このブログは、地球市民の会非公認ブログです。
 ブログの内容は団体の意見ではなく、鈴木亜香里個人の意見です。
 地球市民の会の情報は、http://www.facebook.com/chikyushiminnokaiでどうぞ!

 <メディア掲載>
テレビ「こんなところに日本人」出演
  『ミャンマー・カンボジア・ラオスのことがマンガで3時間でわかる本』
   JICA「なんとかしなきゃプロジェクト」ブログ集
  佐賀新聞「私が選んだ週間ニュース5」2010年3月18日
  取材依頼、お問い合わせは左のメールフォームからどうぞ。
    
  ブログランキングに参加中!応援クリックよろしくお願いします☆
    にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
ミンガラーバー

最近気球のことばっかり書いていますね・・・。

ディディー出産記、まだ1回しか書いていませんでした。
全部で8回くらいになる予定です。

今日は2回目!

1回目はこちら。

ディディー出産記1「帝王切開編」
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-734.html


出産2-1

病院で激しく遊ぶチッチ。



本能的な恐怖を感じながらも、痛みは全くなく無事に終わった帝王切開。
でも、帝王切開はここからが大変なんです。


よく、マタニティ関係の本とかネットサイトとかで

「帝王切開は陣痛がないから楽でしょう」

「普通に産めなかったのか?」

などと他人から言われて傷ついた、という話を聞きます。


私なんかは、帝王切開のほうが100倍怖い!!と思っていたので、帝王切開で産んだ人には「よく決心したね、頑張ったね!」と思っていたのですが、世間には「帝王切開が楽」と思っている人もいるようです。

実際、私も「2人目のほうが帝王切開だから楽だったでしょ?」と聞かれました。

これ、NGワードですからね。

相手は日本人のおじさんだったので、「あー、この人わかんないんだろうな」と思って傷つきませんでしたが。


一人目は普通分娩、二人目は帝王切開で産みましたが、私は絶対に普通分娩のほうが楽で良い!と思います。
(安産だったというのもあると思いますが)

そりゃ、産む瞬間は帝王切開は麻酔されていますからね、痛くないですよ。

でも、手術が終わってからがシンドイんです・・・。



手術が終わってから6時間程度は麻酔が残っています。
少しずつビリビリが消えていく感じ。

「だんだん動けるようになってきたぞ!」と嬉しい気持ちになる一方で、傷口の痛みが少しずつ強くなってきます。

そして、冷房ガンガンの手術室に裸(というか、おなかの中まで切られて丸出し)でいたせいで、内臓が冷えて寒い!
他の人が半袖でいる室内で、厚い布団をかけて電気ストーブまでつけていました。

出産2-3

こんなに分厚い布団をかぶっていても寒い!



それだけではなく、後陣痛もきます。
子宮が収縮する痛みだそうですが、これが地味に痛い。

ま、でもチッチのときの陣痛に比べたらぜんぜんマシな痛みなので、後陣痛はそんなにつらくありませんでした。
むしろ、快感!?
(人によっては、本当の陣痛より後陣痛のほうが痛い人もいるらしいです。)

ディディーの陣痛を味わえなかった分、後陣痛で陣痛気分を味わいました。



一番嫌だったのが、管につながれていることでした。

点滴を手術後24時間しなくてはならず、腕には常に点滴の管がくっついています。
また、導尿も24時間しないといけませんでした。

麻酔が切れた後は、回復を早くするために寝返りをたくさんうてと言われるのですが、寝返ったときにこの2つの管が変なことにならないか心配で心配で・・・。

しかも、導尿のほうは、どこにどうつながっているのか、自分で見れなかったんです(起き上がれなかったため)。

後で見たら、床に置かれたアルパインのペットボトルに黄色いおしっこが溜まっていましたけど!
お見舞いに来た人に見られてて恥ずかしいわ!


チッチがお見舞いに来てくれたのは嬉しいのですが、この2つの管に引っかかって転んだら・・・と思うと、気が気ではありませんでした。

想像しただけで痛すぎる!!

チッチは若干赤ちゃん返りをしていて、やたらと甘えたがるんです。
病院に来て「やっとママと会えた!!」とテンションが上がるのか、普段よりも激しさ倍増!

「もう、お見舞いに来ないで!!!」と言ってしまうほどの恐怖でした。


出産2-2

こんな感じでテンション高すぎ!!



麻酔が切れると、おなかの傷が痛みます。

傷が痛いのもそうですが、動くときにおなかに力を入れられないのがさらにツライ!


手術後24時間たって、点滴と導尿が外れ、「イェーイ!着替えるぞ」と思ったのですが、立ち上がるのも激痛!

ズボンを引っ張りあげるのが本当に痛くてきつくて、「ウォー!!!」って、ドラゴンボールでダメージ受けまくっている悟空状態ですよ。

しかも、ドアのかぎを閉めてなかった(歩くのがきつくて閉めに行けなかった)ので、「この状態で誰か来たら恥ずかしすぎる!」というのもあって、死ぬ気でズボンを引っ張りあげました。
傷口裂けたかと思った・・・。


その後も、寝返りうつのも痛いし、起き上がるのもつらい。

入院の際、我がままを言って、自動リクライニング機能があるベッドに替えてもらったのですが、本当に正解でした。
ベッドに起こしてもらわないと、起き上がれません!!



授乳のときは、看護婦さんに赤ちゃんを持ってきてもらって、寝ころびながらの授乳です。
寝ころびながらだと、授乳のベストポジションを探るのが難しくてしんどかった・・・。

幸い、ディディーは吸うのがかなり上手だったので良かったですが、全く吸うのが下手くそなチッチみたいなのが産まれていたら、たぶん母乳あげるの無理だったと思います。

授乳のときは、左右の乳を5分交代であげないと、乳首が切れていたくなります。
でも、左右を代えるのはおなかが痛くてツライので、15分交代くらいにしていました。

そのせいで両方の乳首が切れて激痛!!
2週間くらいずーっと痛くて、それもしんどかった。


お腹の痛みどめの坐薬があったのですが、「痛みどめを使うのは負けだ!」みたいな思い込みが自分の中にあり、なかなか使えませんでした。
「我慢できるなら我慢したほうが良い」と看護婦さんにも言われたし。

傷口の痛みは「我慢できるか?」と聞かれたら、陣痛ほど痛いわけではないので、我慢できます。

でも、だんだんと痛さと、自由に動けない不満とでウツウツ、イライラしてきました。

そこで、坐薬を入れてもらったら、一気に痛みが軽くなりました。
変に我慢するのもよくないですね。


そんな感じで、帝王切開は産後が本当にツライです。
普通分娩だったら、会陰の傷が痛いくらいですもん(まあ、それもけっこう痛かったですけど)

陣痛はゴールが見える痛みですが、帝王切開の傷の痛みはゴールが見えないのでツライのです。



あと、10日くらい風呂に入れなかったのも地味に辛かったですね。

産後はホルモンの関係で、めっちゃ暑くなるんです。
いつも汗びっしょりで不快!!

日本だと、3日後くらいから、傷口に防水シールを貼ってシャワーを浴びてOKらしいですが、こっちには防水シールなんてないので・・・。

頭を洗いたくて仕方がなかったのですが、水のいらないシャンプーを日本から持ってきていたので、乗り切ることができました。



お腹の痛さは、日々マシになっていきましたが、それでも2週間程度は痛かったです。
産後1か月は、チッチのときよりも体力消耗した感じでした。
(年のせいもあるかも!?)

ということで、「帝王切開、楽だったでしょ!?」は言わないように、皆さまお気を付けくださいませ~。


続く!


クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
関連記事
マイソンカー(シャン語でこんにちは)
ハッピーニューイヤー!

今日(11月29日)は新月。
シャン族のお正月でした。

今年はシャン年では2111年だそうです!

ということで、今日の昼間はタウンジーの大通りを通行止めにして、シャン族のパレード(というか、行進)が行われました。

20161129214552590.jpg

シャンの中で目を引くのがこちら。
皆がこの娘と写真をとりたがり、パレードがぜんぜん前に進みませんでした。

日差しが暑い中、大変だったろうに・・・。


20161129215003252.jpg

毛むくじゃらのやつも、暑い中お疲れさんです。


20161129215030666.jpg

シャンの政党のキャラクターは白いトラなので、トラのトラック!

20161129215127397.jpg

後ろのほうは、お御輿(僧院に寄付するものがくっついている)を持っているくらいで、あとは踊りながら歩いていました。




感心したのは、皆がゴミを出さないように気をつけていたことです。

暑い中のパレードなので、ジュースなどの差し入れがいたるところで行われるのですが、ジュースの空き容器をポイ捨てしている人を見かけませんでした。

これは、ポイ捨てが普通に行われているミャンマーでは、信じがたいことです!

ゴミ箱も設置されており、パレード後にはちゃんと回収をしていました。

シャンの指導者層はゴミ問題もきちんと考慮し、指導していたみたいですね。
さすが!



こういうパレードは、タウンジーではよくあります。
11月の満月の夜(前日の夜かも?)には、パオ族が灯篭を持って行進します。
とてもきれい!

20161129215745285.jpg

他にも、得度式のパレードとか、坊さんの試験合格パレードとか、いろいろあります。
我が家のように、小さい子供がいる家庭はいろいろ見学できて楽しいです。



シャン族といい、パオ族といい、指導者層がしっかりしているからこそできる祭りですね。

仕事柄、シャンやパオの指導者層の人に会うことがありますが、自分の民族の発展のために力いっぱい尽くしている方が多く、感動します。

全くのボランティア(お手当なし)で、毎日民族のために駆け回っているおっちゃんを見ると、「収入どうしているんだ?」とも思いますが・・・笑。
(そういう人は、だいたいビジネスがうまくいっていて、家族に任せられる状況になっている)

少数民族だからこそ、努力していかないと文化や言語などが消滅してしまう!という危機感があるみたいです。

少数民族が多い地域に住んでいると、いろんな民族の頑張りが見れて楽しいです。

20161129220415734.jpg


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

20161128233248729.jpg

チッチが持つこの旗。

ミャンマーの国旗ではありません。
(ミャンマーの国旗は、真ん中が☆)

これは、シャンの旗です。
今度の新月はシャンの新年。

ということで、現在タウンジーでは、シャンの新年祭で盛り上がっています。


シャンの新年祭は何をやるのか、と言いますと・・・

20161128233404236.jpg

気球祭り(ダザウンダイン)とほぼ一緒です!



11月の満月がダザウンダインで、
その次の新月がシャン新年です。


どちらの祭りも、タウンジーの気球広場で、気球のコンテストが行われます。
コンテストの優勝者には賞金が出るので、皆張り切っています。


20161128233638883.jpg

審査員のおっちゃんたち。
タイムも重要らしく、ストップウォッチで測っていました。


驚いたことに、本家のダザウンダイン気球祭りよりも、シャン祭のほうが、賞金額が大きいそうです。
たくさん気球を飛ばして盛り上がらせたいというシャン祭主催者の意向があるらしい。
賞金が高ければ、参加する人が増えますからね。

今日も30個以上の気球を見ることができました。(昼の部)
今日の夜の部は、11個の気球をあげる予定だそうです。



シャン新年祭は、毎年タウンジーで開催というわけではなく、タウンジー、ラショー、チャイントンという三大シャン都市の持ち回りで行われているそうです。
今年はタウンジーの番だというわけ。


このシャン祭り、全国的に知名度は低いです。

タウンジーに住んでいる人ですら、シャン族以外はスルーすることも多いです。

っていうか、私も今回初めて行きました。
今まで2回くらいタウンジーの番の年があったはずですが、一度も行ったことがありませんでした。


今回、フェイスブックに「シャン祭に行った」と投稿したら、「そんな祭りがあるとは知らなかった」というビルマ人の友達もいたくらいです。

ダザウンダイン気球祭りではミャンマー全土からの観光客や、外国人観光客が多いのですが、シャン祭を見に行く人はシャン州各地から集まってきたシャン族と、地元タウンジー民くらいです。
(しかも今年はラショー方面からはドンパチの影響で参加者が少ないらしい。)



これが何を意味するかというと・・・

たくさんの気球を、あまり混雑せずに見ることができる!

というわけです。


ダザウンダインの時期はホテルが2倍くらいに値上がりしますし、タクシー料金も高くなります。
渋滞もひどくて大変です。

でも、シャン祭ならホテルも別に混んでいないので値上がりもなし!
タクシー料金もいつも通りのお値段!
混雑がひどくないから、私のようにスリに遭う心配も減る!(過去記事参照)

そして、あがる気球の数は多いのです。
しかも、雨期明けからだいぶたつので、ダザウンダインよりも雨が降る確率がかなり下がります。


なので、この時期にタウンジーに来るのがオススメ!!
12月1日までは祭りをやっているそうなので、この期間にインレー湖やカックー観光に行く人は、ぜひお祭りを見ていってください。


次は3年後の2019年がタウンジーの番?
内戦とかあると、順番飛ばして別の街になったりするので、確実には言えませんが・・・。
(今年は、本当はラショーの番だったけど、ラショーがドンパチ中だったのでタウンジーになったという噂あり。真偽のほどは未確認)



ただ、見物客が少ない分、お店の数は少なく、観覧車やバイキングはありませんでした。
大企業のプロモーションブースもほとんどなし。
混雑して超盛り上がっている感を味わいたいなら、やっぱり本家のダザウンダインがオススメ。

20161129000504233.jpg

シャンの可愛いシールなども売っていました。



チッチはダザウンダインで気球を見たのがよっぽど印象に残っているらしく、

「シン パウトワビー」(象が破れた)
「フゲッカレー テットワビー」(小鳥があがった)
「ラインカーネ トワデー」(ラインカーで行った)

などと、気球祭りのことを話し出します。

一日に5回くらい!毎日!!

