのに、ついウッカリしていました。





3)黄疸の診察

入院中は1日に2回、小児科の先生が診に来ます。

先生が来る前に、赤ちゃんの服を脱がせて待機しておきます。

先生は赤ちゃんを抱っこして、窓に近づいていき、日光で赤ちゃんのお尻の色をチェック!


所要時間、わずか20秒です。

熱の有無などを口頭で聞かれて、1分もしないうちに診察終了。

これで、1回5,000ks稼ぐんですから、お医者さんって儲かるな~と思います。





4)黄色くならない我が子たち

チッチのときも、ディディーのときも、うちの子はいっこうに黄色くなることがありませんでした。

医者や看護婦からも「この子はなんでこんなに黄色くならないんだ!?」と不思議がられるくらいです。


聞いてみると、タウンジーの病院で出産した赤ちゃんの90%くらいは黄色くなり、光線治療が行われるとのこと!

そんなに!?

と、ビックリしてしまいました。



赤ちゃんとお母さんの血液型が違ったり、お母さんがRH-だったりすると黄色くなりやすいらしいです。

うちは私も夫もRH+のA型なので、ならなかったのかな~?


あと、看護婦いわく、一人目の男の子はかなりの確率で黄色くなるそうです。

「チッチは一人目の男の子だけど黄色くならなかった」と言うと、「だったら二人目も黄色くなる確率は低い」とのこと。

関係あるのかな??





5)強欲な小児科医

出産後5日目(たしか)のこと。

産婦人科の医者は私の傷の具合を診て、「退院OK」と言いました。

あとは小児科の先生がOKを出せば、退院できます。


病院はお金がかかるし、食べ物を運んでくる家族の負担もかかるので、なるべく早く退院したいところです。

ディディーは一向に黄色くなる気配もなく、普通に考えたら退院できる感じだったのですが、小児科の先生の判断は「退院NO」


「明日黄色くなったら困るから」

というのが理由でしたが、絶対関係ないやろ~!!

生後5日目とかでいきなり黄色くなるとか、ないやろ!!


その場にいた、助手とか看護婦とかも全員「ないやろ~」って顔してましたからね。

コントかと思ったわ!



1日入院が伸びることで、先生は5,000ks×2回の診察代を稼げることになります。

たった1分の診察だけで!


「先生は10,000ksを稼ぎたかったからに違いない!!」と、私は確信しています。

でも、患者側は10,000ksだけでなく、個室料金とか光熱費とか、いろいろ余分にかかるから勘弁してほしい~!!



ディディーの先生は高圧的な男の先生で、質問もしづらいし、時間もかけてくれません(いつも1分!)

なるべく短時間ですませてお金を稼ごうとする魂胆が見える。


なので、産後1か月の検診の後は、チッチが診てもらっている女の先生に変えました。




オマケ)お義母さん発言

冒頭でお義母さんは登場しないと書きましたが、黄だん関係で思い出したことが1点。

チッチのとき、なかなかチッチが母乳を吸えなくて、大変苦労しました。


そのときの経緯は、こちらにめちゃ詳しく書いてます。

このブログで殿堂入り(何の?)している爆記事なので、まだ読んでない人は読んでみてね。

http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-548.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-549.html


で、チッチが母乳を吸うコツをつかめるように、同時期に出産した他のお母さんの乳を吸わせてみてはどうか、と看護婦から提案されました。

私は、チッチが私の乳よりも先に他人の乳を吸うのは嫌だったのですが、お義母さんは「そうしろ」と言って、チッチを連れて行ってしまいました。

結局、チッチは他人の乳も吸わずに寝てしまったから、それはまあ良いんですけど。


そこの赤ちゃんが、黄だんが出ているようで、光線治療を受けていました。

それを見たお義母さん、部屋に帰ってきてから

「あの人のおっぱいをチッチが吸わなくて良かった。黄だんがうつったら怖いからね」

って!!

黄だんはうつらんやろ~!!!

病気が気になるなら、最初から連れていくな(怒)



20170618220912726.jpg

黄色くならずに9ヶ月!

