このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
    
  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。
でも、これが産まれる前の最後の更新になると思います。


さて、前々回に書いたように、逆子で困っています。

月曜日に検診に行きましたが、やっぱりまだ逆子・・・。
先生がひっくり返そうとしてくれましたが、ベビーは頑固で動きませんでした。


また、超音波によると、頭がかなりでかい、体格もかなりでかい、とのこと。
頭は9.8cmあり、体重もすでに3400gは超えている、と言われました。

チッチが産まれたときは2700gだったのに!!


逆子でも、経膣分娩したいと考えていましたが、
「頭がでかすぎるので、骨盤に引っかかって出なくなったら大変である」と医師に言われました。

まず尻が出て、足や肩が出るまでは良いのですが、その後、頭を5分以内に出さないと大変である。
7分になると仮死状態になったり、障害が残ったりする可能性が高い、とのことです。
へその緒が出てしまった後に頭だけ残るので、酸素がいかなくなるからです。

うーん、普通に逆子だけだったら産めると思っていましたが、さすがに約10cmのでかい頭を5分以内に出すことは無理かも・・・。
しかも、私は身長が低いので、たぶん骨盤もそんなに大きくはないだろうし・・・。

ということで、帝王切開をすることにしました。

13日はムスリムの祭りのため、14日の午後から入院し、15日の朝に手術をすることになりました。


決めるまでは「絶対嫌~!!!」とビビっていたのですが、決めてしまったら、「もう仕方がないか」と思うようになってきました。
こっちの先生は帝王切開の数もこなしていて慣れているので、まあ大丈夫だと思うことにしました。

周りにも、帝王切開経験者がとても多く(町に住んでいるお母さんの約半数は帝王切開だと思われる)、「痛くないよ」と皆が励ましてくれます。

というか、「そんなに大変じゃないのに、なにをびびっているのか?」くらいの反応をされるので、びびっているのがバカらしくも感じられます。



そんな今、目下の心配事は2点です。

・お義母さんが「手術当日は病院に泊まる」と張り切りだしている

・術後にいきなり油っこい食べ物を食べさせられそうである

という2点です。


前回、お義母さんは「(嫁に任せておいて)孫が死んだら困る」という、私に対してとても失礼な理由で、毎日病院に泊まり込みでした。
お義母さんが泊まったところで、赤ちゃんに授乳するのは私だし、おむつ替えはスペシャルナースがやってくれるので、ぜんぜん意味がないのに・・・。

今回も「泊まる」と言い出して、自分が病院で使う用の布団カバーを洗濯しようとしていました。
なので、「泊まらなくていいから!!!お義母さん疲れるし、家でチッチと寝てて」と厳しい調子で釘を刺していますが、まだ安心はできない・・・。

結局、布団カバーは洗濯されていたし・・・。



そして、食べ物のこと。

ネットで帝王切開を調べてみると、手術当日は水やお茶のみ、2日目におかゆ、3日目から普通の食事というのが、日本では一般的なようです。

でも、こちらでは、すぐに普通の食事をとるようになるとか・・・(経験者にヒアリングした結果)。

消化に悪そう!!

そうなると、たまご、たまご、たまご、鶏のスープ、白菜、ご飯の塩辛い、油っこいご飯になることが予想されます。
(こちらでは病院が食事を出してくれず、家族が食事の用意をする)

「手術当日の昼ごはんを作らないといけない」と、すでに張り切っていたし・・・。
「いや、昼はまだ麻酔聞いてるから食べられない」と言ったのですが、お義母さんは人の話を基本的に聞いていないからな。

夫は「ちゃんとお粥にするように言ってあげるから」と言ってくれたので、夫に頼ることにします。
(帝王切開になって私がびびっているので、夫はけっこう優しくしてくれる)



ということで、1か月くらいブログお休みすると思います。
(産後は目を酷使してはいけないため、我が家ではPC禁止になる)

航空券手配関係のご連絡は、夫までよろしくお願いします。

Aung Moe Myint(アウンモーミン)
ammleemyanmar@gmail.com

英語、ビルマ語、中国語可。



出産応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。


今日はムスリムのお祭りの日です。犠牲祭。
牛を殺して、肉を貧しい人や親戚や友達にあげる祭です。

パンデー(中国ムスリム)の我が家。
私や夫はぜんぜん盛り上がっていませんが、お義母さんが一人でテンション高いです。



犠牲祭では、牛を自分で捌いて貧しい人に配るのが本式のようです。

しかし、なかなか大変なので、かなり熱心な家しかやらないようです。
(夫の店の大家さんは熱心なので、毎年やっている)


で、変わりによく取られる方法が、モスクに委託するという方法です。

牛1頭を7口に分け、1口130,000ksで権利を買うことができます。
お義母さんは2口やったので、260,000ksを払いました。

モスクにそのお金を払うと、モスクが牛を捌いて、お金を出した人の名前で貧しい人にもっていってくれます。
お金を出した人にも、肉を少しくれるそうです。

お義母さんがやったのが最後に残った2口だったようで、「早く予約しないと枠がなくなる!!」と、先日は朝からパンデー代表に大きな声で電話したりして、大変でした。

無事に寄付ができたようで、お義母さんは満足している様子。



ということで、牛を捌くことは実際にはあまりやりません。
実際にやることといえば、各家庭が麺料理やおやつを作って、いろんな人に振舞うことです。

中学生のときに、バレンタインデーの義理チョコをクラス中の女子が大量に作って、お互いにあげあいっこしていたみたいな感じです。
女子中学生ではなく、パンデーのおばちゃんたちが、ワイワイといろいろやっている感じ。



作る料理が皆同じような感じだから、私的にはぜんぜん楽しくないです。

各家庭が、5家族分くらいの分量をドーンと作って、お互いに交換しあうので、一日に何度も麺料理とお菓子を食べないといけないのが苦痛。

お菓子はココナッツのゼリーとか、サマイン(ココナッツミルクの甘ったるい汁の中に小麦の麺が入っている)とか、だいたいワンパターン。
サマイン、超嫌いです。

味の素を大量に入れていたり、塩辛かったり、なんとなく衛生的でないものもたくさんもらうので、食べたくないです。

「前に人からもらったサマインを一口食べたら、めっちゃゴキブリの匂いがした」と、夫が言っていました。
怖い!!


お義母さんだって、サマインを盛大に焦がしていたし。
焦げ臭いココナッツミルク汁を、人に配り歩いているってどうなの!?
(しかし、配らなかったら配らなかったで、10合炊き炊飯器よりでかい鍋いっぱいに作っているので、自家消費したら糖尿病になって死ぬレベル)



私は毎年、クレープとかクッキーとか、蒸しパンのような、誰ともかぶらないお菓子を作っていました。
親戚から麺とお菓子をもらったら、お返しにちょっとあげられるように。
(自分からは積極的には配らない方針)


しかし、今年はお義母さんがいます。
「疲れるからやめたら?」と言ったところで聞く耳をもつお義母さんではありません。

昨日の夜は遅くまで、そして今朝は夜明けとともに、大量の春雨ヌードルとココナッツゼリーとサマインを作っていました。
そして、午前中から、近所の人や親戚、友達に配り歩いています。

・・・よくやるわ。

身重の私は、ウズラの卵の殻むき(30個)を手伝っただけで、あとは知らんふりして寝ました。


お義母さんの夜中の料理を手伝うと、寒い夜に水を触るせいか、かなりの確率で風邪をひくのでね。

出産前に風邪を引くわけにはいかない、と、言い訳をして寝ました。


クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ~。

でも、だいぶおなかが重たくなってきて、あまり何もできなくなってきました。
昼寝も必須。



前回のブログで、めちゃくちゃイライラしていることを書きました。

そのブログを書いた夜のこと。
お腹が痛くなってきて、軽い陣痛みたいになりました。

「すわ!産まれるか!!」

と思い、お腹がちょっと痛いのを我慢して、まだパッキングしていない物をいくつか集めて入院準備を完成させました。

本当は、おなかが張ったら休んだほうが良いのに、休めずにバタバタ。

1時間くらいおなかが張っていたのですが、寝たら治ったのでホッとしていました。



翌日(土曜日)、新しい先生のところに検診に行きました。

先生は男の先生で、とても優しい感じ。
血液検査や尿検査もちゃんとやってくれました。(今まで主治医が検査してくれなかったのはなぜ??)

三人目も、この先生にお願いしたいと早くも考えてしまうくらいの勢いです。




しかし、大問題が!!!!

なんと、このタイミングでベビーが逆子だということが判明しました。


チッチは逆子でかなり苦しんだのですが、今回のベビーは最初からちゃんと頭を下にしていました。
つわりも軽く、出血などもなく、おなかが張ることも少なくて、とっても良い子だと思っていたんです。

なのに、まさかの37週での逆子判明!!!

おそらく、前夜のイライラしてお腹が痛くなったときに、逆子になってしまったのだと思います。



チッチの36週で逆子が治ったのですら、奇跡的なことでした。
主治医からいつも「36週で治って本当に良かった、すごい」と、いまだに感心されているくらいです。

チッチの逆子のときのブログはこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-532.html


なのに、37週で逆子になり、現在38週で直そうと頑張っているなんて・・・。
かなり可能性は低いですが、頑張っています。


お腹や足を温めたり、寝たり、「頭を下にしようね」と話しかけたり。

逆子診断された2日くらいは、頭の位置が明らかに上にあるのがわかったのですが、今は頭の位置がよくわからないので、もしかしたら逆子が治っているのかも!?

という希望を抱きつつも、ぬか喜びだったら悲しすぎる!!

とにかく、体を冷やさないことを優先しています。



帝王切開、怖いよ~!!!

たまごクラブやネットの情報などでは、

・帝王切開後はけっこう痛い

・おしっこのパイプを入れる

・縦切りと横切りがある

・血栓ができないように、手術前にきついストッキングをはく

などと書いてありますが、ミャンマーはどうなんでしょう??


帝王切開経験者に聞いてみたところ「ぜんぜん痛くない」「全身麻酔」「おしっこの管入れなかった」などと、よくわからない答えが返ってきます。
ストッキングとかもなさそう。

本当に痛くないんだろうか??


手術なんてしたことないから怖い~!!!!




「逆子の場合、お尻から出る体勢であれば普通に産める場合もあるが、足から出そうな場合は帝王切開になることが多い」
と、たまごクラブにありましたが、こちらでは逆子と言われるだけで、体勢については何も言われませんでした。

医者は「赤ちゃんの安全のためには、帝王切開が良い」と言います。

でも、夫いわく「先生は時間を取られたくないんだから、早く終わる帝王切開をやらせたいのは当たり前だ」と言います。


判断に迷う~!!!!

帝王切開なら、日本とかヤンゴンとかのほうが良いかもしれないけど、もうすでに国内線には乗れないし。

なんとか逆子が治ってくれることを祈るほかありません。



ま、たぶん治りますね。
夫がそう言っているし、私も治るような気がします(言い聞かせ)。

チッチの出産のとき、とても痛くて大変でしたが、人生で一番エキサイティングな瞬間だったので、またそれを味わいたいです。



逆子治るように、お祈りクリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。


イミダス更新されました。

ちょっとやばいタウンジーネタ。
ブログ未公開ネタです。
期間限定で公開中ですので、お早目にどうぞ~。
http://imidas.jp/column/L-71-015-16-08-G511.html



連載「亜香里のミャンマー嫁入り日記」
ヤウッカマー、怪しい日本人にハマる!
~子連れ・ババ連れ帰国旅行2
鈴木亜香里(地球市民の会ミャンマー駐在員)

 ミンガラーバー! こんにちは! 中国系ミャンマー人と結婚して4年、夫と長男と3人でタウンジーという街に住んでいる鈴木亜香里です。タイトルの「ヤウッカマー」はミャンマー語で義母、姑という意味。この春、義母と長男を連れて一時帰国したときの、義母の爆裂ぶりを暴露する今回のシリーズ、なんと2回目も出国前のエピソード(笑)。義母がとんでもないものにハマってしまい……!

全文はこちら!
http://imidas.shueisha.co.jp/column/detail.html…
このコラムは、スマホ版イミダスで9/8まで全文無料公開!




8月31日には、お義母さんがついにタウンジー入りしました。

夫から知らされたのは、30日の夜。
「明日、お義母さん来るから」って、どうしていつもギリギリ告知なの!?

ま、別にいつ来てもらっても良いんですけどね。



お義母さんは相変わらずです。


食べきれないほどの大量の食べ物をヤンゴンから持ってきたり、せっせとご飯を作ったり。


おばちゃんたちとの集会に出かけたり、家を訪問したり。


必要もない赤ちゃん服(というか、巻く布)をたくさんヤンゴンから持ってきたり。

チッチのときは、仕方がなく巻き巻きスタイルで過ごしていましたが、今度のベビーは日本スタイルで行きたいのです。
なのに、巻き巻き用の布が家に大量にあって、見るだけで嫌になります。

緑おくるみ

チッチ巻き巻きスタイル


チッチのために、中国製の安い壊れやすいおもちゃをダース買いしてきたり。

車や動物がロボットの形に変形するおもちゃなのですが、作りが雑すぎて、触っただけでパーツが外れます。
そして、パーツが外れるたびに、チッチから「つけて!」と要求されるので面倒くさい。
はっきりいって、プラスチックのごみを買ってきたようなもんです。
イラー!!