なので今日も連れていきました。
明後日も行こう!と、子守のアンティーは張り切っています。


20161129000216329.jpg

ディディーは今日、初めて気球を見たよ!(いつもは寝ていて見ていなかった)


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

今日はなかなか書けずにいた、出産編です。
気球祭りも終わったことだし、そろそろ書かないと忘れてしまうので・・・。



さて、第二子ディディーの誕生は、逆子のために予定帝王切開となりました。


9月14日の夕方から入院しました。

前日は特にすることもなく、下の毛を剃られたくらいです。
夜12時以降は何も食べないように、と言われました。

名前を考えたりしながら、10時半くらいには就寝。



帝王切開は9月15日の朝7時の予定だったのですが、他の人もやることになったからと、朝8時に変更になりました。

朝6時ごろから、点滴をうけて準備を進めます。
準備と言っても、点滴されたのと、赤ちゃんの服を用意した(服はナースに却下され、巻き巻きスタイルが採用された)のと、裸になって手術着を来たくらいです。
手術着、薄い・・・。


朝7時ごろには夫、お義母さん、チッチと子守のアンティーも病院に到着しました。
7時半には手術前室に入り、夫だけ付き添いを許可されました。



8時前になり、いよいよ手術室へ搬送されました。
いよいよ!というときに、夫はナースに「ビデオ撮って良いですか?」と聞いて、NGを出されていました。

「いや、手術じゃなくて赤ちゃんの処置の様子を撮りたいんだけど」(チッチのときは撮影できたのです)と、くい下がっていましたが、断られていました。

チッチのときも、私は陣痛の痛みでビデオのことなんて100パー忘れていたのに、夫がしっかり撮っていてくれて感心しましたが、
今回も意外とアグレッシブに攻めてくれて、感心。


video

前日にビデオの練習をする夫。




夫とも別れ、手術室へ。

冷房がガンガンにきいていて、全裸にガーゼみたいに薄い手術着一枚の私は寒い・・・。

寒いけど、緊張のためにやたら脇汗だけは出まくっています。



手術室に入ってからは展開がめちゃくちゃ早かったです。

「背中を丸めて!もっと!!」と言われて、あっという間に背中に麻酔を注射されました。
麻酔って痛そう!と思ってビビっていたのですが、普通の腕にする注射よりも痛くありませんでした。

注射が終わったら仰向けにされて、おしっこの管を入れられました。
これも、若干違和感があったけど、痛くなし。麻酔が効いていたのでしょう。

腕には自動で測られる血圧計、鼻には酸素をつけられました。
目隠しもされているし、胸から下はカーテンで隠されているので何も見えません。


次は足を伸ばされて、指で足をやたらとつつかれました。
そのとき、足のつつかれたところが電流を流したみたいにビリビリして、とっても不快な気分に。

足も伸ばされたんだと思うんだけど、自分の感覚的には足が折れ曲がっているような気がします。
カエルが解剖されるときみたいな足になっている感覚で気色悪い!

まっすぐに伸ばしたいと思っても、麻酔が効いているので動かすことができません。
でも、触られるとビリビリ(なにで触られていたのか、見えないからよくわからない)


初めての麻酔がとにかく気持ち悪くて、「手術中止してください!」と言おうか迷いました。

「今止めてもらわないとマズイことになりそうな気がする・・・」と本能が訴えかけてきています。


「そういえば、この病院で体重測ったことも聞かれたことも一度もない!麻酔って、体重で量を調節するもんじゃないのか?」と気づき、どんどん不安になってきます。



このまま、目覚めなかったらどうしよう・・・。

逆に、麻酔の量が少なくて、麻酔が効く前に切られちゃったらどうしよう・・・。


・・・これは、手術を中止してもらうしかない!!!




でも、手術中止を訴えようとしても、声も小さい蚊の鳴くような声しか出ません。

落ち着こうと思って腹式呼吸をしようと思っても、うまく腹式呼吸ができない!
(麻酔が効いているせいでお腹が動かなかったのだと思いますが、そのときはよくわからずに焦りました)

脳に酸素が不足して、不快感を訴えるビルマ語を思い出せない!!



っていうか、よく考えたら、今手術を中止したところでどうするんだ!

赤ちゃんはどんどん大きく育ってきているから早く出さなきゃだし、下から産めないし、日本に行くにも飛行機乗れないし・・・。



・・・もう、今産むしかない!

今中止してもらったところで、どうせもう一回帝王切開するしかないんだから、二回我慢するより一回ですませよう。


そう考えて、不快さと恐怖に耐えることにしました。



まな板の上のコイ

解剖台の上のカエル

手術台の上のアカリ



という言葉が頭の中で何度もリフレインします。



医師と助手たちは、何やら世間話のようなことを話していますが、酸素不足のせいか、よく聞き取れません。

なんか、「男の子」とか聞こえてきたので、チッチのことを「このジャパンの上の子は男の子だ」などと話しているのだな、と。

そのうち赤ちゃんの泣き声が遠くから聞こえてきたので、「別の手術室の赤ちゃん、産まれたんだね」と思いました。


ベッドがやたらとグラグラ揺れます。

なんの準備をしているのかわからないけど、先生たちの世間話は続いており、一向に手術が始まる気配がありません。



っていうか、麻酔は効いているのか?

効いてても感覚がわかると経験者は言っていたから、心の準備のためにも始まるタイミングを知りたい。。。


よし、さっきより酸素が落ち着いてきて声も出そうだから、聞いてみよう。



私「先生、いつから始めますか?」

先生「え、もう縫ってる最中なんだけど。さっき赤ちゃんの泣き声聞こえなかったの!?」

私「えっ!?」



なんと、さっき先生が言っていた「男の子」という声は、私の赤ちゃんが男の子だという意味だったらしい。

そして、赤ちゃんの泣き声は他の赤ちゃんではなくて、我が子の産声でした・・・。


まったく気づかなかった・・・。

ベッドがやたらとグラグラ揺れていたのは、先生が手術をしていたからだったみたい。



そうしているうちに、処置を終えた赤ちゃんがやってきました。

チッチに顔そっくり!っていうかおんなじ!!!

かわいい!!!!




チッチのときはできなかったのですが、嬉しいことに、今回はカンガルーケアをしてもらえました。

先生が「スキントゥースキンだから」と言ってナースに指示すると、ナースがちゃんと赤ちゃんをくるくる巻きから解放して、おっぱいに吸い付かせてくれました。


いちなり上手に吸い付くディディー!

そして「クシュン!」とくしゃみをしました。
(だって、冷房ガンガンの部屋で生まれたてのくせに裸にされているからね)


3分くらいスキントゥースキンしてもらった後は、ディディーはまたクルクル巻きにされて、手術室を出ていきました。


baby1

次回につづく・・・


クリック応援、よろしくお願いします!!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー


土曜日の夜に、またしても気球祭りに行ってきました。

水曜日の昼の部、金曜日の昼の部と行っていて、土曜日で三回目です。
どんだけ~!!

目的は、グエサウンから来たソウさんのファイヤーダンスを見ること。
詳しくはマイさんのブログ参照。
http://umecafe930.jugem.jp/?eid=321

土曜の夜で天気も良かったので、人がたくさんいることが予想されたため、チッチは留守番。
ディディーと私の2人のみで行きました。

20161114124052857.jpg

ファイヤーダンスをよく見るため、メガネ装着。


夕方6時に家を出てラインカーで会場へ。
ラインカーを降りてからも、20分以上歩かなくてはいけません。
けっこうな距離があるし、人が多いので歩きづらい・・・。

そうして、7時前にはファイヤーダンスがあるABCビールのブース前に着きました。
さっそくABCのブース内に入ろうとすると・・・。

20161114132310830.jpg


セキュリティーチェックにて「18歳以下は入れません!」と言われてしまいました・・・。

いや、事前に知っていたのでチッチを置いてきたのですが、まさか抱っこしているディディーまでアウトを喰らうとは!

「乳飲み子だから良いでしょ?ビール飲まないし」と言ったのですが、「中は酔っ払いが多く、揉みくちゃで踊っていて危ないので」とのこと。
たしかに危なそうだ・・・。

ということで、ファイヤーダンスを見に来たのに、まさかのブース内に入れないという事態になってしまったのでした。


来た意味なし!!







・・・って、そんな簡単にはへこたれませんよ。

セキュリティーの人に詳しく聞いてみると、ファイヤーダンスはこのセキュリティーブースの上でやる、とのこと!
ブースの外からでも見えるそうです。

ということで、ファイヤーダンスが始まるまで、ABCの横でキンドル片手に読書しながら待ちました。

20161114134840331.jpg

待っている間に、きれいな気球も見れてラッキー!!
花火に火がつくのが早すぎて、火花が飛んできてちょっと怖かった。


20161114130127631.jpg

8時にソウさんのファイヤーダンスがスタートしました。
良かった!外からでも良く見えます。
背中の刺青までしっかり見えました。

20161114134105447.jpg

でも、写真は下手くそ・・・。




ソウさんが踊りだして、まわりは大混雑。

ふと、なんかカバンが重いな・・・と思ったら、なんと乞食みたいなおばあさんが私のカバンを触っています。

「やばい!スリだ!!」

と思って、急いでカバンを自分のほうに引き寄せました。

カバンのジッパーはちゃんと閉まっていたので、「良かった・・・未遂だ」と安心。
ドキドキしたけど、「混雑時はスリに注意!」ってブログに書かなきゃな~、などと考えながら、ソウさんの踊りを見ました。


20161114132546992.jpg

ソウさんが踊り始めてすぐ、とてもきれいな気球が上がりました。
ブースの中からだったら、花火バックに踊るソウさんの写真が撮れたのに・・・。


ソウさんの踊りはすごく、火のついた棒を振り回したり、投げたり!
まわりの若者は、ムービーを撮影したり、ソウさんバックに自撮りしたりしていました。

火を吹くのはなかったけど、15分くらい見れて満足~。






さて、帰ろうかと思って、ラインカーに乗るために財布を出そうとしたところ・・・


「ない!ない!」


・・・財布がカバンの中に入っていませんでした。

スリ未遂かと思っていたら、実はやられていたんです。


スリのおばあさん、カバンのジッパーを開けて、財布を取り出し、またジッパーを閉めたんですね。

プロの仕事です・・・。



幸い、「重いから」と思って、普段使いの財布ではなく、CBバンクからもらった景品の財布にお金だけ持っていっていたので、カード類は一枚も入れておらずセーフでした。

普段の財布だったら「死」でしたね。


お金は25,000ksくらい入っていました。
もっと減らしておけばよかった・・・。

携帯電話は手に持って撮影していたのでセーフ、キンドルはカバンの中だったのですが、盗られずセーフでした。

20161114134502754.jpg

このカバン。
ジッパー小さくて開けづらいんだけどな・・・。




しかし、問題は帰りの交通費です。
ラインカーに乗るには、夜は500ks必要です。

その500ksがない!!!


夫に電話してバイクで迎えにきてもらうことにしましたが、交通規制でバイクが入ってこられないらしく、怒った夫は「歩いて帰ってこい!」と・・・。


気球祭り会場から家まで、4キロくらいあります。
赤ちゃん抱っこで歩くの、かなりしんどい距離です。




どうしようかと迷っていたら、知り合いに会いました。
事情を話すと、なんとお金を貸してくれました~。

あの混雑の中で知り合いに会えるとは、ラッキー!!!



でも、実はその人、誰だったかよく覚えてません・・・。

向こうから話しかけてきてくれたんです。
(私は人の顔覚えるの苦手。そして珍しいジャパンなので、相手はよく覚えている)


お金返したいんだけど、どこに返しに行ったら良いのかよくわかんない!


「どこに返しにいったら良い?」と遠回しに聞いたのですが、「ヤバデー(大丈夫)」と言って教えてくれなかった。

しかも、「500ksでいいです」と何度も言ったのに、5,000ksも貸してくれちゃって・・・。

「夫の店にお金取りにきてね」と言って、ありがたく借りました。



後でよく考えたら、同じマンションに住んでいる誰かだと思うんだけど、部屋番号もわからんし・・・。

っていうか、同じマンションなのに「どこに返しにいったら良い?」「夫の店にお金取りに来てね」とか発言している時点で、誰だかわかっていないことがバレている可能性大!

はずいゼ・・・。



はやくお金返してすっきりしたいです。

外に出るときは、会ったらすぐにお金返せるように、ポケットに5000ks常備です。


20161114134221220.jpg

ユニクロ風ダウン4,000ksをチッチにお土産に。
スリに遭う前に買っておいて良かった・・・。



さて、今回の敗因は、
・人ごみで人と接していても仕方がない場所にいたこと。
・子供を前に抱っこひもで抱っこしていたので、カバンを前に抱えられなかったこと。
・写真を撮っていたので、意識が携帯に集中していたこと。
・カバンのジッパーを開けてすぐの場所に財布を入れていたこと(カバンの奥底に入れるべき)
・ジッパーが閉まっていたので、すぐに確認しなかったこと(ただし、すぐその場で確認したとしても、あの婆さんは逃げていたと思う)
・連れなしで、一人(プラス乳飲み子)で祭りに行ったこと。

いろいろと学びました。
25,000ksは授業料と思いましょう。



こういうとき、ブログやっていると「書くネタできた!」と思えるので、若干救われますね。
でも、盗られたことに気付いた瞬間は、「そこまで体張ってブログネタ探さなくて良いよ、自分・・・」って思いました。


来年の祭りに行くときは、下着の中にお金入れていこう。(←出すときハズい)

みなさんも、くれぐれもスリにはご注意ください!!



「スリに会ってかわいそう・・・」クリックで励ましよろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事

ミンガラーバー

今日は気球祭りに行ってきました。

子守りのアンティと、子供2人と私の合計4名です。

市場から出ているラインカーで。

大人一名300ks。子供は無料。

まずは遊園地ゾーンへ。

車の乗り物500ks。

後ろに写っているバイキングは、チッチが怖がって乗れず。

他にもローラーコースターや観覧車もあります。

午後1時頃から、昼の気球コンテストが始まります。

だいたい3時まで。

どんどん人が来て、動物の気球を飛ばします。

子供に人気のminions。

なぜか皆「バナナ」と呼んでいます、何で?

3つ同時飛ばしも成功!