食べ物にも興味深々の元気なディディーです。





応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村






スポンサーサイト
関連記事
ミンガラーバー


ディディーが産まれてもはや9ヶ月が経ったのですが、実はディディー出産編を3までしか書いていませんでした。

本当は全8回予定で考えていたのに・・・。


出産編1回目、2回目、3回目はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-734.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-737.html
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-743.html


書くのを忘れていたのではなく、書けなかったんです。

第4回に書こうと思っていたことを、思い出すだけで怒り&とても嫌な気持ちになってしまって、今までなかなか書く気が起こらず・・・。

日本編やバリ編も終了し、ネタが不足してきたこともあり、ディディーが1歳になる前には出産編を書き終えておかないと忘れてしまうということもあり、今回書くことをやっと決意しました。



今回の話題は、「タメイン」です。

ミャンマーの民族衣装の巻きスカートのことで、「ロンジー」と呼ばれることも多いですが、女性用は「タメイン」と呼ばれています。(男用は「パソー」)


私の怒りを理解してもらうためには、ミャンマーでの「タメイン」の文化的位置づけを理解しておいてもらう必要があります。

(で、ここから先はシモの話になりますので、食事中の人とか、シモの話が苦手な人は読まないようにお願いします。けっこうグロいです)



タメインは、ずばり、「ケガレの象徴」です。

仏教的に、「女性の生理は汚い、穢れている」という考えがあります。

血が不浄だと考えられているらしい。

だから、生理がある女性は、男性よりも低く位置づけられていているんですね。

(女性は出家できないとかね。尼さんは戒律を守る人であって、出家者ではありません)



ミャンマーでは、「男性の上半身や頭が女性のタメインに触れると、その男性の徳が下がる」と、マジで信じられています。

(徳は貯めれば貯めるほど涅槃に近づくので、仏教徒は何度も輪廻転生を繰り返しながら、頑張って徳を貯めています)


なので、洗濯をするときも、男性のシャツなど上半身につけるものと、女性のタメインやズボン、パンツなど下半身につけるものは、別々に洗わなければなりません。

中には、女性のタメイン、スカート、ズボン、パンツは一切洗濯機に入れない(手洗いする)という家もあります。洗濯機が穢れたら困るから。


また、洗濯ものを干す時も、女性のタメインなどは目立たないところに干し、男性の頭上より高くならないように気をつけなければなりません。

女性のタメインが干してあるところの下を男性がくぐると、めっちゃ徳が下がるそうです。


うちは5階なので、ベランダに洗濯ものを干します。

もちろん私のスカートやズボンもそこしか干すところがないから干しますが、なるべく他の人から見えない位置に干して、「女性のタメインの下に男がいる」状態が見えないようにしなければなりません。



これは、ビルマ族だけではなく、他の少数民族もだいたい同じ感覚でいるようです。

うちの夫の家族は中国系で、しかも仏教徒ではなくてムスリムですが、同じ感覚のようです。


お義母さんは「男のシャツと女のタメインを一緒に洗うな!」と毎回言ってきます。

仏教徒ではないので「徳が下がる」とは考えないようで、「男性の金稼ぎ運が落ちる」的なことを言っていました。

(私は面倒くさいし、信じていないから、お義母さんがいないときは全部まとめて洗ってますけどね。でも夫の金稼ぎ運落ちてないよ!)



それだけ嫌われている女性のシモの血。

たしかに汚いですし、血液から移る病気もあるから、避けるべきなのは理解できます。




で、出産をすると、大量に血が出るわけです。

赤ちゃんはおなかの中で、血の海の中に浮いている状態から産まれてきますからね。

「羊水と言っているから、水なのかな?」と思っていましたけど、血ですよね。


男性とかあまり知らない人のために書きますけど、出産したすぐはめっちゃ大量に血がでます。

その後だんだん減っていきますが、1か月くらい血が出ます。



その大量の血を、どう処理するか。

日本だと、生理用ナプキンのめちゃ大きいサイズみたいなのが売っています。出産専用のやつ。

その出産専用ナプキンに血を吸わせて、捨てれば良いわけです。


ところが、ミャンマーには、出産専用ナプキンが売ってません。

皆どうしているかというと、使い古したタメインに血を吸収させるんです。



私はチッチの出産のときも、ディディーの出産のときも、日本から出産専用ナプキンを買ってきて準備しておきました。

チッチのときは、あまりに産まれるのが早すぎてパニックになり(陣痛来てから2時間!)、出産専用ナプキンを荷物の中から自分で出すことができず。

なので、最初はタメインを使うことになりました。



で、この大量の血を吸ったタメイン、どうすると思います??