お義母さんにいろいろ口出されるのが嫌で、お義母さんが来る前にすべて入院関係の準備は終わらせていました。
それこそ、ベビーや自分の服などの必需品から、来客に出すコーヒーやおやつ、コップに至るまで準備万端です。

参照「ミャンマー出産入院事情2 持ち物編」
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-546.html

それなのに、「やれ、このバッグに詰めろ」やら、「ベビーベッドに寝かせろ」やら、何かとうるさい。
(チッチのときも、ベビーベッドは邪魔になっただけで、ぜんぜん使いませんでした)



今回の子育ては日本式に行きたいです。
チッチのときに嫌だったことを、できるだけ排除したいと考えています。

具体的には、以下のとおり。


・巻き巻きなし

巻き巻きスタイルは股関節脱臼の割合が増えるので。
しかも、運動できなくてかわいそう。
参照記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-543.html


・三角の布なし

こちらも股関節脱臼が増える原因となるので。
布おむつか紙おむつを使うつもりです。

もうね、看護師とかが赤ちゃんの足をひっぱるようにして巻き巻きしたりふんどしを付けたりするのを想像しただけで、叫びだしたくなりますね。
今度は絶対に妥協しないぞ!


・手袋なし+ツメを切る

こちらでは、小さいときにツメを切ると変形するので、2か月くらいまでツメを切らずに手袋をさせます。
チッチのときはそれに従い、ツメの形がむしろ変になった気がします。
手袋は動きづらそうだし、あの小さい手袋がバラバラあるのもイラつく。


・病院にお義母さんのお泊りなし

前回は「うちの孫が死んだら困るから」などと言って、毎晩病室にお泊りしていたお義母さん。
さすがに「二人目だから、慣れてるから大丈夫!」と言いたい。

っていうか、私に任せて置いたら孫が死ぬとか、失礼すぎる発言だと思うんですけど。


・おっぱいは触らせない

こちらの記事参照
ミャンマーのおばちゃんが気安く他人のおっぱいを触ってくる件について
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-596.html


・卵は1日1個にする

前回は毎日5個くらい食べさせられて、小さいころの卵アトピーが再発しました。
今回は1日1個にするとお義母さんに宣言済み。



昨日の夜、こういうことを考えていたら、ものすごくイライラしてきて、ぜんぜん寝付けませんでした。


今日も、「病院の予約してくる」と言ってお義母さんは出かけていったんだけど、いつ産まれるかわからないのに病室を予約するとか、意味がわからない。

チッチのときも「病院のオーナーが知り合いだから、予約してくる!」と張り切って出かけたものの、結局好きな部屋は取れませんでした。
そりゃ、空きがないと無理やろ~。

いらんことしぃすぎて、イライラする~!!!!

お義母さんが今日病院に直訴しにいったおかげで、明日の昼に、新しい産婦人科の先生に診てもらうことになってしまった。

はぁ・・・。



家にいても面倒なので、産休中だけどTPAに来て、仕事しつつブログ更新しています。

まあ、食事作ってもらえるし、いろいろサポートしてもらえるし、お義母さんがいないと成り立たないのでありがたいんですけどね。

お義母さんは帰りのチケットを12月20日で予約しており、変更不可のチケットということです。
4か月弱、頑張ろう!!


嫁姑バトル、応援クリックお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

先日、妊婦健診に行ってきました。

いつもは100/60くらいで低く安定している血圧が120くらいに上がっているといわれたほかは、特に問題なしでした。
チッチのときは妊娠中期くらいから120あったので、まあ特に問題なし。

それにしても、今回は一度も内診されてないし、血液検査もされていないし、破傷風の予防注射もされていないなぁ・・・。
チッチのときは、不意打ちで検査されたのですが、今回はされず。

どのタイミングで何の検査をするのか、特に決まってないのかな?
チッチのときに血液検査も予防注射もしたからOKなのかな?
謎です。


で、検診のときに、先生が
「1日から18日までロンドンに行ってくるから。9月9日には代理の先生に診てもらってね!」
と言い出しました。

ちょっと待って~!!!!
私の予定日、9月19日なんですけど!!

すると先生は「18日は帰ってくるから、19日には間に合うよ」と・・・。


いやいやいやいや・・・・!!!

出産予定日の3週間前から1週間後までが正産期なのですよ。
つまり、この1か月間、いつ生まれてもおかしくないという期間です。
これは、たまごクラブとか読んでたら常識です。

医者なのに、正産期をぜんぜん理解していない発言!?

チッチのときだって、予定日から10日くらい早く産まれたし、今回のベビーは少し大きめなので、さらに早そうな予感がしているのに・・・。


そういうと、診察手帳に「産気づいたら○○先生を呼ぶこと」などと引継ぎ事項を書いてくれました。
(でも、先生の字汚いから、ぜんぜん判読できないんだけど・・・)

初めての先生で産むのって、ちょっと嫌だな・・・と、今から憂鬱です。


というのも、ここはミャンマー。
しかも、外国人がほとんどいないタウンジーです。
タウンジーで出産する外国人はとても少ないと思われます。

なので、外国人ってだけでどうしたらよいかわからず、キョドる看護師とかがいるんです・・・。


チッチのときも、産まれてホッとしているときに、看護師が
「先生、この人外国人なんだけど、どうしたらよいの??」と医者に質問している声が聞こえてきました。

「外国人でもなんでも、とりあえず処置や手続きしろや!!!!」と、心の中で叫ぶ私(力尽きていたので、実際には口に出せず)。

そのとき、私の主治医は「外国人でも大丈夫。前例あるから!」と、ちゃんと手続きとかを進めてくれたのです。
(※前例というのは、TPAのマネージャーSさんのこと)

代わりの先生も、キョドらないでちゃんとやってくれると良いんだけど・・・。



ちなみに、ミャンマー人は出産経験がある人でも、「赤ちゃんは予定日に産まれるのが普通」と思っている節があります。
子守りのアンティーも、スタッフも、お義母さんさえ・・・。

「そんなきっちり産まれるわけないやろ!豚じゃあるまいし」と思う私。
(豚はきっちり予定日に産まれます。ずれても1日程度らしい)


お義母さんなんか、そのへんのおばちゃんと世間話になったとき

おばちゃん「うちの孫は早産で産まれてきて、2か月くらい早かったから小さかった」

お義母さん「うちも、予定日の10日前に産まれて早産だった」

と、謎に早産自慢してたけど、予定日の10日前って、ぜんぜん早産じゃないから!!!!
マジで恥ずかしいワ!!!


というように、ぜんぜん妊娠や出産に関する知識が知られていないので、たまごクラブ的な雑誌がミャンマーでもできると良いのではないかと思います。
もしくはFBとかで情報とれるようになると良いですね。

そうそう、妊婦さんが飲む用のサプリメントを販売している会社が、クリニック経由でDVDをくれました。
どういう風に陣痛が来て、どうやって産んだらよいのか、みたいな内容でした。
企業が宣伝の一環として、教育DVDなどを配布し始めたみたいです。
(チッチのときは特になにももらえなかったので、最近始まったっぽい)

村の人に話を聞くと、逆子なのにそのまま村で(家で)産むとか、助産師も呼ばずに一人で自宅で産むとか、危ないことをたくさんしているっぽいので、ちゃんとした妊娠・出産の知識が広まると良いなと思います。


あー、しかし19日までもつだろうか。
歩きまわると早く産まれると雑誌で読んだので、なるべく家で昼寝とかしています。
おなかのベビーには、「先生が戻ってきてから出てこようね。それまではゆっくり、ママと一緒にいようね」と話しかけています。


それにしても、私の主治医は旅行行き過ぎ!
今年の4月には日本へ。6月にはイギリスへ。7月はヤンゴンに目の手術へ。そして今回またロンドン。
どんだけ~!!


応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

2016.08.25 地震と雷
ミンガラーバー

昨日、バガンで地震がありましたね。
他のミャンマーブログで情報がしっかり出ていますので、気になる方はこちらからご確認ください。

ミャンマーブログのリンクページに飛びます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


タウンジーでも揺れました。
ちょうど私は5階の自宅で、眠いな・・・と思いながら寝転んでいたときでしたので、揺れをしっかり感じました。
震度1か2くらい?

チッチの尻を洗い中だった子守りのアンティーは「屋根の上に鳩がいる音かと思った」と、気づいていなかったですが。


小さい揺れが長く続いて、後半大きくなったので
「これは、どこか遠くで大きな地震があったのでは!?日本とかインドネシアとか??」
と思いました。

私のうちはネットもテレビも使えないので、店にいる夫に電話をして「ネットでどこが震源か見てきて!」と頼みました。
夫の回答は「日本とかインドネシアっぽい」とのこと。


もし日本だったら、離れているのにここまで揺れるとは・・・大丈夫かな・・・と心配しておりましたが、

なんと震源がミャンマーだったとは!!

親から夜に電話がかかってきて、地震がミャンマー震源だったと知りました。



夫、どんだけ情報収集能力低いねん!

夫いわく「ヤフーがよく地震来たとか言ってるからさ・・・。日本かと思った」と、なぜかヤフーのせいにしてましたけど。


パラソル


でも、実は昨日は地震よりももっと怖い事があったんです。(我が家的に)


なんと、我が家のマンションに、雷が落ちました!!

1時ごろに、突然ピカッと光ったかと思うと、ほとんど同時にゴロゴロゴロ!!!とものすごい音がしました。


「すわっ!爆弾か?」

と思ってしまうのは、ミャンマー生活者あるあるですね。

「いや、光ったから雷だろう。近かったな・・・」と思い直しました。


チッチが外に遊びに行っていたので心配で見に行くと、ちょうど階段を登ってきている途中でした。

雷の音が怖かったらしく、半泣きで急いで登ってきました。

かわいそうに・・・。


その後、近くのモスクのアザーンが何事もなかったように大音量で鳴り響き(これが鳴るのは1時)、大雨が降ってきました。



夕方に近所の人に「雷が近くに落ちて怖かったね」と話をしたら、なんと、落ちたのは我が家と同じマンションの、反対側の端だったことが判明しました。

壁が少し割れて、パラパラと落ちてきた、とのこと。

その部屋に住んでいた人は、雷の音にはビビりつつも、自分の真上に雷が落ちたともしらず、のほほんとしていたそうです。


うちも5階の最上階なので、反対側に雷が落ちていたらほぼ真上。
もっと怖かったかな・・・。


夫いわく、

「昔もここに雷が落ちたことがあるからこれで2度目だ。
 本当は避雷針に落ちるべきなのに、避雷針じゃないところに落ちた。
 地面に金塊が埋まっているのかもしれない」

だって。

ないやろ・・・。



洪水被害、昨年よりひどいという話も聞いています。
地震もあるし、雷もあるし。
大丈夫か、ミャンマー。

クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

もう毎日眠いです。
夜は9時過ぎに寝て、朝は6時過ぎにチッチに起こされる毎日。

睡眠は夜に8時間とれていますが、それでも眠く、午前中に2時間くらい昼寝をしています。


チッチ、朝起きたらなぜか私ばっかり起こしてきます。
「ママ、タッ!」(ママ、起きろ!)と。

「ババを起こしてよ~」と私が言うと
「ババ、エイテー。ババ、No!」(ババは寝ている。ババはノー!)とのご回答。

いや、ママも寝たいんですけど・・・。

子守りのアンティーが来てちょっとしたら、私のお昼寝(というか午前寝)タイムとなります。



さて、今日は映画館のお話。
けっこう前のことです。

脳内ブログで記事を書いていたせいで、実際には書いていないのに、すでに書いたかと思っていました。
ブログを見直して「あれっ!?書いてなかった」と気づく私。

ブロガーあるあるですね。(そう??)



先月くらいのこと。
家の近くの映画館の前に、ずらーっとバイクがとまっていました。
普段はそんなに混まないのですが、大人気の映画がかかっているようです。

以前、WIN先生のブログでも紹介された「チャマ・ニンジーバー・マウン」(私は薔薇よ、ダーリン)のときも、すごいバイクの数でしたが、そのときのバイク数を上回る勢いでした。

WIN先生のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/27276132.html

今回の映画の名前は忘れましたが、コメディーで、めちゃくちゃ笑えるとのこと。


映画1 

夜ごはん後のお散歩。
映画館の敷地内では収まりきらず、道にもバイクがたくさん停めてあります。
全部、映画を見に来た人たちのバイクです。



で、うちのチッチと子守りのアンティーは、その映画を見に行ったそうです。
チッチ、ミャンマー映画初体験!

本当は1500ksの良い席を取りたかったけど、満席だったので、800ksの席をチッチとアンティーの2枚分購入したとか。

チッチは映画館に入った途端、スクリーンの大きさに驚いて「アッチーベー!!」(でっけぇー!!)を連発。
(本当は「アチーヂーベー」と発音しますが、チッチはうまく発音できず「アッチーベー」になる)

大きいスクリーンにビックリして「でっけぇー!!」って、田舎者か!!

2時間越えの映画でしたが、前半の一時間は座ってちゃんと見れたそうです。
後半は飽きて「ピャンメー」(帰る)と言い出したそうですが、そのへんに座っていた子供と遊びながら、なんとか最後まで居座ったらしい。

アンティーは、子守をしつつ、映画も見れてとても楽しかったようでした。



その話を夫にすると、意外にも夫は怒っていました。

「映画館は汚い!
 ゴミがたくさん落ちているし、南京虫や蚊やゴキブリだらけだぞ。
 そんなところに子供を連れていくなんて!!」

などと、しばらく愚痴っていました。

だったら自分でアンティーに言ってくれ・・・。


私も見たい映画がときどきあって(ディズニーのやつとか、スターウォーズとか、タウンジーでもかかります)、「見たいな」というのですが、いつも夫に「虫に刺されるぞ」と反対されて見に行けていません。

最近の映画館は、昔(夫が若かった時代)に比べたら綺麗になっているんじゃないんかな・・・と思うんだけど。



ふと気になったのが、電気事情。
ミャンマーでは停電は日常茶飯事です。

私「でもさー、映画見ている途中で停電になったらどうするの??良いシーンで停電になったら、お客さん怒らないの?」

夫「映画館に来る人は、誰も映画を見ていない。イチャつくために来ているんだから、停電になったらむしろ嬉しいんじゃないか」

とのお答え。


へぇ~・・・。
よくご存知で。
夫も若かったときは、誰かと汚い映画館で、イチャついていたのかな??