無事に気球が上がると歓声とともに拍手が、失敗して燃えると残念そうな声がギャラリーからあがります。

いっぱい見て満足したので、ラインカーで帰りました。

家のすぐ前で停まってくれてラッキー。

ラインカー代と車の乗り物代で、1,700ksしか使いませんでした。

食べ物とか買うと高いけど、何も買わなかったので安くすみました。

去年は食堂に座って見学したのですが、チッチがじっとしてなくて大変でした。

チッチの面倒を見てくれた食堂の青年に、何故か電話番号を渡された覚えが、、、。

子持ちにナンパ!?

今年のチッチはとても良い子だったので、アンティが「金曜日も行こうよ」と乗り気です。

子供連れには昼の部がオススメ!

ソウさんのファイヤーダンスは、土曜日に行こうかな。

平日昼間は空いていましたが、土日は混みます。

関連記事

ミンガラーバー

フェイスブックにとてもキレイな写真がシェアされていました。

タウンジーの気球祭りがすごい!と私がブログで言いまくっても、いまいち伝わってませんでしたよね?

この写真を見れば伝わるはず!!

こんなに大きな気球です。

素材は和紙みたいな紙。

松明で熱い空気を気球の中に送り込みます。

気球には、仏教関係の絵が描かれます。

祭り会場には遊園地も設置されて盛り上がります。

昨日も今日も、風が町のほうに向かって吹いていたみたいで、家の窓から気球花火を見ることができました!

写真にはありませんが、花火もとってもキレイです。

関連記事
ミンガラーバー

今日からいよいよ、タウンジーの気球祭りが始まります。

昨日から、外国人の姿をよく見かけるようになりました。
気球祭りを見に来た人たちだと思われます。

20161106160434717.jpg

関係ないけど、おむつに大量にウンチをもらしてしまい、座れずにテレビを見ているチッチの写真。



気球祭りについては、毎年ブログで書いていますので、過去記事をご参照ください。

2015年タウンジー気球祭りQ&A
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-679.html

タウンジーの気球祭りが終了しました
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-618.html

【質問コーナー】タウンジーの気球祭り会場アクセス
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-612.html

タウンジーが一年で一番盛り上がる日
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-355.html

タウンジーのバルーン祭り(続き)
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-356.html

タウンジーの祭、バルーンフェスティバル
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-259.html



今日は開会式があるので、盛り上がりそうな予感です。

おととしくらいから開会式の盛り上がりがすごくて、かなりの人が見に行っています。
私も子供が小さくなかったら行きたいですが、すごい混雑なので行けません・・・。


去年はチッチを連れていったり、自分だけ行ったりしてエンジョイしたのですが、今年はディディーが小さいから無理かな・・・と思っています。

でも、「無理かな・・・」と思っているだけで、結局は行っちゃうかもしれません。

チッチと子守のアンティは8日か9日の昼に行くといっているので、私とディディーもついて行こうかな。

夜は人ごみや酔っ払いで危険ですが、昼はそんなに混まないので。
昼間に気を付けるべきことは、ホコリがいっぱいなことと、皆が気球を見て歩いたりバイクに乗ったりしているので、ぶつからないようにすることくらいです。

夫には行くなと言われそうなので、こっそり行こうと思います。


今年の気球祭りに参戦する方のために、交通規制マップを載せます。
会場は超渋滞で、普段なら車で10分もかからないところが、2時間抜け出せないとかザラです。

20161106160347885.jpg

気球祭りを見に来る方は、ダウンなどの防寒着をお持ちくださいね!
昼は日差しがあって暑いですが、夜は冷えます。

長時間、外で気球を見ていると、体の芯から冷えますので、「ダウンはいらんでしょ」と思わず、完全防寒をおすすめします。
なかったら、タウンジーでも買えますけどね(ダサいやつが)


祭り行ったら、また写真載せます〜。

今年は、あのファイヤーダンスも見られるとの情報を耳にしたので、探してみます。
(でも、昼はやってないかな・・・)



そうそう、イミダス連載、アップされています。
ブログ未掲載ネタのお義母さんの料理教室のことや、ビュッフェのことなど。

過去記事も全部無料で読めるようになったそうなので、ぜひお読みください!!
http://imidas.jp/column/L-71-017-16-10-G511.html


クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事

ミンガラーバー

夫がチッチのためにミニカーを買ってきました。

まさかのダース買い!!

問屋か!?

普通は1台だけ買うものじゃないの?

色も同じやつあるし。

でも、ミャンマーではけっこうこういう買い方してます。

おもちゃもお菓子も靴下もダース買い。

爆笑してたら夫に「1800ksで安かったから」と言われました。

おもちゃは安くてすぐ壊れるので、こちらでは消耗品扱いです。

スマホから更新だと上手く改行ができないので、小ネタです。

クリック応援よろしくお願いします!

 
 ↓ ↓ ↓

 にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
 

関連記事
2016.10.30 ハロウィン

ミンガラーバー

トリック オア トリート !!

(お菓子をくれなきゃイタズラするぞ!)

チッチはディディーのトラ姿を見て、

「トラジ!!」(ミャンマーのトラクターみたいな乗り物のこと)

と叫んでいました。

ハロウィンですね。

ミャンマーでは、ハロウィンは全然盛り上がってません。

皆知らないっぽいです。

ヤンゴンだと盛り上がったりしてるんですかね?

タウンジーでは、仏教試験に受かった坊さんのパレードみたいなのが行われてました。

我が家のハロウィンはというと、、、

お菓子あげたのに、チッチにいたずらされました。

テレビによじ登ろうとして、倒れてきました。

仕方がないのでテレビは放置し、パゴダへ遊びに行きました。

ディディーのお宮参り!?

チッチはパゴダで軽く迷子になり、ジュースを飲んで帰りました。

スマホから初更新。

打ちにくいですね。

今日のブログは、ディディーのトラ姿を載せたかっただけですね。

関連記事
2016.10.29 類人猿顔の女
ミンガラーバー

突然ですが、「イェーヨン」てミャンマー語わかりますか?

「イェー」は水で、「ヨン」はウサギです。
でも、水ウサギが答えではないですよ。

これがわかったら、ミャンマー語かなり上級者!






兄弟

シンキングタイム!!









正解は

「ヘルペス」です。



ウサギとか関係ないやん!!





このたび、口唇ヘルペスにかかりました。

産後1か月たたないくらいから、チッチがセキをし始めたのを皮切りに、
チッチ→私→ディディーと風邪をひいてしまいました。

熱は出ず、鼻水とセキだけの風邪。
そんなにつらい症状もなく、子供たちは元気になりました。
1週間以上長引いたので、けっこうやっかいでしたが。
私だけ、セキがまだ少し残っている状態でした。


そのセキがまだ完治していないところに、いきなりヘルペスが出てきました。

最初はニキビの大きなやつみたいな感じで、「甘いものを食べすぎたかな?」と思ったくらいでした。

しかし、そのあとどんどん腫れてきて、唇は通常の2倍の大きさに!
左のほっぺのほうまで腫れて、横からみると類人猿みたいな醜い顔になってきました。

痛みもひどく、歯までズキズキ。
口をあけるのも痛くて、ご飯を普通のスプーンで食べることができず、赤ちゃんの離乳食用のスプーンでゆっくり食べなければならないくらいに!


「一体これは何だ?」とネットでいろいろ検索した結果、どうやらヘルペスだということがわかりました。
ヘルペスにしては症状がとてもひどく、「本当にヘルペス??」と不安だったのですが、大人の初感染は重症化しやすいと書いてあったので納得。

風邪で抵抗力が落ちていたところに、ヘルペスウィルスに感染してしまったようです。

そうとわかり、ヘルペス用の塗り薬を買って塗ったのですが、いっこうに良くならず。
むしろどんどん類人猿顔に拍車がかかっていくばかり・・・。
これは、病院に行かなくてはならない!!


イェーヨン2

こんな顔に・・・。
あまりにひどいので、誰だかわからないように目から上は切り取りました。

日曜日に発症し、月曜日に薬を塗り、火曜日に医者に行ってきました。
前回記事で書いた、産婦人科です。

帝王切開の傷チェックもそこそこに、ヘルペスの薬を処方してもらいました。
ヘルペスウィルスをやっつける薬、抗生物質、痛みどめのパラセタモール、ビタミンCとあと何かわからんやつ(胃薬?)。
授乳中でも飲める薬で良かった・・・。


薬を飲んでも、最初の2日くらいはぜんぜん良くならず。
痛みどめのパラセタモールが切れると熱が出てくるくらいです。

でも、3日目から良くなってきてホッとしています。

今は腫れも引いてきて、類人猿顔もなんとかおさまってきました。
ヘルペスの穴から、大量の膿が出てきてほっぺがへこんできました。


一時は、「一生このままだったらどうしよう・・・」と不安になっていました。
夫は私の顔が好みで結婚したそうなので、この類人猿顔では「離婚の危機!?」とまで思いつめるくらいに・・・。

だって、類人猿顔、めちゃくちゃブサイクだったんですよ。
自分で見るのも嫌になるくらいに。

でも、今は治まってきて、「普通に可愛いやん!」と思えるくらいになってきました(←ギャップのせい!)


イェーヨン

酷い顔。
ブログに何でも公開してきた私ですが、さすがに類人猿顔をフルでは掲載できない・・・。



お義母さんは、私が医者に診せた次の日に
「ちゃんと皮膚科の医者に診せたほうが良いのではないか?」
「薬は?注射してくれないのか?」(注射は超重症の場合のみ)
「便秘していると、発疹が出るんだ」(ヘルペスはウィルスなので、便秘関係ない)
などと、よくわかっていないのにいろいろ言ってきました。

そのころは傷みのピークで、話すのすら痛くてツライ時期です。

すると夫が
「なんでもかんでも薬を飲んだり、注射をしたりするのはミャンマーだけだ!」と反論してくれて助かりました~。



ということで、痛くてつらいヘルペス。
ミャンマー在住のみなさん、ヘルペスになったら薬屋さんに行って「イェーヨン」と言えば薬を買えますよ。
(「ヨン」は「ユン」と「ヨン」の間くらいの発音)

ちなみに、帯状発疱疹も同じく「イェーヨン」と言います。



クリック応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

ブログ書くぜ~と言いながら、さっそくなかなか書けずにおりました。

というのも、停電多くないですか??
タウンジーだけ?
ヤンゴンはどうでしょう?

最近、毎日のように、けっこう長時間停電しています。
私のパソコンはバッテリーが良くないので、コンセントからの電力供給がないとすぐにダウンしてしまいます。

ディディーもチッチも寝て、「よし、書くぞ!」と思ったら、電気がないことがしばしば。



さて、病院についてです。

9月20日に退院をしたのですが、その際に「一か月後の10月20日に診せに来るように」と医者に言われました。
ディディーは小児科に、私は産婦人科に診せにいかなければいけません。

20日に両方行くのは時間的に大変そうなので、19日にディディーを小児科に連れていき、20日に私が産婦人科に行くことにしました。



で、10月19日。
病院に行ったら先生がいなかった、ということにならないように、事前に病院に電話をしました。
電話で先生がいるかを確認し、整理番号7番をゲット。

指示されたとおり、13時に病院に行ったところ・・・
「今日は先生がインレーに行っているので、お昼の診察はなくなりました」と。

「もう、電話しておいたのに!!」と思いましたが、ここはミャンマー。
こんなのミャンマーあるあるです。

ヤンゴンだったら、渋滞の末に病院に着いて、先生がいないとなったら怒り狂うかもしれません。
でも、タウンジーは渋滞がないし、病院にも車で10分くらいで行けるので、平気です。

17時からの夜の診察には先生が戻ってくるとのことなので、整理番号3番をゲットして、一度家に戻りました。



で、17時にまた病院へ。
昼は夫に車で送ってもらいましたが、今度は徒歩で30分くらいかけて病院まで行きました。

すると、「先生は自分のクリニックの診察が終わってから病院に来るので、18時くらいになる」と言われました。
先生のクリニックの診察時間は17時~18時と書いてあります。

「だったら、最初から17時じゃなくて18時に呼べよ!」と思いつつも、医者が遅れるのはよくあること。
そんなことで怒る私ではありません。
伊達に6年もミャンマーに住んでないからね!

近くのスーパーで買い物をし、おなかがすいたので近くのカフェでハンバーガーを食べて時間をつぶしました。



18時に病院に戻って、カルテを受付に提出。
指示された場所に座って待っていました。

18時40分になっても先生は現れず・・・。
「まあ、よくあることだよね。キンドル持ってきておいてよかった」と、キンドルで読書をしながら待つ私。
その間、ずっと熟睡しているディディー。



でも、あまりに遅いので、「まだですか?」と聞いてみたところ、驚愕の事実が判明!!

医者が病院に電話をしてきて「患者はいるかい?」と聞いたそうなんです。
そこで病院のスタッフが「今日は先生の患者はいません」と答えたとのこと・・・。


いや、ここで待っとるがな!!!

もう2時間近く待ってるんですけど。

しかも、昼も空振り喰らってるし!



日本の病院スタッフなら、すぐに患者(私)に謝罪をして、先生を電話で呼ぶところです。
ところが、受付のスタッフと電話担当スタッフが責任のなすりつけ合いをして、ぜんぜん話が進みません。

15分くらい待ってもぜんぜん先生が来る気配がありません。


私もさすがに怒ってきて「で、先生は来るのか、来ないのか?」と聞きました。

すると「さっき、患者はいないって電話で言っちゃったんで・・・」との回答。


先生に怒られるのが怖くて、電話をかけられないようです。

まあ、これもミャンマーあるある。っていうか想定内。


「こっちは昼にも来たし、17時にも来たし、18時からずっと待っている。
 あんたが先生に電話する勇気がないなら、私が先生と直接話すから電話しろ!」

と言うと、やっと電話しに行きました。


「これで医者が来なかったら、スタッフの名前聞いて、病院のオーナーにチクってやる!」(病院オーナーとお義母さんは友達)
と考えながら待っていると、あと15分で先生が来ると言われ、チクるのはやめにしました。



先生が来た時点で19時半くらいです。
患者は私しかいないのに、2時間半待ちってどういうこっちゃ!

しかも、先生が診察したのはたったの3分。
ディディーに聴診器当てたくらいです。
1か月検診って、こんなものなの??