捨てたら良いと思うのですが、物を捨てないミャンマー人は、捨てずにちゃんと洗うんです。


チッチのときの汚れたタメインは、お義母さんが病院から家に持ち帰り、お手伝いさんが洗ってくれました。

そのときのお手伝いさんは、今の子守のアンティーはまだいなくて、インド系ムスリムの人でした。

「タメインを洗ってあげたけど、他の人だったら絶対洗ってくれないと思うよ。私のボスにも、私がタメイン洗ったって言わないで」

と、お義母さんに言ったお手伝いさん。


「お手伝いさんにタメインを洗わせるのは非常識」ということを、暗に言われたということですね。



私は、汚れたタメインは捨てるものだと思っていたので、いつの間にか洗われていて驚きました。

誰だって、他人の血がついたタメインなんて洗いたくないし、むしろ病気とかうつったら危ないから、触ったらダメなレベル。


なので、「次回は日本式に出産専用ナプキンを使って、タメインは使わないぞ」と心に誓ったのでありました。





ところが・・・

ディディーは逆子のため、帝王切開になりました。

帝王切開では導尿をするので、最初の1日はパンツをはくことができず、看護婦さんからも出産専用ナプキンは使うなと言われてしまいました。

(今思えば、看護婦は出産専用ナプキンを見たことないから拒んだんだと思われる)


で、最初の1日はタメインを使用することに・・・。



さて、汚れたタメインをどうするか?


汚れたタメインは捨てたら良いんですよ。

だって、すでにチッチの出産のときに使用してちょっとシミが付いている、いらないタメインです。

とっておいても、3人目の出産のときに使えるかもしれないだけで、普段には絶対使わないし。

私、タメイン嫌いだからほとんど履かないし。

だから私は捨てる気でいました。



でも、お義母さんはタメインを捨てたくないのか(ケチ)、洗うことしか考えていません。

最初は「タメインを洗うために、村からお手伝いさんを呼んでくる」などと言い出していたくらい。


チッチの世話と掃除や洗濯は子守のアンティーがやってくれるし、食事はお義母さんが作るから、追加のお手伝いさんは絶対に必要ない!

むしろ家で寝る場所ないから、絶対にいらない!!

と、何度も主張して、追加のお手伝いさんは呼ばないことになったという経緯もありました。


そのときにいろいろ聞いてわかったのが、病院に洗濯をやってくれる人がいる、という事実です。

いくらかお金を渡せば、血のついたタメインでも洗ってくれる洗濯師がいるそうなのです。

だったらその洗濯師に頼めば良い!という結論に。



「自分のタメインなんだから、自分で洗えよ」と思われたかもしれません。

言い訳をすると、私が洗うことはできません。

なぜなら、中国系の人には、「出産後1カ月は水に触ってはいけない」という迷信があります。(産後に体を冷やすと、一生体を壊すという考え)

私が自分で洗うのは、絶対にお義母さんからの許可が出ません。

しかも、帝王切開後のおなかの痛みで、寝がえりすら痛い状態なので、手洗いなんて絶対無理。




捨てるか、洗濯師に依頼するか。


それで解決のはずだったんです。




・・・なのに、なのに!!



なぜかお義母さんは、汚れたタメインを家に持ち帰り、


子守のアンティーに洗わせたんです!!!





その日、アンティーは暗い雰囲気で病院に来ました。

お義母さんが席を外したときに「タメイン洗わされたんだけど。私の徳、下がっちゃったよ」と言いました。

なるべく触りたくなかったので、バケツに水とタメインを入れて足で踏み、洗濯機に放り込んだ、とのこと。



アンティーの徳が下がって、涅槃行きが遠ざかってしまった!
(と、アンティーは信じている)

申し訳なさすぎる・・・!