いや、でも南京虫や蚊やゴキブリがいるところで、イチャつきたくないですよね・・・。


映画2

例の人気映画のポスター。
海水パンツ姿の男性が写っているのが見えますか?
お笑い映画でこれほど動員できるというのも、すごいことですよね。



そんなタウンジーでも、来年には新しいショッピングセンターができて、そこに映画館が入るとのうわさ。
オーシャンスーパーマーケットも入るみたいだし!

その映画館なら、そこまで汚くないのでは!?
今から期待大です。



クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

予定日が一か月後にせまってきました。
8月から産休という感じで、ときどき事務所に行って仕事をしたり、家でゆっくりしたりしています。

最初は、「元気だし産休必要ないぜ!」くらいに思っていましたが、ヤンゴンに行ってから、なんだか疲れやすくなってきました。

夜はチッチと一緒に9時くらいには寝るし、昼寝も2時間くらいしています。
寝ないと疲れてしまうので。

あと、軽い頭痛が長いこと続いています。
体がちょっとでも冷えると、頭が痛くなるらしいです。
周りの人が「暑い、暑い」と言っている中、一人だけ靴下、レッグウォーマーを装着し、首が冷えないようにストールも巻いています。

チッチと一日中一緒にいると超疲れるので、昼寝をしないともたない・・・。



さて、今日はチッチの言葉についてです。
前回からだいぶ間が空いてしまいました。

おしゃべりチッチのミャンマー語
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-688.html

おしゃべりチッチのミャンマー語2
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-694.html

日本に行ってからは日本語の伸びがものすごかったです。
そして、サルに噛まれてからも一気に成長したような・・・。


ちょっと前までは、日本語とミャンマー語が混ざった動詞をよく話していました。

たとえば、
「テレビ 見るメー」
「ほん、読むメー」

という風に、日本語の動詞の後に、なぜかミャンマー語の動詞の後につける「メー」がくっついてしまうパターン。
言いたいことはよくわかる。

最近はあまり言わなくなってきて、ちゃんと「見る」「読む」と言っています。


日本語の動詞も原型ばかりではなく、いろいろ活用できるようになってきました。

「食べたい」
「できない」
「痛かった」
「眠たい」

などとよく言っています。

文字では表現できませんが、言い方に感情がこもっていて、めっちゃかわいいです。


その他、「大丈夫?」「ごめん、ごめん」「あがと(ありがとうのこと)」「行ける?行ける?」などとよく言っています。
自分の口癖がそのまま移っていることがよくわかりますね。

「重たいヨー」「イタかったヨー」などと、最後に「ヨー」をつけるのも多く、私の口癖が出てるなと思います。




ミャンマー語は助詞使いがものすごく上手になってきています。

先日は

「ママ、ババ フォン トワユービー。フォン ピョーデー。ハロー テッ」
(ママ、パパが電話を取りに行った。電話で話した。ハローって)

と、言っていました。


「ピャンド」(帰れ)
「エイド」(寝ろ)

などは、よく言われているからか、上手。

でも、夫が寝ていると「ババ、エイドービー」(ババがもう寝たという意味だと思われるが、文法的には間違い)と、変なことも言っています。



ミャンマー語も日本語も、知っている名詞の数がかなり増えてきています。

あるとき「サーレークエ食べたい!」と怒りながらチッチが言ってきました。

「サーレークエって何?」と夫に聞くと、小麦粉で作ったベビースターラーメンみたいな揚げた麺みたいなお菓子だということが判明。

そんなミャンマー語、知らんわ!!

チッチに負けたと思った瞬間でした。


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

今日は飛行機のお話です。
ミャンマー国内線について。

先日、ヤンゴンに飛行機に乗っていったのですが、意外とミャンマー国内線は厳しくて苦労をしました。


妊婦はいつまでミャンマー国内線に乗れるのか、という問題です。

例えばANAであれば、予定日28日以内であれば、医者がOKを出した書類が必要です。
そして、予定日7日以内であれば、医者の同行が必要とのこと。
ANAでは、国際線でこんな感じなのです。

エアラインごとに規定はさまざまだそうですが、中には予定日当日でも、証明書も必要なしで乗れる会社もあるらしい。



で、私はヘーホー→ヤンゴンはたったの1時間ちょいだし、まだ予定日まで1か月以上あるから大丈夫だろうと、軽く考えていました。

ところが、夫がミャンマーの国内線にいろいろ聞いてみたところ「妊娠8か月からはNG」というところが多かったみたいです。
私は一応医者から「乗っても大丈夫」の書類をもらっていたのですが、その書類があっても厳しいとのこと。


超健康で、ぜんぜん産まれそうにないのに!!
っていうか、飛行機の上で産気づいても、1時間じゃさすがに産まれないやろ・・・。

と私はいろいろ吠えたのですが、夫は「諦めてタウンジーの歯医者に見せれば」とのお答え。


いや・・・タウンジーの歯医者は嫌です・・・。

飛行機に乗れないとなったら、一体何でヤンゴンまで行けばよいの!?
長距離バスなんて、揺れるし曲がるし、12時間くらいかかるし、余計に嫌なんですけど!!

と吠える私。



友人は
「妊娠6か月以降は乗せてくれないんじゃないの?バスだったら、ある程度の間隔で町があって、病院あるからね」
だって・・・。

そんな途中のわけわからん病院で出産とかになったら、それこそ嫌すぎる!!!



夫に任せておいてはヤンゴンに行けないと思った私は、自分でゴールデンミャンマーエアラインの事務所に聞きに行きました。

私「今妊娠8か月で、飛行機乗りたいんですけど」
GM「36週までだったら良いですが、8か月だったらダメです」

ってオイオイオイ!!!!
妊娠32週~35週を、妊娠8か月と言うのですよ!!!
私は今33週で8か月です。
36週以下がOKなくせに8か月がダメって、どういうこと?



そのとき、「こういうことか・・・」とわかりました。

ミャンマーの妊娠月の数え方が、日本や医者が使うスタンダードと違うんです。

日本だと10か月で産まれますが、ミャンマーの民間の数え方だと、9か月で出産することになっています。
つまり、1か月のずれが生じるのです。


なので、「私は妊娠7か月なんですけど、乗れますか??」と、ミャンマーの数え方風で聞かなければならなかったらしいです。
わけわからん~。

とりあえず、私は33週だから大丈夫!ということで、夫にチケットを取ってもらいました。

チッチ

関係ないチッチ@タンボジ


当日、空港では、無駄におなかを隠しつつチェックインしましたが、バレました。

スタッフ「妊娠何か月ですか?」
私「33週です。36週以下は大丈夫と言われました(ドヤっ!)」
スタッフ「医者の証明書は持っていますか?」
私「持っています(ドヤっ!)」

ということで、何かの書類にサインをさせられ、無事に乗れることになりました。


ヘーホー空港カフェ2

早めに空港に入って、カフェでコーヒーとプリンを楽しむ私。

余談ですが、ヘーホーの空港にターミナルカフェが入っていました。(ゲート2のほうです)
シャーキーズの塩が売っていて超感動!
シャーキーズのものが南シャンで手にはいるなんて!!
(でも、今から違うところに行くぜ!というときに買いづらい。けっきょく買わなかった)

ヘーホー空港カフェ


コーヒーとプリンを楽しんでいるところに、空港のスタッフがやってきました。

スタッフ「この医者の証明書に、8か月と書いてあるから困ります」

私「えっ!?乗れないの!?」

スタッフ「7か月ということにしてください」

私「・・・わかりました(そんなんで良いの!?)」

ということで、新しく書類にサインし直し、無事に乗ることができました。


ちなみに、帰りのヤンゴン→ヘーホーでは、最初から「7か月です!」と言って無事に通過できました。

(ミャンマーの数え方では7か月なので、ウソは言っていない)




妊婦のみなさん、ミャンマーの国内線に乗るときは・・・

1)まず、チケットを買う前に各エアラインの規定を確認しましょう。

2)「妊娠○か月」というのは、日本の数え方より1か月減らして申告しましょう。

3)医者に証明書を書いてもらいましょう。その際、月ではなく週数で書いてもらうようにしましょう。
  (月の数え方が、医者の数え方と民間の数え方で異なるので)


妊娠36週以降は、どこのエアラインも乗せてくれなくなります(たぶん)ので、その前に飛行機に乗る用事は済ませておくようにしましょう。

(「取引会社のマネージャーの嫁だ」と言っても、ダメと言われました・・・コネ効かず)




ちなみに、今回ゴールデンミャンマーを利用したのは、無料券があったから~☆彡
ミャンマーナショナルエアラインでも、雨季限定無料券をもらっています。(これは外国人NGなので、私は使えないんだけど)

家族が航空券のエージェントをやっているので、たくさん販売した特典として、家族だけが使える無料チケットをもらえたのです。
ウシシ!



最近のミャンマー国内線ニュースとしては、


1)外国人の名前ミスに厳しくなってきました。

以前は、ベトナム人の名前が「ホーチミン」でも問題なく乗れましたが、8月より厳しくなったそうなので注意です!

ミャンマー国内線チケットの名前ミスはどこまで乗れるか!?
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-692.html



2)8月より、外国人の場合、発券時にパスポート番号が必要となりました。

全部のエアラインが必要なわけではないそうですが、必要なことが多いです。



3)エアバガンが全線で就航をやめました。

エアバガンはもう飛ばさないとのことで、オフィスも閉じ、スタッフも解雇されました。
オーナーはトゥーカンパニーですが、もうひとつ、Asia Wingsを所有しているのでそっちを飛ばすらしいです。
やはり、3年前にジェットが落ちたのが痛かったか。

ジェットが落ちた時の記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-380.html



4)エアマンダレーはヘーホーには来なくなりました。

前から便数は減っていましたが。
ヘーホーはKBZの天下という感じです。


5)ミャンマーナショナルエアラインがけっこう安いです。

元国営のミャンマーナショナルですが、民営化して、以前よりはだいぶマシになってきました。
ヤンゴン→ヘーホー片道72ドルからと、お安いです。
安さ重視の方にオススメ。



あと、お義母さんから「宣伝せよ!」と言われたので宣伝しますが、夫の会社で、エミレーツ航空との取引も始めました。

エミレーツ航空HP
http://www.emirates.com/jp/japanese/

最初「アマリー」と言われたので、「アマリー航空って聞いたことないな」と思っていたら、エミレーツのことでした。
夫も「アマリー」と言っていました。

どうやら、ミャンマー人的には「エミレーツ」じゃなくて「アマリー」となるみたいです(謎)。

世界150か国にネットワークがあるので、ぜひ乗ってください!
その際はAsian Royal Star(夫の会社)で、チケットを手配しますよ~、とのこと。



お問い合わせはこちらです。
ホテルや車の手配、ヘーホー空港からのシェアタクシー、長距離バスチケット予約なども取り扱っております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ASIAN ROYAL STAR (エーシアンロイヤルスター)
旧名 Shan Pyi Thar (シャンピーター)

ヤンゴンオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No. 278, 300, B, Mahabandoola Garden Rd, Yangon
01-385125, 255851, 255852, 255891, 255892
09-4314-5746

タウンジーオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No.8, Bogyoke Aung San Road, Nyaung Shwe Haw Gone Qtr., Taunggyi
081-2124549, 2124550
09-5180038

日本語窓口(鈴木)
09-4316-3367
akarisuzuki@gmail.com
※産後1か月はメールチェックできませんのでご了承ください。予定日は9月中旬。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


けっきょく最後は宣伝か!
クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

ヤンゴン旅行編は終了し、タウンジーでのお話です。
実は、ヤンゴンに行く前日に起こった出来事です。



ちょっと前のこと。

夫が私にiPadを渡してきて、「この映像を見ろ」と言います。
(無口な夫は、実際には何も言っていないのですが、エア音声が聞こえます。3年間の結婚生活の賜物ですな)

その映像は、犬が人を噛みまくっている映像100連発!みたいな感じでした。
なついていた犬が、突然人を噛むことがある、しかもめっちゃたくさん噛む!

「チッチが犬に噛まれないように、十分気を付けるように!」

と、言いたかったらしい。


「そんなこと、わざわざ映像を見せられなくても、わかっているよ!」と思い、「はい、はい」と流していた私でした。




さて、先週の日曜日。
Sさん家族と一緒に動物園に行くことになりました。

私はお弁当を準備して大ハリキリ!
チッチも、前日から「どうぶつ、いくー!」と大興奮していました。


S家の小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に、タウンジーの動物園ではしゃぐチッチ。

最初は動物はあまり見ず、遊具で遊んでいました。


小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんがチッチの面倒をよく見てくれるので、私はラクラク~☆
大人同士、ゆっくり座って楽しくおしゃべりをしていました。

子供たちがちょっと遠くに行ってしまっても、特に気にせずおしゃべりに熱中!