実は、チッチが風邪をひいて、それが私とディディーにもうつってしまい、ディディーはセキと鼻水が出ていました。
それについても医者に相談しましたが、「いつから?」「どんなセキ?」などと聞かれることもなく、薬を出されて終わりました。


会計をしてビックリ!!
たったの3分で6,500ksです(薬代は別に6,000ksかかった)
先生の診察代が5,000ks、病院へのサービスフィーが1,500ksとのこと!


何がサービスフィーやねん!!!

こんだけ待たせといて!!!



それから、遅くなったので車で迎えに来てもらおうと夫に電話しました。
その日は家の水タンクを取り替えており、夫は作業で忙しかったみたいなので、作業が終わらないなら歩いて帰ろうかと思っていました。
しかし、電話に出たお義母さんが「もうすぐ終わるから待ってなさい」と言うので待つことに。


しかし、待てども待てども迎えは来ない・・・。

しびれを切らしてもう一度電話をすると「まだ終わってない」とのこと。


「だったら電話してよね!」と思いつつ、歩いて帰りました。
たった3分の診察のために、しかも患者は私しかいないのに、けっきょく3時間以上かかりました・・・。



「ディディーは病院運が悪いね・・・」と思う私。
だって、産婦人科の先生も、臨月になってイギリスに行ってしまい、別の先生にかからないといけなくなってしまったくらいです。

参照記事
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-719.html




そして、翌日。
私の産婦人科へ行きました。

すると「今日から先生は出かけているので、いないよ」って。

病院運が悪いのは、どうやらディディーではなくて、私のようです・・・。

来週の月曜日には産婦人科の先生が戻ってくるらしいので、火曜日に行こうと思います。
また無駄足にならないと良いけど・・・。


dd

携帯からアップしたら写真デカッ!


ミャンマーでは、病院に行くのも1日がかり。
医者のお出かけ、旅行が多すぎて困る~!!

クリック応援よろしくお願いします♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

さて、今日は第二子の名前について書きます。

チッチと同じく、この子も名前が4つあります。
日本名、ミャンマー名、中国名、ムスリム名の4つです。

チッチの名前はこちらを参照。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-541.html



では、日本名からです!

鈴木 朝皓 (すずき ともあき)

悠朔(チッチ)の朔の字に「月」が入っているので、弟にも「月」が入っている漢字を入れたいと思い、「朝」にしました。
源頼朝の「朝」です。
「とも」という読み方がお気に入り。
あと、朝に産まれたので(午前8時5分)。

「皓」という字には「白く輝く」という意味があるらしく、中秋の名月(9月15日)に産まれたことにちなみ、白く輝く綺麗な月の日に産まれたのだよ、ということで。
(実際には帝王切開後で寝たきり状態だったので、私は月を見ていませんが)

画数が最高に良くなるように考えました。
名字が鈴木だから、ありがちな名前だと同姓同名の人が多くなってしまうので、ちょっと読みにくい&変換しにくいですが、珍しい漢字にしました。
悠朔が4文字なので、弟も4文字にそろえました。



ミャンマー名は・・・

ニャン・テッ・アウン

頭が良い、成功する、などの意味があるらしいです。
スヮン・テッ・アウン(チッチ)と一文字違いです。
アウンは夫の名前から一字もらっています。

お義父さんとお義母さんが考えました。
こちらも、ありきたりではなく少し珍しい名前かな。

チッチはスヮン(白鳥)、弟はニャン(猫の鳴き声っぽい)
動物兄弟です。



中国名は・・・

李 建強 (リ ツェンチャン)

チッチが李 克強(リ カッチャン)なので、強(チャン)は同じです。

これはなんと、夫が考えた名前なのです!!
チッチのときは、名前を一つも考えてくれなかった夫でしたが(先に考えたお義母さんに遠慮した)、考えてくれて私はひそかに感動しました。

夫に「建の意味は?コンストラクション??」と質問すると、違う、とのこと。
「建」という字には、だんだん発展していく的な意味があるらしいです(謎)。
健康マニアの夫だから「健」にするのかな?と思いましたが、「建」となりました。



最後にムスリム名です。

イブラヒム

だって。
なんか、ムスリムありきたりな名前ですな・・・。
何やった人か忘れた(ムスリムのクセに!!と言われるのが怖く、お義母さんに聞けない)けど、偉い人の名前らしい。

お義父さんが考えて、ウーソー(ムスリムの神父みたいな人)が名づけてくれました。
名づけ式については、また書きます。

ディディー


さて、家では何と呼ばれているのかというと、もっぱら「ディディー」です。
中国語で弟を呼ぶときの呼び方らしく、たぶん「弟弟」と書くのだと思います(たぶん)。

ちなみに胎児名は、私は「ベビレー」と呼んでいました。
英語の「ベイビー」に、小さいを意味するミャンマー語「レー」をつけたもので、「ベビーちゃん」的な雰囲気です。
ミャンマー人は赤ちゃんを見ると、けっこう「ベビレー」と呼んでいて、可愛いなと思って胎児名にしていました。

ブログでは、チッチとディディーでいきたいと思います。

これからも、チッチとディディーをよろしくお願いします!!
クリック応援もね♪

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村



関連記事
ミンガラーバー

ご報告が送れましたが、無事に9月15日に帝王切開で出産しました~。

baby1

2016年9月15日午前8時5分
7ポンド3オンス(3200gくらい?)
男の子です!

帝王切開は怖かったですが、無事に健康に産まれてきてくれて良かったです。
「こんなに健康な子を、無理に下から産んで危険にさらさなくて良かった」と思いました。

顔はチッチの小さいときにそっくり!
でも、チッチよりだいぶ大きく、健康そうな感じです。


baby2

産まれてすぐの2ショット。
チッチのときも私は変な顔をしていたので、キレイに撮ってもらいたいと思っていたのですが・・・麻酔とか手術の疲れとかで浮腫んでしまっています。

(芸能人って「子供産まれました~」とか言って写真をブログに載せたりしているけど、いったい何回くらい撮り直しているんでしょうね?)



そろそろ産後一ヶ月たつので、ブログ再開します。
しばらくは出産関係記事が多くなります。
(家から一歩も出てないから、それ以外のネタがない・・・)


そうそう、イミダス更新されました。
ブログに書いていない内容ですので、ぜひ読んでみてください。


********************************************************

連載「亜香里のミャンマー嫁入り日記」
ヤウッカマー、日本中で撮りまくる!
~子連れ・ババ連れ帰国旅行3
鈴木亜香里(地球市民の会ミャンマー駐在員)

 ミンガラーバー! こんにちは! 中国系ミャンマー人と結婚して、現在タウンジーという街に住んでいる鈴木亜香里です。タイトルの「ヤウッカマー」はミャンマー語で義母、姑という意味。なんとこの春、私の一時帰国にあわせて、義母が日本に初上陸! 義母が日本に持ち込んだ「二つのもの」を中心に、その爆裂ぶりをレポートします!

全文はこちら!
http://imidas.shueisha.co.jp/column/detail.html…
このコラムは、スマホ版イミダスで10/13まで全文無料公開!

********************************************************



おめでとう!クリック♪よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。
でも、これが産まれる前の最後の更新になると思います。


さて、前々回に書いたように、逆子で困っています。

月曜日に検診に行きましたが、やっぱりまだ逆子・・・。
先生がひっくり返そうとしてくれましたが、ベビーは頑固で動きませんでした。


また、超音波によると、頭がかなりでかい、体格もかなりでかい、とのこと。
頭は9.8cmあり、体重もすでに3400gは超えている、と言われました。

チッチが産まれたときは2700gだったのに!!


逆子でも、経膣分娩したいと考えていましたが、
「頭がでかすぎるので、骨盤に引っかかって出なくなったら大変である」と医師に言われました。

まず尻が出て、足や肩が出るまでは良いのですが、その後、頭を5分以内に出さないと大変である。
7分になると仮死状態になったり、障害が残ったりする可能性が高い、とのことです。
へその緒が出てしまった後に頭だけ残るので、酸素がいかなくなるからです。

うーん、普通に逆子だけだったら産めると思っていましたが、さすがに約10cmのでかい頭を5分以内に出すことは無理かも・・・。
しかも、私は身長が低いので、たぶん骨盤もそんなに大きくはないだろうし・・・。

ということで、帝王切開をすることにしました。

13日はムスリムの祭りのため、14日の午後から入院し、15日の朝に手術をすることになりました。


決めるまでは「絶対嫌~!!!」とビビっていたのですが、決めてしまったら、「もう仕方がないか」と思うようになってきました。
こっちの先生は帝王切開の数もこなしていて慣れているので、まあ大丈夫だと思うことにしました。

周りにも、帝王切開経験者がとても多く(町に住んでいるお母さんの約半数は帝王切開だと思われる)、「痛くないよ」と皆が励ましてくれます。

というか、「そんなに大変じゃないのに、なにをびびっているのか?」くらいの反応をされるので、びびっているのがバカらしくも感じられます。



そんな今、目下の心配事は2点です。

・お義母さんが「手術当日は病院に泊まる」と張り切りだしている

・術後にいきなり油っこい食べ物を食べさせられそうである

という2点です。


前回、お義母さんは「(嫁に任せておいて)孫が死んだら困る」という、私に対してとても失礼な理由で、毎日病院に泊まり込みでした。
お義母さんが泊まったところで、赤ちゃんに授乳するのは私だし、おむつ替えはスペシャルナースがやってくれるので、ぜんぜん意味がないのに・・・。

今回も「泊まる」と言い出して、自分が病院で使う用の布団カバーを洗濯しようとしていました。
なので、「泊まらなくていいから!!!お義母さん疲れるし、家でチッチと寝てて」と厳しい調子で釘を刺していますが、まだ安心はできない・・・。

結局、布団カバーは洗濯されていたし・・・。



そして、食べ物のこと。

ネットで帝王切開を調べてみると、手術当日は水やお茶のみ、2日目におかゆ、3日目から普通の食事というのが、日本では一般的なようです。

でも、こちらでは、すぐに普通の食事をとるようになるとか・・・(経験者にヒアリングした結果)。

消化に悪そう!!

そうなると、たまご、たまご、たまご、鶏のスープ、白菜、ご飯の塩辛い、油っこいご飯になることが予想されます。
(こちらでは病院が食事を出してくれず、家族が食事の用意をする)

「手術当日の昼ごはんを作らないといけない」と、すでに張り切っていたし・・・。
「いや、昼はまだ麻酔聞いてるから食べられない」と言ったのですが、お義母さんは人の話を基本的に聞いていないからな。

夫は「ちゃんとお粥にするように言ってあげるから」と言ってくれたので、夫に頼ることにします。
(帝王切開になって私がびびっているので、夫はけっこう優しくしてくれる)



ということで、1か月くらいブログお休みすると思います。
(産後は目を酷使してはいけないため、我が家ではPC禁止になる)

航空券手配関係のご連絡は、夫までよろしくお願いします。

Aung Moe Myint(アウンモーミン)
ammleemyanmar@gmail.com

英語、ビルマ語、中国語可。



出産応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。


今日はムスリムのお祭りの日です。犠牲祭。
牛を殺して、肉を貧しい人や親戚や友達にあげる祭です。

パンデー(中国ムスリム)の我が家。
私や夫はぜんぜん盛り上がっていませんが、お義母さんが一人でテンション高いです。



犠牲祭では、牛を自分で捌いて貧しい人に配るのが本式のようです。

しかし、なかなか大変なので、かなり熱心な家しかやらないようです。
(夫の店の大家さんは熱心なので、毎年やっている)


で、変わりによく取られる方法が、モスクに委託するという方法です。

牛1頭を7口に分け、1口130,000ksで権利を買うことができます。
お義母さんは2口やったので、260,000ksを払いました。

モスクにそのお金を払うと、モスクが牛を捌いて、お金を出した人の名前で貧しい人にもっていってくれます。
お金を出した人にも、肉を少しくれるそうです。

お義母さんがやったのが最後に残った2口だったようで、「早く予約しないと枠がなくなる!!」と、先日は朝からパンデー代表に大きな声で電話したりして、大変でした。

無事に寄付ができたようで、お義母さんは満足している様子。



ということで、牛を捌くことは実際にはあまりやりません。
実際にやることといえば、各家庭が麺料理やおやつを作って、いろんな人に振舞うことです。

中学生のときに、バレンタインデーの義理チョコをクラス中の女子が大量に作って、お互いにあげあいっこしていたみたいな感じです。
女子中学生ではなく、パンデーのおばちゃんたちが、ワイワイといろいろやっている感じ。



作る料理が皆同じような感じだから、私的にはぜんぜん楽しくないです。

各家庭が、5家族分くらいの分量をドーンと作って、お互いに交換しあうので、一日に何度も麺料理とお菓子を食べないといけないのが苦痛。

お菓子はココナッツのゼリーとか、サマイン(ココナッツミルクの甘ったるい汁の中に小麦の麺が入っている)とか、だいたいワンパターン。
サマイン、超嫌いです。

味の素を大量に入れていたり、塩辛かったり、なんとなく衛生的でないものもたくさんもらうので、食べたくないです。

「前に人からもらったサマインを一口食べたら、めっちゃゴキブリの匂いがした」と、夫が言っていました。
怖い!!