「捨ててって言ったのに!!本当にごめんね、アンティー」と謝りました。

普段は「大丈夫!」というアンティーも、このときばかりは何も答えてくれず。

本当に嫌だった様子。


「私が娘を産んだときは、退院後に自分でタメイン洗ったよ。自分で洗うものだよ」

と言われてしまいました。

(ビルマ系は、産後に水触ったらダメの縛りがない)



子守のアンティーは本当にチッチを可愛がってくれているし、長く続けてくれていて、アンティーは我が家に欠かせない存在です。

アンティーがいなかったら、私の仕事復帰もできません。

なので、アンティーが辞めないように、今まで頑張って関係を築いてきたのに・・・。


タメイン事件のせいで、アンティーが辞めちゃったらどうしよう・・・。




お義母さんも、アンティーが怒っているのはわかったようで、長々と言い訳をしていました。

「洗濯師がいるのは聞いていたけど、ぜんぜん洗濯物を取りに来てくれなかったから」うんぬん・・・。

(本当は洗濯師が洗濯物を取りに来てくれるのではなく、依頼側が持っていかないといけない。私は何度かそう伝えたのに、お義母さんは聞き流した)


アンティーが「徳が下がった」と言うと「そうなの!?ビルマ族にはそういう信仰があるのを知らなかった」と、のたまうお義母さん。

いや、自分だって「男ものと洗濯物分けろ!」っていつも言ってるじゃん!知ってたくせに。


チッチのときのお手伝いさんから「他人に洗わせるのは非常識だ」と暗に指摘されていたにも関わらず!




アンティーが帰ったあとは、「そんなに洗いたくなかったら、放置しておけば良かったのに」と言い出すお義母さん。

いや、言いつけられたら、アンティーもやらないわけにはいかないと思ったんでしょ!


「アンティーが適当に洗ったから、シミが取れていない」とか言ってくるし。


だから、捨てろや!!!




アンティーとお義母さんの間に挟まれて、身動きがとれない私。

(帝王切開後の痛みで、文字通り身動きがとれなかったし!)



私のタメインの件でもめられて、恥ずかしいし。

アンティーには、本当に申し訳ないし。

アンティーが辞めたらどうしようという不安でいっぱいだし。

汚れたタメインすら捨てたがらず、洗濯師へ払う少しのお金すらケチるお義母さんへの苛立ちもあるし。

めちゃくちゃ非常識なことをしていて、恥ずかしいし。

でも、お義母さんには産後の世話をしてもらっているという立場上、責めるわけにもいかないし。

自分が動ければ良いけど、ベッドから起き上がるのすら無理な状態だし。



もう、イライラして、不安で、どうしようもなくて、本当に嫌な気持ちになりました。

産後ウツになりそう!と思ったくらい。

いまだに、思い出すとすごい嫌な気持ちになる。




このタメイン事件と、帝王切開のときの麻酔の気持ち悪さを思い出すと、「もう一人産むのはちょっとな・・・」という気持ちになります。

マジでトラウマ。


でも、このときのタメインは、タンスの奥に保管してあります。

もし3人目になったら使わないといけないから。


そうなったら、次回は、絶対に、絶対に、絶対に、捨てる!!!!!!!



今日はグロい話でごめんなさい!

良かったら、応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村






関連記事
ミンガラーバー

今日でディディーは9ヶ月になりました。

MRの予防注射がありましたが、私が仕事に行っている間に、アンティーがディディーを連れて行ってくれました。

泣かなかったらしい!えらい!!

20170615214408439.jpg

寝るディディー。

顔が渡辺直美にちょっと似てる!?



さて、今日はミャンマー在住の方へお得なお知らせです。

なんと、ヤンゴン-日本の往復航空券が、たった365ドルで買えちゃいます!!