「あかりさんって、チッチのこと、ものすごくほったらかしてますよね~」と、インターンの子に言われるくらい、普段からほったらかしまくっているのですが、この日も相変わらず、チッチ放し飼い状態でした。



するとお姉ちゃんが

「チッチがサルに噛まれた~!!」

と言いながら走ってきました。

その後ろからは、お兄ちゃんに抱っこしてもらいながら、涙を流しているチッチが!!



人差し指をサルに噛まれ、血が出ていました。
けっこう深い傷でした。


お兄ちゃんお姉ちゃんの説明によると、

チッチがサルの檻に触った瞬間、ものすごい勢いでサルが来て、指を噛んだ。

その後、チッチの指を何匹かのサルで取り合いしていた。


とのこと。

怖い!!




何より怖いのは、変な病気がうつったらどうしよう・・・ということです。

以前、何かの映画で、サルから人に病気がうつってパンデミックに・・・みたいなのを見たことがあったので心配になりました。

狂犬病とかもあるかもしれないし・・・。


とにかく夫に電話して、指示を仰がなければ!!




で、夫に電話すると、

私「チッチがサルに噛まれたんだけど」

夫「今、忙しい」(ガチャ!)


ガーン!!!
まさかのガチャ切り!!!




Sさんにネットで検索してもらい、「とにかく石鹸でよく洗って消毒することが大切」ということがわかりました。

動物園のゲームコーナーの賞品として石鹸が置いてあったので、それを購入し、よく洗いました。

その後、タクシーで動物園を後にし、念のためクリニックに連れて行きました。




クリニックでは薬を塗ってもらい、飲み薬も処方されました。


医者「破傷風が心配だけど、予防注射しているよね?」

私「そういえば・・・1歳半で受ける五種混合、忘れてた!!」

医者「もう~!!!このジャパンは何やってるの!!今すぐ小児科に受けに行きなさい。

    小児科の先生には、サルに噛まれたこと言ったらだめよ。怒られるからね!」



それから一度家に帰り、チッチに昼ご飯を食べさせました。

食べ終わったら、寝てしまったチッチ。

いつもは15時くらいに昼寝するのに、サルに噛まれたショックで疲れたのか、この日は早く寝ました。


昼寝がひと段落して、小児科へ。
普段なら歩いて行く距離ですが、眠いチッチはベビーカーで連れて行きました。


小児科の先生には、(クリニックの医者の忠告は無視して)、チッチがサルに噛まれたこと、クリニックで薬をもらったことを説明しました。

特に怒られずに済みました(っていうか、怒られても別にいいけどね)。

5種混合ではなく、破傷風の予防接種をしてもらいました。
受け忘れた5種混合は、来週受けにくるように、とのことでした。

飲み薬をさらに2つ処方されました。
(あとでよく見たら、解熱剤とビタミンCでした。いらんやろ・・・・)



2つのクリニックをまわって、診察代と注射と薬代で、19,000ksもかかってしまった・・・。
1,000ksの動物園に行った結果、こんなにお金がかかるとは。
トホホ・・・。



良かったこととしては、受け忘れていた5種混合をまた受けられるということです。
受け忘れたら、もう復活接種できないのかと思っていましたが、あとから受けても良いらしいです。


あと、チッチの頭が急に良くなって、言葉を一気に話すようになってきました。

サル菌が脳みそに感染したのか!?という感じです。

「サル、アミャージー カイテー。ナーデー」(さるがいっぱい噛んだ。痛い)

などと話します。



噛まれた日の夕方、夫が仕事から帰ってきました。

帰ってきて一番最初に言った言葉が

「あの犬の動画、見せただろ!」


もうね、予想通りすぎでしたね。
噛まれた瞬間から、絶対夫に動画のことでクドクド言われるとわかっていましたからね。

「知ってるし!」と即座に流しました。


「動画のことを話すより、噛まれたことを心配する素振りをだせ!!」
と、心の中で怒る私。


夫はチッチに

「サルが噛んだね。ウォウウォウ(犬のこと)も噛むから気をつけるんだよ」

と話していました。


動物園

サルに噛まれる前の写真。
動物園滞在時間はたったの1時間で、この1枚しか写真を撮っていませんでした。



その後、チッチは指の傷がちょっと痛いくらいで、特に熱が出ることもなく、元気に過ごしています。

私は、「ほったらかしの放し飼い状態」じゃなく、ちゃんと面倒を見ないとな・・・と、今回の一件で反省しました。


でも、チッチが悪さをすると「サルが来るよ!」とついつい言ってしまう私なのでした。


「痛いの痛いの飛んでいけ~」クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー


ヤンゴンに久々に滞在し、今一番流行の先端地である「ミャンマープラザ」に行って、

「タウンジーは発展していると思っていたけど、やっぱりヤンゴンには叶わなかった・・・」

と実感した私でした。



ヤンゴンからタウンジーに来た日本人のお客さんに
「このレストランはヤンゴンより美味しい!」
と言われて嬉しくなったり、

「タウンジーのKUDOSのパンはヤンゴンのパン屋より美味しいから、ヤンゴンへの土産はKUDOSのパンが良い!」
と、タウンジーっ子同士で語り合ったり、

と、タウンジーイケてる自慢をしていた過去が恥ずかしいくらいです。

ヤンゴンにも美味しいパン屋、あった・・・。
値段も同じくらいだった・・・。



そうやって、かなりのカルチャーショックを受けつつ、ミャンマープラザより実家に帰宅しました。
(実家はダウンタウンのさくらタワー近く。日本食料理店「あないも」さんの上です)

実家にいても特にやることもないので、探検に出かけることに。

お義母さんを待つと遅くなって結局出かけられなくなるので、一人で出かけました。

まずは実家と同じ道にあったマッサージ店へ。

マッサージ店

写真に写っている、SABADEEというお店です。(って、あんまり見えない)
右に写っている9というコーヒー+ステーキの店もおしゃれっぽくて気になります。

フットマッサージ、1時間6,000ks。
安くて、気持ちよかったです。

しかもWIFIも使える!
店の雰囲気も少し暗い照明で、落ち着ける感じでGOODでした。

タウンジーのマッサージも6000ksくらいでできるけど、これほど雰囲気良くないし、WIFIないし、マッサージ娘の当たりはずれがあるからな・・・。
やっぱりヤンゴンってすごいな・・・。



それからKFCでチキンとエッグタルトを食べました。
初KFC@ミャンマー!
ふつうに美味しかったです。
2,000ks

KFC


その後、鯉のぼりのつけ麺を食べました。
実家のすぐ向かいだから、実はけっこう行ったことがあり、すでに3回目です。

店内には日本人ばっかりたくさんいて、「ブログ読んでる人がいたらどうしよう!」と変にコソコソしてしまう私(←自意識過剰)
(だれからも気づかれていなかったっぽいですが)

ヤンゴン在住のブロガーさんは、どうやって生活しているんですかね?

(つけ麺の写真を撮りたかったけど、写真を撮って「ブロガーだ!」とバレるのが怖くて撮れず)


それから、待ち合わせがあったので、さくらタワーのラウンジでジュースを飲みました。



よく考えると、この日の午後は食べ過ぎでしたね。

12時ごろに、昼食を実家で。

15時ごろに、おやつの豆乳+パスタ

19時ごろに、KFCのチキンとエッグタルト

20時ごろに、つけ麺

20時半に、ジュース


まあ、ダウンタウンのすごい狭い範囲で、いろいろ楽しめたので良しとしますか。




でもね、タウンジーは田舎と言っても、ヤンゴンの人が想像しているような田舎とは違いますよ。
村じゃなくて、街です。
オーシャンスーパーマーケットだって、もうすぐできるんだから!

ということで、応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

ヤンゴン1日目は、飛行機移動と大使館と歯医者で終わりました。
あと、プロマートも行ったけど、なんでもかんでも高すぎですね。
日本の3倍くらいの価格でした。


2日目はいろいろ行きました!

朝はティンジー市場に行き、お義母さんの食材買い出しに付き合いました。

ヤンゴン6

まずは生きた鶏を選んで、「処理しておいて。あとで取りに来るから」と言っておきます。
タウンジーでは、生きた鶏はあんまり市場で見かけず、処理済みのものばかり見かけるので、地味に驚きでした。

エビの種類の多さも、タウンジーとは違った感じです。

というか、なんでもかんでも、量が多いですね。
さすが、人口が多いヤンゴン!
迫力を感じました。


パイナップルは小さかったですね。
タウンジーだと、だれも見向きもしないようなサイズのものが売られていました。


ヤンゴン2

ムスリム専用のCP鶏肉も売っていて、びっくり。
さすがインド人街です。


ヤンゴン1

こんなにでかいコンニャクイモもありました。
パアン産、1viss1000ksとのこと。


染粉屋さんで、苛性ソーダを発見しました!
石鹸づくりに必要なので、大量買いしました。
とはいえ、たったの2,000ks。


ティンジー市場のあたりには、10年前に留学に来た時に1か月くらい住んでいたことがありました。
10年前から変わっていないお店もあれば、スーレー周辺は新しいビルが建ちまくっていて全然違いますね。
ちょっと歩いただけですが、いろいろと面白かったです。



その後、まだ行ったことがなかったミャンマー最大のショッピングセンター「ミャンマープラザ」に行きました。
(本当は午前中から行こう、行こうと言っていたのに、お義母さんを待っていて、結局着いたのは13時過ぎ・・・)

なんじゃこりゃ~!!!
もう、バンコクレベルですね。
っていうか、軽く日本のレベル超えてますね。
(注:私のイメージする日本は、西東京市です)

お腹が大きい私は、どうせ着られない服屋は素通りして、シティーマートと100均、レストラン街を中心に見て回りました。


レストラン、すごい!!!
あれもこれも食べてみたくて、メニューを見ながらレストランフロアを3周くらい歩き回ってしまいました。

ヤンゴン4

ヤンゴン3

どなたかのブログで見たクマちゃんのカフェもめっちゃ可愛かった~!!
チッチ、連れてきたら喜んだだろうな・・・。

ヤンゴン5

子供が遊ぶスペースも大充実!
日本のイオン超えですね。
イオン東久留米店には帰国中にかなりお世話になりましたけど、ミャンマープラザのほうがスゴイです。
遊び放題、3000ks。イオンの600円より安いですね。

チッチ、連れてきたら喜んだだろうな・・・。


お昼ご飯は食べてきたのですが、「割引チケットがある!」とお義母さんが言うので、謎にお子様ランチを食べました。
シンガポールのマーライオンレストランにて。
豆乳とスパゲッティーのセット。
15時だったので、おやつ替わり?美味しかったです。

ヤンゴン7

しかし、「割引チケット」と言いつつ、3,500ksもしました。
ただのチラシだったのに、お義母さんが割引券と勘違いしたっぽい。。。
ミャンマープラザの物価はさすがに高いですね。


私、タウンジーは発展してきたと思っていたんです。
昔はなかったものがどんどん売り出してきたし、来年にはオーシャンスーパーマーケットもオープンするし。
ヤンゴンとはほとんど差がないと思っていたのですよ。

でも、私の知っているヤンゴンは、留学していた2006年当時の姿であって、今のヤンゴンの姿ではありません。
ヤンゴン、なめてました・・・。

でも、ヤンゴンに住んでたらすぐお金なくなりそう(怖)



ちなみに、WIN先生のブログに書いてあった「ベトナム」の看板は削除されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/28171660.html

他のミャンマーブログを見るには、こちらから。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

そうそう、イミダスに新記事が載りました。
ブログに書いていないネタ満載ですので、ぜひ見てください。

http://imidas.jp/column/L-71-014-16-08-G511.html


連載「亜香里のミャンマー嫁入り日記」
ヤウッカマー、ダイエット下着を買う!
〜子連れ・ババ連れ帰国旅行1
鈴木亜香里(地球市民の会ミャンマー駐在員)

 ミンガラーバー! こんにちは! 中国系ミャンマー人と結婚して、現在タウンジーという街に住んでいる鈴木亜香里です。タイトルの「ヤウッカマー」はミャンマー語で義母、姑という意味。なんとこの春、私の一時帰国にあわせて、義母も日本を訪れることに! 今回のシリーズでは、旅行中はもちろん、その前後の義母の爆裂ぶりを暴露しま〜す! 日本語がわかる親戚ができたらやばいネタ満載。インターネットの翻訳機能の精度が上がらないことを祈るばかりです。

このコラムは、スマホ版イミダスで8/12まで全文無料公開!




ANA

4月に日本に行ったときのANA便にて。


うわあ!
無料公開が8月12日まででした。

早く見てみてくださいね~!


ブログ応援クリックもよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

昨日、ヤンゴンから戻ってきました。
たった2泊のヤンゴンでしたが、こんなにゆっくりヤンゴンにいたのは3年ぶりです。
いつもは、日本に帰国するときに、できるだけ早く通過するだけでしたので。

チッチを連れていかなかったので、いろいろ動けました。
しかも、曇りや雨で暑くなかったので助かった~。



空港からまずは大使館へ。
在外選挙の書類の受け取りをしました。
2年前に申し込んで、やっと今受け取れた~!!