お義母さんだって、サマインを盛大に焦がしていたし。
焦げ臭いココナッツミルク汁を、人に配り歩いているってどうなの!?
(しかし、配らなかったら配らなかったで、10合炊き炊飯器よりでかい鍋いっぱいに作っているので、自家消費したら糖尿病になって死ぬレベル)



私は毎年、クレープとかクッキーとか、蒸しパンのような、誰ともかぶらないお菓子を作っていました。
親戚から麺とお菓子をもらったら、お返しにちょっとあげられるように。
(自分からは積極的には配らない方針)


しかし、今年はお義母さんがいます。
「疲れるからやめたら?」と言ったところで聞く耳をもつお義母さんではありません。

昨日の夜は遅くまで、そして今朝は夜明けとともに、大量の春雨ヌードルとココナッツゼリーとサマインを作っていました。
そして、午前中から、近所の人や親戚、友達に配り歩いています。

・・・よくやるわ。

身重の私は、ウズラの卵の殻むき(30個)を手伝っただけで、あとは知らんふりして寝ました。


お義母さんの夜中の料理を手伝うと、寒い夜に水を触るせいか、かなりの確率で風邪をひくのでね。

出産前に風邪を引くわけにはいかない、と、言い訳をして寝ました。


クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ~。

でも、だいぶおなかが重たくなってきて、あまり何もできなくなってきました。
昼寝も必須。



前回のブログで、めちゃくちゃイライラしていることを書きました。

そのブログを書いた夜のこと。
お腹が痛くなってきて、軽い陣痛みたいになりました。

「すわ!産まれるか!!」

と思い、お腹がちょっと痛いのを我慢して、まだパッキングしていない物をいくつか集めて入院準備を完成させました。

本当は、おなかが張ったら休んだほうが良いのに、休めずにバタバタ。

1時間くらいおなかが張っていたのですが、寝たら治ったのでホッとしていました。



翌日(土曜日)、新しい先生のところに検診に行きました。

先生は男の先生で、とても優しい感じ。
血液検査や尿検査もちゃんとやってくれました。(今まで主治医が検査してくれなかったのはなぜ??)

三人目も、この先生にお願いしたいと早くも考えてしまうくらいの勢いです。




しかし、大問題が!!!!

なんと、このタイミングでベビーが逆子だということが判明しました。


チッチは逆子でかなり苦しんだのですが、今回のベビーは最初からちゃんと頭を下にしていました。
つわりも軽く、出血などもなく、おなかが張ることも少なくて、とっても良い子だと思っていたんです。

なのに、まさかの37週での逆子判明!!!

おそらく、前夜のイライラしてお腹が痛くなったときに、逆子になってしまったのだと思います。



チッチの36週で逆子が治ったのですら、奇跡的なことでした。
主治医からいつも「36週で治って本当に良かった、すごい」と、いまだに感心されているくらいです。

チッチの逆子のときのブログはこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-532.html


なのに、37週で逆子になり、現在38週で直そうと頑張っているなんて・・・。
かなり可能性は低いですが、頑張っています。


お腹や足を温めたり、寝たり、「頭を下にしようね」と話しかけたり。

逆子診断された2日くらいは、頭の位置が明らかに上にあるのがわかったのですが、今は頭の位置がよくわからないので、もしかしたら逆子が治っているのかも!?

という希望を抱きつつも、ぬか喜びだったら悲しすぎる!!

とにかく、体を冷やさないことを優先しています。



帝王切開、怖いよ~!!!

たまごクラブやネットの情報などでは、

・帝王切開後はけっこう痛い

・おしっこのパイプを入れる

・縦切りと横切りがある

・血栓ができないように、手術前にきついストッキングをはく

などと書いてありますが、ミャンマーはどうなんでしょう??


帝王切開経験者に聞いてみたところ「ぜんぜん痛くない」「全身麻酔」「おしっこの管入れなかった」などと、よくわからない答えが返ってきます。
ストッキングとかもなさそう。

本当に痛くないんだろうか??


手術なんてしたことないから怖い~!!!!




「逆子の場合、お尻から出る体勢であれば普通に産める場合もあるが、足から出そうな場合は帝王切開になることが多い」
と、たまごクラブにありましたが、こちらでは逆子と言われるだけで、体勢については何も言われませんでした。

医者は「赤ちゃんの安全のためには、帝王切開が良い」と言います。

でも、夫いわく「先生は時間を取られたくないんだから、早く終わる帝王切開をやらせたいのは当たり前だ」と言います。


判断に迷う~!!!!

帝王切開なら、日本とかヤンゴンとかのほうが良いかもしれないけど、もうすでに国内線には乗れないし。

なんとか逆子が治ってくれることを祈るほかありません。



ま、たぶん治りますね。
夫がそう言っているし、私も治るような気がします(言い聞かせ)。

チッチの出産のとき、とても痛くて大変でしたが、人生で一番エキサイティングな瞬間だったので、またそれを味わいたいです。



逆子治るように、お祈りクリックよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

まだ産まれていませんよ。


イミダス更新されました。

ちょっとやばいタウンジーネタ。
ブログ未公開ネタです。
期間限定で公開中ですので、お早目にどうぞ~。
http://imidas.jp/column/L-71-015-16-08-G511.html



連載「亜香里のミャンマー嫁入り日記」
ヤウッカマー、怪しい日本人にハマる!
~子連れ・ババ連れ帰国旅行2
鈴木亜香里(地球市民の会ミャンマー駐在員)

 ミンガラーバー! こんにちは! 中国系ミャンマー人と結婚して4年、夫と長男と3人でタウンジーという街に住んでいる鈴木亜香里です。タイトルの「ヤウッカマー」はミャンマー語で義母、姑という意味。この春、義母と長男を連れて一時帰国したときの、義母の爆裂ぶりを暴露する今回のシリーズ、なんと2回目も出国前のエピソード(笑)。義母がとんでもないものにハマってしまい……!

全文はこちら!
http://imidas.shueisha.co.jp/column/detail.html…
このコラムは、スマホ版イミダスで9/8まで全文無料公開!




8月31日には、お義母さんがついにタウンジー入りしました。

夫から知らされたのは、30日の夜。
「明日、お義母さん来るから」って、どうしていつもギリギリ告知なの!?

ま、別にいつ来てもらっても良いんですけどね。



お義母さんは相変わらずです。


食べきれないほどの大量の食べ物をヤンゴンから持ってきたり、せっせとご飯を作ったり。


おばちゃんたちとの集会に出かけたり、家を訪問したり。


必要もない赤ちゃん服(というか、巻く布)をたくさんヤンゴンから持ってきたり。

チッチのときは、仕方がなく巻き巻きスタイルで過ごしていましたが、今度のベビーは日本スタイルで行きたいのです。
なのに、巻き巻き用の布が家に大量にあって、見るだけで嫌になります。

緑おくるみ

チッチ巻き巻きスタイル


チッチのために、中国製の安い壊れやすいおもちゃをダース買いしてきたり。

車や動物がロボットの形に変形するおもちゃなのですが、作りが雑すぎて、触っただけでパーツが外れます。
そして、パーツが外れるたびに、チッチから「つけて!」と要求されるので面倒くさい。
はっきりいって、プラスチックのごみを買ってきたようなもんです。
イラー!!



お義母さんにいろいろ口出されるのが嫌で、お義母さんが来る前にすべて入院関係の準備は終わらせていました。
それこそ、ベビーや自分の服などの必需品から、来客に出すコーヒーやおやつ、コップに至るまで準備万端です。

参照「ミャンマー出産入院事情2 持ち物編」
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-546.html

それなのに、「やれ、このバッグに詰めろ」やら、「ベビーベッドに寝かせろ」やら、何かとうるさい。
(チッチのときも、ベビーベッドは邪魔になっただけで、ぜんぜん使いませんでした)



今回の子育ては日本式に行きたいです。
チッチのときに嫌だったことを、できるだけ排除したいと考えています。

具体的には、以下のとおり。


・巻き巻きなし

巻き巻きスタイルは股関節脱臼の割合が増えるので。
しかも、運動できなくてかわいそう。
参照記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-543.html


・三角の布なし

こちらも股関節脱臼が増える原因となるので。
布おむつか紙おむつを使うつもりです。

もうね、看護師とかが赤ちゃんの足をひっぱるようにして巻き巻きしたりふんどしを付けたりするのを想像しただけで、叫びだしたくなりますね。
今度は絶対に妥協しないぞ!


・手袋なし+ツメを切る

こちらでは、小さいときにツメを切ると変形するので、2か月くらいまでツメを切らずに手袋をさせます。
チッチのときはそれに従い、ツメの形がむしろ変になった気がします。
手袋は動きづらそうだし、あの小さい手袋がバラバラあるのもイラつく。


・病院にお義母さんのお泊りなし

前回は「うちの孫が死んだら困るから」などと言って、毎晩病室にお泊りしていたお義母さん。
さすがに「二人目だから、慣れてるから大丈夫!」と言いたい。

っていうか、私に任せて置いたら孫が死ぬとか、失礼すぎる発言だと思うんですけど。


・おっぱいは触らせない

こちらの記事参照
ミャンマーのおばちゃんが気安く他人のおっぱいを触ってくる件について
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-596.html


・卵は1日1個にする

前回は毎日5個くらい食べさせられて、小さいころの卵アトピーが再発しました。
今回は1日1個にするとお義母さんに宣言済み。



昨日の夜、こういうことを考えていたら、ものすごくイライラしてきて、ぜんぜん寝付けませんでした。


今日も、「病院の予約してくる」と言ってお義母さんは出かけていったんだけど、いつ産まれるかわからないのに病室を予約するとか、意味がわからない。

チッチのときも「病院のオーナーが知り合いだから、予約してくる!」と張り切って出かけたものの、結局好きな部屋は取れませんでした。
そりゃ、空きがないと無理やろ~。

いらんことしぃすぎて、イライラする~!!!!

お義母さんが今日病院に直訴しにいったおかげで、明日の昼に、新しい産婦人科の先生に診てもらうことになってしまった。

はぁ・・・。



家にいても面倒なので、産休中だけどTPAに来て、仕事しつつブログ更新しています。

まあ、食事作ってもらえるし、いろいろサポートしてもらえるし、お義母さんがいないと成り立たないのでありがたいんですけどね。

お義母さんは帰りのチケットを12月20日で予約しており、変更不可のチケットということです。
4か月弱、頑張ろう!!


嫁姑バトル、応援クリックお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

先日、妊婦健診に行ってきました。

いつもは100/60くらいで低く安定している血圧が120くらいに上がっているといわれたほかは、特に問題なしでした。
チッチのときは妊娠中期くらいから120あったので、まあ特に問題なし。

それにしても、今回は一度も内診されてないし、血液検査もされていないし、破傷風の予防注射もされていないなぁ・・・。
チッチのときは、不意打ちで検査されたのですが、今回はされず。

どのタイミングで何の検査をするのか、特に決まってないのかな?
チッチのときに血液検査も予防注射もしたからOKなのかな?
謎です。


で、検診のときに、先生が
「1日から18日までロンドンに行ってくるから。9月9日には代理の先生に診てもらってね!」
と言い出しました。

ちょっと待って~!!!!
私の予定日、9月19日なんですけど!!

すると先生は「18日は帰ってくるから、19日には間に合うよ」と・・・。


いやいやいやいや・・・・!!!

出産予定日の3週間前から1週間後までが正産期なのですよ。
つまり、この1か月間、いつ生まれてもおかしくないという期間です。
これは、たまごクラブとか読んでたら常識です。

医者なのに、正産期をぜんぜん理解していない発言!?

チッチのときだって、予定日から10日くらい早く産まれたし、今回のベビーは少し大きめなので、さらに早そうな予感がしているのに・・・。


そういうと、診察手帳に「産気づいたら○○先生を呼ぶこと」などと引継ぎ事項を書いてくれました。
(でも、先生の字汚いから、ぜんぜん判読できないんだけど・・・)

初めての先生で産むのって、ちょっと嫌だな・・・と、今から憂鬱です。


というのも、ここはミャンマー。
しかも、外国人がほとんどいないタウンジーです。
タウンジーで出産する外国人はとても少ないと思われます。

なので、外国人ってだけでどうしたらよいかわからず、キョドる看護師とかがいるんです・・・。


チッチのときも、産まれてホッとしているときに、看護師が
「先生、この人外国人なんだけど、どうしたらよいの??」と医者に質問している声が聞こえてきました。

「外国人でもなんでも、とりあえず処置や手続きしろや!!!!」と、心の中で叫ぶ私(力尽きていたので、実際には口に出せず)。

そのとき、私の主治医は「外国人でも大丈夫。前例あるから!」と、ちゃんと手続きとかを進めてくれたのです。
(※前例というのは、TPAのマネージャーSさんのこと)

代わりの先生も、キョドらないでちゃんとやってくれると良いんだけど・・・。



ちなみに、ミャンマー人は出産経験がある人でも、「赤ちゃんは予定日に産まれるのが普通」と思っている節があります。
子守りのアンティーも、スタッフも、お義母さんさえ・・・。

「そんなきっちり産まれるわけないやろ!豚じゃあるまいし」と思う私。
(豚はきっちり予定日に産まれます。ずれても1日程度らしい)


お義母さんなんか、そのへんのおばちゃんと世間話になったとき

おばちゃん「うちの孫は早産で産まれてきて、2か月くらい早かったから小さかった」

お義母さん「うちも、予定日の10日前に産まれて早産だった」

と、謎に早産自慢してたけど、予定日の10日前って、ぜんぜん早産じゃないから!!!!
マジで恥ずかしいワ!!!


というように、ぜんぜん妊娠や出産に関する知識が知られていないので、たまごクラブ的な雑誌がミャンマーでもできると良いのではないかと思います。
もしくはFBとかで情報とれるようになると良いですね。

そうそう、妊婦さんが飲む用のサプリメントを販売している会社が、クリニック経由でDVDをくれました。
どういう風に陣痛が来て、どうやって産んだらよいのか、みたいな内容でした。
企業が宣伝の一環として、教育DVDなどを配布し始めたみたいです。
(チッチのときは特になにももらえなかったので、最近始まったっぽい)

村の人に話を聞くと、逆子なのにそのまま村で(家で)産むとか、助産師も呼ばずに一人で自宅で産むとか、危ないことをたくさんしているっぽいので、ちゃんとした妊娠・出産の知識が広まると良いなと思います。


あー、しかし19日までもつだろうか。
歩きまわると早く産まれると雑誌で読んだので、なるべく家で昼寝とかしています。
おなかのベビーには、「先生が戻ってきてから出てこようね。それまではゆっくり、ママと一緒にいようね」と話しかけています。


それにしても、私の主治医は旅行行き過ぎ!
今年の4月には日本へ。6月にはイギリスへ。7月はヤンゴンに目の手術へ。そして今回またロンドン。
どんだけ~!!