今週の土日(6月17日、18日)限定のスペシャルプライス。

キャセイパシフィック(香港経由)利用で、11月末までに乗るフライトです。

日本以外の行き先もあるよ。

↓ ↓ ↓

20170615214239656.jpg

とってもお得なプロモーションなので、11月末までに帰国の日が決まっている人は購入するのがオススメです。

私は10月末から11月頭に帰国する予定があるので、買っておきます~♪

普段はANA直行便ユーザーだけど、これだけ安いのは嬉しいし、羽田着も選べるのが嬉しいポイントです。


ただし、安売りチケットなので、たぶん日程変更とかはできないのでご注意!



土日に、スーレースクエアでエキスポみたいなのがあって、そこで販売するそうです。

ブースNo.5です。

希望の方は直接ブースにお越しいただくか、下記にご連絡ください。

※パスポート情報が必要になるので、パスポートかコピーなどをお持ちください。



ASIAN ROYAL STAR (エーシアンロイヤルスター)
ヤンゴンオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)

01-385125, 255851, 255852, 255891, 255892
09-4314-5746

asianroyalstar@gmail.com

私は土日は子供の世話でワタワタしているので、日本語対応できませんがご了承ください。




関係ないけど、最近は料理頑張ってます。

20170615214320997.jpg

エビマヨ!
オーシャンでエビを買って作りました。

初めて作ったけど、美味しかった☆


20170615214345983.jpg

翌日は、昨日のエビの頭からとったダシでホワイトソースを作り、ドリアにしました。

ホワイトソースも初めて作ったけど、意外と簡単にできた!

マンゴーはオーガニックのセインタロン、ベビーリーフは事務所のプランターで自分で育てたやつです。


20170615214331417.jpg

そして今日は、余ったホワイトソースを使って、クリームコロッケ!

昨日のドリア用ピラフで余った具を使って普通のコロッケも。

ナスはオーガニックの日本のナスです~。

コロッケの下にひいたサラダ菜もオーガニックだよ☆



エビは10尾で5,000ks以上して高かったけど、3日も楽しめたから良しとするかな。

オーシャンのエビは、ちゃんとしたトラックで運ばれているおかげか、市場より新鮮な気がします。

市場みたいに炎天下で売られてないしね!


ということで、タウンジーでエビを食べる頻度が増えそうな予感です。



クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村





関連記事
ミンガラーバー


今日はエイエイ先生とデートをしてきました☆

エイエイ先生は、タウンジーに住む日本人は皆お世話になっている素敵な先生です。

今はNGOで働いていますが、以前は学校の先生だったので、皆からエイエイ先生と呼ばれています。


先生の教え子には、あの大人気俳優のサイサイカンラインもいます。

サイサイからガドーされるとか、羨ましすぎる!!

(ガドーとは、先生や親などの目上の人に対して、感謝の気持ちを込めてプレゼントを贈ってお祈りすること)




10時半すぎに集合し、まずは写真屋さんへ。

先生の用事で写真屋に行ったのですが、なぜか「皆で一緒に写真を撮ろう!」ということになり、記念写真を撮影しました。

超普段着で、その場のノリで写真屋さんでの記念写真なんて、日本じゃなかなかできないですね。




それから、市場に行って軽いランチを食べました。

20170612000135752.jpg

ジャーン!!!


右上の麺は、チッチ用に他のお店から買ってきたものです。


20170612000147655.jpg

ンガータミンネー(魚のご飯)

これ、とても美味しくて大好き!
インダー料理ですね。(インダーとは、インレー湖に住む民族のこと)

ニンニクオイルや唐辛子オイルをかけて、ジューミッというネギとニンニクの混ざったような野菜(写真上)をつまみながら食べます。



20170612000207238.jpg

ヒントゥ
これもインダー料理。

米粉とネギなどを、バナナの皮に入れて蒸したもの。
これもめちゃウマ。

たまに「ヒントーーゥ!!」と大声で叫びながら売り歩いているオジサンが事務所の前を通過するので、おなかがすいたときは買って食べます。




ヤンゴンや日本からお客さんが来ると「シャン料理を食べたい」とよく言われますが、あんまりシャン料理ってパッとしないんです。

中華料理とほとんど一緒じゃん!って感じで、お肉と高菜の炒め物とか、茎レタスのサラダくらいしか変わったものがなくて。


でも、このンガータミンネーとヒントゥは、ヤンゴンでもあんまり食べられないんじゃないでしょうか?