とはいえ、選挙のときはまたヤンゴンまで行かないといけないらしく・・・投票できなさそうです。
1票のために飛行機代200ドル以上をかける気にはなれず。

あと、出生届の用紙もついでにもらってきました。
チッチのときにも経験しているので、特に問題なく手続きできそう。



それから実家で少し休んで、一番の目的である歯医者に行きました。
ダウンタウンの51番通りにある、ハマシマ歯科です。
日本で学んできた先生が見てくれるというので、在ミャンマー日本人がよく利用しているところです。

先生はタウンジー出身らしく、いろいろ話していました。
冗談が好きな先生で、いろいろからかわれます。
反応したくても、歯の治療中だから何も言えず、なんだかいじめられた気分に。

歯が痛いのは、「磨きすぎて歯が薄くなっているから!」とのことでした。


いや~、驚きです。
痛いから頑張って磨かなければ!と思って磨いていたのに、まさか磨きすぎとは。

そういわれてみれば、心当たりがありました。

以前、ミャンマーの企業が出している、ナチュラル歯磨き粉みたいなやつを買ったんです。
ニーム配合で重曹みたいなのとかが配合されていて、良さそうなやつ。
粉末タイプです。
1,000ks。

その粉末を歯ブラシに付けて磨くと良い、とのことで磨いてみたところ、歯に激痛が!!!

「うわー!!ニーム効く~っ」

と思って、痛いのを我慢して数日磨いたのですが、やっぱり痛くて断念しました。

今思い返すと、その歯磨き粉のせいで歯が薄くなったに違いありません!
あの激痛は、歯が削れた痛さだったのか・・・!!

1,000ksの歯磨き粉で、ヤンゴンまで歯医者に行かなければならなくなるとは・・・とほほ。


歯医者さんは妊娠中でもできる応急処置をしてくれました。
産後にまたおいで、とのこと。

料金は32,000ksで、覚悟していたよりも安かったです。


お義母さんもついてきて、「入れ歯を作り直したい」と言って相談していました。
けっきょく、入れ歯作り直しと歯の矯正などは時間がかかるので、私の産後にやることになりました。


先生はあと3年くらいしたらタウンジーに移住しようと考えているらしく、私にとっては嬉しいです。
冗談好きな先生なので、移住は冗談かもしれませんが。


先生の情報はこちら。

Dr Han Kyaw Lin
HAMASHIMA DENTAL CLINIC
No.101, 51st street, Pazundaung t/s, Yangon
01-201749
17時から20時(日曜休み)

8マイルにあるホテルヤンゴンでも治療されています。
こっちは午前中だそうです。

予約を入れるのは、01-201749の番号に、17時から20時の間に電話するのが確実だそうです。
先生の携帯電話にかけると、「とりあえず、見せにおいで」と、予約状況を把握せずに言われます。


あまいもの

バナナヨーグルトとチョコレートムース。
そんなに甘いものばかり食べていると、虫歯になるぞ!!


ミャンマーの歯医者は、すぐ抜くので、日本レベルの治療が受けられるのは本当にありがたい!

ミャンマーの歯医者は「歯が痛い」と言ったら「じゃあ、抜きますか」としか言わないらしい。
うちの義母も義父も、地元の歯医者に抜かれてしまって、ほとんど総入れ歯状態です。
残っている歯も、神経が死んで黒くなっちゃっているし。

チッチが歯磨きを嫌がると、お義母さんは上の総入れ歯を外して「こうなるぞ!」と脅します。
怖い!


ブログ応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー


「あなたの携帯番号と似た番号のSIM売ります」

ミャンマー在住の方、最近、こういう電話がよくかかってきませんか??

(ミャンマー語でかかってくるので、ミャンマー語が分からない人には???の電話でしょうが)


ドライバーのニーニコさんが言っていたので、「私のところにもかかってこないかな~??」と若干楽しみにしていたところ、かかってきました。
1か月のうちに4回くらいかかってきました。


内容は、こうです。

相手「オレードー(ミャンマーの携帯会社)からです。あなたの持っているMPT(こちらも携帯会社、国営)の番号と似ている番号のSIMがあるのですが、買いますか??」

私「いくら??」

相手「ヤンゴンですか?」

私「タウンジーです」

相手「タウンジーだったら、25,000ksです」

私「じゃあ、いらないや」

というやりとり。


私はMPTの8桁の番号のSIMを使っているのですが、その8桁の前に1桁ついた番号がオレドーであるみたいなんです。
それを買わないか、という営業電話です。

場所を聞いたのは、SIMカードを夜行バスなどで送るための送料、手数料を算出するためだと思います。

ふつうは1,500ksで売っているSIMカードを、25,000ks(送料などが入るので、手元に残るのは20,000ksくらいか?)で売ろうとしているんですね。


ミャンマーでは、SIMカードを複数持ちするのが当たり前。

私もMPTとテレノールを持っています。
日本風に言えば、ドコモとAUの2台持ちという感じ?

でも、SIMが2枚入る電話機を使っているので、2台持ちではなく、携帯1台で2つの会社を使っています。
町では政府系のMPTが強いですが、村のほうではテレノールが強いので、SIM2枚持ちが必要なのです。

あと、PCでネットをするためにテレノールのSIMをもう一枚買いました(WIN先生オススメのやつ)。
電話機から入れ替えて使っても良いんだけど、面倒だし、一枚1500ksだしね。

日本だと、ドコモとかソフトバンクとかに基本使用料を毎月おさめないといけませんが、ミャンマーだと1500ksでSIMを買ったら、あとは使う分だけプリペイドカードを買って入金するだけなので手軽です。

こういう風に一人で何枚もSIMを使うのが当たり前のミャンマー。
私もMPTの番号は覚えていますが、自分のテレノールの番号はまったく覚えておらず・・・。
だって9桁とかあるし、そんなにいろいろ覚えられないんだもん。


そういう覚えられない人のために、似ている番号のSIMを売ってくれるのは、意外と嬉しいサービスかもしれません。

私もオレドーはまだ持ってないし、10,000ksくらいなら買おうかな、と思いますが、30,000ksとか、25,000ksだとちょっと高い・・・。

夫からも「ニーラーウーの番号はちっとも覚えやすい番号じゃないのに、それを25,000ksも出すなんてバカだ」と鼻で笑われるし。


ちなみに、オレドーだけじゃなくて、テレノールからかかってくる場合もあるそうです。
ミャンマー在住の方、かかってきた人いますか?
ヤンゴンだといくらで手に入るんでしょう??

うんていで遊ぶチッチ

うんていで遊ぶチッチ


ちなみに、私は25,000ksで買ったガラケーを使っているので、携帯で英語しか読めません。
ミャンマー語もフォントが崩れていて読めない・・・。

たまに日本語でメッセージを送ってくる方がいますが、まったく読めておらず、誰だかもわからないので完全無視になってしまいますけど、すみません~。
携帯でショートメッセージを送る場合は、英語、アルファベットで送ってください。

と、この場でお願いでした。



クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

ひさびさの更新となってしまいました。
7月はめちゃくちゃ忙しく、ぜんぜん余裕がなかったです。

8月になって、私は産休に入り、TPAはお休み中です。
でも、TPAの事務所に2日に一回は来て、ちょこちょこ仕事をしています。


産休に入るにあたり、ローカルスタッフを一人雇い、5月から一生懸命引継ぎをしてきました。
けっこう優秀な子だったので、「これで悠々自適な産休が送れるワイ!」と思っていたところ、7月10日くらいに、急に辞めると言われました(泣)

以前、学校の先生の仕事に応募をしていた(ずっと前のことで、本人は落ちたと思っていた)のが、政府からいきなり「来週から村に行って先生をやれ」と指令が来たとのことです。
政府からの指示なので、従わないと怒られるのが怖い、とか、家族の意向とかで、けっきょく2日後には辞めることに。。。

せっかく一生懸命引継ぎしてきたのに~!!!

そして、産休までもう1か月切っているのに!!!


今まで、日本人2名、ミャンマー人2名に仕事を引き継ごうと思って教えてきたけど、皆私より先にいなくなってしまった・・・。
むなしい・・・。


急いで新しい人を探して引継ぎしましたけどね。
けっこう精神的にドタバタした7月でした。


自転車チッチ

人の自転車に乗って遊ぶチッチ。


8月に入ってからは、仕事をたまにしたり、今までぜんぜんやっていなかった出産準備を進めています。
病院に持っていくものを集めたり、出生届とか出産一時金の申請の準備をしたり。


そして、来週月曜日には、ちょっとヤンゴンに行こうと思っています。
歯が痛くて・・・、日本で学んできたという歯医者さんがヤンゴンにいるので、わざわざ飛行機に乗って虫歯の治療です。
(タウンジーには信頼できる歯医者がおらず、虫歯となるとすぐ抜かれるので)

本当は4月に日本に戻ったときに行きたかったけど、お義母さんとチッチを連れ出すのに忙しくて行けませんでした。


チッチはタウンジーに置いて、久々のヤンゴンを一人+おなかの中の人で楽しむつもり!?

とはいえ、歯医者に行って、大使館に行って在外選挙の手続きして(もう住んで5年なのに、いまだに完了していない・・・)、シティーマートで食材買うくらいかも。



8月はブログ頑張ります~。
産まれたらしばらくPC禁止になるので、その前に書かねば。

応援クリック、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

今日はグリーンヒルツアーのお知らせです。

告知が遅くなってしまって、締め切り間近(6月30日まで)です。すみません!



まずは、グリーンヒルのFBより。


好評をいただきました春休みのツアーに続き、日本人学校の夏休みに合わせて有機農業・畜産を体験をしていただけるツアーを企画いたしました!

ヤンゴンに住む子供たちが日ごろは経験できないような体験ができるように考えました。
シャンの大自然の中、土に触れ、動物に触れ、おいしいものを食べ、高校生たちともふれあい、ボートに乗ってのインレー湖エコボートトリップもありの3泊4日ツアー、是非ご参加ください!

※インレー湖観光は天候によっては中止の可能性もあります。

======================
シャン州/有機農業・畜産体験ツアー・4日間(3泊4日)
実施日: 2016年7月30日~8月2日  
お申込み締切: 2016年6月30日
旅行代金: 13歳以上340USドル、2歳~12歳320ドル、1歳以下40ドル
 ※現地集合型のため国際線航空券等は含みません
======================

ツアー内容に関するお問い合わせ及びお申し込みに関するお問い合わせ先はこちらです。
Greenhill 柴田京子
Tel: 095-164888  Mail: organicgreenhill@gmail.com
※Facebookのメッセージでもお気軽にお問い合わせください。




グリーンヒルツアー2016夏1



グリーンヒルツアー2016夏2



以前、3月に開催したときは大好評で、リピーターの方もたくさんいらっしゃいます!!

3月ツアーのときの募集記事はこちら
↓ ↓ ↓
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-686.html

子供たちは虫取りや家畜を見るのに大忙し!
美味しい自然卵で「卵がけご飯」を食べたり、「有精卵だから孵るかも!」とこっそり温めてみたり。

大人は「気候が最高に良い!」「こんなに美味しいミャンマー料理を食べたのは初めて!連続ミャンマー料理でもぜんぜん嫌じゃない、むしろ嬉しい」と、普段のヤンゴンとは違った環境を楽しんでいただきました。


7月末まで仕事をして、8月から産休に入る私にとっては、このツアーが仕事おさめになりそう!
前回と同じく、チッチと一緒に参加予定です。
(激しいチッチ+妊婦なので、ぜんぜん役に立たないのですが・・・)


ホテルではなく、タンボジセンターに宿泊するツアーなので、政府への申請が必要となります。
そのため、締め切りが6月30日までです。
ショートノーティスですみません!

迷っている方も、とりあえず問い合わせてみてください☆


クリック応援、シェアなどもよろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

6月11日、12日の土日に、タウンジーで野菜、果物エキスポがありました。
大々的に宣伝されていましたし、TPAの仕事にもかかわることなので、チッチと一緒に見にいきました。

土曜日に行ったのが楽しすぎて、日曜日にも行ってしまいました。
元スタッフや日本人の方にも会いました。

野菜エキスポ10

入口にはいきなり、ランボルギーニのトラクターが!!
本物なの?
チッチを運転席に座らせようとしたけど、怖がったのでタイヤの上に。

たくさんのブースがありました。
会場の目立つところには、化学肥料や農薬会社のブースがありましたが、私的にはスルー。
奥のほうにあったコーヒー、お茶、マンゴー、アボガドなどのブースのほうが、私的には面白かったです。

コーヒーやお茶の試飲、ラペットウ(食べるお茶っ葉)の試食、農業関係のチラシやテキスト無料配布など、タダでもらえるものがたくさんで、タダ好きミャンマー人的にはテンションが上がるイベントです。
もちろん、私のテンションもだだ上がり!!

野菜エキスポ1

コーカン族のお茶を売っているブースがあり、ゆっくりと試飲させてもらえました。
かなりやり手のコーカンの兄ちゃんです。
コーカン族の地域には外国人が行けないのですが、そういう秘境感ただよう地域というだけで私はなぜかテンションがあがり、お茶を2種類も買ってしまいました。

野菜エキスポ2

ピンウールィンで日本の巨峰を栽培しています、ということで、巨峰の販売もありました。
1viss(約1.6kg)で8,000ksとのこと。
ちょっと高めでしたが、0.5viss買いました。

めっちゃ美味しいです~!!
マンダレーのみで販売していて、ヤンゴンでもまだ販売していないとのこと。

野菜エキスポ9

しかも、チッチが可愛いからと言って、店の人がチッチにブドウを持たせて写メを撮ったのですが、その後、そのブドウをプレゼントしてくれたのです!!
2,000ks分くらいくれましたよ。
ぶどうモデルボーイ!!よく、稼いだ!!!