応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
2016.08.25 地震と雷
ミンガラーバー

昨日、バガンで地震がありましたね。
他のミャンマーブログで情報がしっかり出ていますので、気になる方はこちらからご確認ください。

ミャンマーブログのリンクページに飛びます。

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


タウンジーでも揺れました。
ちょうど私は5階の自宅で、眠いな・・・と思いながら寝転んでいたときでしたので、揺れをしっかり感じました。
震度1か2くらい?

チッチの尻を洗い中だった子守りのアンティーは「屋根の上に鳩がいる音かと思った」と、気づいていなかったですが。


小さい揺れが長く続いて、後半大きくなったので
「これは、どこか遠くで大きな地震があったのでは!?日本とかインドネシアとか??」
と思いました。

私のうちはネットもテレビも使えないので、店にいる夫に電話をして「ネットでどこが震源か見てきて!」と頼みました。
夫の回答は「日本とかインドネシアっぽい」とのこと。


もし日本だったら、離れているのにここまで揺れるとは・・・大丈夫かな・・・と心配しておりましたが、

なんと震源がミャンマーだったとは!!

親から夜に電話がかかってきて、地震がミャンマー震源だったと知りました。



夫、どんだけ情報収集能力低いねん!

夫いわく「ヤフーがよく地震来たとか言ってるからさ・・・。日本かと思った」と、なぜかヤフーのせいにしてましたけど。


パラソル


でも、実は昨日は地震よりももっと怖い事があったんです。(我が家的に)


なんと、我が家のマンションに、雷が落ちました!!

1時ごろに、突然ピカッと光ったかと思うと、ほとんど同時にゴロゴロゴロ!!!とものすごい音がしました。


「すわっ!爆弾か?」

と思ってしまうのは、ミャンマー生活者あるあるですね。

「いや、光ったから雷だろう。近かったな・・・」と思い直しました。


チッチが外に遊びに行っていたので心配で見に行くと、ちょうど階段を登ってきている途中でした。

雷の音が怖かったらしく、半泣きで急いで登ってきました。

かわいそうに・・・。


その後、近くのモスクのアザーンが何事もなかったように大音量で鳴り響き(これが鳴るのは1時)、大雨が降ってきました。



夕方に近所の人に「雷が近くに落ちて怖かったね」と話をしたら、なんと、落ちたのは我が家と同じマンションの、反対側の端だったことが判明しました。

壁が少し割れて、パラパラと落ちてきた、とのこと。

その部屋に住んでいた人は、雷の音にはビビりつつも、自分の真上に雷が落ちたともしらず、のほほんとしていたそうです。


うちも5階の最上階なので、反対側に雷が落ちていたらほぼ真上。
もっと怖かったかな・・・。


夫いわく、

「昔もここに雷が落ちたことがあるからこれで2度目だ。
 本当は避雷針に落ちるべきなのに、避雷針じゃないところに落ちた。
 地面に金塊が埋まっているのかもしれない」

だって。

ないやろ・・・。



洪水被害、昨年よりひどいという話も聞いています。
地震もあるし、雷もあるし。
大丈夫か、ミャンマー。

クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

もう毎日眠いです。
夜は9時過ぎに寝て、朝は6時過ぎにチッチに起こされる毎日。

睡眠は夜に8時間とれていますが、それでも眠く、午前中に2時間くらい昼寝をしています。


チッチ、朝起きたらなぜか私ばっかり起こしてきます。
「ママ、タッ!」(ママ、起きろ!)と。

「ババを起こしてよ~」と私が言うと
「ババ、エイテー。ババ、No!」(ババは寝ている。ババはノー!)とのご回答。

いや、ママも寝たいんですけど・・・。

子守りのアンティーが来てちょっとしたら、私のお昼寝(というか午前寝)タイムとなります。



さて、今日は映画館のお話。
けっこう前のことです。

脳内ブログで記事を書いていたせいで、実際には書いていないのに、すでに書いたかと思っていました。
ブログを見直して「あれっ!?書いてなかった」と気づく私。

ブロガーあるあるですね。(そう??)



先月くらいのこと。
家の近くの映画館の前に、ずらーっとバイクがとまっていました。
普段はそんなに混まないのですが、大人気の映画がかかっているようです。

以前、WIN先生のブログでも紹介された「チャマ・ニンジーバー・マウン」(私は薔薇よ、ダーリン)のときも、すごいバイクの数でしたが、そのときのバイク数を上回る勢いでした。

WIN先生のブログ
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/27276132.html

今回の映画の名前は忘れましたが、コメディーで、めちゃくちゃ笑えるとのこと。


映画1 

夜ごはん後のお散歩。
映画館の敷地内では収まりきらず、道にもバイクがたくさん停めてあります。
全部、映画を見に来た人たちのバイクです。



で、うちのチッチと子守りのアンティーは、その映画を見に行ったそうです。
チッチ、ミャンマー映画初体験!

本当は1500ksの良い席を取りたかったけど、満席だったので、800ksの席をチッチとアンティーの2枚分購入したとか。

チッチは映画館に入った途端、スクリーンの大きさに驚いて「アッチーベー!!」(でっけぇー!!)を連発。
(本当は「アチーヂーベー」と発音しますが、チッチはうまく発音できず「アッチーベー」になる)

大きいスクリーンにビックリして「でっけぇー!!」って、田舎者か!!

2時間越えの映画でしたが、前半の一時間は座ってちゃんと見れたそうです。
後半は飽きて「ピャンメー」(帰る)と言い出したそうですが、そのへんに座っていた子供と遊びながら、なんとか最後まで居座ったらしい。

アンティーは、子守をしつつ、映画も見れてとても楽しかったようでした。



その話を夫にすると、意外にも夫は怒っていました。

「映画館は汚い!
 ゴミがたくさん落ちているし、南京虫や蚊やゴキブリだらけだぞ。
 そんなところに子供を連れていくなんて!!」

などと、しばらく愚痴っていました。

だったら自分でアンティーに言ってくれ・・・。


私も見たい映画がときどきあって(ディズニーのやつとか、スターウォーズとか、タウンジーでもかかります)、「見たいな」というのですが、いつも夫に「虫に刺されるぞ」と反対されて見に行けていません。

最近の映画館は、昔(夫が若かった時代)に比べたら綺麗になっているんじゃないんかな・・・と思うんだけど。



ふと気になったのが、電気事情。
ミャンマーでは停電は日常茶飯事です。

私「でもさー、映画見ている途中で停電になったらどうするの??良いシーンで停電になったら、お客さん怒らないの?」

夫「映画館に来る人は、誰も映画を見ていない。イチャつくために来ているんだから、停電になったらむしろ嬉しいんじゃないか」

とのお答え。


へぇ~・・・。
よくご存知で。
夫も若かったときは、誰かと汚い映画館で、イチャついていたのかな??

いや、でも南京虫や蚊やゴキブリがいるところで、イチャつきたくないですよね・・・。


映画2

例の人気映画のポスター。
海水パンツ姿の男性が写っているのが見えますか?
お笑い映画でこれほど動員できるというのも、すごいことですよね。



そんなタウンジーでも、来年には新しいショッピングセンターができて、そこに映画館が入るとのうわさ。
オーシャンスーパーマーケットも入るみたいだし!

その映画館なら、そこまで汚くないのでは!?
今から期待大です。



クリック応援、よろしくお願いします!

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

予定日が一か月後にせまってきました。
8月から産休という感じで、ときどき事務所に行って仕事をしたり、家でゆっくりしたりしています。

最初は、「元気だし産休必要ないぜ!」くらいに思っていましたが、ヤンゴンに行ってから、なんだか疲れやすくなってきました。

夜はチッチと一緒に9時くらいには寝るし、昼寝も2時間くらいしています。
寝ないと疲れてしまうので。

あと、軽い頭痛が長いこと続いています。
体がちょっとでも冷えると、頭が痛くなるらしいです。
周りの人が「暑い、暑い」と言っている中、一人だけ靴下、レッグウォーマーを装着し、首が冷えないようにストールも巻いています。

チッチと一日中一緒にいると超疲れるので、昼寝をしないともたない・・・。



さて、今日はチッチの言葉についてです。
前回からだいぶ間が空いてしまいました。

おしゃべりチッチのミャンマー語
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-688.html

おしゃべりチッチのミャンマー語2
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-694.html

日本に行ってからは日本語の伸びがものすごかったです。
そして、サルに噛まれてからも一気に成長したような・・・。


ちょっと前までは、日本語とミャンマー語が混ざった動詞をよく話していました。

たとえば、
「テレビ 見るメー」
「ほん、読むメー」

という風に、日本語の動詞の後に、なぜかミャンマー語の動詞の後につける「メー」がくっついてしまうパターン。
言いたいことはよくわかる。

最近はあまり言わなくなってきて、ちゃんと「見る」「読む」と言っています。


日本語の動詞も原型ばかりではなく、いろいろ活用できるようになってきました。

「食べたい」
「できない」
「痛かった」
「眠たい」

などとよく言っています。

文字では表現できませんが、言い方に感情がこもっていて、めっちゃかわいいです。


その他、「大丈夫?」「ごめん、ごめん」「あがと(ありがとうのこと)」「行ける?行ける?」などとよく言っています。
自分の口癖がそのまま移っていることがよくわかりますね。

「重たいヨー」「イタかったヨー」などと、最後に「ヨー」をつけるのも多く、私の口癖が出てるなと思います。




ミャンマー語は助詞使いがものすごく上手になってきています。

先日は

「ママ、ババ フォン トワユービー。フォン ピョーデー。ハロー テッ」
(ママ、パパが電話を取りに行った。電話で話した。ハローって)

と、言っていました。


「ピャンド」(帰れ)
「エイド」(寝ろ)

などは、よく言われているからか、上手。

でも、夫が寝ていると「ババ、エイドービー」(ババがもう寝たという意味だと思われるが、文法的には間違い)と、変なことも言っています。



ミャンマー語も日本語も、知っている名詞の数がかなり増えてきています。

あるとき「サーレークエ食べたい!」と怒りながらチッチが言ってきました。

「サーレークエって何?」と夫に聞くと、小麦粉で作ったベビースターラーメンみたいな揚げた麺みたいなお菓子だということが判明。

そんなミャンマー語、知らんわ!!

チッチに負けたと思った瞬間でした。


クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村


関連記事
ミンガラーバー

今日は飛行機のお話です。
ミャンマー国内線について。

先日、ヤンゴンに飛行機に乗っていったのですが、意外とミャンマー国内線は厳しくて苦労をしました。


妊婦はいつまでミャンマー国内線に乗れるのか、という問題です。

例えばANAであれば、予定日28日以内であれば、医者がOKを出した書類が必要です。
そして、予定日7日以内であれば、医者の同行が必要とのこと。
ANAでは、国際線でこんな感じなのです。

エアラインごとに規定はさまざまだそうですが、中には予定日当日でも、証明書も必要なしで乗れる会社もあるらしい。



で、私はヘーホー→ヤンゴンはたったの1時間ちょいだし、まだ予定日まで1か月以上あるから大丈夫だろうと、軽く考えていました。

ところが、夫がミャンマーの国内線にいろいろ聞いてみたところ「妊娠8か月からはNG」というところが多かったみたいです。
私は一応医者から「乗っても大丈夫」の書類をもらっていたのですが、その書類があっても厳しいとのこと。


超健康で、ぜんぜん産まれそうにないのに!!
っていうか、飛行機の上で産気づいても、1時間じゃさすがに産まれないやろ・・・。

と私はいろいろ吠えたのですが、夫は「諦めてタウンジーの歯医者に見せれば」とのお答え。


いや・・・タウンジーの歯医者は嫌です・・・。

飛行機に乗れないとなったら、一体何でヤンゴンまで行けばよいの!?
長距離バスなんて、揺れるし曲がるし、12時間くらいかかるし、余計に嫌なんですけど!!

と吠える私。



友人は
「妊娠6か月以降は乗せてくれないんじゃないの?バスだったら、ある程度の間隔で町があって、病院あるからね」
だって・・・。

そんな途中のわけわからん病院で出産とかになったら、それこそ嫌すぎる!!!



夫に任せておいてはヤンゴンに行けないと思った私は、自分でゴールデンミャンマーエアラインの事務所に聞きに行きました。

私「今妊娠8か月で、飛行機乗りたいんですけど」
GM「36週までだったら良いですが、8か月だったらダメです」

ってオイオイオイ!!!!
妊娠32週~35週を、妊娠8か月と言うのですよ!!!
私は今33週で8か月です。
36週以下がOKなくせに8か月がダメって、どういうこと?



そのとき、「こういうことか・・・」とわかりました。

ミャンマーの妊娠月の数え方が、日本や医者が使うスタンダードと違うんです。

日本だと10か月で産まれますが、ミャンマーの民間の数え方だと、9か月で出産することになっています。
つまり、1か月のずれが生じるのです。


なので、「私は妊娠7か月なんですけど、乗れますか??」と、ミャンマーの数え方風で聞かなければならなかったらしいです。
わけわからん~。

とりあえず、私は33週だから大丈夫!ということで、夫にチケットを取ってもらいました。

チッチ

関係ないチッチ@タンボジ


当日、空港では、無駄におなかを隠しつつチェックインしましたが、バレました。

スタッフ「妊娠何か月ですか?」
私「33週です。36週以下は大丈夫と言われました(ドヤっ!)」
スタッフ「医者の証明書は持っていますか?」
私「持っています(ドヤっ!)」

ということで、何かの書類にサインをさせられ、無事に乗れることになりました。


ヘーホー空港カフェ2

早めに空港に入って、カフェでコーヒーとプリンを楽しむ私。

余談ですが、ヘーホーの空港にターミナルカフェが入っていました。(ゲート2のほうです)
シャーキーズの塩が売っていて超感動!
シャーキーズのものが南シャンで手にはいるなんて!!
(でも、今から違うところに行くぜ!というときに買いづらい。けっきょく買わなかった)

ヘーホー空港カフェ


コーヒーとプリンを楽しんでいるところに、空港のスタッフがやってきました。

スタッフ「この医者の証明書に、8か月と書いてあるから困ります」

私「えっ!?乗れないの!?」

スタッフ「7か月ということにしてください」

私「・・・わかりました(そんなんで良いの!?)」

ということで、新しく書類にサインし直し、無事に乗ることができました。


ちなみに、帰りのヤンゴン→ヘーホーでは、最初から「7か月です!」と言って無事に通過できました。

(ミャンマーの数え方では7か月なので、ウソは言っていない)




妊婦のみなさん、ミャンマーの国内線に乗るときは・・・

1)まず、チケットを買う前に各エアラインの規定を確認しましょう。

2)「妊娠○か月」というのは、日本の数え方より1か月減らして申告しましょう。

3)医者に証明書を書いてもらいましょう。その際、月ではなく週数で書いてもらうようにしましょう。
  (月の数え方が、医者の数え方と民間の数え方で異なるので)


妊娠36週以降は、どこのエアラインも乗せてくれなくなります(たぶん)ので、その前に飛行機に乗る用事は済ませておくようにしましょう。

(「取引会社のマネージャーの嫁だ」と言っても、ダメと言われました・・・コネ効かず)




ちなみに、今回ゴールデンミャンマーを利用したのは、無料券があったから~☆彡
ミャンマーナショナルエアラインでも、雨季限定無料券をもらっています。(これは外国人NGなので、私は使えないんだけど)

家族が航空券のエージェントをやっているので、たくさん販売した特典として、家族だけが使える無料チケットをもらえたのです。
ウシシ!