珍しい感じがするし、美味しいから、次回からここのお店に連れてこよう!

20170612000238843.jpg


ウーサンというお店です。

市場の、ミャッショッピングセンターの下にあります。

その辺に行って、「ウーサンに行きたい」とか言えば、たぶん辿りつけるはず。



私たちが食べたものの他にも、ガペーヂョー(魚のすり身のあげもの)が美味しいそうです。

インモヒンガー(インレーのモヒンガー、トマト入り)もあるよ。


ウェッタチン(豚のご飯)も、食べている人がたくさんいました。

豚食べられる人はぜひ食べてみて!





それからオーシャンに行ってちょっと買い物をし、シーズンズでケーキ☆

20170612000123607.jpg

チッチが食べているのは、ドリアンケーキです。

ドリアンとうまくいえず、「ゴリラ!ゴリラ!」と叫んでいます。


私が頼んだチョコケーキは、ドリアンケーキの隣に陳列されていたせいか、ドリアンのにおいが移っていました・・・。


20170612000221087.jpg

先生ありがとう!美味しかったです~。




20170612000103984.jpg

ウーサンでガページョー(魚のすり身揚げ)を買ってきたので、夜はパスタを作って食べました。

ベーコンのかわりに、ガページョーが入ってます。

美味しかった~。






ローカルさんの今日のブログ、涙が出るほど面白かったから、ぜひ読んでみて!

<絶対に笑ってはいけない「写真で学ぶ日本語」24時>

という記事です~。

にほんブログ村のバナーをぽちっと押して、ローカルさんのブログを見に行ってみてね!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村






関連記事
ミンガラーバー


前回のブログで、チッチが「○○でしゅ」と、丁寧語を話し出したと書きました。

日本語だけでなく、ミャンマー語も丁寧語を覚えたようで、「イェータウチンデー、ビャッ」(水をのみたいです)などと言うようになってきました。



「ビャッ」を語尾につけるのが、男性が使う丁寧語です。

本当は「カミャ」なのですが、シャンでは「ビャッ」が一般的。

ヤンゴンに住んでいる人からすると、田舎くさく聞こえるらしい。

「水、のみたいッス」的な感じ??



さて、今日はタウンジーにあるオシャレなカフェの紹介です。

20170610230025496.jpg

Coffee Culture


まだ一年たってないくらいの新しいお店です。

前はここにヤンゴンにもあるチェーンのカフェ(名前忘れた)が入っていたのですが、撤退してCoffee Cultureが入りました。

ちなみに、となりにあるCandy Cake(黄色い枠の店)は、安くてなかなか美味しいパン屋さん。



20170610230054982.jpg

店内はなかなかオシャレなつくりです。


Coffee Cultureという名前のとおり、コーヒーは「illy」のものを使っているようです。

まあまあ美味しい。悪くない感じです。

ちゃんと「砂糖抜き」とか言わないと、甘いコーヒーが出てくるので注意ですが。

20170610230115658.jpg


ただ、残念なのは、ケーキが全く美味しくないこと!

パンやケーキがリーズナブルな値段で並んでいるのですが、どれを食べてもイマイチ・・・。

あの甘いもの好きのチッチですら、半分残しました。

20170610230136834.jpg

このときはおなかがすいたので、私はカルボナーラをセレクト。

3,000ksと激安!

味は、値段の割には悪くなかったです。

量が少なめだったので、おやつにちょうど良いと思いました。



なぜかピンク色の炭酸ジュースをオマケでもらいましたが、パスタにも合わないし、「なんで?」という感じ。

ジュースくれるなら、チッチ用にわざわざジュース頼まなくても良かったのに!

先に言って欲しかった。

20170610230200279.jpg

ということで、ジュースが2つになってしまい、こんなことに。



コーヒーを飲んで、まずいケーキも怖いもの見たさに食べてみたい方は、どうぞ。

それか、隣の店でパンを買って、Coffee Cultureに持ち込んで食べる(笑)




こういう店があると、シーズンズのコスパは素晴らしいと思う!

クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村





関連記事