野菜エキスポ4

あと楽しかったのが、「サチャインチナッツ」のブース!!
ミャンマー語では、チェーベー(星豆)と呼ばれているこのナッツ、オメガ3がめっちゃ含まれていて、荏胡麻オイルを超える勢いで健康に良いのです。

野菜エキスポ6

オイルも、ナッツも、サチャインチ茶も、ぜんぶ買ってしまいました。
妊婦が食べると、赤ちゃんの頭が良くなります〜。


野菜エキスポ3

その他、ワークショップや接木の研修があったり、少数民族の踊りのステージがあったり。
チッチはダヌ族の踊りが楽しかったみたいで、一曲終わっても「もう1回」と一人でアンコールしていました。
そして、踊り子のお姉さんのところに「おねえちゃん!」と言いながら近づいていった・・・。

野菜エキスポ5

このイベントの困ったところは、資料をもらいすぎて重たいことと、お茶とコーヒーの試飲が多すぎてトイレにめっちゃ行きたくなることです。
家がイベント会場と近くて助かりました〜。

野菜エキスポ8

野菜エキスポ7

踊りを見てご満悦。

クリック応援よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

今朝からラマダーン(ムスリムの断食)スタートらしいです。

昨日の夜、パンデーモスク(中国ムスリムのモスク)から夫に電話がかかってきて
「今晩月が見えたから、明日から断食開始ね」とお知らせが来ました。

タウンジーのパンデーは200世帯くらいいるんだけど、その全員に電話しているのでしょうか?

大変だな・・・

と、一瞬思いましたが、たぶん不真面目な家とか、ぼーっとしてラマダーンを忘れてそうな家にだけ電話したのかもしれません。

我が家は、あんまり熱心じゃない夫と、日本人の嫁(私)なので、心配されたっぽいです。

熱心なパンデーおばちゃんたちは、「We Chat」(中国版Line)とかFace bookとかで
「月見えた!明日は3時に起きて朝食だ」(シェア)とかしてるんでしょう。(たぶん、知らんけど)


モスクから電話されたところで、我が家はラマダーンしませんけどね!

チッチは子供だから免除、私は妊婦だから免除。

夫はというと・・・本人いわく「嫁が妊婦だから免除!ヒヒヒ」だって。


歩き疲れ

歩き疲れてぼーっと座るチッチ


さて、先日のブログで公表しましたが、現在私は第二子妊娠中。
9月に出産予定ですので、7月末までTPAで仕事をして、8月から産休に入ろうと考えています。

今回のブログは、赤ちゃんの性別について。

ミャンマーでは、子供が二人いて、その子たちが男と女の場合、「(産み分けが)上手だね」とよく言われます。
「男の子ばっかりだと子育てが大変だ」とか、男3人兄弟だったりすると「ミャウ・トン・カウン」(猿3匹)と言ったりします。

中国人は男の子のほうが嬉しいみたいですが、ミャンマー人的には、男女両方が揃っていることのほうが良いみたいです。


私もミャンマー人の考え方に染まってきており、「二人目は女の子がいいな〜」と思っていました。
周りの人からも「チッチ一人でめちゃくちゃ大変なんだから、二人目も男の子だったら、テービーだよ」(テービー=死んだ、終わったなどの意)と、いつも言われます。

「女の子がいいな〜」という気持ちから、そのうち「女の子のような気がする」、「女の子に違いない」と思い込むようになっていきました。


夫はというと、二人目にあまり興味がない(?)のか、ノーコメント。

チッチに「弟?妹?」と聞いてみると、そのたびに違った答えが返ってきます。
「赤ちゃんが産まれたら何して遊ぶ?」と聞くと「ボーロン・カンメー」(サッカーする)との答えでしたので、チッチ的には一緒にサッカーできる弟がほしいのか?



さて、日本での食べ過ぎが祟ったのか(?)、赤ちゃんが少し大きいと言われたので、先日超音波の撮影に行ってきました。

赤ちゃんのサイズについては、問題なしでした。

性別はというと・・・
医者「一人目はどっち?」
私「男の子です」
医者「・・・うーん、こりゃ大変だ。二人目も男の子!」

ということで、私の思い込みははずれ、二人目も男の子ということになりました。
チッチと弟が二人でサッカーしている様子は、想像するだけでとってもかわいいので、女の子じゃなかったけど私は嬉しいです。


家に戻ってから夫に報告しました。

私「性別どっちだったでしょうか?」
夫「そりゃ男だろ(にやにや)」

私「えー!!なんでわかったん!?」
夫「そりゃ、自分がやったことだからな!ヒヒヒ」
私「・・・」

夫はいつも驚きの反応を返してくれないんですけど・・・。
チッチの妊娠判明のときも性別がわかったときも、第二子判明のときも「知ってたよ」「だって自分がやったことだからな」との答え。

ちょっとくらい、大げさなリアクションが欲しいよ!!


さて、お義母さんにはまだ報告していなかったのですが、先日お義母さんが夫に電話してきました。
「夢で赤ちゃんのおしめを替えたら、男だったよ」とのこと。
お義母さん、ナイス勘です!

夫は「そうだよ、男だよ」と答えたのですが、お義母さんは夫に冗談を言われたと思って、翌日私にも電話してきて同じことを言いました。
私「そうだよ、本当に男だよ」

中国人的には、男のほうが嬉しいっぽいので(夫いわく、女だと嫁入りして他の家にとられちゃうから勿体ない)、お義母さんも普通に喜んでいました。

その後、いつものように「何かいるものはないか?チッチ用のサプリメントはある?」と長かった・・・。
毎回おなじみのセリフです。

サプリは肝油ドロップを日本からたくさん買ってきたからまだあるし、なくなったとしてもタウンジーで普通に売っているから買える、なので必要ない、という答えをもう100回くらい言っているのに、毎回このセリフ。
吉本新喜劇か!!とツッコミたくなります。

それから「アウン・モー・ミン(夫のこと)に、目が良くなるサプリを飲ませろ」とか、いろいろ言ってきて、もう面倒になってチッチに電話を交代!

やっぱり、久しぶりにお義母さんと話すとイラっとしますね。


性別がわかる前は「男だったらテービー」と言っていた人たちも、実際に男だとわかると、さすがに「テービー」とは言いませんね。
ミャンマー人もそこまで失礼ではなかった。


我が家の猿2匹に、応援クリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村




ミンガラーバー

ヤンゴン在住の皆さまに愛されながらやってきたGreen Hill
6月1日より、ついに2号店がオープンしました!!

GH2号店4


Green Hillについては、公式FBと、「ミャンマー・ヤンゴン暮らしの入門帖」さんのブログをご参照ください。
よくまとめていただいて嬉しいです!

公式FB
https://www.facebook.com/Organic-Green-hill-307037312742701/


[ショップ]green hill:ヤンゴンで有機作物とこだわり食品がそろう場所。
http://iimono-nanasia.blogspot.com/2016/05/green-hill.html



このたびオープンした2号店の場所は、プライムヒル内のカフェテリアゾーンの一角です。

プライムヒルについてはこちら
http://primehillbusinesssquare.com/


1号店は野菜を中心に、さまざまは加工品やお土産など、いろいろなものを扱っていますが、2号店はオフィスビル内ということで、軽食を中心においています。

こだわりの材料で作った豆乳、サラダ、おにぎり、大福、ヨーグルト、プリンなどの軽食!
また、コーヒー、お茶、ドライマンゴー、モリンガオイルやポーチなどの雑貨も取り揃えているので、お土産を買うのにもピッタリです。


GH2号店5

有機野菜のサラダ、食べたい~!!
生野菜が不足しがちなミャンマー生活、ぜひサラダを食べて健康に☆

現在、2号店で野菜は扱っていませんが、今後1号店から注文して2号店で受け取れるようにする計画も考え中です。


GH2号店1

お土産を買うのにもオススメ!
グリーンヒルのオリジナル商品をいろいろ置いています。


私はタウンジー在住なのでまだ行ったことがありませんが、ヤンゴンの皆さま、ぜひ足を運んでみてください。
(プライムヒルはオフィスビルですが、一般の方も受付を通れば入れます)

アクセス
http://primehillbusinesssquare.com/company.html#access


GH2号店3



グリーンヒル応援クリック!お願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

日本旅行特集、第三弾!
今回はお義母さんのファッションチェックです。

といっても、荷物を軽くするためにあまり着替えを持っていかなかったので、バリエーションは少な目です。


日本に行く前、夫から「そんな服を着て日本に行ったら、田舎者丸出しだ」と言われたお義母さん。
「新しい服を買わなくちゃ!!」と焦っていました。

私「タウンジーやヤンゴンでどんなに頑張って探しても、どれを買ってもどうせ田舎者だから、日本で買ったほうがいいよ」
夫「ヒヒヒ・・・(こっそり大笑い)」

という会話をお義母さんと繰り広げていたのですが、けっきょくお義母さんは日本で服を一着も買いませんでした。
日本の服は高いからね・・・。


で、日本に持って行った服は、お義母さんの手持ちの一軍と、買わなくて良いと私が言ったにもかかわらず、新しく買った服でした。


ファッション1

花見の日は冷えたので、長そでの濃いピンクのポロシャツ!
花見会場はとっても混雑していましたが、こんな色の服を着ているのはお義母さん以外にいなかったので、非常に探すのが楽でした。
桜の薄いピンクの中に、濃いピンクが目立つ!


ファッション4

浅草に行ったときは、こんな上着で。
これが新しく買った上着だそうで、洗濯したら色落ちして、私の白いシャツがピンクに染まりました。
だから、ミャンマーで新しい服買うなって言ったのに・・・。

ファッション9

黄緑色のズボンも日本じゃあまり見ないような・・・。
実は、黄緑色の前は濃い緑色のズボンを履いて行こうとしていました。
(中学校のジャージみたいな色のやつ)

「さすがにそのズボンは・・・やめたほうが良いと思う」と私が言い、黄緑色に落ち着きました。


ファッション6

京都に行ったときは、ラーメンどんぶりによく描かれている絵柄の上着で!
まさに、中国人丸出し!!!

この上着、私的にはセンス最悪で、絶対に着たくないと思うのですが、お義母さん的にはお気に入りらしい。
「娘が中国に行ったときに、オーダーしてきてくれた上着」ということで、ここぞ!というときによく着ています。

うちの母はブルーの上着を着ていて、「何!?この赤・青ばあちゃんコンビ・・・」という感じです。

服だけならまだしも、サングラスとあの派手な帽子もちょいちょい登場します。
あの帽子も、まじで嫌。
日本旅の途中で帽子が壊れたので、ホッとしました。


ファッション8

と思って写真を見直したら、ディズニーには中国服+帽子+サングラスの最強3点セットで行ってる〜!!

しかも、真っ青なバッグ!!
これで4点セット。

これに濃い緑のズボンを合わせていたら、5点セット!
大変なことになっていましたね。
セーフ・・・(なのか?)


番外編ですが、豪華なお刺身を食べる前、祐徳稲荷に連れていってもらいました。
そこで、お義母さんは着物試着体験もしました。

ファッション5

着物を着させてもらって、お義母さんは上機嫌。
特に、帯の結び方が気に入ったようで、後ろ向きショットや斜め後ろ向きショットも多数撮影しました。

お義母さんはけっこう太っていておなかが出っ張っているのを気にしているのですが、着物を着るとあまりおなかが目立たないので、それも嬉しかった模様。
日本から帰国した後は、フェイスブックのプロフィール写真を着物姿に変更していたほどです。

相当嬉しかったみたいで、これは良かったです。


お義母さんのファッションセンスを相当こき下ろしている私ですが、チッチのファッションについて日本母からダメ出しを受けました。
一応、チッチの一軍の服を持って行ったつもりだったのですが、

母「なんでこんな変な服ばっかり着せとんの!かわいそう!!」
と言われました。

ファッション2

ファッション3

かわいそうなダサい服の例。

たしかに、イオンとか行ったら、小さい子みんな可愛い服来てた!!

母は速攻ユニクロに行ってチッチの服を買ってきたので、旅行の後半は日本風のかわいいチッチでいられました。

ファッション7

京都駅にいた、せんと君と。

私はマタニティー服をいっぱい買って、それでなんとか凌ぎましたよ。
応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


ミンガラーバー

お義母さんの日本旅行、いろんなところに行きました。
そして美味しいものをたくさん食べました。
(お義母さんを言い訳にして、私がいろいろ食べたかった)

日本食3

うどんが美味しくて踊るチッチ


お義母さんのiPadフォトライブラリーより、食べ物写真大公開です。
自慢になっちゃいますけど、お許しくださいませ。オホホ!
(だって、普段はこんな美味しいものを食べられないから、一年に一度の帰国くらい、好きなものをたくさん食べたいじゃん!)

今回の旅行で、嬉しかった食事、第一位は!!!

日本食1

ジャーン!!!
これすごいでしょ!?
佐賀の新鮮なお刺身の盛り合わせです。
TPAのドナーさんに連れていっていただきました。


日本食2

残ったお刺身をお寿司に!
涙が出るくらい美味しかった。

日本食4

お土産においなりさんもいただいて、翌日の朝ごはんにいただきました。
甘くて美味しかった〜

Tさん、Mさん、ありがとうございました。



ランキング第二位は!こちら!!

日本食9

北海道の恵み☆カニと甘えび〜
以前タウンジーに来られた方から送っていただきました。
(あまりに大量だったので、こんなにいただいて良いのか・・・と戸惑うレベルでした)

日本食5

私、甘えびめっちゃ好きなんです。
タウンジーに寿司屋はあるけど、甘えびはメニューにない・・・。そしてあまり新鮮じゃないです。
北海道の甘えびはめっちゃ甘くてとろける〜!!!