最近のミャンマー国内線ニュースとしては、


1)外国人の名前ミスに厳しくなってきました。

以前は、ベトナム人の名前が「ホーチミン」でも問題なく乗れましたが、8月より厳しくなったそうなので注意です!

ミャンマー国内線チケットの名前ミスはどこまで乗れるか!?
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-692.html



2)8月より、外国人の場合、発券時にパスポート番号が必要となりました。

全部のエアラインが必要なわけではないそうですが、必要なことが多いです。



3)エアバガンが全線で就航をやめました。

エアバガンはもう飛ばさないとのことで、オフィスも閉じ、スタッフも解雇されました。
オーナーはトゥーカンパニーですが、もうひとつ、Asia Wingsを所有しているのでそっちを飛ばすらしいです。
やはり、3年前にジェットが落ちたのが痛かったか。

ジェットが落ちた時の記事はこちら。
http://ngomyanmar.blog107.fc2.com/blog-entry-380.html



4)エアマンダレーはヘーホーには来なくなりました。

前から便数は減っていましたが。
ヘーホーはKBZの天下という感じです。


5)ミャンマーナショナルエアラインがけっこう安いです。

元国営のミャンマーナショナルですが、民営化して、以前よりはだいぶマシになってきました。
ヤンゴン→ヘーホー片道72ドルからと、お安いです。
安さ重視の方にオススメ。



あと、お義母さんから「宣伝せよ!」と言われたので宣伝しますが、夫の会社で、エミレーツ航空との取引も始めました。

エミレーツ航空HP
http://www.emirates.com/jp/japanese/

最初「アマリー」と言われたので、「アマリー航空って聞いたことないな」と思っていたら、エミレーツのことでした。
夫も「アマリー」と言っていました。

どうやら、ミャンマー人的には「エミレーツ」じゃなくて「アマリー」となるみたいです(謎)。

世界150か国にネットワークがあるので、ぜひ乗ってください!
その際はAsian Royal Star(夫の会社)で、チケットを手配しますよ~、とのこと。



お問い合わせはこちらです。
ホテルや車の手配、ヘーホー空港からのシェアタクシー、長距離バスチケット予約なども取り扱っております。


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

ASIAN ROYAL STAR (エーシアンロイヤルスター)
旧名 Shan Pyi Thar (シャンピーター)

ヤンゴンオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No. 278, 300, B, Mahabandoola Garden Rd, Yangon
01-385125, 255851, 255852, 255891, 255892
09-4314-5746

タウンジーオフィス(英語、ミャンマー語、シャン語、中国語可)
No.8, Bogyoke Aung San Road, Nyaung Shwe Haw Gone Qtr., Taunggyi
081-2124549, 2124550
09-5180038

日本語窓口(鈴木)
09-4316-3367
akarisuzuki@gmail.com
※産後1か月はメールチェックできませんのでご了承ください。予定日は9月中旬。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


けっきょく最後は宣伝か!
クリック応援、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

ヤンゴン旅行編は終了し、タウンジーでのお話です。
実は、ヤンゴンに行く前日に起こった出来事です。



ちょっと前のこと。

夫が私にiPadを渡してきて、「この映像を見ろ」と言います。
(無口な夫は、実際には何も言っていないのですが、エア音声が聞こえます。3年間の結婚生活の賜物ですな)

その映像は、犬が人を噛みまくっている映像100連発!みたいな感じでした。
なついていた犬が、突然人を噛むことがある、しかもめっちゃたくさん噛む!

「チッチが犬に噛まれないように、十分気を付けるように!」

と、言いたかったらしい。


「そんなこと、わざわざ映像を見せられなくても、わかっているよ!」と思い、「はい、はい」と流していた私でした。




さて、先週の日曜日。
Sさん家族と一緒に動物園に行くことになりました。

私はお弁当を準備して大ハリキリ!
チッチも、前日から「どうぶつ、いくー!」と大興奮していました。


S家の小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒に、タウンジーの動物園ではしゃぐチッチ。

最初は動物はあまり見ず、遊具で遊んでいました。


小学生のお兄ちゃん、お姉ちゃんがチッチの面倒をよく見てくれるので、私はラクラク~☆
大人同士、ゆっくり座って楽しくおしゃべりをしていました。

子供たちがちょっと遠くに行ってしまっても、特に気にせずおしゃべりに熱中!


「あかりさんって、チッチのこと、ものすごくほったらかしてますよね~」と、インターンの子に言われるくらい、普段からほったらかしまくっているのですが、この日も相変わらず、チッチ放し飼い状態でした。



するとお姉ちゃんが

「チッチがサルに噛まれた~!!」

と言いながら走ってきました。

その後ろからは、お兄ちゃんに抱っこしてもらいながら、涙を流しているチッチが!!



人差し指をサルに噛まれ、血が出ていました。
けっこう深い傷でした。


お兄ちゃんお姉ちゃんの説明によると、

チッチがサルの檻に触った瞬間、ものすごい勢いでサルが来て、指を噛んだ。

その後、チッチの指を何匹かのサルで取り合いしていた。


とのこと。

怖い!!




何より怖いのは、変な病気がうつったらどうしよう・・・ということです。

以前、何かの映画で、サルから人に病気がうつってパンデミックに・・・みたいなのを見たことがあったので心配になりました。

狂犬病とかもあるかもしれないし・・・。


とにかく夫に電話して、指示を仰がなければ!!




で、夫に電話すると、

私「チッチがサルに噛まれたんだけど」

夫「今、忙しい」(ガチャ!)


ガーン!!!
まさかのガチャ切り!!!




Sさんにネットで検索してもらい、「とにかく石鹸でよく洗って消毒することが大切」ということがわかりました。

動物園のゲームコーナーの賞品として石鹸が置いてあったので、それを購入し、よく洗いました。

その後、タクシーで動物園を後にし、念のためクリニックに連れて行きました。




クリニックでは薬を塗ってもらい、飲み薬も処方されました。


医者「破傷風が心配だけど、予防注射しているよね?」

私「そういえば・・・1歳半で受ける五種混合、忘れてた!!」

医者「もう~!!!このジャパンは何やってるの!!今すぐ小児科に受けに行きなさい。

    小児科の先生には、サルに噛まれたこと言ったらだめよ。怒られるからね!」



それから一度家に帰り、チッチに昼ご飯を食べさせました。

食べ終わったら、寝てしまったチッチ。

いつもは15時くらいに昼寝するのに、サルに噛まれたショックで疲れたのか、この日は早く寝ました。


昼寝がひと段落して、小児科へ。
普段なら歩いて行く距離ですが、眠いチッチはベビーカーで連れて行きました。


小児科の先生には、(クリニックの医者の忠告は無視して)、チッチがサルに噛まれたこと、クリニックで薬をもらったことを説明しました。

特に怒られずに済みました(っていうか、怒られても別にいいけどね)。

5種混合ではなく、破傷風の予防接種をしてもらいました。
受け忘れた5種混合は、来週受けにくるように、とのことでした。

飲み薬をさらに2つ処方されました。
(あとでよく見たら、解熱剤とビタミンCでした。いらんやろ・・・・)



2つのクリニックをまわって、診察代と注射と薬代で、19,000ksもかかってしまった・・・。
1,000ksの動物園に行った結果、こんなにお金がかかるとは。
トホホ・・・。



良かったこととしては、受け忘れていた5種混合をまた受けられるということです。
受け忘れたら、もう復活接種できないのかと思っていましたが、あとから受けても良いらしいです。


あと、チッチの頭が急に良くなって、言葉を一気に話すようになってきました。

サル菌が脳みそに感染したのか!?という感じです。

「サル、アミャージー カイテー。ナーデー」(さるがいっぱい噛んだ。痛い)

などと話します。



噛まれた日の夕方、夫が仕事から帰ってきました。

帰ってきて一番最初に言った言葉が

「あの犬の動画、見せただろ!」


もうね、予想通りすぎでしたね。
噛まれた瞬間から、絶対夫に動画のことでクドクド言われるとわかっていましたからね。

「知ってるし!」と即座に流しました。


「動画のことを話すより、噛まれたことを心配する素振りをだせ!!」
と、心の中で怒る私。


夫はチッチに

「サルが噛んだね。ウォウウォウ(犬のこと)も噛むから気をつけるんだよ」

と話していました。


動物園

サルに噛まれる前の写真。
動物園滞在時間はたったの1時間で、この1枚しか写真を撮っていませんでした。



その後、チッチは指の傷がちょっと痛いくらいで、特に熱が出ることもなく、元気に過ごしています。

私は、「ほったらかしの放し飼い状態」じゃなく、ちゃんと面倒を見ないとな・・・と、今回の一件で反省しました。


でも、チッチが悪さをすると「サルが来るよ!」とついつい言ってしまう私なのでした。


「痛いの痛いの飛んでいけ~」クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓


にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー


ヤンゴンに久々に滞在し、今一番流行の先端地である「ミャンマープラザ」に行って、

「タウンジーは発展していると思っていたけど、やっぱりヤンゴンには叶わなかった・・・」

と実感した私でした。



ヤンゴンからタウンジーに来た日本人のお客さんに
「このレストランはヤンゴンより美味しい!」
と言われて嬉しくなったり、

「タウンジーのKUDOSのパンはヤンゴンのパン屋より美味しいから、ヤンゴンへの土産はKUDOSのパンが良い!」
と、タウンジーっ子同士で語り合ったり、

と、タウンジーイケてる自慢をしていた過去が恥ずかしいくらいです。

ヤンゴンにも美味しいパン屋、あった・・・。
値段も同じくらいだった・・・。



そうやって、かなりのカルチャーショックを受けつつ、ミャンマープラザより実家に帰宅しました。
(実家はダウンタウンのさくらタワー近く。日本食料理店「あないも」さんの上です)

実家にいても特にやることもないので、探検に出かけることに。

お義母さんを待つと遅くなって結局出かけられなくなるので、一人で出かけました。

まずは実家と同じ道にあったマッサージ店へ。

マッサージ店

写真に写っている、SABADEEというお店です。(って、あんまり見えない)
右に写っている9というコーヒー+ステーキの店もおしゃれっぽくて気になります。

フットマッサージ、1時間6,000ks。
安くて、気持ちよかったです。

しかもWIFIも使える!
店の雰囲気も少し暗い照明で、落ち着ける感じでGOODでした。

タウンジーのマッサージも6000ksくらいでできるけど、これほど雰囲気良くないし、WIFIないし、マッサージ娘の当たりはずれがあるからな・・・。
やっぱりヤンゴンってすごいな・・・。



それからKFCでチキンとエッグタルトを食べました。
初KFC@ミャンマー!
ふつうに美味しかったです。
2,000ks

KFC


その後、鯉のぼりのつけ麺を食べました。
実家のすぐ向かいだから、実はけっこう行ったことがあり、すでに3回目です。

店内には日本人ばっかりたくさんいて、「ブログ読んでる人がいたらどうしよう!」と変にコソコソしてしまう私(←自意識過剰)
(だれからも気づかれていなかったっぽいですが)

ヤンゴン在住のブロガーさんは、どうやって生活しているんですかね?

(つけ麺の写真を撮りたかったけど、写真を撮って「ブロガーだ!」とバレるのが怖くて撮れず)


それから、待ち合わせがあったので、さくらタワーのラウンジでジュースを飲みました。



よく考えると、この日の午後は食べ過ぎでしたね。

12時ごろに、昼食を実家で。

15時ごろに、おやつの豆乳+パスタ

19時ごろに、KFCのチキンとエッグタルト

20時ごろに、つけ麺

20時半に、ジュース


まあ、ダウンタウンのすごい狭い範囲で、いろいろ楽しめたので良しとしますか。




でもね、タウンジーは田舎と言っても、ヤンゴンの人が想像しているような田舎とは違いますよ。
村じゃなくて、街です。
オーシャンスーパーマーケットだって、もうすぐできるんだから!

ということで、応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事
ミンガラーバー

ヤンゴン1日目は、飛行機移動と大使館と歯医者で終わりました。
あと、プロマートも行ったけど、なんでもかんでも高すぎですね。
日本の3倍くらいの価格でした。


2日目はいろいろ行きました!

朝はティンジー市場に行き、お義母さんの食材買い出しに付き合いました。

ヤンゴン6

まずは生きた鶏を選んで、「処理しておいて。あとで取りに来るから」と言っておきます。
タウンジーでは、生きた鶏はあんまり市場で見かけず、処理済みのものばかり見かけるので、地味に驚きでした。

エビの種類の多さも、タウンジーとは違った感じです。

というか、なんでもかんでも、量が多いですね。
さすが、人口が多いヤンゴン!
迫力を感じました。


パイナップルは小さかったですね。
タウンジーだと、だれも見向きもしないようなサイズのものが売られていました。


ヤンゴン2

ムスリム専用のCP鶏肉も売っていて、びっくり。
さすがインド人街です。


ヤンゴン1

こんなにでかいコンニャクイモもありました。
パアン産、1viss1000ksとのこと。


染粉屋さんで、苛性ソーダを発見しました!
石鹸づくりに必要なので、大量買いしました。
とはいえ、たったの2,000ks。


ティンジー市場のあたりには、10年前に留学に来た時に1か月くらい住んでいたことがありました。
10年前から変わっていないお店もあれば、スーレー周辺は新しいビルが建ちまくっていて全然違いますね。
ちょっと歩いただけですが、いろいろと面白かったです。



その後、まだ行ったことがなかったミャンマー最大のショッピングセンター「ミャンマープラザ」に行きました。
(本当は午前中から行こう、行こうと言っていたのに、お義母さんを待っていて、結局着いたのは13時過ぎ・・・)

なんじゃこりゃ~!!!
もう、バンコクレベルですね。
っていうか、軽く日本のレベル超えてますね。
(注:私のイメージする日本は、西東京市です)

お腹が大きい私は、どうせ着られない服屋は素通りして、シティーマートと100均、レストラン街を中心に見て回りました。


レストラン、すごい!!!
あれもこれも食べてみたくて、メニューを見ながらレストランフロアを3周くらい歩き回ってしまいました。

ヤンゴン4

ヤンゴン3

どなたかのブログで見たクマちゃんのカフェもめっちゃ可愛かった~!!
チッチ、連れてきたら喜んだだろうな・・・。

ヤンゴン5

子供が遊ぶスペースも大充実!
日本のイオン超えですね。
イオン東久留米店には帰国中にかなりお世話になりましたけど、ミャンマープラザのほうがスゴイです。
遊び放題、3000ks。イオンの600円より安いですね。

チッチ、連れてきたら喜んだだろうな・・・。


お昼ご飯は食べてきたのですが、「割引チケットがある!」とお義母さんが言うので、謎にお子様ランチを食べました。
シンガポールのマーライオンレストランにて。
豆乳とスパゲッティーのセット。
15時だったので、おやつ替わり?美味しかったです。

ヤンゴン7

しかし、「割引チケット」と言いつつ、3,500ksもしました。
ただのチラシだったのに、お義母さんが割引券と勘違いしたっぽい。。。
ミャンマープラザの物価はさすがに高いですね。


私、タウンジーは発展してきたと思っていたんです。
昔はなかったものがどんどん売り出してきたし、来年にはオーシャンスーパーマーケットもオープンするし。
ヤンゴンとはほとんど差がないと思っていたのですよ。

でも、私の知っているヤンゴンは、留学していた2006年当時の姿であって、今のヤンゴンの姿ではありません。
ヤンゴン、なめてました・・・。

でも、ヤンゴンに住んでたらすぐお金なくなりそう(怖)



ちなみに、WIN先生のブログに書いてあった「ベトナム」の看板は削除されていました。
http://blogs.yahoo.co.jp/winjapn1789/28171660.html

他のミャンマーブログを見るには、こちらから。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

そうそう、イミダスに新記事が載りました。
ブログに書いていないネタ満載ですので、ぜひ見てください。

http://imidas.jp/column/L-71-014-16-08-G511.html


連載「亜香里のミャンマー嫁入り日記」
ヤウッカマー、ダイエット下着を買う!
〜子連れ・ババ連れ帰国旅行1
鈴木亜香里(地球市民の会ミャンマー駐在員)

 ミンガラーバー! こんにちは! 中国系ミャンマー人と結婚して、現在タウンジーという街に住んでいる鈴木亜香里です。タイトルの「ヤウッカマー」はミャンマー語で義母、姑という意味。なんとこの春、私の一時帰国にあわせて、義母も日本を訪れることに! 今回のシリーズでは、旅行中はもちろん、その前後の義母の爆裂ぶりを暴露しま〜す! 日本語がわかる親戚ができたらやばいネタ満載。インターネットの翻訳機能の精度が上がらないことを祈るばかりです。

このコラムは、スマホ版イミダスで8/12まで全文無料公開!




ANA

4月に日本に行ったときのANA便にて。


うわあ!
無料公開が8月12日まででした。

早く見てみてくださいね~!


ブログ応援クリックもよろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

昨日、ヤンゴンから戻ってきました。
たった2泊のヤンゴンでしたが、こんなにゆっくりヤンゴンにいたのは3年ぶりです。
いつもは、日本に帰国するときに、できるだけ早く通過するだけでしたので。

チッチを連れていかなかったので、いろいろ動けました。
しかも、曇りや雨で暑くなかったので助かった~。



空港からまずは大使館へ。
在外選挙の書類の受け取りをしました。
2年前に申し込んで、やっと今受け取れた~!!

とはいえ、選挙のときはまたヤンゴンまで行かないといけないらしく・・・投票できなさそうです。
1票のために飛行機代200ドル以上をかける気にはなれず。

あと、出生届の用紙もついでにもらってきました。
チッチのときにも経験しているので、特に問題なく手続きできそう。



それから実家で少し休んで、一番の目的である歯医者に行きました。
ダウンタウンの51番通りにある、ハマシマ歯科です。
日本で学んできた先生が見てくれるというので、在ミャンマー日本人がよく利用しているところです。

先生はタウンジー出身らしく、いろいろ話していました。
冗談が好きな先生で、いろいろからかわれます。
反応したくても、歯の治療中だから何も言えず、なんだかいじめられた気分に。

歯が痛いのは、「磨きすぎて歯が薄くなっているから!」とのことでした。


いや~、驚きです。
痛いから頑張って磨かなければ!と思って磨いていたのに、まさか磨きすぎとは。

そういわれてみれば、心当たりがありました。

以前、ミャンマーの企業が出している、ナチュラル歯磨き粉みたいなやつを買ったんです。
ニーム配合で重曹みたいなのとかが配合されていて、良さそうなやつ。
粉末タイプです。
1,000ks。

その粉末を歯ブラシに付けて磨くと良い、とのことで磨いてみたところ、歯に激痛が!!!

「うわー!!ニーム効く~っ」

と思って、痛いのを我慢して数日磨いたのですが、やっぱり痛くて断念しました。

今思い返すと、その歯磨き粉のせいで歯が薄くなったに違いありません!
あの激痛は、歯が削れた痛さだったのか・・・!!

1,000ksの歯磨き粉で、ヤンゴンまで歯医者に行かなければならなくなるとは・・・とほほ。


歯医者さんは妊娠中でもできる応急処置をしてくれました。
産後にまたおいで、とのこと。

料金は32,000ksで、覚悟していたよりも安かったです。


お義母さんもついてきて、「入れ歯を作り直したい」と言って相談していました。
けっきょく、入れ歯作り直しと歯の矯正などは時間がかかるので、私の産後にやることになりました。


先生はあと3年くらいしたらタウンジーに移住しようと考えているらしく、私にとっては嬉しいです。
冗談好きな先生なので、移住は冗談かもしれませんが。


先生の情報はこちら。

Dr Han Kyaw Lin
HAMASHIMA DENTAL CLINIC
No.101, 51st street, Pazundaung t/s, Yangon
01-201749
17時から20時(日曜休み)

8マイルにあるホテルヤンゴンでも治療されています。
こっちは午前中だそうです。

予約を入れるのは、01-201749の番号に、17時から20時の間に電話するのが確実だそうです。
先生の携帯電話にかけると、「とりあえず、見せにおいで」と、予約状況を把握せずに言われます。


あまいもの

バナナヨーグルトとチョコレートムース。
そんなに甘いものばかり食べていると、虫歯になるぞ!!


ミャンマーの歯医者は、すぐ抜くので、日本レベルの治療が受けられるのは本当にありがたい!

ミャンマーの歯医者は「歯が痛い」と言ったら「じゃあ、抜きますか」としか言わないらしい。
うちの義母も義父も、地元の歯医者に抜かれてしまって、ほとんど総入れ歯状態です。
残っている歯も、神経が死んで黒くなっちゃっているし。

チッチが歯磨きを嫌がると、お義母さんは上の総入れ歯を外して「こうなるぞ!」と脅します。
怖い!


ブログ応援クリック、よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー


「あなたの携帯番号と似た番号のSIM売ります」

ミャンマー在住の方、最近、こういう電話がよくかかってきませんか??

(ミャンマー語でかかってくるので、ミャンマー語が分からない人には???の電話でしょうが)


ドライバーのニーニコさんが言っていたので、「私のところにもかかってこないかな~??」と若干楽しみにしていたところ、かかってきました。
1か月のうちに4回くらいかかってきました。


内容は、こうです。

相手「オレードー(ミャンマーの携帯会社)からです。あなたの持っているMPT(こちらも携帯会社、国営)の番号と似ている番号のSIMがあるのですが、買いますか??」

私「いくら??」

相手「ヤンゴンですか?」

私「タウンジーです」

相手「タウンジーだったら、25,000ksです」

私「じゃあ、いらないや」

というやりとり。


私はMPTの8桁の番号のSIMを使っているのですが、その8桁の前に1桁ついた番号がオレドーであるみたいなんです。
それを買わないか、という営業電話です。

場所を聞いたのは、SIMカードを夜行バスなどで送るための送料、手数料を算出するためだと思います。

ふつうは1,500ksで売っているSIMカードを、25,000ks(送料などが入るので、手元に残るのは20,000ksくらいか?)で売ろうとしているんですね。


ミャンマーでは、SIMカードを複数持ちするのが当たり前。

私もMPTとテレノールを持っています。
日本風に言えば、ドコモとAUの2台持ちという感じ?

でも、SIMが2枚入る電話機を使っているので、2台持ちではなく、携帯1台で2つの会社を使っています。
町では政府系のMPTが強いですが、村のほうではテレノールが強いので、SIM2枚持ちが必要なのです。

あと、PCでネットをするためにテレノールのSIMをもう一枚買いました(WIN先生オススメのやつ)。
電話機から入れ替えて使っても良いんだけど、面倒だし、一枚1500ksだしね。

日本だと、ドコモとかソフトバンクとかに基本使用料を毎月おさめないといけませんが、ミャンマーだと1500ksでSIMを買ったら、あとは使う分だけプリペイドカードを買って入金するだけなので手軽です。

こういう風に一人で何枚もSIMを使うのが当たり前のミャンマー。
私もMPTの番号は覚えていますが、自分のテレノールの番号はまったく覚えておらず・・・。
だって9桁とかあるし、そんなにいろいろ覚えられないんだもん。


そういう覚えられない人のために、似ている番号のSIMを売ってくれるのは、意外と嬉しいサービスかもしれません。

私もオレドーはまだ持ってないし、10,000ksくらいなら買おうかな、と思いますが、30,000ksとか、25,000ksだとちょっと高い・・・。

夫からも「ニーラーウーの番号はちっとも覚えやすい番号じゃないのに、それを25,000ksも出すなんてバカだ」と鼻で笑われるし。


ちなみに、オレドーだけじゃなくて、テレノールからかかってくる場合もあるそうです。
ミャンマー在住の方、かかってきた人いますか?
ヤンゴンだといくらで手に入るんでしょう??

うんていで遊ぶチッチ

うんていで遊ぶチッチ


ちなみに、私は25,000ksで買ったガラケーを使っているので、携帯で英語しか読めません。
ミャンマー語もフォントが崩れていて読めない・・・。

たまに日本語でメッセージを送ってくる方がいますが、まったく読めておらず、誰だかもわからないので完全無視になってしまいますけど、すみません~。
携帯でショートメッセージを送る場合は、英語、アルファベットで送ってください。

と、この場でお願いでした。



クリック応援よろしくお願いします。

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村

関連記事
ミンガラーバー

ひさびさの更新となってしまいました。
7月はめちゃくちゃ忙しく、ぜんぜん余裕がなかったです。

8月になって、私は産休に入り、TPAはお休み中です。
でも、TPAの事務所に2日に一回は来て、ちょこちょこ仕事をしています。


産休に入るにあたり、ローカルスタッフを一人雇い、5月から一生懸命引継ぎをしてきました。
けっこう優秀な子だったので、「これで悠々自適な産休が送れるワイ!」と思っていたところ、7月10日くらいに、急に辞めると言われました(泣)

以前、学校の先生の仕事に応募をしていた(ずっと前のことで、本人は落ちたと思っていた)のが、政府からいきなり「来週から村に行って先生をやれ」と指令が来たとのことです。
政府からの指示なので、従わないと怒られるのが怖い、とか、家族の意向とかで、けっきょく2日後には辞めることに。。。

せっかく一生懸命引継ぎしてきたのに~!!!

そして、産休までもう1か月切っているのに!!!


今まで、日本人2名、ミャンマー人2名に仕事を引き継ごうと思って教えてきたけど、皆私より先にいなくなってしまった・・・。
むなしい・・・。


急いで新しい人を探して引継ぎしましたけどね。
けっこう精神的にドタバタした7月でした。


自転車チッチ

人の自転車に乗って遊ぶチッチ。


8月に入ってからは、仕事をたまにしたり、今までぜんぜんやっていなかった出産準備を進めています。
病院に持っていくものを集めたり、出生届とか出産一時金の申請の準備をしたり。


そして、来週月曜日には、ちょっとヤンゴンに行こうと思っています。
歯が痛くて・・・、日本で学んできたという歯医者さんがヤンゴンにいるので、わざわざ飛行機に乗って虫歯の治療です。
(タウンジーには信頼できる歯医者がおらず、虫歯となるとすぐ抜かれるので)

本当は4月に日本に戻ったときに行きたかったけど、お義母さんとチッチを連れ出すのに忙しくて行けませんでした。


チッチはタウンジーに置いて、久々のヤンゴンを一人+おなかの中の人で楽しむつもり!?

とはいえ、歯医者に行って、大使館に行って在外選挙の手続きして(もう住んで5年なのに、いまだに完了していない・・・)、シティーマートで食材買うくらいかも。



8月はブログ頑張ります~。
産まれたらしばらくPC禁止になるので、その前に書かねば。

応援クリック、よろしくお願いします☆

↓ ↓ ↓

にほんブログ村 海外生活ブログ ミャンマー情報へ
にほんブログ村
関連記事