日本食10

嬉しくて、私もついついセルフィー(笑)

ほかにホッケやリンゴジュースもあって、北海道の恵みを堪能しました!
北海道のSさん、ありがとうございました。



第三位は・・・

三重県のウナギ☆

日本食8

三重県はウナギの消費量が全国一だそうです。
私のおばあちゃんが三重にいるので、会いに行ったときはいつもウナギを食べます。
うな丼、うざく、うまき、からしあえ・・・。
これでもか!?というほど、ウナギを食べました。



第四位!

京都の湯豆腐☆

日本食7

お義母さんを京都に連れていき、竜安寺(だっけ?)の湯豆腐を食べに行きました。
中学校の修学旅行のとき、京都で湯豆腐を食べて美味しすぎて、「死ぬ前にもう一回食べたい」と思ったことを今でも覚えています。
もう一回食べられてよかった。

日本食6

お庭がすごくきれいで、お義母さんのiPadも忙しく稼働していました。
チッチがじっとしていないので疲れましたが、美味しかった。



第五位!!

品川プリンスのビュッフェランチ☆

日本食13

鈴木家が一度行ってみたいと狙っていた、都内で一番人気のビュッフェ。
今回お義母さんが来るという機会を利用して、いざ参戦しました。

私はデザート全種制覇!重たい洋食は控えめにして、ケーキを攻めまくりました。
妹と父はとにかくローストビーフ狙い!
チッチもスパゲッティーとかパンとか、ケーキとかジュースとか、なんやかんやたくさん食べました。

そしてお義母さんはというと、全範囲まんべんなく攻めてました。

日本食11

お義母さん、いきなり洋食山盛り!
一品一品の量が多すぎて、すぐおなか一杯になりそう。

日本食12

お義母さん第二陣!
おなかにたまるパン、いきなり全種持ってきた!!
ビュッフェのダメ攻略パターンやんか、もう!

その後も何度か取りに行き、かなりおなか一杯になって、「もう無理やろ〜」と私と妹が言っているそばから、こんな山盛りデザートをお義母さんがとってきました!

日本食14

一人分にしてはあまりに多いので、お義母さんが変に気を使ったと思った私は
「もう、皆それぞれ取るから、皆の分持ってこなくて良いよ」と言いました。
妹は「絶対残すに決まってる!」と大爆笑していましたが・・・

なんとお義母さん完食!!
どんだけ食べてるの!!!!
皆の分じゃなくて、自分の分だったのね・・・。


その日の夕食は、さすがのお義母さんでもおなかがすかなかったらしく、食べませんでした。
(でも私は、その後、人と会って大きなタルトケーキを1つ食べ、夜はこっそり駅前のラーメン屋に入ってラーメンを食べるという、お義母さんに内緒のタブーを犯したので、お義母さんのことを笑えない・・・)



あとはランキング外ですが、

日本食20

いろいろカフェでお茶を楽しんだり☆

日本食15

浅草のきび団子と抹茶。

日本食18

京都のイノダコーヒーでランチ。

日本食16

日本食17

京都の中国茶を出すカフェで。

日本食22

金閣の抹茶ソフト。

日本食19

京都のわらびもち。

日本食23

京都のホテルの朝食(和食)

日本食24

京都のホテルの朝食ビュッフェもテンション上がって食べまくり!持ち帰りまくり!
(京都でどんだけ食べてるねん!)


日本食21

門司の焼きカレーも食べました。
お義母さんは気に入って、お土産にレトルト焼きカレーを買っていました。
(たぶん、お義母さんが食べたらいけないアレのエキスが入っているけど、内緒です)

日本食27

居酒屋みたいなところに行って、居酒屋メニューも食べました。
もつ鍋も!

日本食26

お義母さん的に不評だったのが、もんじゃ焼きでした。
スカイツリーの中のお店で食べたのですが、チッチが火傷しそうになって危ないのと、「なんだか妙な感じ」ということで、イマイチそうな顔をして食べていました。
夫が以前来た時も、たしか、もんじゃは不評だったような気がします。


いや〜、いっぱい食べました。
しかも、普段の帰国では食べられないような豪華なものも、お義母さんのために(本当は自分が食べたいから!?)大奮発しました。

食べすぎたおかげで、こんなにもお腹が大きくなってしまいました!
着ぶくれじゃナイヨ。

日本食25

・・・というのはウソです。
お腹が大きいのは脂肪のせいではなく、小さい人がおなかの中に入っているからです。

と、最後に重大発表でした。


ミャンマーに戻って1か月経過。
日本食が早くも恋しい!!
クリック応援お願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

あんまり観光するものがないタウンジーですが、新スポットに昨日行ってきたのでご紹介します。

とはいえ、わざわざこのためにタウンジーまで来たほうが良い、というレベルではなく、タウンジーで行くところがなくて、暇すぎる人にお勧めの場所です。

あとは、デートとかに良いようで、若者カップルたちがたくさん来ていました。
(私はデートではなく、スタッフのMYとその嫁と一緒という変な組み合わせでいきましたが)


地元では「オーガニックチャン」(オーガニック畑)と呼ばれている、ちょっとした公園みたいなところです。
オーガニックといっても、TPAとは関係ないです。
タイとかチャイントンから来た人がオーナーとのうわさ。

オーガニックファーム6


入り口
入場料などは特になく、勝手に入ってOKです。

オーガニックファーム1


イチゴ畑が広がっていました。
イチゴ狩りができたら楽しそうだけど「入るな」とミャンマー語で書いてありました。

オーガニックファーム2


カリフラワーもトウがたってしまっていました。

オーガニックファーム3


花壇がたくさんあって、お花の前でセルフィーを撮りたいミャンマー人に大人気。

オーガニックファーム4


レタス植えたばっかり。
ビニールハウスもしっかり作っています。
TPAのセンターでも真似したい!

オーガニックファーム5


カップルが座っていちゃつけるような場所もしっかり整備されています。

オーガニックファーム7


なぜか孔雀もいる。

オーガニックファーム8


サルとウサギもいた。

オーガニックファーム9


きれいに整備されています。
でも、今は水の量が少なくて水がにごっていました。

オーガニックファーム10


素敵なお休みどころも。
ジュースやちょっとしたお菓子が販売しているので、ローカルカップルはこういうところに座って、お菓子を食べたり、いちゃついたりするのでしょう。

オーガニックファーム11


お昼すぎに行ったのですが、木がたくさんあったので木陰は涼しかったです。

もうちょっと涼しい季節になったら、チッチをつれてきて遊ばせたいですね。

あと、花がたくさん咲いていてきれいだったので、お義母さんを連れていっても喜ばれそう。


オーガニックの野菜を買って帰りたかったのですが、残念ながら今の時期はイチゴもカリフラワーも終わり、レタスはまだでした。
野菜がある時期には、ここで買うこともできるそうです。


場所は説明しづらいです・・・。
ヒントはパオ広場の裏側。
カックーパゴダ観光の帰りに寄れる場所にあります。
車じゃないといけない場所です。

イチゴの季節だったらもっと楽しいんだろうな・・・。

もしも行ってみたいという方がいらっしゃいましたら、うちの車借りてくださったらご案内します~。


ミンガラーバー

5月11日は夫の誕生日でした。
ついに、40歳ですよ~!!

ケーキ5

チッチがブレていない写真が一枚も無かった・・・。


ミャンマー人は名前の前に「ウー」とか「コー」とかつけます。Mrとかの意味です。

大学生のときに「おじさんにはウーを付ける」と習いました。

そのときの教室でのやりとりが今でも思い出されます。


生徒「何歳くらいからおじさんになるんですか?」

先生「だいたい40歳くらいからですね」



うん、うちの夫も40歳ですから、これからはコー・アウン・モー・ミンではなく、ウー・アウン・モー・ミンと呼ばなくちゃね!!

ということで、誕生日ケーキの名前も「ウー」で書いてもらいました。

ケーキ4

左奥にU(ウー)と書いてありますが、見える??


誕生日はケーキを食べたくらいで、特に何もないのが我が家流。
恋人時代は何かプレゼントをくれたのに、今では何もくれない夫に対し、私も特に何もあげないです。
(ほしいもの、よくわからんし・・・)

ケーキをオーダーして、夕食も美味しいカルボナーラスパゲッティーを作ってあげた(成功してよかった!)ので、それで良しです。



さて、私が愛してやまないパン屋さんのKUDOS。

KUDOSについては、以前のブログで書きました。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-675.html

イベントごとがあると、うちはいつもKUDOSでケーキをオーダーします。

上の写真の夫の誕生日ケーキももちろんKUDOS。
18,000ksでした。

ケーキ3

↑ 3月の私の誕生日もKUDOS!

ケーキ1

↑ 2月のバレンタインデーもKUDOS!!

ケーキ2

↑ (私、パジャマです)

ケーキ6

↑ 12月のチッチの2歳の誕生日&クリスマスも、もちろんKUDOS!!!


タウンジーに来たら、ぜひKUDOSのケーキを食べてみてね☆
(高いけど)

KUDOSの場所は、タウンジーっ子なら誰でも知っているので、そのへんの人に聞いてくださ~い。



舅より、「アウンモーミンの誕生日会の写真が見たい」と言われて書いた今日の記事。
あまりにも誕生日会の写真がなさすぎて、誕生日というかKUDOSのケーキの話になってしまいました。

美味しそうクリック♪よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

水祭り中、お義母さんとチッチと三人で日本に行きました。
お義母さんは日本が初めて!ということで、いろいろつれていきました。

どこに行ったかというのを、今回は写真で振り返りたいと思います。
お義母さんがお気に入りのiPadで撮影した写真たちです。

若干、閲覧注意!
電車の中とか、公共な場所で見ないほうが良いかも・・・。

日本旅行3

ハトバスに乗って・・・

日本旅行1

長野にお花見に行ったり・・・

日本旅行2

ちょうど満開で大満足!

日本旅行4

スカイツリーに登ってみたり(曇りでよく見えなかった)

日本旅行5

スーパーマーケットに行ってみたり(花屋の前でパチリ!)

日本旅行6

綺麗な花の前では必ずパチリ!

日本旅行9

京都に行ってみたり。

日本旅行7

金閣に行ってみたり(ミャンマー人にゴールドは外せない!)

日本旅行8

清水寺の近くの塔でもパチリ!

日本旅行10

電車に乗ってもパチリ!

日本旅行11

ディズニーシーに行ってもパチリ!

日本旅行12

トイストーリーにも並んで乗りました。


・・・と、こんな感じの2週間でした。



この自撮り、どうにかなりませんかね。
最近の人はセルフィーと呼ぶらしいですが。

お義母さんもミャンマー人の例をもれず、自撮りが大好き。

しかし、この帽子と上着とサングラスのセンスがたまりません。
サングラスにiPad反射してるし!!

明らかに中国人っぽい感じです。
実際、京都では中国語でたくさん話しかけられました。

ロンジーを持っていったけど着なかったお義母さん。
そのわけをたずねると、「外国人とばれて、外国人料金ぼったくられたら嫌だから!」とのこと。

すでにバレバレですから!!!
しかも、日本で外国人料金とかないから!!!



なんだかプリクラのフレームみたい、と思ったら、クリック!!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

ミンガラーバー

5月1日は、我が家の結婚記念日です。
この日は毎年食事に出かけるのを恒例にしています。

1年目はエタヤワイナリー。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-579.html

2年目はポエトーウィンという偽オーガニックレストラン。

2年目はハズレでした・・・(泣)
って、2年目の記事、書いてあるのにアップするの忘れてますね。
お蔵入りは勿体ないので、またアップします~。


ということで、2年目は店選びに失敗しているので、3年目の今回は素敵なところが良い!!とずーっと考えていました。

で、ここ南シャン州で一番素敵と私が思っているのが、「ノボテル ニャウンシュエ」のレストランです。
もう、ヤンゴンで話題のノボテル系列ですから、こりゃ素敵なことは間違いないでしょう!

ただ、タウンジーからだと車で片道1時間半近くかかるので、普通の日には連れていってもらえそうにありません。
結婚記念日という特別な日だからこそ、無理なお願いも夫にできる!ということで、半年以上前から「今年の結婚記念日はノボテルで!」と企んでいました。


ところが、最近夫は仕事が忙しいのです。
以前は慣れたスタッフがいたので、昼間に店をスタッフに任せて外出することもできましたが、慣れたスタッフが辞めてしまったため、お店から離れることができません。
なので、仕事が終わって家に帰ってきたのが17時半でした。

それでも、無理な時間ではないので「ノボテル希望!」と言ったのですが、いきなり大雨が降りだしました。
行きは良くても、帰りは暗い山道でしかも雨となると、運転する夫に負担がかかります。

夫も行きたくなさそうで、何度も「本当にノボテルにするの?エタヤワイナリーでよくない?」と聞いてきます。
雨だとエタヤワイナリーは半分屋外なので濡れるし、蚊が多そう・・・。
しかも、1年目と同じ場所じゃん!とも思ってしまいます。


いろいろ迷った結果、タウンジーで比較的新しくできた「メニューが400ある店」に行くことにしました。
(実は、その日の昼に日本人のお客さんとその店でランチを食べたので、私はそんなに行きたくなかったんだけど・・・)

MKK1

こちらが「メニュー400の店」と私が勝手に呼んでいるレストランです。

店の名前は「MKKミン・カン・カウン」(あなたはラッキーだという意味)
夫いわく、「お店に来たあなたがラッキー!?こんなふざけた名前をつけるのは軍人の店に違いない」とのこと。
サービス業がそんなふんぞり返った心構えでどうするんだ、とのことです。

ここは、洋風、中華、タイ風とメニューブックがそれぞれ分かれており、400もの種類があることが自慢です。
しかも、ミャンマーの店でよくある「それ今日ないです」が絶対ない!とのこと。
今まで何度か「絶対このメニューないやろ」というのを試してみましたが、出てこないことは一度もありませんでした。

MKK2

綺麗な店内。

MKK9

3階建てで、最上階はルーフトップ。
ミュージックショーもあります。良い子に音楽を聴くチッチ。


ノボテルに行けなかった私は、この店で贅沢してやろう!と、普段は頼めない高めのメニューをたくさん頼みました。

MKK4

カプレーゼ6,500ks。
チーズが予想と違ったけど、まあまあ美味しかった。

MKK6

ステーキ(オーストラリア産)16,000ks。
まあまあ。付け合せがたくさん出たのが嬉しい。

MKK7

チキンスパゲッティー4,500ks。
けっこう辛目。美味しいです。

MKK8

バターフィッシュのライムソース8,000ks。
美味しかった。下のマッシュポテトが嬉しかったです~。

MKK3

ノンアルコールカクテル3,000ks。
ココナッツミルクが入って甘くて美味しく、チッチと取り合いに。

MKK5

マルゲリータピザ4,500ks。
生地はクリスピータイプかパンタイプか選べました。
こんなこと、タウンジーでは初めて!!


ということで、ノボテルに比べたら若干テンションは落ちたものの、普通に楽しく美味しい記念日が過ごせました。
MKKにして良かったなぁ。

ランチを一緒に食べた日本人のお客さんも、「パスタが美味しい!イタリアで修行したシェフじゃないか?」と言っていましたよ。
あと、キリンの生ビールも置いてありました。
タウンジーでキリンの生が飲めるのは、たぶんこの店だけと思います。

MKK (ミン・カン・カウン)
行き方は、東周回道路(アシェ・ミョーパッラン)の信号のすぐ近くです。

毎年恒例の記念写真。スタッフの撮影はへたくそ~。

MKK10


記念日おめでとうクリック、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
2016.05.06 子どもの日
ミンガラーバー

ひさびさの更新です。
日本帰国中に更新しようかと思いましたが、ハードスケジュールで無理でした。

25日にタウンジーに帰ってきた後も、休みなしでバタバタ。
やっと更新できました。

お義母さんも一緒に行った日本旅行、いろいろ書きたいことはありますが、またそれはおいおいとして、今日は新鮮な話題を。


昨日は子どもの日でしたね。
チッチも鯉のぼりと兜でお祝いをしました☆

こどもの日4

兜と言っても、日本のは高くて買えず・・・。
今回の帰国で買って帰ろうかと考えましたが、安いのでも5万円、しかも持ち帰りも大変だし、飾っても100%チッチがぶっ壊す!ということで断念しました。

そのかわり、手ぬぐい屋さんで兜柄の手ぬぐいを買いました。約4,000円。

こどもの日3

そして、手ぬぐいを入れた額縁は、タウンジーで作りました。
お値段たったの2,000円!
ガラスが入ったしっかりした作りです(重い)

日本の手ぬぐい屋さんでは、もっとしょぼい額縁で1万円越えでしたので、断然お得!!

しかも、手ぬぐいを集めれば、季節に応じていろんな絵を飾れます。

まだこの手ぬぐい1枚しかないけど、少しずつ集めていきたいな・・・。

この額縁をかけるには、機械で壁に穴を空けないといけないので、今のところまだ床置き状態なのが難点ですが。


こどもの日2

チッチが食べているのは、わらびもちです。
「わらびもちを食べるわらべ(童)」ということで、ダジャレです。
日本からわらびもち粉を買ってきて手作り。

この服は出産のお祝いでいただいたもので、もうだいぶ小さくなってしまいました。
チッチは服を着るのが嫌で最初はご機嫌斜め。

こどもの日1


5月は1日が結婚記念日、5日がこどもの日、11日が夫の誕生日とイベント盛りだくさんです。
結婚記念日に行ったレストランの紹介はまた次回~☆

ブログ応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

明日は午前便でヤンゴンに行き、夜のANA便で日本へ帰国です。
前回は5月だったので、11ヶ月ぶりの日本です。
お義母さんとチッチも一緒!
見たいところはいろいろ見て、食べたいものもたくさん食べる、太る予感マンマンの2週間になります。


さて、今日はチッチのミャンマー語について。

前回記事はこちら。
おしゃべりチッチのミャンマー語
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-688.html

最近ますますミャンマー語が上手になってきています。
特に、動詞をいろいろな形で言えるようになってきました。

サー(食べる)にしても

サー(食べなさい)
サーメー(食べる)
サーマラー(食べるか?)
サーピービー(食べ終わった)
マサーデーブー(まだ食べていない)

などが言えます。

最近はサーマラー(食べるか?)などの疑問系を話してくることが多いです。
おそらく、大人がよく使っているからかな。

たまにチッチがじっとしていると、「イーパーラー?」(うんち出た?)と私が聞くのですが、そのせいか、私がじっとしているときに「イーパーラー?」と聞いてきます。
大人はその場でウンチしないから!笑


先日は2日連続で、朝食にヌードルを食べに行きました。
一日目の店では、ペットウ(ワンタンスープ)と牛乳を飲みました。

二日目の会話が面白かったです。

私「今日もカウスエ(麺)食べにいくよ」

チッチ「カウスエ!」(好きなのでテンションがあがる)

私「またペットゥ(ワンタン)にする?」

チッチ「ペットウ!」

その後チッチが、

チッチ「ぎゅうにゅうシーラー?(ぎゅうにゅうはある?)」

と言ってきて、昨日麺屋で牛乳を飲んだことをちゃんと覚えていて、しかも言葉で聞いてきたことに感動し、ウケました。



そして、一人称はなぜか中国名の「カッチャン」が定着しつつあります。
あんなに毎日私が呼んでいる「悠ちゃん」という呼び名は、自分で呼びづらいらしく「ゆんちゃん」となるときがたまにあります。

絵本に家族3人が描いてあるのを見て、「ババ、ママ、カッチャン」と言うのが可愛いです。


日本に行ったら、もっと日本語が上手になるかな?
お義母さんがいるから、ミャンマー語ゼロになることはないので、ミャンマー語も現状維持で上手になっていくでしょう。

明日の飛行機、いい子に座ってくれていますように。
ヤンゴンの暑さが心配ですが、日本は楽しみです☆


爆裂お義母さんの日本旅行記に、期待クリックお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー

3月23日は私の誕生日でした。

誕生日1

昼はお友達とハイティーに行き、夜は家族+ラッキーのおばさんとタイ料理にケーキ。
食べ過ぎた一日でした。

誕生日2


さて、今年の水祭り中は一時帰国します。
チッチとお義母さんも一緒です。
仕事もありつつ、観光や休暇もかねて、という感じです。

TPA本部がある佐賀には4月15日と16日の2日間滞在の予定です。
15日はいろいろと仕事をして、16日は料理教室&報告会を実施します。

なんと、お義母さんが料理教室の講師です!
使えるものは何でも利用するのがNPO精神ですな。
料理好きなお義母さんの本領を発揮してもらいます。

メニューは「オンノウカウスエ」
皆大好き!ココナッツヌードルです。
ココナッツミルクのコクがある、美味しいラーメン。
ミャンマー人は朝食によく食べます。
人の家ではよく食べられるけど、モヒンガーやシャンヌードルのようにお店で売っていることが少ない、ミャンマーの家庭料理です。

私も作り方よくわかっていないし、パワフルすぎてコダワリの強いお義母さんが時間内に調理を終わらせられるか不安ではありますが・・・まあ、なんとかなるでしょう。

報告会チラシ

チラシ、お義母さんの顔が半分切れた~!!


第一部が料理教室で、第二部が私の講演会となります。
1時間でサクッと、今TPAがやっている事業の紹介と、村の女性にフォーカスした面白い話をしようと思っています。
ミャンマーの村の結婚、妊娠、子育て事情とかです。


また、村の女性たちが作った手工芸品の販売など、フェアトレード品の販売会も行います。
ミャンマーではヤンゴンのグリーンヒルとインレーのタンボジセンターで販売をしていますが、日本では私たちが帰国したときくらいの限定販売です。
コーヒー、モリンガティー、ローゼルティー、レモングラスティー、ティティン編みなど販売しますのでお楽しみに☆

第一部の料理教室は有料、事前申し込み制です。
第二部だけなら、フラッと参加してもOKです。

チッチも会場付近でウロチョロしていると思います。
お近くの方、ぜひぜひご参加お待ちしております☆

誕生日3

水とピーナッツで楽しむ2歳児。
ピーナッツつまみにビールを飲むオッサンみたい。


チッチは飛行機が大好きで、今から乗りたくて仕方がないみたい。
「飛行機乗る?」と聞くと「乗る!」と即答です。

「飛行機で良い子に座っていたら、ジュースやお菓子やおもちゃがもらえるよ」と言うと、ますます乗りたい気持ちがヒートアップ!

何か悪いことをしようとしたときに「そんなんだったら、飛行機無しね」と私が言うと、「ダメよ~」と言って悪さをやめます。

去年の6月にチェンマイに行ったときは、高いのが怖くて震えていたくせに!

応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
ミンガラーバー


ビール1

大好き100プラス。
チッチはこのジュースのことを「ビヤー」(ビール)と呼びます。



最近、日本は春休みのため、スタディーツアーやお客さんがとても多いです。

このブログ経由で、夫の旅行会社に航空券を依頼してくださるお客さんも増えています。
ありがたいことです!

飛行機のチケット予約の際には、名前が必要になります。
パスポートどおりのアルファベットのつづりで、チケットに印刷してもらいます。

皆さんもご存知のように、国際線だと、名前のアルファベットが一文字でも違うと「アウト!」で乗れなくなってしまうので、最新の注意が必要になります。

でも、ミャンマーの国内線の場合は、名前間違いに関して、けっこう寛容みたいです。

どこまでOKなのか、夫に聞いてみましたので、ご紹介します。



1)性別間違い

女性なのに「Mr」とか、その逆。
または既婚者なのに「Miss」とか、独身なのに「Mrs」となってしまった場合は・・・

乗れます!


2)名前ちょっと間違い

SUZUKI YUKARI (誤)
SUZUKI AKARI (正)

Ni La Oo (誤)
Ni Lar Oo (正)

みたいに、名前の一部をちょっと間違えた場合は・・・

乗れます!

ミャンマー語をアルファベット表記すると、けっこうブレがあるので、このくらいの間違いは日常茶飯事です。
ミャンマー人の場合はIDカードで飛行機に乗りますが、IDカードはアルファベット表記ではなくミャンマー文字表記のため、表記のブレが起こります。


3)名前けっこう間違い

MIYAHARA AKARI (誤)
SUZUKI AKARI (正)

Ni Lar Win (誤)
Ni Lar Oo (正)

こういう場合は・・・たぶんいけます。
ミャンマー語名の場合はほぼいけます。

が、日本語名の場合は前例がないのでわかりません・・・・。


4)名前がまったく違う

AYASE HARUKA (誤)
SUZUKI AKARI (正)

Nan Kin Zayar (誤)
Ni Lar Oo (正)

こういう場合は無理です。全くの別人です。


5)ファーストネームと苗字が反対

AKARI SUZUKI (誤)
SUZUKI AKARI (正)

これは間違いなくセーフ。
ミャンマー人は苗字の概念がないので、皆よくわかっていません。


6)名前だけ、もしくは苗字だけ

SUZUKI (誤)
SUZUKI AKARI (正)

これも余裕でセーフです。



という感じです。

ちなみに、今までで一番すごい例は

ベトナム人の名前を間違えて「ホーチミン」と書いたけど、乗れた

という件。

お客さんからパスポートを渡されたのですが、ベトナムのパスポートは「Name」とか「city」とか、そういうのがぜんぜん書いておらず、
どれが名前で、どれが出身地か、全くわからない状態だったそうです。

そのため、スタッフは「ホーチミン」が名前だと勘違いしてしまったらしい・・・。

日本人が「Mr TOKYO」と言って飛行機に乗るようなものです。

それでも、問題なく飛行機に乗ることができました。


ミャンマーの国内線は、一度発券してしまったら、もう名前の修正は絶対できないシステムになっています。
もし修正したいなら、新しくもう一枚チケットを買わなければなりません。

けっこう寛容で乗れますが、空港でドキドキしないように、名前確認はしっかりしましょう!!



ちなみに、ミャンマー国内線のイーチケットは、紙がなくても乗れます。
予約番号とチケット番号を控えておけば大丈夫。

ギリギリで予約されたお客さんやメールを受け取れないお客さんに、口頭で番号を伝えたことがあります。
日本のお客さんからは「こんな番号だけで本当に乗れるのか?」と心配されましたが、大丈夫でした。

ミャンマー人の多くはLINEみたいな「We Chat」というアプリを使っています。
予約番号とチケット番号をWe Chatで送っといて、というミャンマー人も多いです。

いつもギリギリに予約するミャンマー人には、We Chat発券はとても便利なシステムのようです。


ということで、ミャンマーの飛行機チケット予約、承っております。

乗る方全員のお名前(パスポートどおりのアルファベットで)
性別
ご希望の日程、だいたいの時間(早朝、午前、午後、最終など)
その他希望(直行便が良い、安いのが良いなど)

をお知らせください。

注)
本業ではないため、急ぎの場合は他社にご依頼ください。
土日も対応できません。

akarisuzuki@gmail.com


ビール2

ビヤーうまい!という顔。
あんまりムスリムの人の前で「ビヤ飲む」とか言わないでね・・・誤解されるから。


昨日は、ホーチミンに爆笑でした。
応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村